[CML 032956] 【報告】第1201日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2014年 8月 3日 (日) 07:12:32 JST


青柳行信です。8月3日。

☆鹿児島川内行 申し込み 
 往復 大人5000円が3000円になりました。
皆様、一緒に行きましょう。

●-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--●
   8/31 川内に行こう! 全九州、日本、韓国・台湾から 結集!
        私たちの人生の一日はこの日に!

☆鹿児島川内行 申し込み 募集
・貸し切りバス(40人乗り中型) 福岡・川内往復 大人3.000円
        小学生・高校生まで半額。
 福岡乗車場所 福岡天神日銀前 午前8時発 帰福午後10時過ぎ着(予定) 
 申し込み先メール: hendrix1965317 at gmail.com (浅野隆樹)
      住所・氏名・電話 記載よろしくお願いいたします。
  申し込み締め切り: 8月20日。できるだけ早めによろしく。
 連絡先:  080-6420-6211 (青柳行信)

●ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動● 
http://ameblo.jp/yaaogi/
・カンパ送り先
郵便振込 加入者名 さよなら原発! 福岡 口座番号 01770-5-71599
<通信欄に8.31集会と明記>

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1201日目報告☆
        呼びかけ人賛同者8月2日3517名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
    
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん
台風も西寄りのコースを取り、思ったより雨風がひどくなかったです。
しんぶんによると、全国で 9条の会が 動き出しています。
集団的自衛権、秘密保護法、沖縄の基地、佐賀のオスプレイ
闘わなければならない課題は 山ほどあります。
当面は 薩摩川内に みんなで 集まりましょう。
8月31日(日)8時 福岡出発 バス代 3000円です。
あんくるトム工房
佐賀空港   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3126

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
  ☆イスラエルの「領土神話」を妄信し 反人道作戦を平然と強行
     (左門 8・3−737)
※シリアからシナイ半島までをイスラエルの神がイスラエル民族に与えたという「神話」が旧約聖書に伝承され、それが第二次大戦後にも蒸し返されて、パレスチナ先住民族の住む
地域へ「侵入」し、3次に及ぶ戦争を経てアメリカの支持をえて戦力で圧倒的優位を占めるイスラエルが勝利した。休戦協定により国連で認められたパレスチナ自治区の中にまで蚕
食を進め、高いコンクリートの壁をつくって囲い込みを続ける。ハマスでなくとも抵抗するのが理解できる情況だ。しかし、ユダヤ教と歴史的つながりのある世界のキリスト教文化
が、事実を見ないで「宗教的神話」の色眼鏡でしか事態を見ようとしない。神話や文化だけでなく、根底に『世界石油戦略』(広瀬隆著)があることを見てとらなければならない。
また、村山盛忠著『パレスチナ問題とキリスト教』(プネウマ舎)を御一読願いたい。この本は、おとなしい題名であるが、内容は「パレスチナ問題におけるキリスト教の問題性」
というべき根本的な批判の書である。この際、2つの本の一読をお勧めいたします。

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<パブリックコメント(5)「溶融炉心・セラミック相互作用」の検討の必要はない
か>について報告します。

原子力規制委員会・原子力発電所の新規制基準適合性に係る審査会合
 <https://www.nsr.go.jp/activity/regulation/tekigousei/power_plants.html>
https://www.nsr.go.jp/activity/regulation/tekigousei/power_plants.html

「水蒸気爆発」が適合性審査議事録の No,6、26、48、58、73、85、102、108 に記
載されており、それを纏められた方からデーターの提供があり、それをを読んでいる
と大変重要な事が記載されていることが分かりました。

 『ロシアやヨーロッパの原子炉はコアキャッチャ対策を取っているので、「溶融炉
心・セラミック相互作用」の検討を行っているが、日本のPWR原子炉はロシアやヨー
ロッパ並の安全対策は取らないので、初めから「溶融炉心・セラミック相互作用」の
検討の必要はないと説明している。』との記載がある事が分かったので、パブリック
コメント(5)を提出しました。

パブリックコメント(5)

『201ページ『溶融炉芯・コンクリート相互作用 

1.申請内容

(1)『本格納容器破損モードの特徴 原子炉圧力容器から溶融炉心が原子炉格納容
器内の床上に流出し、溶融炉心と接触した床のコンクリートが熱分解により浸食さ
れ、原子炉格納容器の構造部材の支持機能が喪失し、原子炉格納容器の破損に至
る。』と九州電力は説明している。

202ページ(2)『対策の考え方 溶融炉心を冷却し、溶融炉心によるコンクリー
ト浸食を抑制するために、原炉下部キャビティ(格納容器下部窪み)へ注水する。』と
九州電力は説明している。

しかし、これは世界的な耐火物技術の専門的見解からは大きな疑問である。

第102回新規適合性に係わる審査会合の議事録24ページに、北海道電力の長沢氏
は「あと、二つ目でございますが、国内PWRでは考慮不要な現象ということで、こち
らにつきましては、「溶融炉心・セラミック相互作用」ということで、コアキャッ
チャ、これが国内のPWRにつきましてはコアキャッチャがございませんので、そう
いったところとしては、現象としては挙げられないと考えているものでございま
す。」と説明しているが、この見解は九州電力、北海道電力、関西電力、四国電力の
共通の見解である。

