[CML 033398] ブラックが白人英語であることが分からない前田朗大先生は馬鹿である

檜原転石 hinokihara at mis.janis.or.jp
2014年 8月 25日 (月) 07:54:00 JST


檜原転石です。

前田大先生こんちは。

トンデモ和製英語「ブラック」(「ブラック企業」・「ブラック大学」など)の 
「ブラック」は白人英語の借用です。
この英語を借用した馬鹿はブラックに黒人の意味があることを知りませんでし 
た。ブラックが米国の黒人の
最も好ましい呼称であることも知りませんでした。
よってこれはある意味「トルコ風呂」呼称問題と同じです。

以上でことの本質の全てですが――

>ブラックという言葉が差別的になるかどうかも同じです。ブラック企業という言
葉は、日本の労働現場で被害を受けている者と加害を行っている企業との間で、
特定の文脈で使われている言葉です。日本社会に暮らす黒人に向けられているの
でもなければ、国外の黒人に向けられているのでもありません

>文脈を無視して何でも差別だと言い募ることを、PC(Political Correctness) 
と 言います。PCは日本的に言えば差別語狩りです。相手に対する差別が行われ 
てい る場合ではなくても、言葉が気に入らないといって非難することであり、 
不毛な 議論の原因となります。「**が聞いたらどう感じるか」と、勝手に文 
脈を変え ることは止めましょう。文脈と意味を読み変えて非難するのは、悪質 
な恫喝とな ります。


トンデモ和製英語「ブラック」があらゆる悪を含意して解き放たれた以上、あら 
ゆる使われ方をします。「ホワイト」も対義語として使われています。
労働現場の特定の文脈云々で言い訳できるほど甘いものではありません。言葉と 
いうものはそういうものだからです。
もっとも日本の労働現場に黒人の社長がいるとか上司がいる場合には、トンデモ 
和製英語「ブラック」は使えません。
この意味があなたに分かりますか?日産の社長は白人ですが・・・。

文脈云々は筒井康隆のてんかん差別小説を擁護したkojitakenというアホも言っ 
ていましたが、トンデモ和製英語「ブラック」を最も使ってい るのは
実は私です。“文脈”とはこういうときにこそ使ってくださいな。名誉白人用語の 
トンデモ和製英語「ブラック」とか書いて、トンデモ和製英語「ブ ラック」使 
用者に覚醒を促します。ブラック(黒)に悪を含意させないという科学的な啓蒙 
活動です。

さて大先生は差別語の“言葉狩り”が悪いと考えているようですが、大丈夫ですか?
そんな戯言を言っていて人権活動ができますか?
あなたは今でも「精神分裂病」などとトンデモ語を文脈を無視して書きますか?
私はトンデモ和製英語「ブラック」の“言葉狩り”をしているのです。

繰り返しますが、
トンデモ和製英語「ブラック」があらゆる悪を含意して解き放たれた以上、日本 
人は名誉白人にどんどん近づきます。
ほとんどの日本人が馬鹿な右翼になってしまったうえに、ブラック→悪と短絡さ 
せたら、人種主義をますます増長させるでしょう。
トンデモ和製英語「ブラック」をあなたも使って、すくなとも日本の人種主義の 
マグマを増やし続けているのです。




CML メーリングリストの案内