[CML 032932] 【報告】第1200日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2014年 8月 2日 (土) 07:53:40 JST


青柳行信です。8月2日。

本日、ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動 
       第二回実行委員会
   日 時: 8月2日(土)13:30〜
   場 所: (鹿児島薩摩)川内文化ホール 2階会議室
   地図:http://tinyurl.com/nhlcswd
  〒895-0054 薩摩川内市若松町3−10
    筺В娃坑坑供檻横押檻毅横隠
 呼びかけ:原発いらない!九州実行委員会

●-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--●
   8/31 川内に行こう! 全九州、日本、韓国・台湾から 結集!
        私たちの人生の一日はこの日に!

☆鹿児島川内行 申し込み 募集
・貸し切りバス(40人乗り中型) 福岡・川内往復 大人3.000円
        小学生・高校生まで半額。
 福岡乗車場所 福岡天神日銀前 午前8時発 帰福午後10時過ぎ着(予定) 
 申し込み先メール: hendrix1965317 at gmail.com (浅野隆樹)
      住所・氏名・電話 記載よろしくお願いいたします。
  申し込み締め切り: 8月20日。できるだけ早めによろしく。
 連絡先:  080-6420-6211 (青柳行信)

●ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動● 
http://ameblo.jp/yaaogi/
・カンパ送り先
郵便振込 加入者名 さよなら原発! 福岡 口座番号 01770-5-71599
<通信欄に8.31集会と明記>

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1200日目報告☆
        呼びかけ人賛同者8月2日3517名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
    
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん
台風の影響で 風の強い1日でした。
107回目の金曜行動
大濠公園の花火大会では、たくさんの人手。
いくぶんか涼しい風が吹いていました。
あんくるトム工房
来んしゃい金曜 脱原発 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3125
風の強い日  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3124

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
  ☆基本法(憲法)を手練手管で破りつつ雑法捏ねて外国軍援助
      (左門 8・2−736)
※《「日本、ベトナムに巡視船」。安倍政権は「積極的平和主義」のもと、東南ア
ジア諸国との防衛協力を加速させる。/日本の途上国援助(ODA)は軍事目的
には使えないため、ベトナムは海上警察を軍から切り分ける組織改編を済ませ
た。日本側は早ければ年内にも引き渡す意向だ。安倍政権は現在、外国の軍隊も
直接支援できるようにODA大綱の見直し議論を進めている》()朝日新聞、本
日1面、3面)。外国の政治や軍事まで容喙するまでになっている。植民地主義
ないし帝国主義の実態に踏み込んでいる。議会主義も平和主義も超越した独裁行
政だ。「安倍内閣打倒」を掲げて取り組もう!!!

★ 越智基行 さんから:
 <8:31川内原発再稼働反対の件>
貧者の一灯、少しばかり寄付させて頂きました。
皆さんの健闘に脱帽です。
私なりに、出来ることを致します。
宜しくお願い致します。

★ 井原東洋一(長崎市議会議員) さんから:
梅雨明けて。
いよいよ8月。
熱暑の日々が続きます。
お見舞い申し上げます。
お水の補給を忘れず、熱中症にかからぬようご留意下さい。

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<原子力規制委員会が再審査するよう大量のパブリックコメントを出そう!>に
ついて報告いたします。

原子力規制委員会は川内原発の審査書案を7月16日に発表し、パブリックコメ
ントを7月17日から8月15日まで受け付けると発表しました。

パブリックコメントは科学的・技術的意見に限るとの条件を付けて、条件を満た
さないものは受理しないという不当な条件をつけました。

科学的・技術的意見に限るとすれば、科学者・技術者以外の一般市民にはパブ
リックコメントは出せないのか、科学的・技術的意見以外のものでも大量のパブ
リックコメントを出そうとの意見がたくさん出されており、それは正しいと思わ
れます。

 しかし、福島第一原発のあれほど悲惨な過酷事故の発生後、福島第一原発と同
じ沸騰水型原子炉でも、九州電力の川内原発の加圧水型原発でも、日本の既存の
原発は基本設計に重大な設計ミスが有った事が分かりましたが、九州電力の川内
原発の再稼働申請書は、設計ミスの部分は改良工事を行うと、膨大な経費と長期
間の工事期間がかかるという事を理由にして、改良工事を行っていません。

