[CML 033336] 【本日23日】「秘密保護法」学習会&「ガザの命を守りたい」シューズアクション

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2014年 8月 23日 (土) 01:09:40 JST


東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎/重複失礼]

当日のご案内となり恐縮ですが、本日23日に行われる2つの企画をお知ら
せします。ぜひご参加ください。

※8月24日(日)の「秘密保護法」パブコメ締切まで2日を切りました!
ここからが肝心です。ラストスパートをかけましょう!
★こちらから→ http://www.himituho.com/ ※忘れず出してください。

<秘密保護法>意見応募3000通超える(8月22日 22時58分、毎日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140822-00000147-mai-soci

<特定秘密法>パブコメ低調、反対派は「無力感」? 24日まで募集
(8月22日、朝日)
http://www.asahi.com/articles/DA3S11310786.html

24日(日)朝9時からのNHKテレビ「日曜討論」の第2部は「特定秘密保護
法を問う」です(第1部は「豪雨・土砂災害 いま何が必要か」)。
出演者:学習院大学大学院教授 青井未帆さん/元内閣情報調査室長・
日本文化大学学長 大森義夫さん/弁護士・情報保全諮問会議委員 住田
裕子さん/映画監督 想田和弘さん/NPO法人情報公開クリアリングハ
ウス理事長 三木由希子さん/前防衛大臣・拓殖大学特任教授 森本敏さん
http://www.nhk.or.jp/touron/

【こちらもあります】
8・23沖縄・辺野古キャンプ・シュワブゲート前2000人集会に呼応しよう
首相官邸前同時抗議行動
<8月23日(土)午後2時~、首相官邸前>
http://www.jca.apc.org/HHK/2014/140823urgen.act_index.html
【Ust中継】http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

------------------------------------

こんなにあぶない!「秘密保護法」連続学習会パート

■とき  8月23日(土)13:30~16:30
■ところ 千駄ヶ谷区民会館ホール
              (交通:JR山手線 原宿駅竹下口より徒歩約6分)
              (地下鉄千代田線 明治神宮前駅2番出口より徒歩約8分)
              http://www.j-theravada.net/tizu-sendagaya.html
■講師  渡辺 治さん(一橋大学名誉教授) 
     「戦争と秘密保護法~その歴史と教訓」
■資料代   700円
■主催  「秘密保護法」廃止へ!実行委員会
■連絡先
新聞労連 03-5842-2201  jnpwu at mxk.mesh.ne.jp
平和フォーラム 03-5289-8222
5・3憲法集会実行委員会
(憲法会議 03-3261-9007/許すな!憲法改悪・市民連絡会 03-3221-4668)
秘密法に反対する学者・研究者連絡会  article21ys at tbp.t-com.ne.jp
秘密法反対ネット
(盗聴法に反対する市民連絡会 090-2669-4219/日本国民救援会 03-5842-5842)

 戦争は「秘密」からはじまるといわれています。秘密保護法は安倍政権
が強引に進める集団的自衛権行使容認と一体の戦争準備法ともいうべきも
のです。
 安倍政権は戦争をすることができる国家作りを押し進めていますが、今、
私たちは平和と民主主義をまもるために、戦前・戦中を教訓として学ぶ必
要があります。戦前、日本は新聞紙法、出版法、治安維持法、軍機保護法
などにより、言論は抑圧され、国家による秘密保護が徹底的におこなわれ
ました。政府は民衆が情報を知ることで反政府的行動に立ち上がることを
恐れたのです。そして、戦争が繰り広げられる中で、さらに言論・報道の
規制が徹底されていきました。
 秘密保護法の施行が迫っていますが、秘密保護法制の強化が戦争政策を
押し進めっていった戦前と集団的自衛権の行使が容認されようとしている
この時代が重なります。
 連続学習会の最後に渡辺治さん(一橋大学名誉教授)をお招きし、「戦
争と秘密保護法~その歴史と教訓」についてお話していただきます。ぜひ、
学習会にご参加ください。


------------------------------------------------------------
 Stop the killing in GAZA ガザの命を守りたい
 一人ひとりの命を見つめて
 ~犠牲となった子どもたちの数だけ靴を並べます
 NGO共同 シューズ・アクション
 http://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2014/0823_4770.html
------------------------------------------------------------

【Ustream中継:IWJ チャンネル4】
http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

7月8日に始まったイスラエル軍による「境界防衛」作戦以来、
ガザにおける死者は1900人を超えました。
国連によれば8月11日時点で子どもの犠牲は458人にのぼっています(※)。

すべての犠牲者を追悼し、戦闘の即時停止を訴えます

私たちNGOは、市民を巻き添えにするこのような攻撃を直ちに
停止するようイスラエル政府に訴え、国際社会がこの紛争下で起きた
戦争犯罪に対して断固とした行動をとるようアピールします。

そして、犠牲となった子どもたちの名前を読み上げ、
458人分の靴を並べる追悼アクションを行います。

※国際法上、「子ども」は18歳未満のすべての者をさします。

日時:2014年8月23日(土)16:00~17:30(受付開始 15:30)
会場:増上寺境内(港区芝公園)
   都営地下鉄三田線 御成門駅から徒歩3分、芝公園から徒歩3分
   http://www.zojoji.or.jp/map/
   少雨決行

<内容>
・ガザ現地報告:志葉 玲さん(フリージャーナリスト)
 ※先日まで現地取材して帰国されました。
・犠牲者の追悼
 ※犠牲となった子どもの名前を読み上げ、境内にその数だけ靴を並べて
   いきます。
・黙とう
・主催団体からのアピール

<参加者の皆様へ>
・使い古しの靴を1足以上ご持参ください。
・会場受付で2枚の整理券をお渡ししますので、その一方(ワイヤー付)を
靴にお付けください。
・アクション開始後、整理番号順にお呼びしますので、ご自分の番号が呼
ばれたら靴を持って祭壇前に来て頂き、靴を並べます。
・アクション終了後に、ご持参いただいた靴をお持ち帰り頂きます。

<主催団体> 五十音順
アーユス仏教国際協力ネットワーク/APLA/
アムネスティ・インターナショナル日本/オルター・トレード・ジャパン/
サラーム・パレスチナ/浄土宗平和協会/パレスチナ子どものキャンペーン/
パレスチナの子どもの里親運動/ピースボート/ヒューマンライツ・ナウ

<賛同団体>
セーブ・ザ・オリーブ/「ストップ!ソーダストリーム」キャンペーン/
パレスチナ・オリーブ/パレスチナの平和を考える会

【この件に関するお問い合わせは】
アムネスティ・インターナショナル日本 Tel: 03-3518-6777(担当・川上)
パレスチナ子どものキャンペーン Tel: 03-3953-1393 



CML メーリングリストの案内