[CML 033067] 【報告】第1207日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2014年 8月 9日 (土) 07:17:32 JST


青柳行信です。8月8日。

●-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--●
   8/31 川内に行こう! 全九州、日本、韓国・台湾から 結集!
        私たちの人生の一日はこの日に!

☆鹿児島川内行 申し込み 募集 ☆皆様、ご一緒に行きましょう。
 申し込み先メール: hendrix1965317 at gmail.com (浅野隆樹)
      住所・氏名・電話 記載よろしくお願いいたします。
 連絡先:  080-6420-6211 (青柳行信)

詳細:http://ameblo.jp/yaaogi/
・カンパ送り先
郵便振込 加入者名 さよなら原発! 福岡 口座番号 01770-5-71599
<通信欄に8.31集会と明記>

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1207日目報告☆
        呼びかけ人賛同者8月8日3525名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
      
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん
お疲れさまです。
金曜行動、来んしゃい金曜 脱原発 に参加しました。
トークリレーが力強く続けられました。
川内原発 再稼動反対に向けて、大きな波を作りましょう。
あんくるトム工房
来んしゃい金曜脱原発 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3134
ドラえもんの広告  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3133
地下水放出   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3132

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
  ☆コピペならぬ不実を匿(かく)す厚化粧 「欺瞞」とされし首相挨拶
      (左門 8・9−743)
※6日、広島平和記念式典での首相の挨拶を聞きながら耳を疑った。去年も聞い
た同じ文言が続く。案の定、テレビなどでも色分けして報道された。被団協坪井
理事長の「真実なものが無く胸に響かない。もう、出席してほしくない」という
言葉に共感した。昨年8月17日詠:「広島の記念式典に偽善あり首相の口から
「平和」と「核廃絶」(ストーン監督)」と、鋭く指摘されていました。その
「不実」を反省する心も認識も無いという索漠たる精神性です。首相として風上
に置けない「文化汚染」を退けましょう!

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
下記の2件報告します。

<ヨーロッパのコアキャッチャの内張りはジルコニア煉瓦か>

原子力規制委員会の第102回新規適合性に係わる審査会合の議事録24ページ
に、北海道電力の長沢氏は「あと、二つ目でございますが、国内PWRでは考慮不
要な現象ということで、こちらにつきましては、「溶融炉心・セラミック相互作
用」ということで、コアキャッチャ、これが国内のPWRにつきましてはコア
キャッチャがございませんので、そういったところとしては、現象としては挙げ
られないと考えているものでございます。」と説明しているが、この見解は九州
電力、北海道電力、関西電力、四国電力の共通の見解である。

 チェルノブイリ原発の過酷事故を経験したロシアやヨーロッパでは、「溶融炉
心・セラミック相互作用」を良く研究し、コアキャッチャ対策が最良と認定した。

 しかし、原子力規制委員会の新規制基準に係わる審査でコアキャッチャが論じ
られたのは、議事録の4行だけである。

 そして、川内原発の審査書案のなかには、コアキャッチャの記述はまったく記
載されていない。

2001(平成13)年の米国バルチモアでの原子力安全に関する国際会議では、
『3) コアキャッチャ材料と溶融コリウムの相互作用に関する新しい実験結果
“New Experimental Results on the Interactive of Molten Corium with
Core Catcher
Material”、(ロシアLSK/StPetersburg)

シビアアクシデント時に原子炉容器から放出される溶融コリウムを長期保持する
ために、ジルコニアベースの耐火材料で作られた原子炉容器外コアキャッチャが
提案されている。この提案を技術的な課題を解決するためには、溶融コリウムに
接する耐火材料の安定性に関する実験が必要である。実際の溶融物組成でセラ
ミックの厚さ方向の熱伝導によって溶融物からセラミックに移動する熱を停止す
ることができる場合にその保護層の熱浸食は最終的には終息する。このことが、
LSK、CEA グルノーブル及びシーメンスの合同会議で議論され、ザイラーにより
最近理論的に示された。』と報告されている。

 この報告を見ると、ロシアやヨーロッパではジルコニア煉瓦が良いと考えてい
るようだ。

ジルコニアと言っても、一般の人にはあまり知られていないが、ジルコニア(二
酸化ジルコニウム、
<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%96%E5%AD%A6%E5%BC%8F> 化学
式:ZrO2)は 、 <http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%AB%E3%82%B3%
E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0> ジルコニウムの
<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E7%89%A9> 酸化物であ
る。常態では <http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E8%89%B2> 白色の
<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BA%E4%BD%93> 固体。
<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9E%8D%E7%82%B9> 融点が2700℃と高いた
め、耐熱性
<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9>
セラミックス材料として利用されている。

 アルミニウムはボーキサイト鉱石を精製し、アルミナ(Al2O3)にし、電
気還元し、アルミニウム(Al)に成ります。 ジルコニウムはジルコンサンド
を精製し、ジルコニア(ZrO2)に成り、電気還元し、ジルコニウム(Zr)
に成ります。ジルコニウムを製造する中間過程で製造されるのが、ジルコニアある。

 ジルコニア煉瓦は融点も2700℃と高く、耐熱温度は2000℃以上と高温度
であり、溶融金属とも非常に反応しにくい、超耐火物である。ポルトランドセメ
ントコンクリートとは比較にならない。

 ヨーロッパの原子炉は2700℃で溶けるジルコニア煉瓦を使用していると思
われ、日本の原子炉は1200℃で溶けるポルトランドセメントコンクリートを
使用している。

原子力規制委員会は新規制基準の適合性審査で、ジルコニア煉瓦等を使用するコ
アキャッチャの事は、議事録の4行で済ませたが、ペデスタル(格納容器下部窪
み)をポルトランドセメントコンクリートで無理やり持たせるために、1年間審
議を続けたと思われる。
<<http://jsafukuoka.web.fc2.com/Nukes/blog/files/0640c347ffd94d9997c19f5985f5
d8c6-24.html>
「川内原発審査書の過酷事故への対策を問う(2)」>