 そして、過酷事故対策は、付帯設備を増強する方法で行いました。

そのために、川内原発の再稼働のため過酷事故対策は、大きな欠陥がいくつもあ
り、科学者・技術者以外の一般市民ににもよく理解できるものがたくさんあります。

 一般市民の人が、少しだけ勉強すれば、いくらでも科学的・技術的意見は提出
できます。

初めから受理されないパブリックコメントをだすよりも受理されて、原子力規制
委員会が本当の適合性審査をしないと、審査書を出せないようにせざるを得ない
状態を作りましょう。

 その参考になる資料をこれから報告していきたいと思います。

1.福岡民報8月号への「意見公募へ意見を出そう」の投稿

福岡民報の編集局より、「原子力規制委員会が川内原発の審査書案を7月16日
に発表し、パブリックコメントを公募したので参考になる記事を8月号に掲載し
たいので原稿を書いて欲しい」との依頼がありました。

8月号が7月27日に発行されましたので、参考にPDFを添付します。
http://tinyurl.com/qcqkg6w

2.2013年7月6日の青柳通信

 <チャイナ・シンドローム対策の欠如>に付いてお知らせいたします。

 北岡逸人さんより インターネットに公開されている通商産業省原子力安全基盤
機構の恐怖の炉心溶融 シミュレーションのビデオを紹介してもらいました。

「防災用事故シナリオ理解のための教材(BWRマーク儀拭法廚搬蠅垢觚修用
のビデオ
http://takoome.exblog.jp/14177588/
(原子力安全保安院時代の現場担当者向けの研修教材のようです)このビデオに
有るように、原子炉の中に挿入されている核燃料が溶融落下(メルトダウン)す
る可能性はかなり高く、核燃料が溶融落下すると、地中深くもぐりこむ事を防止
する事は技術的にひじょうに難しい事は原子炉の専門家には昔から良く知られて
いました。

この事は国会事故調報告書(592ページで1600円とひじょうに安価)の
P131〜P135にかなり詳しく書いてあります。そして、その対策の技術的
な困難さから、チャイナ・シンドロームと呼ばれました。

http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3856371/naiic.go.jp/index.html

『c. 原子炉事故とSBO

  まず、原子炉設備において発生する事故には、設計事故(以下「DBA」とい
う)と設計外事故(以下「B-DBA」という)という分類がある。前者は、原子力
設備を設計する際、対処のための自動機能を具備させる対象としてあらかじめ考
慮しておく事故のことである。例えば前述のLOCAはその代表的なものの一つであ
る。LOCAが発生した場合、格納容器内の圧力が上昇するが、この信号を受けて直
ちに原子炉を停止させ、ECCSを起動する。これが自動的に起こる。その確実性を
期すために、信号系統もECCS系も、それを駆動させる電源系も、多重性、多様性
を考慮して設計される必要がある。このような設計上の前提を超え、本来の自動
機能だけでは対応できない事故がB-DBAであり、過酷事故とも称されている。自
動機能だけで対応できないとなると、後は人的な対応が必要になる。そのような
過酷事故の中で最も代表的で、かつ炉心損傷に至らしめる発生頻度の高いものと
して長年警戒対象だったのがSBOである。したがってSBOをめぐっては、海外にお
いて過去に実施された膨大な研究成果がある。

  そのような研究成果の一つとして、米国NRC(米国原子力規制委員会)からの
委託によりオークリッジ国立研究所が実施し、昭和56(1981)年11月に発行され
たブラウンズ・フェリー原子力発電所1号機に対する解析書がある。これによる
と、当該原子炉においては、SBOの発生(T=0)から後、「表2.1.1-2」に示す主
要な時系列を経ながら事故が進展していく。直前まで定格出力で運転中だった原
子炉は、バッテリー電源が消耗して切れる4時間後までHPCIによって冷却が維持
されるが、そこから先は、炉心損傷、炉心溶融(メルトダウン)、原子炉圧力容
器の損傷(メルトスルー)、格納容器の損傷(電気ペネトレーションのブローア
ウト)、格納容器底部のメルトスルー、原子炉建屋基礎版のメルトスルーという
順に進んでいく。事故対応のための手を全く加えないという前提であるが、約14
時間のうちに厚さ7mに及ぶ原子炉建屋のコンクリート製基礎版も貫通してしま
い、17時間ほどたった後には水分も減って、格納容器の損傷部から外部に漏出す
る気体の量もピーク期の数十分の1になる。ジルコニウム‐水反応は、燃料被覆管
に含有されるジルコニウムのうちの20%に対して起こり、重量にして約250kgの
水素ガスが発生する。しかしこの解析書によれば、それから約2時間後に活発化
する原子炉圧力容器の底部から崩落した溶融物とコンクリートとの化学反応
(CCI)によって発生する水素と一酸化炭素の量も顕著であり、1分間当たり数kg
オーダーの水素と100kg以上もの一酸化炭素が発生することになる。したがっ
て、そのような反応が、コンクリートを貫通する数時間もの間継続的に起こるも
のとすると、メルトスルーの後から膨大な量の可燃性ガスが発生することになる。