 チェルノブイリ原発の過酷事故を経験したロシアやヨーロッパでは、「溶融炉心・
セラミック相互作用」を良く研究し、コアキャッチャ対策が最良と認定した。

 また、国内外の「MCCI(溶融炉心・コンクリート反応)試験の多くの実験設備は
コンクリートの試験片をセットするためにマグネシア(MgO)煉瓦が使用されてい
る。

 そして、ヨーロッパで建設が進んでいるコアキャッチャのロート(受け口)や樋に
もマグネシア(MgO)煉瓦が使用されている。マグネシア(MgO)煉瓦は低価格
で有るが、「溶融炉心・セラミック相互作用」の少ない煉瓦である事は良く知られて
いる。

 しかし、使用条件によっては、欠点もありその他の耐火物の「MCCI(溶融炉
心・コンクリート反応)も良く研究されている。

 ところが、上記4電力会社は、国内のPWRにつきましてはコアキャッチャが無いの
で「溶融炉心・セラミック相互作用」の検討の必要はないという、極めて無責任な説
明を行っている。

 ロシアやヨーロッパの原子炉はコアキャッチャ対策を取っているので、「溶融炉
心・セラミック相互作用」の検討を行っているが、日本のPWR原子炉はロシアやヨー
ロッパ並の安全対策は取らないので、初めから「溶融炉心・セラミック相互作用」の
検討の必要はないと説明している。

 川内原発の審査書案は、「溶融炉心・セラミック相互作用」の検討の必要はないと
の説明を承認しているが、極めて検討不十分と考えられ、詳細な検討をする必要があ
る。』

九州電力、北海道電力、関西電力、四国電力は自分たちが必要と思わない安全対策
は、いくらロシアやヨーロッパで行われていても、新規制基準の適合審査では必要な
いと言い続けて、審査書案で承認をこぎつけたようです。

★ さいたま市 石垣敏夫 さんから:
みなさん向井さん
福島原告告訴団 武藤類子団長他事務局の方々に厚く御礼申し上げます。

1)2008年4月27日、名古屋高裁民事3部(青山邦夫裁判長)において、
「航空自衛隊がイラクで行っている武装した米兵の輸送活動は憲法9条1項に違反する」
との画期的な違憲判決が下されています。
名古屋高裁判決は「平和的生存権」の具体的権利性を肯定しました。

2)福井地裁の樋口英明裁判長判決

3)今回の
東京第五検察審査会:、検察審査会は、勝俣恒久元東電会長ら3人に「起訴相当」、
1人に「不起訴不当」の議決を出しました。
東電幹部に対し、安全対策を怠った過失を認定し、検察官へ再度の捜査を求めることとなりました。
第5検察審査会メンパーによる議決
http://www.asahi.com/articles/ASG703K7HG70UTIL00F.html

日本の司法に一筋の光を感じます。
司法がその本来のあり方を全うしてくれれば、
日本社会は大きく崩れることはありません。


★ 熊本 永尾 さんから:

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
きょうは、玄海町長選挙の投票日です。
記事紹介は、今朝も川内(せんだい)原発関連からはじめます。

1.<川内原発、審査合格で安全は半数 30キロ圏の自治体アンケート>西日本2014年08月02日 19時31分) 
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/105377
<九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)が再稼働を前提にした審査に事実上合格したことを受け、同県と原発の半径30キロ圏の9市町に共同通信が2日までにアンケートした
結果、「原発の安全性が保証された」との回答はなく「どちらかと言うと保証された」も5市町にとどまった。また再稼働に4市町が「条件付きで賛成」と回答。他は「判断する立
場にない」などとし、反対する自治体はなかった。地元経済を後押しするとして再稼働への期待感がある一方、安全対策への懸念が根強い実態が示された。防災面では、対策が追い
つかない現状も浮き彫りになった。>

避難関連記事、政府と与党が、
2.<原発避難計画へ、国に専従職員案 自公、自治体支援策>朝日デジタル2014年8月2日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S11279031.html
<自民、公明両党は1日、原発周辺自治体の避難計画作りを支援する内閣府原子力災害対策担当室に専従職員を配置するよう政府に求める方針を決めた。避難計画は、原発から半径
30キロ圏の市町村に策定が義務付けられた。計画作りは高齢者や障害者の避難対策などの課題が山積し、135市町村中、策定済みは約6割。自治体側から、策定に国が責任を持
つべきだとの意見が続出している。 提言は国が避難計画の実効性を確認する仕組みへの変更には踏み込まず、人員増を求めるにとどまった。>

3.<(宮崎)川内原発:「知事、県議会は再稼働反対を」 市民団体が署名活動、31日まで>毎日新聞 2014年08月02日 地方版
記事全文<九州電力川内原発の再稼働に反対する「原発避難を考える緊急署名の会」が、河野俊嗣知事と県議会が反対表明するよう求める署名集めを始めた。31日まで街頭などで
収集し、9月県議会に請願を出す予定。会は自然保護などに携わる県民有志243人が呼びかけ、7月に発足した。東京都の民間シンクタンク「環境総合研究所」に依頼し、川内原
発で事故が起きた場合の放射性物質拡散をシミュレーションした結果、風向きによって宮崎も大きな影響を受けることが分かったという。1日、県庁で記者会見した共同代表の青木
幸雄さん(65)は「拡散分析結果が示す通り、県民も川内原発再稼働に無関係でないと訴えたい」と話した。>

