[CML 035430] これ,い泙泙如◆崟鏝緻閏膽腟繊廚箸笋蕕鮨奉していた多くの国民にも、それがまったくの虚構であることが明らかにされた。

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2014年 12月 11日 (木) 23:24:22 JST


M.nakata  です。
メールをいつもありがとうございます。

<以下拡散歓迎です>
______________________________________
(EJ第3931号)Electronic Journal  記事の阿修羅版からの引用です。
http://www.asyura2.com/14/senkyo175/msg/868.html


おもしろいので、当方が、掲載の投稿記事。コメントなどを前後を編集して、ご紹介いたします。

「戦後民主主義」とやらを信奉していた多くの国民は、今でも、「正義の味方の党」があると、
子供のように、純粋に信じておられる方がいらっしゃるみたいですね。(^・^)

一つの例を挙げてみます。この、おかしな「日本の公職選挙法」 の問題。

これを取り上げたのは、既に30年代頃?だったかな、、、
たしか京都の、共産党系の弁護士さんが、著作された本を、ある学習会で数年前に、学びました。

どうして、その後、積極的に、このおかしな日本の選挙法の問題を、共産党は、党を挙げて、
投票率を上げるためにも民主主義に向け、取り組んでこなかったのでしょうね????

国家公務員労組は、共産党支持母体の労組とか以前から聞いています。

キャリア官僚など、まあいろいろあるようですが、どうぞみなさん、
その、世界の人が目を丸くする、おかしな日本の公職選挙法。

この謎を追及し、お考えになってみてください。


  <貼り付け開始>
“”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
http://www.asyura2.com/14/senkyo175/msg/868.html

23. 2014年12月09日 11:55:15 : iI0Rv8CJHM 

3.11震災と原発破裂がこの国の歪んだ構造をあぶり出した。これまで、「戦後民主主義」とやらを信奉していた多くの国民にも、それがまったくの虚構であることが明らかにされた。「国」とは、この国の有権者国民が期待するようなものではなかったのだ! 
それは「官僚」が「官僚組織」の利益のためにあやつる演出装置であり、知恵と力のない政治家はヤツらにとっては格好のパペットにすぎない。

ヤツらは、政治家の前では頭を下げたり裏方に回るような態度を示したり、一応恭順の姿勢を見せるが、それは表向きの演技でしかない。実は、背後から圧力を加えて政治家を操り、官僚組織の目的を達成するのが常である。だから、官僚は自分の所属する組織を「わが社」とよぶ。


その上、「官僚」がもっとも信奉し頭の上がらないのが、宗主国=米国であるのだから余計に始末が悪い。米国の意向を気にして、米国が喜びそうな政策を立案しようとする。それが「わが社」の利益になるからだ。国民にかかる迷惑など知ったこっちゃない!


どうしてこんな国と官僚組織になってしまったのか!? 

この謎が、1冊の本ですっかり解けた。
阿修羅村の皆さんにも、この国の有権者にも、ぜひご一読をお薦めしたい。 

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
          (矢部宏治著、集英社インターナショナル、1200円) 

良識のある人は、これを読むと、最初に暗澹たる気分におそわれるかも知れない。
しかし、この国のまともな政治と国民経済を取り戻すためには、正しい事実を知ることから始めなければならない。そのスタート位置に立つためにはどうしても必要な一冊です。

“”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
みなさん、ぜひご一読あれ。△悗弔鼎



CML メーリングリストの案内