析(ブラウンズ・フェリー原子力発電所1号機)

   炉心溶融物がコンクリートを侵食していくプロセスに関しては、溶融物を熱
した鉄の円柱や山盛りのくぎで模擬した実験によって推測している。これらの実
験によれば、溶融物はコンクリートを溶かしながら沈降し、水蒸気、水素、二酸
化炭素、一酸化炭素などの気体を発生させ、鉄筋が存在する場合には、それが触
媒となってメタンガスも発生させるという。そしてそのようなコンクリートの溶
融物の上には通気性のある「殻」を形成させ、その下にガスだまりを作ること
で、上からの水による冷却効果を低下させるという。このとき発生するガスは、
コンクリートなどから発せられた粒子成分を含み、さまざまな放射性物質を運搬
する媒体(放射能エアロゾル)とな
る。

  いわゆる「チャイナ・シンドローム(基礎版を貫通した炉心溶融物が、さらに
下降を続けていく現象)」の現実性についても実験と解析が行われている。ドイ
ツの研究機関が、同国の代表的な規模のPWR型原子炉に対して行った解析結果に
よれば、炉心溶融物は、コンクリートの層を1050日かけて侵食し、深さ約19mに
まで達するが、ついにこの時点で溶融物の表面からの放熱と溶融物の発熱がバラ
ンスして成長が止まり、この先は縮小に転ずるという。もし、19mものコンク
リートの層が存在せず、貫通した基礎版のすぐ下に地下水がある場合には、溶融
物は、これに接する前に垂直方向への成長を止め水平方向に広がるが、230日目
で膨脹から縮小に転ずるとの結果である。』

 原子力規制委員会の新規制基準に係わる適合性審査で検討されている九州電力
の提出資料は電力会社に都合の良いものばから集めていますが、国会事故調報告
書は福島第一原発の過酷事故の発生の原因を究明するための資料を掲載しています。

 この資料みると、沸騰水型原子炉のペデスタル(コンクリート基礎)や加圧水
型原子炉のキャビティー(格納容器下部の窪み)にポルトランドセメントコンク
リートを使用することが如何に無謀かという事と、チェルノブイリの過酷事故の
教訓から、ロシアやヨーロッパがコアキャッチャ対策を行うようになったが、日
本ではコアキヤッチャー対策を取らずに、福島第一原発の過酷事故を引き起こ
し、溶融核燃料がコンクリート基礎に沈下していまい、事故発生後3年間たって
もまだ大量の水で冷却しなければならず、際限のない汚染水漏えいを続けている
事が分かります。

しかも、九州電力も原子力規制委員会もキャビティーにポルトランドセメントコ
ンクリートを使用し続けながら、再稼働をしようとしています。

 日本人は世界に向けて恥ずかしくないのでしょうか。

★ 熊本 永尾 さんから:
熊本では、毎日のように、ニュースを流してくださる方がいて、今日のニュース
はこれです。
http://www.asahi.com/articles/ASG704QGHG70ULFA01B.html
原発ゼロでも6社が黒字 東電「コスト削減を徹底」2014年8月1日05時38分

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝も川内(せんだい)原発、玄海原発関連の記事からはじめます。
川内の動きを伝える重要なな記事があります。

1.<川内原発:再稼働要請書、政府が提出へ>毎日新聞 2014年08月01日 19
時11分

記事全文<政府は1日、九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働を要
請する文書を、同県の伊藤祐一郎知事の求めに応じて提出することを決めた。菅
義偉官房長官は同日の記者会見で「経済産業省で適切に対応するのは当然だろ
う。再稼働にあたっては立地自治体の関係者の理解が大事だ。国もしっかり説明
していく」と述べた。>