福岡核問題研究会が
<http://jsafukuoka.web.fc2.com/Nukes/blog/files/0640c347ffd94d9997c19f5985f5
d8c6-24.html>
「川内原発審査書の過酷事故への対策を問う(2)」を発表しました。
http://jsafukuoka.web.fc2.com/Nukes/index.html

第2報は「水素爆発対策は可燃性ガスへの引火を契機とする複合爆発の可能性」
です。
『5.まとめ 

1) 審査書案では、水素爆轟濃度の下限を13%と設定し、九電の対応では12.6%
以下になるとして、認可されている。たとえ、水素爆轟濃度の下限を13%が正し
いとしても、危険と紙一重のきわどい自動車の運転を許可するようなもので、極
めて危険な評価と言わざるえない。

2)水素燃焼における爆轟と爆燃爆轟遷移の条件は、大きいサイズの装置の場合、
小さいサイズの装置より低い濃度で起こる可能性が2010年に米国カリフォルニア
工科大学の研究者により指摘されている。この推定を裏付けるように、大きな規
模の実験において、水素爆轟は水素濃度10%〜77%で可能であることが1994年に
報告されている。
したがって、規制基準における「水素爆轟濃度の下限13%」自体が根拠薄弱で過
度に楽観的な基準と言わざるを得ない。

3)一般に、水素が局所的に高濃度になる可能性は否定できない。

4)水素イグナイタの使用自体が水素爆発の引き金になる可能性があるだけではな
く、水蒸気爆発などとの複合爆発になる可能性も否定できない。

5)シビアアクシデントの解析コードには一般に不確かさがあり、複数の独立の物
理モデルにもとづく解析コードによるクロスチェックを行うことが必要不可欠で
ある。

6)複数の解析コードで有意に異なる結果が出る場合、保守的な態度、すなわち、
より厳しい方針で望むべきである。』

川内原発の水素爆発対策問題を福岡核問題研究会がまとめました。

特に重要な問題は、原子力規制委員会が日本ではこれまで過酷事故対策の規制基準を
作っていなく、福島第一原発の過酷事故を経験して、短時間で新規制基準を策定
したため、新規制基準の内容が検討不十分になっている事です。

新規制基準では、格納容器内の格納容器内部の爆轟が起きない為の水素濃度を
13%に確定しています。

しかし、海外の文献によれば、実験設備の大きさで爆轟限界は変わり、試験装置
が大きいほど格納容器内で爆轟が起きる水素濃度は小さくなり、実炉では
10%〜77%で格納容器内に爆轟が起きる可能性が高いと報告されています。

格納容器内部の爆轟が起きない為の水素濃度の13%は10%に変更する必要が
有ると思われます。

★ 三好永作 さんから:
JSA第20回総合学術研究集会(20総学)のご案内

テーマ:「持続可能な社会を目指して−地域・現場・市民から−」
日 時:2014年9月12日(金)?14日(日)
会 場:西南学院大学(中央キャンパス 1, 2号館)
主 催:日本科学者会議 第20回総合学術研究集会実行委員会
後 援:福岡市,福岡市教育委員会,西日本新聞社,RKB毎日放送,九州朝日
    放送,TVQ九州放送

基調講演(12日14:30?16:15)
 馬奈木昭雄(弁護士) 「福島と水俣、玄海を結ぶもの」
特別講演機12日16:30?18:00)
 吉岡 斉(九大教授) 「脱原発社会の創造」
特別講演供13日13:30?15:00)
 沢田昭二(名大名誉教授)「核兵器と放射線被曝で脅されない世界への転機」

 上記の講演会以外に13日午前,13日午後および14日午前に合わせて30の分
科会が開かれます.分科会は,「平和で持続可能な社会の構築」,「福島第一
原発事故の解析と脱原発への道」,「低線量被ばくを考える」,「近年の異常
気象と気候変動」,「市民主導の再生可能エネルギー普及と地域発展」など
一般市民にも興味深いテーマのものが企画されています.

・詳しくは以下の20総学HPを参照ください.
 http://jsa-fukuoka.sakura.ne.jp/
・一般市民には講演会とすべての分科会は参加料1000円でオープン参加できる
 ようにしています.

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
北部九州は、台風11号の直撃は回避されそうですが、外では風の音が聞こえます。
さて、今朝も川内(せんだい)原発、玄海原発関連へとすすめます。

1.<菅元首相が薩摩川内市長と会談 原発視察も>南日本放送 [08/08 19:24]
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2014080800004451
<福島第一原発事故が起きた当時、総理大臣だった民主党の菅直人さんが8日、
薩摩川内市の岩切秀雄市長と会談しました。菅元総理は岩切市長に脱原発を訴え
たということです。菅元総理は8日、薩摩川内市役所を訪れ、岩切市長と会談し
ました。関係者によりますと菅元総理は福島第一原発事故での自らの対応を踏ま
え、避難の難しさや脱原発を訴えたということです。一方、岩切市長は再稼働に
ついての国の責任があいまいだとして国会で取り上げるよう要望したということ
です。
菅元総理は7日夜、鹿児島市で講演しました。3年前の福島第一原発事故につい
て当時、発生直後は東京も含む原発から半径250キロ圏に住む日本の総人口の
4割にあたるおよそ5000万人が強制避難、もしくは避難対策を取らなければ
ならなくなるおそれがあったと述べました。菅元総理は、8日の岩切市長との会
談後およそ1時間にわたって川内原発や周辺を視察しました。菅元総理は8日
夜、いちき串木野市で講演する予定です。>