川内原発の地元紙-南日本新聞の社説、
4.<[東電「起訴相当」] 厳しい民意が示された>南日本新聞8月2日付
https://jp.mg5.mail.yahoo.co.jp/neo/launch?.rand=3ip3feko76oj6#tb=q7ryzdd4
長い記事<・・・・さらに原子力安全・保安院(当時)や電力業界の姿勢も「リスクを単なる数値と見て、一般常識からずれている。原発は大丈夫という安全神話の中にいたとして
も責任を免れない」と非難した。事故の原因究明と責任の所在が明確にされないまま、原発再稼働の動きが進んでいる。検審の指摘は、新たな安全神話がつくられつつあることへの
国民目線の厳しい批判と受け止めるべきだ。>
・・・・と、結んでいますが、地元の原発との関係についての言及はない・・・・。

5.<官邸前抗議 再稼働ありえない  怒りの唱和>しんぶん赤旗8月2日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-08-02/2014080215_02_1.html
<首都圏反原発連合(反原連)は1日、原発に反対する首相官邸前抗議行動を行い、2300人(主催者発表)が参加しました。菅義偉官房長官が「川内(せんだい)原発がうまく
進めばほかは比較的スムーズにいく」と述べるなど再稼働に突き進む安倍政権に対して、怒りの声を上げました。・・・・>
・川崎市の会社員の女性(30)は初参加です。「今もふるさとを離れて避難している人や対応が後手後手になっている汚染水のことを考えると、再稼働なんてありえない」といいま
す。
・群馬県伊勢崎市と高崎市から誘い合って初めて参加したのは、20代の男性3人。「安全性が担保されていないのに、再稼働に向かうのは違うと思う」と語りました。
・さいたま市から初参加した女性(55)は「なんたって原発は危険。反対の声を上げ続けるしかありません」。東京都葛飾区の男性(18)は「いつでも反対の声を上げられる場所
は
とても大事。人の命より、もうけを優先させるのは許せない」。
・佐賀県神埼市の女性(71)は佐賀と宮崎から計7人で参加。官邸前の最前列で「原発なくそう!九州玄海訴訟」の横断幕を持ち、「再稼働は絶対にさせません」と話しました。
笠井氏は、菅義偉官房長官が九州電力川内(せんだい)原発と同型原子炉であれば、原子力規制委員会の審査を簡略化できるとのべたことを批判し、「こんな内閣に日本をまかせら
れない」と語りました。>

5’.<【金曜日の声 官邸前】「起訴相当」は市民感覚>東京新聞8月2日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kinyoubinokoe/list/CK2014080202000140.html
<・東京都杉並区の大学職員 加藤悠二さん(31) 検察審査会は東電元会長らを「起訴相当」と議決したが、それが市民感覚。3年以上たつのに誰も裁かれていないのはおかし
い。責任を取り、避難している人への補償も充実するべきだ。
・東京都八王子市の主婦 小野富美子さん(69) 震災までは、原発は安全だと疑わなかった。事故の責任を誰も取っていないのに、政府は他の原発を動かそうとしている。普通
の神経では考えられないことで、黙っていられない。
・埼玉県富士見市の農業 小林俊郎さん(64) うちの作物からも放射性物質が検出され、東北では原発関連死で多くの人が亡くなっている。検審の議決は評価するが業務上過失
致死傷罪でしか東京電力の刑事責任を問うことはできないのだろうか。>

被災地フクシマ、
6.<(楢葉町)福島第1原発事故 環境省、来月にも解体着手「半壊」以上の家屋>毎日新聞 2014年08月02日 地方版
  
記事全文<環境省は、原発事故で全町避難が続く楢葉町で、申請のあった家屋の解体工事に9月にも着手する方針を固めた。廃材を一時保管する仮置き場の見通しが町内でついたた
め。ただ、震災による「半壊」認定以上が対象で、それ以下の小動物被害などで住めなくなった荒廃家屋は対象外。今後の帰還時に、家の建て直しを検討している町民からは解体を
求める声が強まりそうだ。【栗田慎一】◇廃材の仮置き場、町内に見通し 環境省福島環境再生事務所は1日、一部の業務を再開した楢葉町役場内に「除染等に関する相談窓口」を
設置。早ければ来年4月の避難指示解除に向け、住民の帰還ニーズを町と共同で把握していくことを決めた。同省によると、1日現在の家屋解体の申請件数は737軒で、すべ
て「半壊」以上のみを受け付けている。原発事故の避難区域内は、家屋の廃材なども原則的に指定外地域に運び出せないため、域内での一時保管が必要だ。しかし、町内の除染廃棄
物の仮置き場は満杯状態のため、新たな保管場所が見つかるまで解体工事の見通しが立たなかった。新たな仮置き場は住民らとの交渉の結果、前原地区に選定され、計8・6ヘク
タールを2期にわけて造成。うち2・8ヘクタールが近く完成する運びとなった。今後は、解体業者を決める一般競争入札を行い、早期の工事開始を目指す。
ただ、半壊以下の荒廃家屋の解体を求める声もあり、現在の申請数と合わせると、町内の全家屋の半数以上に上る可能性があるという。政府は、国費による震災被害家屋の解体事業
に原発事故特有の小動物被害などの影響を考慮しておらず、東京電力も家屋内の清掃や解体費の賠償支払いに応じていない。このため、町は復興庁などに対し、小動物被害について
清掃費や解体費の助成などを求めている。仮に半壊以下の家屋解体に助成が出ても、家の建て替え費用を捻出できない人も少なくないとみられ、環境省の「相談窓口」では実態の把
握も試みる。>
・・・・除染が終わった町と言われているが、これが実態です。住民の多くが帰還を望めないし、望んでもいないでしょう。