1'.<川内原発:再稼働、国の要請文が条件 地元同意へ知事表明>毎日新聞 
2014年08月01日 東京夕刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20140801dde001040084000c.html
<鹿児島県の伊藤祐一郎知事は1日の定例記者会見で、九州電力川内(せんだ
い)原発(同県薩摩川内市)の再稼働問題に絡み、再稼働の必要性を文書で示す
よう国に求めたことを明らかにした。安倍政権は再稼働について「政治判断しな
い」としており、最終的な責任の所在があいまいなままだが、知事は「国として
意思を示す作業が必要だ」と述べた。原子力規制委員会が7月16日、川内原発
の安全対策にお墨付きを与える「審査書案」を了承して再稼働に事実上のゴーサ
インを出して以降、伊藤知事が公式の場で再稼働に言及するのは初めて。
知事は「『エネルギー政策を考えて当面は再稼働が必要だから動かしてほしい』
と国から文書を出してほしいとお願いした」と明言。「それがなければ県として
は動きづらい。対応を県にゆだねるのは間違いだ」と語り、要請文書が地元同意
の「条件」になるとした。早ければ9月県議会の可能性もあった再稼働の判断時
期については「スケジュールも変動している」と話し、ずれ込む可能性を示唆し
た。>

1”.<知事「国に再稼働の必要性明示」を要求> 南日本放送 [08/01 20:10]
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2014080100004277
<・・・・・文書を示す時期については県が地元の5か所で計画している住民説
明会が始まるまでとし、国の責任においてエネルギー政策の明確な方向性を示す
よう求めたということです。また、川内原発の再稼働の時期について「工事計画
の変更認可の提出が、相当遅れているようなので、それが今後どのように影響を
与えるか。今の段階では見極められない状況。(再稼働も)遅れることはまちが
いない。」と述べました。このほか、原子力規制委員会の田中委員長が川内原発
の審査書案の了承について、「審査基準に合格したのであって必ずしも安全性を
保証するものではない」と発言していることについては「100万年に1回、事
故が起こる確率。それが今回の規制委員会の審査の基準だと思うが、一般的
には、社会的には安全というのではないか。」と述べ、審査書案の了承により川
内原発は安全という認識を示しました。>

1”’.<鹿児島県知事「審査通れば安全」 川内再稼働で見解>西日本電子版
2014年08月02日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/43164/1/
<鹿児島県の伊藤祐一郎知事は1日の記者会見で、九州電力川内原発(同県薩摩
川内市)について「世界最高水準の審査の合格で、安全性は評価されたというの
が一般の考え」と述べ、再稼働に必要な審査書案が確定すれば、安全性は保証さ
れるとの認識を示した。・・・・・・・・・>
・・・核そのものに対する認識がおかしいのでしょう!!

1””.<再稼働、地元同意「最低3カ月」 鹿児島知事一問一答>西日本電子版
2014年08月02日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/43162/1/
<鹿児島県の伊藤祐一郎知事は1日の定例記者会見で、九州電力川内原発の再稼
働に向けた地元同意の手続きについて「少なくとも3カ月かかる」との見通しを
示した。一問一答は次の通り。・・・
?地元の判断が、再稼働に向けた責任のかなり大きな比重を占める状況になりつ
つある。
「今後の地方公共団体の判断は相当重い。今までは完全に規制委が審査に従って
判断をどうするかだった。それが終わった後は地方公共団体の同意という形にな
らざるを得ない」
?地元同意の手続きに変更ないか。また、時期は。
「従来と変更ない。審査書案の確定を受けて審査内容の住民説明会をする。薩摩
川内市(長と市議会)、県議会、私が全体を見ながら判断する」「スケジュール
が変動している。今の段階で申し上げると語弊を生じる」・・・・・・・・・・>

2.<原子力規制委、九電聴取へ 川内の書類遅れで>西日本電子版2014年08月
02日 03時00分 更新
記事全文<原子力規制庁の片山啓審議官は1日、九州電力川内原発1、2号機
(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働に必要な書類提出が予定より遅れているとし
て、九電から作業状況について聴取することを明らかにした。5日に原子力規制
委員会の公開審査会合で実施する。川内原発は書類提出の遅れで、年内の再稼働
が厳しい状況となっている。片山審議官は会見で「当初の予定から大きく遅れて
いる。8月に入っているので、九電から準備状況を聞く」と話した。規制委は川
内原発について、基本的な設計方針や安全対策は新基準を満たしていると判断。
現在は(1)機器の耐震設計を書く工事計画(2)事故時の対応手順や訓練を詳
しく記す保安規定?の審査を進めている。
九電はこれまでの審査で、最大規模の揺れの大きさを示す「基準地震動」を引き
上げるなどしたため、昨年7月に提出した工事計画の書類の修正を求められた。
当初は5月末に再提出する方針だったが、7月以降に遅れ、さらに9月にずれ込
む見通し。
規制委は7月だけでも計19日間、非公開の聞き取りを実施。九電から工事計画
の基本的な考え方について説明を受けるなど、書類提出に向けた手続きを進めて
いる。だが、九電の作業量が多く、最終的な提出時期が見通せないため「公の場
でしかるべき立場の人から(スケジュールを)聞く」(規制庁幹部)ことにし
た。>