1’.<菅元首相、鹿児島・薩摩川内市長と会談>西日本電子版2014年08月08日
18時23分 更新
記事全文<九州電力川内原発が立地する鹿児島県薩摩川内市の岩切秀雄市長は8
日、民主党衆院議員の菅直人元首相と面会し、「再稼動について国の責任を明確
にするために国会で議論してほしい」と要望した。菅氏は県内の反原発団体の招
きで県内を訪れ、岩切市長に面会を申し込んだ。会談は非公開で約1時間あり、
両氏によると、菅氏は福島第1原発事故の事故対応の指揮を執った経験などを語
り、菅氏が市長に再稼動に同意しないよう求めることはなかったという。
菅氏は「国が責任逃れするのはおかしいという点では市長と一致した。原発活用
から原発ゼロに方針転換した私の思いを伝えた」と語った。岩切市長は「再稼動
の責任について国会質問の中で国が答える形を取ると国民にわかりやすい」と話
した。>

国会で、
2.<衆院委で規制委員長 「川内原発は最高水準」 笠井氏、EU基準示し批
判>しんぶん赤旗8月8日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-08-08/2014080801_03_1.html
<九州電力の川内(せんだい)原発(鹿児島県)1、2号機の再稼働の前提とな
る新規制基準への適合性審査をめぐって、田中俊一原子力規制委員長が7日、衆
院原子力問題調査特別委員会で「川内原発は世界最高レベルの水準にある」「世
界最高水準の安全性は担保された」と発言しました。斉藤鉄夫氏(公明党)への
答弁。田中氏が川内原発の安全性を担保するとまで踏み込んだのは初めてです。
同委員会で質問に立った日本共産党の笠井亮議員は「福島の事故もまだ収束して
いないし、原因も究明されていない」として、驚くべき発言だと指摘。新規制基
準が、欧州連合(EU)の基準で実施されているものすら盛り込まれていないこ
とを示し、「最高水準とはいえない」と厳しく批判しました。
欧州連合の加圧水型原発の規制基準では、大型の航空機が衝突しても耐えられる
ように格納容器の二重構造が要求されているのに対し、日本の基準には要求され
ていません。九電は航空機落下の確率が年1000万分の1回を超えないとして
「設計上考慮する必要はない」と評価し、規制委も妥当と認めていま
す。・・・・・「なぜ審査結果は妥当だ、世界最高水準だ、といえるのか」と追
及。田中氏は「すべての点について一点の曇りもなく世界最高だということは申
し上げていない」「(既存の原子炉で)格納容器を2重にすることは不可能」と
開き直りました。・・・・・・・・・・
笠井氏は、火山噴火の危険などもあるなか「今回の審査書案は、他にも問題を抱
えながら、まともな対応もないまま、事実上の再稼働の合格証明書を出すもの
で、断じて認められない」と、審査書案を撤回し、「不合格証明書」こそ出すべ
きだと強く求めました。>

玄海原発、規制委で、玄海と高浜について、
3.<九電・玄海原発の地震想定を了承 規制委産経新聞?8月8日(金)21時7分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140808-00000564-san-soci
記事全文<原子力規制委員会は8日、原発の再稼働に向けた安全審査で、九州電
力玄海原発3、4号機(佐賀県)について、620ガルとする基準地震動(想定
される最大の揺れ)を了承した。審査の重要な課題となる地震動が固まったの
は、事実上の合格証である「審査書案」を了承された九電川内原発1、2号機
(鹿児島県)、関西電力高浜原発3、4号機(福井県)に続く3カ所目で、審査
終了のめどがついた。玄海原発は想定される最大の津波の高さについてもすでに
規制委から了承されており、地震・津波審査をクリアした形となった。
これまで、高浜原発が審査合格2番手候補とされていたが、玄海原発の地震動が
了承されたことで再稼働に向けた審査の進展は「同じくらい」(規制庁)の状況
となった。一方、高浜原発は周辺の海底の地滑りが続く時間を短く計算してお
り、この日の会合で想定される最大の津波の高さをこれまでよりも0・5メート
ル高い6・2メートルに訂正。その影響から防潮堤を2メートルかさ上げし8
メートルとする必要があり、追加工事に数カ月の期間が必要となるため、年内の
再稼働は困難となる見通しとなった。>

関連、
4.<高浜原発、防潮堤かさ上げ=津波想定で計算ミス―関電>時事通信?8月8日
(金)18時59分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140808-00000138-jij-soci
<関西電力は8日、原子力規制委員会で審査中の高浜原発3、4号機(福井県)に
ついて、津波の想定高さに計算ミスがあり、防潮堤を2メートルかさ上げする必
要が生じたことを明らかにした。・・・・・・・・・>

なんと、
5.<原発賠償、5兆円超に=東電、再建計画を変更>時事通信?8月8日(金)19時
1分配信????
記事全文<政府は8日、今年1月に策定された東京電力の総合特別事業計画(再建
計画)の一部変更を認定した。東電からの福島第1原発事故の賠償拡大に伴う追
加支援要請(約5125億円)を了承したためで、原子力損害賠償法に基づく補償金
(1200億円)を含めた賠償見積額は約5兆4214億円となる。>

政府が、あの「金目」発言の先で、
6.<中間貯蔵施設>福島に総額3010億円交付金 地元も評価>毎日新聞?8
月8日(金)21時57分配信  地図あり
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140808-00000111-mai-pol
<・・福島第1原発事故の除染で出た福島県内の汚染土などを最長30年間保管
する中間貯蔵施設について、政府は8日、同県と建設候補地の大熊、双葉の両町
に対し、30年間で総額3010億円の新たな交付金を拠出する方針を伝え、建
設受け入れを求めた。地元首長らは一定の前進と評価した。最大の焦点だった交
付金額を政府が示したことで、こう着していた交渉が前進する可能性がある。
石原伸晃環境相と根本匠復興相が、同県郡山市で佐藤雄平知事や渡辺利綱大熊町
長、伊沢史朗双葉町長と会談した。
提案では、風評被害対策などに使える「中間貯蔵施設交付金」(1500億円)
を新設し、県と2町に一括交付する。さらに、県全域の復興に役立てる「福島復
興交付金」を県の基金として創設し、政府が1000億円を拠出する。加えて、
原発立地自治体に交付されている「電源立地地域対策交付金」について、福島第
1原発が廃炉される事情を考慮して、30年間で計510億円を増額して県に交
付する。原発事故後も県と2町には特例として年67億円が支払われており、同
17億円を上乗せする。>