7.<富岡町、「防犯カメラ」運用スタート 44カ所に88台設置>福島民友新聞?8月2日(土)12時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140802-00010002-minyu-l07
<・・・町内では東京電力福島第1原発事故の影響で全町避難が続くが、住民がいない町内での犯罪抑止に向け、警察や町民のパトロール活動による安全対策が課題となる。カメラは
44カ所のうち、9カ所に車のナンバーを認識できる「ナンバーキャッチカメラ」を併設。映像は東京都にある委託事業者の施設で常時監視するほか、郡山市の町郡山事務所でも確認す
る。記録は委託事業者のデータセンターに保存し、事故や犯罪発生時に警察署からの要請を受け、町が映像を提供する。>
・・・・「時間の止まった町」と言われる誰も住んでいない町で心無いことをする人を監視しなければいけないのが日本の現実です。?

8.<何が基準?県民に戸惑い 環境省が「除染」新方針>福島民友新聞?8月2日(土)12時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140802-00010001-minyu-l07
<・・・空間放射線量から個人被ばく線量に基づいた除染に転換する新方針を環境省が示した1日、幼い子どもを持つ母親は「毎時0.23マイクロシーベルトのままであってほしかっ
た」と除染の基準が緩和されたと受け止め、戸惑いを隠せなかった。一方、「個人被ばく線量を重視する方針は現実的」と理解を示す意見も聞かれた。
福島市の主婦(29)は空間放射線量に基づいた除染を望む。原発事故後、夫を残し、幼い長女を連れ山形県に避難した。だが家族離れ離れの生活に耐えきれなくなり、市内で空間放
射線量が比較的低い場所を探して家を新築した。「毎時0.3〜0.6マイクロシーベルト程度では安心できない。子どもが生活するのは自宅だけではない」と懸念を示し
た。・・・・・新方針に女性は「放射線量の違いで同じ市民でもぎくしゃくするのでは」と心配した。>
・・・・あらたな住民対立を生むのは必至です。?

こうした動きも、、
9.<川俣町・川内村が「復興整備協議会」 被害農地の転用目指し>毎日新聞 2014年08月02日 地方版
  
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20140802ddlk07040329000c.html
<原発事故で被害を受けた農地の転用手続きを迅速に進めるため、川俣町と川内村は1日、「復興整備協議会」をそれぞれ設立した。川俣町は、雇用の場を確保するため、野菜苗の
生産・販売を手がける「ベルグアース」(本社・愛媛県)の子会社の団地整備として、農地を転用することを確認。同町にとって、40年ぶりの企業誘致で長期的には150人の雇
用を見込む。また、避難区域に指定されている同町山木屋地区の農地に、大規模太陽光発電所(出力2メガワット)を整備し、来夏からの発電を目指す。川内村は原発事故後、畜産
農家が激減し、牧草地も汚染されたことから、平伏森地区と糠塚地区の牧草地にそれぞれ出力2メガワットの大規模太陽光発電所を整備。来年度中に稼働予定という。協議会は
それぞれの町村長が会長に就き、国や県などと手続きをワンストップで行うことで、復旧・復興の迅速化を図る。県内ではこれまで、いわき市▽相馬市▽南相馬市▽新地町▽広野町
▽楢葉町??の6市町で設立された
?
10.<ノリ養殖、4期連続見送り 相馬の松川浦>福島民報?8月2日(土)9時43分配信???? 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140802-00000029-fminpo-l07
<東京電力福島第一原発事故の影響で、相馬双葉漁協は福島県相馬市の松川浦でのノリ養殖を4期連続で見送る。1日、同漁協松川浦支所で開いた養殖者の全体会で決めた。県の放
射性物質モニタリング調査で、アオサノリ(青ノリ)から検出される放射性セシウムは減少傾向にある。しかし、同漁協独自の出荷基準値(1キロ当たり50ベクレル以下)を安定
的にクリアできていないため、再開を見合わせる。・・・松川浦は県内唯一の青ノリ生産地で、約70世帯がノリ養殖に携わっている。杉目一郎同漁協松川浦支所長(86)は「松
川浦のノリ養殖を途絶えさせぬよう皆で力を合わせたい」と語った。>
・・・・じゃぶじゃぶと徹底的に洗って測って「線量が基準(100ベクレル)以下になっている」からと事業を強要する県や政府に対抗しています。

11.<2日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定値>福島民報8月3日朝刊紙面
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。

12.<(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)>下野新聞8月2日 17:30
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140802/1674841
<▼空間放射線量率(2日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

13.<(宮城県)詳細調査 加美町は猛反発 知事 首長会議で意見集約 最終処分場問題>大崎タイムス8月3日付
<東京電力福島第一原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場建設をめぐり、村井嘉浩知事は1日、環境省が推し進めようとしている候補地の詳細調査について、県内35自治体の
大半から賛同が得られた場合、実施を容認する方針を示した。4日に仙台市内で開かれる市町村長会議で意見を取りまとめる考え。栗原、大和の両首長は建設に反対しつつも詳細調
査には前向き。しかし猪股町長は当初から「環境省の候補地選定に重大な瑕疵がある」として拒否の姿勢を貫く。この日も「国と東電が責任を持って処分するのが筋。知事のエネル
ギーと政治力は(指定廃棄物が発生した各都県内で処分することを定めた)特措法改正に向けられるべき」とまくし立てた。>