3.<玄海町長選終盤情勢 鍵握る原発関連企業>佐賀新聞2014年08月01日 10
時51分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/89538
<・・・・・・・有権者5千人の町で選挙戦の鍵を握るとみられるのが、九州電
力や原発関連企業の動向だ。従業員だけで500〜600人、有権者の1割を超
える。ただ、岸本、中山両氏とも玄海原発の再稼働は「安全性が確認されれば容
認」の立場。岸本氏は「3・11」後、一貫して再稼働に前向きな発言を繰り返
しているが、玄海原発は中山氏の地盤の値賀地区に立地する。「九電が特定候補
に肩入れしているのが明らかになれば、住民の反発を招き、再稼働に支障が出
る」(陣営関係者)ため、表立った動きは見られない。候補者の擁立を見送った
共産党は、8年前の前回町長選でプルサーマル計画反対を訴え368票を獲得し
ている。反原発を掲げる山口氏に対しては選挙運動の姿勢を疑問視し、今回は
「自主投票」としている。・・・・・・・・>

3’.<(玄海町)原発城下町・玄海町の不思議な選挙>HUNTER?2014年8月 1日
09:55
http://hunter-investigate.jp/news/2014/08/post-532.html
<・・・・・昨年9月に行われた、定数12を争う玄海町議選。原発の是非につい
て論戦が交わされるものと期待していたが、案に相違して立候補者は12名。選挙
は無投票で幕を閉じてしまった。出馬予定は13名とされていたが、直前になって
一人が取りやめ。「原発再稼働を前に、町内で原発の賛否についてゴタゴタする
わけにはいかない。調整の結果だ」――そう断言する町の関係者もいる。原発の是
非を、立地自治体だけに決めさせる現在の日本の原子力行政は、やはり間違いだ
と言わざるを得ない。・・・・・
現職町長は唐津市民  奇妙なのは、現職と新人で飲食店経営者の住居地が唐津
市だということ。町のトップを決める選挙で、他の自治体の住民が争うという、
珍しい展開となっているのである。新人候補はともあれ、現職町長が原発から離
れた唐津市に住むというのは、どう考えても無責任。これが許されてきたのは、
現職批判を声高に唱えることが難しい現実があるからに他ならない。現職町長
は、ファミリー企業である地元最有力ゼネコンをバックに、強固な支配体制を築
いているのだ。・・・・・・・・>?

4.<(佐賀県)「節電の夏」4年目 佐賀県内反応>佐賀新聞2014年08月01日
10時44分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10103/89563
<4年目を迎えた「節電の夏」。電力会社からの協力要請を受け、佐賀県内の企
業も節電の工夫を重ねる。ただ、“前年踏襲”の企業も多く、現場からは「これ以
上の取り組みは難しい」と手詰まり感をにじませる声が上がり、「緊迫感が薄れ
ている」との指摘も。消費税増税や原油高、原材料価格の上昇も経営を圧迫して
おり、早期の原発再稼働を望む声も聞こえる。・・・(以下、個別の企業のとり
くみ)・・・
昨年の電気料金値上げ、今春の消費税増税、そして原油高、原材料価格上昇など
企業の経営環境は厳しさを増している。「一体、いつまで節電を求められるの
か」と厳しい口調で語るのは県西部の鋼材メーカー。電気炉にカーボンを吹き付
けて断熱性を高めるなど節電対策を講じてきたが、削減できたのは「スズメの涙
程度」。節電効果は、金額ベースで電気料値上げ分の3割にも満たない。シリコ
ンやマンガンなど原材料価格の高騰のほか、復興需要の高まりで鉄のスクラップ
料金も上昇。「まさに二重苦、三重苦。一刻も早く利益を圧迫する状況から脱し
たい」と原発再稼働の行方を注視する。>