被災地フクシマ、
7.<用地補償、なお交渉余地=具体額提示なく―福島県双葉・大熊両町>時事
通信?8月8日(金)20時51分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140808-00000169-jij-pol
<・・・福島第1原発事故の汚染土を保管する中間貯蔵施設をめぐり政府は、建
設候補地の福島県大熊、双葉両町などに対し、地元の関心が強い地権者への用地
補償額を示さなかった。・・・・・両町はこれまで、地権者への用地補償額につ
いて、原発事故前の土地の評価額に基づき計算するよう求めてきた。これに対し
政府は「一律の取り扱いは困難」と主張。今回も「(地元の)受け入れ判断後に
地権者向けの説明会を開催し、補償額のイメージなどを示す」と従来と同じ説明
を繰り返すにとどまった。ただ両町では、補償の具体的なイメージの提示を求め
る声が強い。・・・・・・>

<(福島知事選)自民県連が独自候補擁立の方針>毎日新聞?8月8日(金)21時17
分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140808-00000102-mai-pol
<東日本大震災と福島第1原発事故後、初めて行われる福島県知事選(10月9
日告示、26日投開票)で、自民党福島県連は8日、日銀神戸支店長の鉢村健
(たけし)氏(55)を擁立する方針を固めた。知事選を巡っては、現職の佐藤
雄平知事が進退を明らかにしておらず、立候補を表明した人はいない。県連は今
年3月、独自候補を擁立する方針を打ち出したが、党本部は与野党が相乗りでき
る候補を視野に検討するよう県連に求めており、正式決定までには曲折も予想さ
れる。・・・県連は9日の役員会で鉢村氏擁立の方針を確認した後、正式決定
し、党本部に推薦を要請する方針。県連幹部は「鉢村氏には今後、正式要請す
る」としている。>

8.<不登校2年連続増 県内小・中学生1639人、震災影響か>福島民友新聞?8
月8日(金)11時42分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140808-00010004-minyu-l07
<県は7日、学校基本調査の速報を発表、昨年度の不登校者数は小学生が229人
(前年度比23人増)、中学生が1410人(同50人増)で、いずれも前年度を上回
り、計1639人となった。2年連続増加で、県教委は「震災による環境の変化が影
響している可能性が考えられる」とし、児童、生徒の心のケアなどに一層力を入
れる。
県内は2008(平成20)年度以降、同年度の1746人を最高に減少傾向だったが、12
年度に増加に転じている。一方、全国(文部科学省学校基本調査・速報値)では
昨年度、計11万9617人で前年度より約7000人増えて増加に転じた。本県の不登校
者数は小学生が全国で少ない方から4番目、中学生が13番目。
県教委は「少子化で児童生徒数が減少する中での不登校の増加は深刻な問題」と
し、震災と原発事故を受けた環境変化によるストレスが不登校の増加につながっ
た可能性を指摘した。・・・・>

9.<全学年2年連続増 県内小中学校基本調査>福島民報?8月8日(金)10時34
分配信
記事全文<福島県は7日、平成26年度の学校基本調査速報(5月1日現在)を
発表した。県内の小学2年から中学3年までの各学年とも児童生徒数が、1年前
の学年時を上回った。小学2〜4年の増加数が目立っている。全学年で増えたの
は2年連続となり、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で県外に避難した
子どもが県内に戻る傾向が鮮明となった。学年別で最も増加したのは小学3年の
112人。この学年は1年から2年までの間に60人増えており、2年から3年
にかけての増加数はほぼ2倍となった。
小学4年は109人、小学2年は103人それぞれ増えた。震災と原発事故発生
直後の平成23年度は、各学年で前年度と比べ904〜1117人減少した。
24年度は162〜435人減った。25年度は37〜117人増えた。
県教委は全学年で児童生徒数が増加した要因について、「除染の進展に伴い、原
発事故に伴う健康面の不安が解消されつつある。県内での生活に安心感が広がっ
ている」と説明している。県によると今年4月1日現在、18歳未満の1万
3308人が自主避難も含め県外で生活している。>

10.<富岡っ子「また会えたね」 友情の集いに全国から350人>福島民友新
聞?8月8日(金)11時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140808-00010007-minyu-l07
<東京電力福島第1原発事故の影響で避難生活を余儀なくされている富岡町の子
どもに交流を深めてもらおうと、町と町教委は7日、郡山市で「子ども友情の集
い」を開き、全国に避難する小学1年〜高校3年までの子ども約350人が久々の再
会を喜び、夏休みの思い出をつくった。・・・・・>

11.<「唐突な話」と困惑 東電と国の汚染地下水海洋放出計画>福島民友新
聞?8月8日(金)11時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140808-00010001-minyu-l07
<・・・福島第1原発の汚染水対策として、東電と国が7日に明らかにした「サブ
ドレン」と呼ばれる建屋周囲の井戸から汚染された地下水をくみ上げ海へ放出す
る計画に対し、漁業関係者らは「唐突な話」と一様に困惑した様子だっ
た。・・・・佐藤弘行組合長は「一度汚染された水なので、地下水バイパス以上
に安全を担保すべきだ」と徹底した安全対策を求めた。ほかの漁業関係者も不安
を隠さない。
県漁連の野崎哲会長は「現段階では、賛成も反対もできない」とした上で「トリ
チウムの値が大きな問題になる。処理できないなら容認できない」とくぎを刺
す。いわき市漁協の矢吹正一組合長は「まずはしっかり説明を受けてから対応を
考える」と述べた。同漁協は8日の理事会で東電の説明を受け
る。・・・・・・・・>

12.<8日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定
値>福島民報8月9日朝刊紙面
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・紙面に、「集会所の環境放射線モニタリング結果」、「放射性物質の検査
結果(野菜・果実)」、・・・・。
・・・見出しに、「ツキノワグマとイノシシ基準超・・・」・・。
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/02.pdf
・・・「県内死者数」