福島第1原発、
14.<汚染水年度内浄化、困難に アルプス不調で>毎日新聞 2014年08月02日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20140802ddm001040174000c.html
<福島第1原発に保管されている汚染水について、東電が目標としていた今年度内の全量浄化処理が達成困難なことが1日、分かった。汚染水から放射性物質を除去する多核種除去
装置「ALPS(アルプス)」が計画通りに稼働できていないためで、東電も現状では処理が間に合わないことを認めた。汚染水を巡っては、原子炉建屋への地下水流入を防ぐ凍土
遮水壁の建設準備でも手間取っており、汚染水低減対策の難しさが改めて浮き彫りになった。・・・・・
東電広報部は「目標はあくまで汚染水のリスク低減。来年3月末までにすべての汚染水をアルプスに一度通すことができれば、リスクを下げたと言える」と説明。資源エネルギー庁
の担当者も「4核種が残っても汚染水の貯蔵リスクを低減できればよい」 と述べた。
一方、原子力規制庁の担当者は「アルプスを増設しても、きちんと動くかどうかは分からない。そんな状態で処理量の見通しは立てられない」と話す。・・・・・>

15.<福島第1原発・正門周辺の大気中の環境放射線量>毎日新聞 2014年08月02日 東京朝刊
<1日正午現在1.5マイクロシーベルト毎時???数値は東京電力のホームページから抜粋 前日は1.5マイクロシーベルト毎時>

原発周辺自治体、
16.<(プロメテウスの罠)函館の訴え:6 止められないわけだ>朝日新聞デジタル?8月2日(土)16時0分配信 (有料記事) 
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11278941.html
◇No.996 工藤寿樹 7万739票  西尾正範 5万7346票  2011年4月の北海道函館市長選は、工藤寿樹(64)が現職の西尾正範(65)を破って初当選し
た。青森・大間原発の建設凍結を公約に掲げていたわけではないが、6月から工藤は行動に移していく。15日に経済産業省や事業者のJパワー(電源開発)などへ1回目の要望に
出向く。27日には近隣の北斗市長、七飯町長と意見交換。無期限凍結をともに求めていく合意を得る。7月20日には函館市議会も建設凍結を求める意見書を可決した。そして8
月30日。工藤は市議会議長の能登谷公(のとやこう)(65)とともに、建設現場に足を運んでみることにした。・・・そこをフェリーで90分。渡ってみると、いっそう近
さを実感した。・・・・ しかも国際海峡なので、本来、岸から22キロまである領海が、ここは5・5キロまでしかない。不審船でもたやすく近づける。そんな大間原発の危険性
も、工藤は後に知る。・・・・
役場から車でほんの数分で原発の敷地が現れる。バイパスわきに広がる草地がフェンスで囲まれている。
守衛所から中に入ると、舗装が行き届いた道沿いにゼネコンや重電機メーカーの看板が次々と出てきた。各社が現地事務所を置いている。「日本を代表する企業ばかり。それが、こ
んなにそろっている。建設を止められないわけだ」向き合うものの大きさを感じた。・・・・
Jパワーの説明は丁寧だった。
しかし、使用済み核燃料をここで20年保管するというので、その後はどうするのか聞いてみると、返事は「決まっていません」。取りあえず進めていく。福島の事故が起きる以前
と同じじゃないか。建設を再開させてはいけない。工藤は思いを強くした。>

17.<(鳥取県)米子市議会:補正予算案など25議案を可決??閉会>毎日新聞 2014年08月02日 地方版
 http://mainichi.jp/area/tottori/news/20140802ddlk31010630000c.html
<定例米子市議会は1日、1億7521万円の今年度一般会計補正予算案など25議案を可決、閉会した。集団的自衛権行使に反対する陳情2件、島根原発の再稼働に慎重な判断を
求める陳情1件は不採択とした。・・・・・・・・>

18.<(長野県)柏崎刈羽原発:長野3自治体と安全確保で覚書??東電 /新潟>毎日新聞 2014年08月02日 地方版
 記事全文<東京電力は29日、柏崎刈羽原発について「安全確保に関わる連絡体制の覚書」を、長野県飯山市、同県野沢温泉村、同県栄村の3自治体とそれぞれ同日付で結んだと発
表した。新潟県外の自治体との覚書は長野、栃木、群馬の3県に続きこれで6自治体となった。覚書の内容は3市村共通で▽事故や故障、火災などが起きた際、東電が各市村にすみ
やかに内容を報告する▽平常時に東電と各市村が連絡会議を開く??などを定めている。
3市村は昨年11月以降、相次いで東電に覚書締結を要請した。いずれも市域や村域の一部が原発から50キロ圏に入り、人口は飯山市が約2万2000人、野沢温泉村が約
3800人、栄村が約2200人。要請の理由を飯山市は「長野県内で原発に最も近い自治体で、事故時に(特定の場所だけ放射線量が高まる)ホットスポットが生じる心配もあ
る」。野沢温泉村と栄村は「放射性物質が飛散し避難が必要な場合もあり得る」などと説明している。>