政府が、
4’.<節電:「セール」実施、ピーク時に外出促す…官民連携>毎日新聞 
(2014年08月01日 23時41分)
http://mainichi.jp/select/news/20140802k0000m020103000c.html
長文記事<経済産業省は1日、電力需要がピークを迎える8月のお盆前後に向け
て、企業35社と連携した新たな節電対策を実施すると発表した。電力需給が
ピークを迎える日中に、家庭のエアコンなどの使用を抑えるために、ショッピン
グセンター(SC)などでセールを開催してもらい、積極的な外出を促して節電
につなげる。節電意識を高めるため、省エネ性能の高い家電製品などのプレゼン
ト企画も実施する。・・・セールは8?9月に、全国各地のSCが順次行
う。・・・(以下、取り組み例)・・・茂木敏充経済産業相は1日の閣議後の記
者会見で「例年、電力需要のピークは8月のお盆前後の一週間に集中する。今後
も厳しい需給状況が続くことが予想され、節電の取り組みを継続して強化する必要が
ある」と述べた。>
?
4”.<電気代節約、マンションごとに 「高圧一括受電」普及が加速 値上げ
機に自衛策>西日本電子版2014年08月02日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/43178/1/
<マンション全体で電気を一括購入して、電気代を安くするサービスの利用が増
えている。1世帯当たりの料金は一般的な契約に比べて5?10%安くなるた
め、今年3月末の全国の利用戸数は首都圏と関西を中心に前年同期比で4割増。
原発の長期停止などで電気料金が上昇する中、九州電力グループが7月に参入す
るなど九州でも普及が加速しそうだ。サービスは「高圧一括受電」。2000年
の電力小売り一部自由化を契機に、電気料金の「格差」に目を付けた事業者が始
めた。電気には、企業など大口向けの「高圧」と、変圧器で家庭向けに電圧を下
げ、その分料金が高い「低圧」がある。
一括受電は、事業者が割安な高圧(6600ボルト)で電力会社と契約し、低圧
(100ボルト、200ボルト)に変えて入居者に配電する仕組みだ。対象のマ
ンションは「40戸以上」が一つの目安。事業者が電力会社に代わって変圧器や
メーターを設置するため、入居者は初期投資の必要がない。・・・・・・・・九
州では、05年設立のM・E・M(福岡市)が九州を中心に全国約2万戸にサー
ビスを提供。九電グループの九州通信ネットワーク(QTNet、福岡市)も7
月に事業を始めた。電力業界は16年の小売り全面自由化で競争が厳しくなる。
中央電力の平野泰敏副社長は「今はまだ認知度が低いが、自由化で一括受電が広
く知られるようになれば、利用はさらに増える」と期待する。 >
?
被災地に対して、
5.<除染、個人被ばく量重視へ転換=空間線量の目安も提示−環境省>時事通
信(2014/08/01-19:54)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201408/2014080100580&g=soc
<環境省と福島市など福島県内4市は1日、東京電力福島第1原発事故の除染方
法に関する中間報告を発表した。報告では、空間線量に基づき除染を進める従来
の方針を転換し、住民個人の被ばく線量を重視して対応していくことが重要だと
する考えを打ち出した。同時に、除染の目安として、空間線量が毎時
0.3〜0.6マイクロシーベルト程度であれば、政府が長期目標として掲げる
個人の追加被ばく線量年1ミリシーベルト以下をおおむね達成できるとの調査結
果も示した。・・・・>
・・・・昨日、8.の記事の続きです。

5’.<新たな除染方針、「再除染せぬ口実だ」>朝日デジタル2014年8月2日01
時29分
http://digital.asahi.com/articles/CMTW1408020700001.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_CMTW1408020700001
<環境省と福島など4市は1日、個人被曝(ひ・ばく)放射線量を重視する新た
な除染の方針を示した。除染作業に携わってきた業者からは「作業は何も変わら
ない」などと冷めた見方が出る一方で、作業の効率化を評価する意見なども聞か
れた。「住民は除染で空間線量が毎時0・23マイクロシーベルトに下がるかど
うかを気にしてきた。今さら『基準じゃない』なんて話をすり替えられても困
る」。大手ゼネコン関係者はこう話す。個人線量重視について、この関係者は
「要は除染後に多少、線量が高くても『実際の被曝は年間1ミリシーベルトはい
かない。再除染はしません』と言う口実にしたいのでは」と見る。
すでに一部の自治体が取り入れている、汚染度が高いところを重点的に除染する
簡素化した手法についても様々な意見が上がった。「今さら手法を変えるのは厳
しい」。福島市の除染に関わったことのある企業役員はそう考える。「除染で重
要なのは見栄え。庭がきれいになること。簡素化なんかしたらきれいじゃなくな
るよ」と突き放した。
一方、伊達郡の町で除染に従事したことがある男性は「作業をしながら、これだ
けの金をつぎ込んでどれほどの効果があるのかと思った」と振り返る。住宅1戸
の除染でも100万円単位の金がかかることは少なくない。だが、東京電力福島
第一原発事故から3年以上が経ち、除染で下がる線量は限定的になってきた。
「ただお金をかければいいという時期は、もう終わったんじゃないか」>