13.<(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)>下野
新聞8月8日 17:35
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140808/1680173
<▼空間放射線量率(8日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上
1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

原発立地自治体、
14.<伊方原発30キロ圏避難計画難航 10月末めど提出要請>愛媛新聞
ONLINE?8月8日(金)8時21分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140808-09350401-ehime-l38
<四国電力伊方原発(伊方町)から30キロ圏内にある社会福祉施設の原子力災害
避難計画作成に向けた県の説明会が7日、西予市の宇和文化会館で初めて開かれ
た。県は「10月末をめどに計画を提出してほしい」と求めたが、現状では作成が
1割強にとどまっている。・・・・2013年に策定された愛媛県広域避難計画では
施設管理者に避難計画を作るよう要請。しかし、13年7月時点の作成状況は社会
福祉施設が約13%、病院が約14%と低く、県は今年10月末までに全282社会福祉
施設での作成を求めている。説明会は伊方、八幡浜など7市町の施設長や管理者
らを対象に開催し、約120人が参加。・・・・・・・・>

原発周辺自治体、
15.<(富山県)志賀原発の安全協定 情報連絡体制の強化を回答/富山>
チューリップテレビ?8月8日(金)21時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140808-00010009-tuliptv-l16
<県と氷見市、北陸電力による志賀(しか)原子力発電所の安全協定の締結にむけ
た協議が、2年ぶりにおこなわれました。北陸電力は、情報連絡体制を強化する
考えを示しましたが、再稼動の事前了解や立ち入り調査などを求めた県と氷見市
の提案にはあらためて慎重な姿勢を示しました。この協議は、おととし県と氷見
市が申し入れて始まったもので、志賀(しか)原発の敷地内のSー1(いち)断層に活
断層の疑いが浮上したあと2年間、中断していました。8日は、県と氷見市が提案
していた8項目のうち、情報連絡体制について北陸電力が正式に回答。・・・・・
県は、事前了解と立ち入り調査を認めている立地県と同等の協定を目指していま
すが、実現のめどは立たないままで、安全協定の締結の時期も不透明な状態です。>

16.<(函館市)(プロメテウスの罠)函館の訴え:12 飯舘村民歌の教
え>朝日新聞デジタル?8月8日(金)16時0分配信 (有料記事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140808-00000015-asahik-soci
<◇No.1002  2013年は自民・公明の新政権のもとで明けた。新政
権が大間原発の建設に待ったをかけるとは見込めなかった。函館市は1月21
日、建設差し止め訴訟の準備に入るため、弁護士の河合弘之(70)らと正式に
委任契約を結んだ。
その後の2月と3月、市文書法制課の青木慶太郎(40)は、河合ら弁護士と福
島第一原発事故の被災自治体を訪ねた。原発事故が起きたとき、周辺自治体がど
うなるか。それを確かめておくためだ。3月25日は南相馬市を訪ねた。福島市
からジャンボタクシーに乗ったが、タクシーに線量計が取り付けられていて青木
は驚いた。・・・全村避難中の飯舘村の役場前に、村民歌を刻んだ石碑があっ
た。手前の石地蔵に触れると歌声が流れてくる仕組みだ。・・・・・青木が見る
と、河合が涙を流していた。河合は震災後、飯舘を何度か訪れている。来るたび
に風景が荒れていく。地震の被害はほとんどなかったのに、人影は消えてしまっ
た。・・・・
個人なら、地方自治体や国が行った行政処分の取り消しを求めて訴えられる。し
かし判例は、自治体にはそんな資格がないという。
河合はいった。原発事故は自治体の存続も危うくする。当然、自治体が許可の取
り消しを求めることはできるのだ。・・・>

電力、
17.<美浜原発事故10年で追悼式 関電「安全最優先に全力を」>共同通信
8月8日
記事全文<関西電力は8日、5人が死亡、6人が重軽傷を負った美浜原発3号機
(福井県美浜町)の蒸気噴出事故から10年となるのを前に、同原発で犠牲者の
追悼式を開き、八木誠社長が「事故の反省と教訓を風化させず、安全を最優先に
業務を遂行し、全力を尽くす」と安全を誓った。八木社長と幹部ら約50人が、
事故が発生した午後3時22分、「安全の誓い」と刻まれた石碑の前で黙とうを
ささげた。八木社長はその後、協力会社や所員を前に「原発の安全性向上の決意
を胸に刻み、新規制基準への適合に向けた対策を着実に進めてほしい」などと訓
示した。>

18.<泊再稼働反対66% 北電再値上げ反対75% 本紙全道世論調査<北
海道新聞(08/08 10:43)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/555765.html
<北海道新聞社が7月に行った郵送世論調査によると、北海道電力泊原発(後志
管内泊村)の再稼働について66%が「反対」と答え、「賛成」の31%を大き
く上回った。電気料金の再値上げについては「上げてほしくない」の48%と
「上げるべきではない」の27%を合わせた反対派が75%に達し、「上げるの
はやむを得ない」の22%と「上げるべきだ」の2%を合わせた容認派は24%
にとどまった。? 調査は、北電が7月31日に経済産業省に再値上げを申請する
前の同3〜28日に実施した。・・・・・>

政府が、
19.<原発の人材育成へ専門組織を設置 経産省>朝日デジタル2014年8月8日
05時00分
記事全文<今後の原子力政策のあり方を話し合う経済産業省の原子力小委員会は
7日、原発に必要な人材育成を専門的に議論する作業部会を、新たに設置するこ
とを決めた。原発の廃炉に必要な人材だけでなく、原発の保守・管理などに必要
な人材の規模や教育のあり方などが話し合われる。>