政府は、
19.<(日本ブラジル)両首脳、安保理改革で連携一致>毎日新聞?8月2日(土)10時28分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140802-00000017-mai-pol
<サンパウロ福岡静哉】安倍晋三首相は1日午前(日本時間1日深夜)、ブラジルのルセフ大統領とブラジリアで会談した。両首脳はドイツ、インドとの4カ国でつくる「4カ国グ
ループ」(G4)が結束し、国連安全保障理事会の常任理事国枠を広げる改革の早期実現を目指すことで一致。会談後に発表した共同声明に盛り込んだ。・・・・また、日本からの
原発輸出に向けて原子力協定交渉をさらに進めることや、医療・保健、防災、宇宙・衛星など幅広い分野で協力を拡大することを確認した。・・・・>
・・・・・・この人、必ず原発推進を約束してきます。

海外、
20.<東芝子会社、ブルガリアの原発受注内定>時事通信?8月2日(土)20時0分配信???? 
記事全文<東芝子会社の米原発プラント大手ウェスチングハウス(WH)は2日までに、ブルガリアの国営電力会社ブルガリア・エネルギー・ホールディングから原発1基を受注するこ
とで基本合意した。受注額は5000億円程度とみられる。2023年ごろの稼働を目指す。受注が内定したのはコズロデュイ原発の7号機。出力は110万キロワット程度を計画する。>

参考記事、
21.<(原発利権を追う 「関電の裏面史」独白:6)「政治献金は関係つくる漢方薬」>朝日デジタル2014年8月2日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11279025.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11279025
<死者171人。世紀の難工事となった富山県の黒部川第四発電所(1963年完成)の発電量は原発1基の半分に満たない。関西電力元会長の芦原義重が抱く原発推進への強い思
いを側近の内藤千百里は感じていた。そのために必要なのが政治献金だったという》
芦原は電力需要がどんどん増える中、安定した電源として原子力を増やそうと考えた。・・・・・・・・世の中は業者、官僚、政治家の三角関係で成り立っている。電力会社は許認
可を握る官僚に弱い。官僚は大臣を務める政治家に弱い。政治家は献金と票を集める電力会社に弱い。だから、電力会社は日頃から政治家と仲良くしておく。政治献金はフレンド
リーな関係をじわじわとつくる漢方薬。権力への一つの立ち居振る舞いや。即効性のある頓服薬では(贈収賄で警察や検察に)やられる危険が大きい。政治家がもらったと意識しな
い程度に時間をかけて渡す漢方薬が大事。これは民間が長い間に学び取った知識なの。・・・・・・>

22.<平和記念式典の概要を発表>長崎新聞?8月2日(土)9時47分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140802-00010002-nagasaki-l42
<長崎県長崎市は1日、9日の平和祈念式典で「平和への誓い」を読み上げる被爆者代表に長崎市三川町の城臺美彌子(じょうだいみやこ)さん(75)が決まったと発表し
た。・・・・城臺さんは6歳の時、爆心地から2・4キロの立山町(現・立山1丁目)の自宅で被爆。1998年に被爆3世の孫娘が生後6カ月で急死し、「自分が被爆者でなかったら」と悩
んだという。しかし同年のインドとパキスタンの核実験をきっかけに語り部活動を開始。反原発運動にも取り組んでいる。「誓い」では被爆体験に加え、集団的自衛権の行使容認や
原発再稼働への懸念も示す考え。「しっかり訴えていく」と語った。・・・・・・>

23.<広島、核廃絶考えるシンポジウム 「核の傘」から脱却を>共同通信2014/08/02 19:03
http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014080201001574.html
<核廃絶に向けて日本が果たす役割などを探るシンポジウムが2日、広島市立大などが主催して広島市中区で開かれ、「核の傘」から脱却した安全保障体制を構築すべきだとの意見
がパネリストらから出た。市民ら約200人が参加。講演した長崎大核兵器廃絶研究センターの鈴木達治郎副センター長は、核兵器の非合法化が不可欠だとした上で「日本が『核の
傘』に依存しない安全保障の枠組みを打ち出す必要がある」と述べ、被爆国としての主導的な役割を期待した。・・・・・>

24.<久間氏(元防衛相)代表のNPO、元社員逮捕=東電から賠償金詐取容疑―風評被害装う・警視庁>時事通信?8月2日(土)15時19分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140802-00000055-jij-soci
<福島第1原発事故による風評被害の賠償制度を悪用し、賠償金約1200万円をだまし取ったとして、警視庁組織犯罪対策3課などは2日、NPO法人「東日本大震災原子力災害等被災者支
援協会」(東京都中野区)の元社員進藤一聡容疑者(42)=東京都練馬区豊玉南=と、同法人会員でイベント運営会社「益八」(福島県郡山市)役員の根本重子容疑者(52)=同市
片平町=を詐欺容疑で逮捕した。NPOの代表は元防衛相の久間章生氏(73)が務めている。また、同法人の元社員村田博志容疑者(55)=住所不定=ら2人を同容疑で再逮捕した。警
視庁は2日、同法人を捜索し、携帯やパソコン、名刺、通帳を押収した。
NPO法人は東電への賠償請求の手続きを代行していた。警視庁は実態解明に向け、下谷署に捜査本部を設置。今後、久間氏からもNPO法人の運営状況について任意で事情聴取する方
針。逮捕容疑は2012年4〜5月、福島県内で益八の営業実体がないのに「各種行事の企画、運営を行ってきたが、震災後に放射能漏れの影響でキャンセルが相次いだ」などと虚偽の申
告書を東電に提出。賠償金約1200万円をだまし取った疑い。・・・・・・>
・・・・久間氏といえば、女性の「生む機械」発言で辞めた人ですね。 この人、長崎県選出でしたね。