政党、
6.<帰還困難区域「5年以内に居住」 自民が復興加速へ提言 >日経2014/8
/1 11:10
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS01H03_R00C14A8EAF000/
自民党の東日本大震災復興加速化本部(大島理森本部長)は1日、復興加速への
新たな提言をまとめた。福島第1原子力発電所事故の影響で放射線量が高い「帰
還困難区域」内の自治体に、5年以内に住民が戻り、居住できるようにする目標
を設けた。国が県や市町村と復興計画を策定し、除染作業などに集中して取り組
むよう求めた。大災害の初動対応を速やかに進めるための「緊急事態管理庁」設
置も盛り込んだ。
 4回目となる自民党の復興提言では、福島の復旧・復興を国がけん引すること
が重要と指摘。廃炉や汚染水対策のほか、福島県内の汚染土壌などを一時保管す
る中間貯蔵施設の建設でも、政府が前面に出て迅速に進めるよう訴えた。

7.<北関東磐越5県知事会議 観光誘客へ協力強化>新潟日報2014/07/31
10:55 http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20140731126587.html
<新潟と群馬、福島、茨城、栃木各県の知事が連携して地域振興を考える「北関
東磐越5県知事会議」が30日、群馬県高崎市で開かれた。・・・原発への対応
では、原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場を早急に整備することや、風
評被害対策を進めることなどを国に要望することにした。佐藤雄平福島県知事
は、原発でトラブルが起こるたびに宿泊施設のキャンセルが出るとし「国にしっ
かり対策を取ってもらいたい」と訴えた。・・・>
・・・・・昨日の8.の記事関連です。

被災地フクシマ、
8.<復興予算35%未執行 25年度除染費50%使われず 復興庁発表>福
島民報2014/08/01 09:42 添付図あり
http://www.minpo.jp/news/detail/2014080117217
<・・・本県分が大部分を占める除染費用は9960億円のうち49・9%が未
執行だった。・・・・>
・・・・・金銭感覚がついていけません。除染執行のいい加減さにも驚きます。

8’.<復興予算35%使えず 人手も資材も不足>東京新聞8月1日   添
付図表あり
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/list/CK2014080102100004.html
<・・・・背景には、二〇二〇年の東京五輪開催などで建設業界が人手不足に陥
り、復興事業が滞っている現状がある。東日本大震災から三年半、被災者に復興
予算が行き届いているとは言い難い状況だ。・・・・建設業界では、全国の他の
公共事業や東京五輪に向けた整備に作業員が動員されているほか、コンクリート
の資材が高騰するなどし、東北での事業が滞りがちになっている。地元住民の合
意形成が遅れる地域もあり、復興に向けた街づくりは想定より進んでいな
い。・・・・>

9.<原発避難者の災害公営住宅 27年度完成は716戸 6月末現在の工程
表公表>福島民報2014/08/01 09:38? (一覧表あり)
http://www.minpo.jp/news/detail/2014080117213
<復興庁は31日、市町村別の民間住宅向け宅地と災害公営住宅の供給時期など
をまとめた6月末現在の工程表を公表した。3月末の前回発表に比べ、平成27
年度に完成予定の原発避難者向け災害公営住宅は332戸増え、716戸になっ
た。・・・・・ 26年度の完成戸数は708戸のままとなっている。>

10.<原発事故後の海中探る 東北大、新地沖で潜水調査>河北新報2014年08
月01日金曜日  (写真あり)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201408/20140801_63014.html
<東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)の汚染水問題に絡み、東北大
農学部は2012年から福島県相馬地方沿岸で、海の生態などを調べている。7
月29日あった潜水調査に同行した。(写真部・及川圭一)
福島第1原発から北へ50キロ、福島県新地町の釣師浜近くから出船した。
300メートル沖で吾妻行雄教授(59)ら3人に続き海中へ。海底は4メート
ル。砂が舞い、薄茶色に濁った海は1メートル先も見通せない。三滝川などの河
口に近く、泥が海底にねっとりと積もっている。所々に砂地が広がり、岩にイソ
ギンチャクがへばりつく。オキアミが群れを成し、マハゼがイワゴカイを食べて
いた。福島県の調査によると、潜水地点の海水セシウム濃度は2011年5月に
は約6ベクレル(1リットル当たり)だったが、ことし6月には非検出。泳いで
も危険がない状態になった。ただし、海底の泥はまだ4ベクレルで、数キロ離れ
た地点では10ベクレルだった。>