参考資料、
20.<(原発利権を追う 「関電の裏面史」独白:10)核のごみ処分「離島
を買おう」>朝日新聞デジタル?8月8日(金)7時30分配信 (有料記事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140808-00000009-asahik-pol
<《鹿児島県の馬毛島(まげしま)は種子島の西12キロにある小さな島だ。旧
平和相互銀行の伊坂重昭監査役(当時)が関西電力の内藤千百里にこの島の売却
を持ちかけたのは1980年代初めだった》  伊坂が「内藤さん、あの島をい
りませんか」と聞いてきました。平和相銀はまとまったカネが必要だから、「島
を240億〜250億円で買わないか」と言いました。
《馬毛島のほぼ全島を買収した平相銀の関連会社は当時、レジャー基地建設を目
指したが頓挫し、売却を急いでいた。伊坂は86年に摘発された平相銀の巨額不
正融資事件で中心人物として逮捕、有罪となった人だ》 住民がいない離島なの
で私は高レベル廃棄物の処分地に適地だと考えた。・・・・・>

21.<電力の幕藩体制崩せるか!?(1)>データ・マックス2014年8月8日15:29?
http://www.data-max.co.jp/company_and_economy/2014/08/12763/0808_is_01/
<この夏が分岐点>日本のエネルギー政策は、今、分岐点にある。政府や電力会
社は、福島第一原発事故がなかったかのように原発再稼働を急ごうとしている
が、国民は、どちらを選ぶのか。多数を占める反対派の声は、政治に届くの
か。・・・・・・・
<川内原発再稼働は「白昼強盗」> エネルギー改革に奔走する環境エネルギー
政策研究所の飯田哲也所長は、「住民避難計画もできていない。仮に避難できて
も、福島を見れば明らかなように帰還の見通しはなく、棄民化される。福島で機
能不全だった電力会社、国、自治体の緊急時対応は手つかず。本来、これらは原
子力規制委員会の任務だと法律で定められているのに、自分たちの責任ではない
と言っている。明らかな法律違反。それなのに、川内原発を再稼働させようとい
うのは、白昼堂々と強盗をしているようなもの。これで誰も何も言わないのはお
かしい」と、ぶちまける。・・・・・>

22.<(北九州市)保養プロジェクト:福島の子供たち、安川電機見学 ロ
ボットで遊び歓声 /福岡>毎日新聞 2014年08月08日 地方版
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20140808ddlk40040531000c.html
<福島県の子供たちを北九州市へ招待するプロジェクト「スマイリンク・キャン
プ2014 福島の子どもたちとともに 保養プロジェクト」が始まり、子供た
ちは6日、安川電機(八幡西区)を見学した。滞在は1?9日でシーカヌーなど
も体験する。プロジェクトはNPOやボランティア団体などでつくる実行委員会
が、東京電力福島第1原発の事故後、放射能汚染への懸念から外出の機会が減っ
た子供たちに、夏休みを伸び伸びと過ごしてもらおうと、集まった寄付金で実施
している。今回で3回目となる。6日に安川電機を見学したのは小学1年?中学
1年の福島県内に住む子供たち18人と北九州市の13人の計31人。・・・・>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、結局、最後には、「金」と「党利党略」で
決着を図った経緯を伝えています、
1面トップで、
1.<除染廃棄物中間貯蔵施設 国、福島に3000億円提示 交付金 事前交渉の
3倍>
ネットでは、1’.<中間貯蔵施設、福島に3000億円提示 政府、交付金額
で大幅譲歩>西日本電子版2014年08月09日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/43619/1/

3面に、2.<(福島県知事選)官邸介入で急転直下、中間貯蔵施設 知事選連
敗恐れ>西日本電子版2014年08月09日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/43620/1/
除染廃棄物を保管する国の中間貯蔵施設の交付金をめぐり福島県との交渉が難航
する中、政府はこれまで水面下で示してきた金額を一気に3倍に増やして政治決
着に動きだした。急転直下で交渉がヤマ場を迎えた背景には、7月の滋賀県知事
選で与党候補が敗北し、10月の福島県知事選で連敗を避けたい官邸の思惑が
あった。
(突然の打診) 「一体どういうつもりだ。話の順番がおかしいだろう」。7日
夜、福島県幹部が電話越しに怒りをぶちまけた。相手は環境省の幹部。「明日、
大臣が知事と面会し条件について提示したい。それまでに内容を詰めさせてほし
い」。国の突然の打診だった。電話での協議は断続的に続いたが、かみ合わない
まま日付が変わった。一時は「物別れ」に終わった交渉は結局、8日朝、国が3
千億円を正式に提示することで決着した。だが、実は“寝耳に水”だったのは、環
境省も同じだった。政府関係者は「突然、官邸から指示があった。県の怒りも分
かるが、仕方なかった」と漏らす。
(関係泥沼化)? 昨年12月に政府が中間貯蔵施設の受け入れを要請して以来、政
府と福島の協議は難航。腹の探り合いで相互不信を深める結果になった。さらに
10月の知事選をめぐる自民党県連の対応が、元民主党参院議員の佐藤雄平知事
の反発を決定的にした。関係者が“事件”と振り返るのは3月の自民党県連定期大
会だった。
来賓として招いた佐藤知事の面前で、党県連会長が突然「(知事選で)独自候補
を立てたい」と宣言。不意打ちの宣戦布告を受けた佐藤知事はこわばった表情で
途中退席せざるを得なかった。さらに6月には石原伸晃環境相が地元との交渉に
ついて「最後は金目でしょ」と漏らす失言があり、関係は泥沼化。用地の全面国
有化の断念など政府は譲歩を重ねたが、交渉は停滞し、約1千億円の交付金額を
水面下で打診した政府の担当者を知事が厳しく一喝する場面もあったという。
(相乗り示唆) 状況が一変したのは今月4日。菅義偉官房長官と自民党の河村建
夫選対委員長が会談し、党県連の方針に反して福島県知事選の与野党相乗りを示
唆。県連が有力な候補を擁立できない状況に業を煮やした官邸が介入し始めた。
7月の滋賀県知事選で与党候補が敗北、11月の沖縄県知事選も保守分裂で苦戦
が予想される中、政府与党内には知事選の連敗は「何としても避けたい」(自民
党筋)との空気が強まっていた。菅?河村会談直後の6日までに、官邸は「これ
以上は逆さに振ってもカネは出ない」と否定していた増額を急きょ決定。地元と
の協議をほとんど経ないまま、金額を大きく引き上げた。
福島県内でも中間貯蔵施設の早期建設を求める声が出る中、政府関係者は「知事
もこれ以上反対できないだろう」と指摘。一方、県関係者は「知事の出馬を見越
し、官邸が手打ちのために増額を決めたのだろうが、やり方がめちゃくちゃ」と
不信感をあらわにする。
◆譲歩重ね、交渉ヤマ場 【解説】政府が昨年12月、中間貯蔵施設建設の受け入
れを福島側に要請して以来、難航し続けた交渉がヤマ場を迎えた。最大の焦点
だった交付金額を政府は大幅に引き上げ、あらためて福島側に受け入れを要請。
ただ仮に県や町が受け入れても、用地取得で地権者約2千人との交渉が控えてお
り、国が目指す来年1月の施設使用開始は困難な状況が続く。
政府は中間貯蔵施設の交付金について、候補地の双葉、大熊2町への迷惑料とし
て1千億円を上限に水面下で交渉してきた。だが「前例のない迷惑施設」にふさ
わしい金額を求める地元と折り合わず、交渉は難航。交渉が停滞する中、石原伸
晃環境相の「金目発言」が飛び出し、地元が反発。環境省幹部も「交渉は年を越
すかもしれない」と頭を抱えた。交付金引き上げは打つ手がなくなった国に残さ
れた最後の手段だ。・・・・・・・・>
・・・・・・・最後も「金目」で、交付金の増額で決着を図った、とんでもない
経過です。