こちらの記事に関係図が、
24’.<久間氏代表の団体、東電賠償巡り詐取容疑 元幹部ら逮捕>朝日デジタル2014年8月2日20時24分
http://www.asahi.com/articles/ASG8235CLG82UTIL005.html

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
2面に、安倍首相の外遊関連記事ですが、「原発」という文言はありません、

28面の左端に、24.の類似記事、
その同じ面に、
25.<惑う被爆地 戦後70年ぁ(刃太觚澄|気蠡海韻拭嶌蚤膰約数」>
26.<被爆2世組織 12都府県のみ 被団協初の全国調査> 
27.<核兵器の非人道性 国際会議で訴える 広島 被爆者ら 原水禁世界大会 4日から>
28.<韓国の音楽PVに原爆投下時の新聞>
・・・・6、9日が近づき、原爆関連記事が多くなっています。

昨夕刊でも、原爆関連の記事が大きく1面と6面にありました。
6面は、各国の教科書で原爆をどう扱っているか、という特集です。

今朝は以上です。(8.3.4:29)
※この新聞記事紹介は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tn

★ 坂井貴司 さんから:
  福島第一原発では 1日あたり4,000人の労働者が廃炉作業をしています。
 その労働者たちに密着して取材した番組です。
  NHK教育 ETV特集
 「ルポ 原発作業員 2〜事故から3年・それぞれの選択〜」
  http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2014/0802.html
 再放送:8月9日(土)午前0時00分※金曜日深夜 

★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば1056日 テント日誌 8月1日(金)商業用原発停止317日

感想と意見 山村貴輝

レントゲン開発以降放射能の医療部門での活用は飛躍的に発展しています。しかし、レントゲン医師などの被曝もあるのが現実です。だが、私は原子力の医療・科学部門での利用は
肯定すべきです。無論、言うまでもなく原子力と言う存在は原発・核という位相と、医療・科学という位相とでは通底しています。

その意味では、ダイナマイトが鉱山を堀削するのと軍事に使用されるのと似ている構造だと思います。しかし、医療・科学での利用は否定できません。それを、本質的に追及すると
「文明の否定」になるからです。だが、「文明の否定」を取る立場であれば実際に「文明は自然を破壊し続けて、非文明の社会を破壊してきた」と言う歴史的事実に反してはいませ
ん。しかしながら、現実社会においてそれをストレートに認定するのもできません。そういう意味で「文明の否定」と言うことは一つの理念であると思います。
 
 要は原発が原子力平和利用と言う政府・原発ムラのマヌーバー的な宣伝文句に踊らされていた、と言うことではないでしょうか。原発は平和利用ではなく核武装の政治目的も含め
て、さらに全く安全性は保障されないということも併せて容認できないということだと思います。

テント日誌の読者から提起の続き(A・Y)

テント日誌読みました。私の問題提起はいつも、その問題に対して、いいとか、だめとかを聞きたいのではなく、解決策が知りたいというわけでもはなく、メールにも書いたよう
に、ひとりひとりが「矛盾」に向き合って、揺れ動く気持ちを自分で見つめることが大事なのだと思っています。でも、私の意見は、いつも極端な意見なのかもしれません。ただ、
いつだってモンダイの根っこをつかまえて探し当てて、自問自答したいのです。それは「思考」出来る人間として、大事なことだと思います。

 実は、吉岡忍さんにも同じ内容を送ったのですが、かなりの長文でお返事を頂いています。吉岡さんは、とても難しい問題で返答に考え込んでしまう、としながら、原発、原発と
いうけれど、そもそもウランはどこから来たのかという話からはじまり、宇宙規模でいうと、放射線やウランがなければ、地球そのものもなかったし、生物、生命、自然が作られな
かった、とし、ウランや放射線は、われわれの同居人というか、いくぶんかはわれわれ自身だ、だから、まず、自分の体に異物を入れたくない、といっても、体のすべてが宇宙の生
成物によってできている、ということは抑えておく必要があるんじゃないか、と。
そのうえで、もちろん原発は即時停止だし、でも、放射線は異物だから身体に入れたくない、とか、いちがいに悪者扱いはしていません、というような返信でした。

 ついでなので、吉岡さんへの返信を味岡さんにも送ります。吉岡さんからのメールは、転送OKかどうか確認をとっていないのでとりあえず私のメールだけ転送します。

☆☆
 すべてのあらゆる物質は原子で出来ていて、もっとたどれば素粒子。この私の身体も、小さなちーさな粒粒(素粒子)の集まりだと思うと、不思議な感じがします。というか、想
像力が追いつかずチョット信じられない。

わたしの身体は、確かにある、だけど、私を構成している原子、分子、素粒子は目に見えないから、自分の身体は、あたかもそのカタチのままに、ここに存在していると思ってい
て、それが当たり前にあると思っている。この傲慢さ。

 科学と物理は違う、つながっているのに、違う。科学は物理と違って哲学することを忘れているのではないでしょうか。

 私(達)は、目の前にあるものが、当たり前にあるのではなく、どうして、なぜ、どうやって出来ているのか、どこから始まったのかを、不思議がることを忘れているんだと思い
ます。