3.<原子力規制委が基準地震動了承 玄海原発3、4号機>西日本電子版2014
年08月09日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/43629/1/
記事全文<原子力規制委員会は8日、九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海
町)の最大規模の地震の揺れ(基準地震動)に関する審査会合を開き、620ガ
ルとしている九電の方針を了承した。
この日は九電側が、前回審査(7月11日)で求められた地下構造や地震動に関
する補足の検討項目について説明。規制委側から異論は出なかった。ただ、今後
も航空機墜落や使用済み核燃料プールの配管破損の対応などが残っており、審査
の第一関門である「設置変更許可」の書類の再提出時期は「いつとは言えない」
(中村明上席執行役員)という。>

昨夕刊では、
49.<全電源喪失 福島第一原発「制御不能」 高温の圧力抑制室 あっと
いう間に靴底溶け >

今朝も、他に、記事はありません。今朝の紙面は以上です。(8.8.5:46)
※この新聞記事紹介は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tn

★ 内富一 さんから:
原発を考える連続講座(第2回)

8.9 緊急シンポジウム@京都大学
低線量被曝と避難問題を考える
https://www.facebook.com/events/1585933584966945/

7月16日、原子力規制委は川内原発の安全対策を「新規制基準」に適合と発表ま
した。電力、政府、財界は、川内原発を一番手として、全国の原発を再稼働させ
ようとしています。
原発再稼働は原発再事故への準備です。
規制委を満腔の怒りを込めて弾劾し、再稼働反対の声を圧倒的に結集して、川内
原発の再稼働を阻止し、相手の出鼻をくじき、全原発を廃炉へと追い込みましょう。
福島の大惨事をくり返さないために。
そのような願いの下に、本シンポジウムを企画しました。是非ご参加下さい。

■日時:8月9日(土)午後2時〜5時
(講演後十分な質疑応答と自由討論を予定)
■場所:京都大学文学部新棟第7講義室
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/about/access/
■資料代:一般700円、学生500円(予約不要)

■講演

1.低線量被曝・内部被曝から考える
  原発問題      寺岡弘文さん
(東京医科歯科大学名誉教授:低線量被曝によるDNA損傷と癌化について長期に
亘り実験的に取り組んできた生命科学者:「輝くいのち 女性と子供と男の生命
科学」の著者)

2.原発事故と避難計画−避難できない
『住民避難計画』   児玉正人さん
(1986年のチェルノブィリ事故から脱原発運動にかかわる。2011年の福島第1原
発事故を契機に、京都北部を広域で結ぶ「原発なしで暮らしたい丹波の会」結
成・同事務局)

講演の前あるいは後に、川内原発再稼働審査適合を
発表した原子力規制委弾劾のアッピールを行います。

■主催:8.9 緊急シンポジウム「低線量被曝と避難問題を考える」実行委員会
■連絡先:汚染水問題を憂う京都府民の会・代表世話人・木原壯林
TEL:090-1965-7102 E-mail: kiharas-chem at zeus.eonet.ne.jp

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

「実効性ある避難計画を再稼働の要件とせよ」
http://toyokeizai.net/articles/-/44822

川内原発審査の問題9瀬弘忠・東京女子大名誉教授

中村 稔、岡田 広行 :東洋経済 編集局記者 2014年08月08日

「実効性ある避難計画を再稼働の要件とせよ」

広瀬弘忠(ひろせ・ひろただ)●1942年生まれ。 東京大学文学部心理学科卒。東
京大学大学院博士課程中退。東京大学新聞研究所助手。東京女子大学文理学部助
教授を経て同大学教授。同大学を停年で2011 年3月末退職(東京女子大学名誉教
授)。専門は災害・リスク心理学。文学博士(東京大学)。現在は安全・安心研
究センター代表取締役。

川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働問題に関連して、重要性が指
摘されるのが、地元自治体が策定する地域防災計画の一環としての避難計画だ。
福島第一原発事故を受けて、避難計画策定が必要な地域が、原発から30キロメー
トル圏に拡大され、川内原発では、鹿児島県および薩摩川内市など9市町が策定
している。

避難計画は事故時の住民の被曝を防ぐ「最後の砦」ともいわれるが、日本では米
国と違い、原子力規制委員会による規制の対象とはなっていない。それだけに実
効性が本当に担保されるかが問われている。第3回は、原子力を含む災害危機管
理に詳しい、広瀬弘忠・東京女子大学名誉教授(災害・リスク心理学)に、現状
の避難計画の問題点などについて聞いた。

――川内原発の審査における問題点をどう考えていますか。

一番の問題は、規制委の審査は深層防護、多重防護によって事故を最低限に抑え
られるという想定があるわけだが、それが固定化することで、再び「安全神話」
につながっていきかねないということだ。福島第一原発事故が想定外だったとさ
れたように、100%安全だとか、0%の危険性だとか、考えることにはそもそも無
理がある。

事故の可能性がゼロではないはずなのに、事故はありえないことを前提にしてい
るからこそ、原子力防災・避難計画の策定が地元自治体に丸投げされている。

立地自治体はもともと、税収増や雇用増などの経済的メリットがある原発を誘致
したいのだから、チェック機能は働きにくい。それなのに、自治体へ避難計画が
丸投げされ、結果的に実効性の乏しい避難計画になっている。福島の教訓がまっ
たく生かされていない。

米国では避難計画次第で廃炉も

原子力災害の大きさを考えれば、原発の再稼働を判断する要件として、実効性の
ある避難計画の策定は当然入れるべきだ。米国の原子力規制当局は避難計画を非
常に重要視しており、避難計画次第で原発が廃炉に追い込まれる。ニューヨーク
州のショーラム原発のように、州知事が避難計画を不十分として承認せず、一度
も稼働せずに廃炉となったケースもある。

――自治体に責任が丸投げだと、実効性のある避難計画策定は難しいと。

川内原発の地元に限らず、日本の場合、各自治体が住民にどうやって放射性物質
拡散状況などの情報を提供し、避難指示を行い、避難を支援するかといった計画
は、まったくお寒い状態といえる。原発から30キロメートル圏外に避難するとき
に行う除染でも、実戦的な訓練ができていない。

(以下、略)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////ま

除染基準、個人被曝量に…「空間」転換し効率化
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140731-OYT1T50187.html

2014年08月01日 03時10分

 東京電力福島第一原発事故に伴う除染を巡り、環境省が、空間放射線量(空間
線量)ではなく、より実態に近い個人被曝ひばく線量に基づいた除染に転換すべ
きだとする報告書をまとめたことがわかった。

 各自治体が事実上の目安としてきた「毎時0・23マイクロ・シーベルト」の
空間線量に縛られると、住民らが住まいと職場を日々移動するなどの生活パター
ンに対応できず、実態にそぐわないケースが出てくるためだ。健康への影響を把
握しやすい個人線量を重視することで、より効率的な除染や被曝対策が可能になる。

 報告書は、国と福島県4市(福島、郡山、相馬、伊達)による勉強会の成果と
して環境省が作成した。井上信治・環境副大臣が1日、4市長に提示する。

 政府は、現行の除染の長期目標として、個人が年間に新たに被曝する線量を1
ミリ・シーベルトまでとしている。これを1時間あたりの空間線量に換算する
と、毎時0・23マイクロ・シーベルトとなるため、福島県内では、これを事実
上の除染目標ととらえ、0・23マイクロ・シーベルト以上は危険との認識が広
がっていた。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

作業員の被曝線量の上限、見直し検討 原子力規制委
http://www.asahi.com/articles/ASG7Z40X5G7ZULBJ006.html

川原千夏子

2014年7月30日21時49分

 原子力規制委員会は30日、原子力発電所で事故が起きた際の作業員の被曝
(ひばく)線量について、現行の上限100ミリシーベルトを引き上げる必要が
あるかどうか検討することを決めた。事故が起きれば、この値を超えるおそれが
あることから、前もって検討して混乱を避ける狙いがある。

 この日の定例会で田中俊一委員長が提案した。

 2011年3月の東京電力福島第一原発事故時には、線量上限値100ミリ
シーベルトのままでは事故対応が困難として急きょ250ミリシーベルトまで一
時的に引き上げた。当時の野田政権が出した「冷温停止」宣言に伴い、同年12
月に事故前の値に戻した。 		 	   		

★ 井上澄夫 さんから:
辺野古新基地建設に反対する県民を脅すため、政府が武装掃海母艦「ぶんご」を
沖縄に出動させることを検討中であることを琉球新報がスクープしましたが、政
府の恫喝を8・8付同紙が社説で激しく糾弾しました。書き出しはこうです。
 〈中世の専制君主国と見まがうありようだ。何という野蛮な政府か。〉

−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

※<福岡・九州集会>反原発運動1000日の激動の歴史。
●<1000日目記念冊子希望先
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp 迄>●
〒住所氏名電話番号冊数よろしく。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動● 
集会場所: JR川内駅西口駅前広場
住 所:  薩摩川内市鳥追町156-1
地 図: http://tinyurl.com/jvgfou3
集会案内:http://ameblo.jp/yaaogi/

☆鹿児島川内行 申し込み 募集 ☆ 皆様、ご一緒に行きましょう。
・貸し切りバス(40人乗り中型) 福岡・川内往復 大人3.000円
        小学生・高校生まで半額。
 福岡乗車場所 福岡天神日銀前 午前8時発 帰福午後10時過ぎ着(予定) 
 申し込み先メール: hendrix1965317 at gmail.com (浅野隆樹)
      住所・氏名・電話 記載よろしくお願いいたします。
  申し込み締め切り: 8月20日。できるだけ早めによろしく。
 連絡先:  080-6420-6211 (青柳行信)

・カンパ送り先
郵便振込 加入者名 さよなら原発! 福岡 口座番号 01770−5−71599
<通信欄に8.31集会と明記>

● 小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)さん講演会 ●
日時: 9月26日(金)開場18:00 / 開始18:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq
主 催:原発とめよう!九電本店前ひろば
    さよなら原発!福岡
   「原発なくそう!九州玄海訴訟」福岡地区原告団・弁護団
参加費:800円、避難者の参加費は400円。
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(080-6420-6211青柳)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
          10月10日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
              原告総数 原告総数  8275名(8/8現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
       ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
     場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
       <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内