 ちょっと話はズレますが、引っ越し騒動で不動産屋に物件を断られた時に、
とてもくやしい思いをしたのですが、その時に思ったのが、土地(土)というものが、いつから、どうして、誰かの所有する「物」になったのだろうか、ということでした。誰のも
のでもないはずの、土、水、空気、が誰かの所有物であるかのように、誰かが所有権を持っているかのようになっていて、土が売られ、水が売られ、空気が売られ、今や人間も、
切って棄てる、取り替え可能な部品のように、売られるようになりました。

 誰のものでもない「物質」は、誰かの所有になり、権利が主張され、権利を買った者が、それを売ることが出来る、原発事故から見えたのは、福島や日本の空気も、土も、すでに
「誰か」が所有権を持っているかのようだ、ということでした。

 吉岡さんのいうように、地球や生物やあらゆる物質は、信じられないくらいの年月を経て、ぶつかりあい、爆発を繰り返して、今があり、その中にはウランも放射もあるわけです
が、それが現在は、嫌われもののウラン、地球上にあってはならない放射線、というように認識されてしまった。そしてそれらの物質は、管理したり権利つきの所有物になった。

 そう思ってきた私自身や、そう思い込んで、それを突き進んでいる世の中に、
とっても違和感が出てきました。集団的自衛権みたいな、身体的に切迫している事態が続くと、宇宙に存在するすべての物質をたどっていくと、ちっちゃい粒粒の素粒子で…なんて
ことに思いを馳せる余裕も、なくなってくるのかなぁ…。

 素粒子で出来ている自分の身体、物質、それが目に見えない、想像出来ないからといって、まるでないかのように扱う。(ないものはない?ちがう、ちがう、量子物理学では、な
いものはあるわけですよね)それはひっくり返せば、自分達の存在を、自分自身で確証を持てていないってことじゃないのだろうかと思う。人間が、地球上の物質をやたらと所有し
たがり、その所有する権利を、
奪いあって、お金に換えるのは、確証の持てない存在をなんとか目に見えるカタチにさせたいのかもしれない…なんてーことを、ふと夢想します。

 あれ?私もなにがなんだか分からなくなってきてしまいました。ううう、知恵熱が出そうです。

★ 前田 朗 さんから:
安間 武(化学物質問題市民研究会)
 メールサービス 2014年8月2日 第425号
-------------------------
 集会・アクション
-------------------------
■全国のデモ開催情報まとめ
(原発関連)
http://www47.atwiki.jp/demomatome/
(改憲関連)
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

■川内原発の再稼働適合審査書案へのパブコメを出そう。
締切は8月15日
トピックス135/九電川内原発 1、2 号機 稼働適合審査書案へのパブリックコ
メント参考資料
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/topics/topics_master.html

-------------------
 世論調査
-------------------

■北海道民8割「戦争不安」 集団的自衛権に批判 郵送世論調査、内閣不支持
54%
(北海道新聞 2014年8月2日)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/554674.html

■川内原発再稼働「反対」59% 朝日新聞世論調査
(朝日新聞 2014年7月28日)

■内閣支持率、初の50%割れ 日経世論調査 5ポイント低下の48%
(日本経済新聞 2014年7月27日)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS27H0H_X20C14A7MM8000/

■集団的自衛権の行使容認、原発再稼働…自公のズレ鮮明に
(msn 産経ニュース 2014年7月21日)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140722/stt14072200440002-n1.htm

★ 井上澄夫 さんから:
 キャンプ・シュワブ第1ゲート前監視・抗議行動、再開です。

 8月2日のキャンプ・シュワブ第1ゲート前行動の映像を、谷田部光昭さんからいただきました。
紹介します。現場の状況がよくわかります。子どもたちも高齢者も参加しています。
谷田部です、沖縄より。
台風一過後の8月2日、辺野古キャンプシュワブ第1ゲート前では、建設に反対する市民の監視と資材阻止の行動が再開されました。
当日の映像Youtubeにアップしました。
http://youtu.be/W5cjiSJ-fXE

−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動● 
集会場所: JR川内駅西口駅前広場
住 所:  薩摩川内市鳥追町156-1
地 図: http://tinyurl.com/jvgfou3
集会案内:http://ameblo.jp/yaaogi/

☆鹿児島川内行 申し込み 募集
・貸し切りバス(40人乗り中型) 福岡・川内往復 大人3.000円
        小学生・高校生まで半額。
 福岡乗車場所 福岡天神日銀前 午前8時発 帰福午後10時過ぎ着(予定) 
 申し込み先メール: hendrix1965317 at gmail.com (浅野隆樹)
      住所・氏名・電話 記載よろしくお願いいたします。
  申し込み締め切り: 8月20日。できるだけ早めによろしく。
 連絡先:  080-6420-6211 (青柳行信)

・カンパ送り先
郵便振込 加入者名 さよなら原発! 福岡 口座番号 01770−5−71599
<通信欄に8.31集会と明記>

● 小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)さん講演会 ●
日時: 9月26日(金)開場18:00 / 開始18:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq
主 催:原発とめよう!九電本店前ひろば
    さよなら原発!福岡
   「原発なくそう!九州玄海訴訟」福岡地区原告団・弁護団
参加費:800円、避難者の参加費は400円。
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(080-6420-6211青柳)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
          10月10日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
              原告総数 原告総数 8257名(7/31現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
       ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
     場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
       <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内