11.<相馬野馬追2万9000人増 原発事故後最多>河北新報2014年08月01日
記事全文<相馬野馬追執行委員会は31日、ことしの相馬野馬追(26〜28
日)の入り込み客数をまとめた。3日間の人出は前年を約2万9000人上回る
19万5600人。福島第1原発事故後最多で、事故前の2010年の21万
4900人に迫った。昨年は雨で中断した南相馬市の盆踊りパレードの人出が回
復し、同市祭場地を訪れた団体客も増えたのが要因。>

12.<飯舘のイチゴ、震災後初出荷 農業の本格再開きっかけに>福島民友
(08/01 09:15)
http://www.minyu-net.com/news/topic/140801/topic2.html
<・・・・福島第1原発事故による全村避難が続く飯舘村のビニールハウスで栽
培されたイチゴが31日、名古屋市の市場に出荷された。震災後、村内で栽培さ
れた農産物が市場に流通するのは今回が初めてで、4年ぶり。避難先の福島市か
らの「通い農業」で出荷にこぎ着けた佐藤博さん(62)=いいたていちごラン
ド代表=は、妻の洋子さん(61)と共に収穫と箱詰め作業に追われた。同日は
約40キロのイチゴが出荷された。ケーキ製作の材料などに活用される。昨年9
月からの試験的な栽培で収穫されたイチゴは、県や村、自主検査を含めた4度の
検査で放射性物質が全て検出限界値未満だった。・・・・・・・・・>

13.<人へのクマ被害、8割が会津で発生 山菜採り遭遇最多>福島民友
(08/01 10:30)
http://www.minyu-net.com/news/topic/140801/topic6.html
<県内で2007(平成19)年4月から今年6月までに発生したツキノワグマ
による人的被害43件のうち、およそ8割に当たる34件が会津方部で発生して
いたことが31日、分かった。・・・・・クマからの人的被害を受けた51人が
クマと遭遇した場面は山菜採り中が22人で全体の43%と最も多く、農作業中
が7人(全体の14%)、キノコ採り中が5人(同10%)と続いた。遭遇した
場所は43件のうち8割超の36件が山林、山林近くの集落「里地」が6件、市
街地は1件だった。県は、会津方部に人的被害が集中した理由について、もとも
と生息数が多いことに加え、東日本大震災後に人が山に入らない時期が続き、そ
の間にクマの行動範囲が広がったのでは―と分析する。また、会津方部の山
林の放射線量が比較的低いため、山菜やキノコを採るため山に入りやすい環境
だったことも原因の一つとみている。>
・・・・クマ猟も減少していることが重なっているのでは。

14.<1日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定
値>福島民報8月2日朝刊紙面
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・「集会所の環境放射線モニタリング結果」、「放射性物質の検査結果
(果実・野菜)」・・。

15.<(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)>下野
新聞8月1日 17:30
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140801/1673803
<▼空間放射線量率(1日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上
1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

16.<(栃木県)栃木県産農産物、輸出額は3960万円 前年度の3倍>下野新
聞8月1日 朝刊
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20140801/1672752
<2013年度の県産農産物の輸出額は3961万円で、12年度の1332万円
に比べ約3倍となったことが、31日までの県農政部のまとめで分かった。香港向
けの牛肉が大幅に伸びたことが要因。県産農産物の輸出額は11年3月の東京電力
福島第1原発事故の影響で一時はピークの15分の1以下まで激減したが、県や農
業団体による積極的な売り込みも奏功し、原発事故前を上回る水準に回復した。
13年度の輸出額の内訳は9割以上が牛肉で、輸出先はすべて香港。残りは香港向
けのコメと、シンガポール向けのブドウとなっている。
香港では昨年11月、福田富一知事がトップセールスを行い安全性をアピールした
ほか、JA全農栃木やとちぎ農産物マーケティング協会が「とちぎ和牛」や県産
米「なすひかり」をPR。同月以降、香港での県産牛肉の取り扱い頭数が月換算
で前年の3倍に拡大した。

17.<(宮城県)処分場調査、強引と加美町長批判 知事との会談、物別れ>
共同通信2014/08/01 22:28?
記事全文<東京電力福島第1原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場選定を
めぐり、宮城県の村井嘉浩知事は1日、候補地の一つ加美町の猪股洋文町長と会
談、建設地絞り込みの詳細調査を受け入れるよう要請した。猪股町長は「強引に
進める考えは承服できない」と調査に反発、候補地の白紙撤回を求め、議論は平
行線をたどった。村井氏は「指定廃棄物を保管している農家の皆さんには塗炭の
苦しみがある。(詳細調査は)国が決めたらできる事業であり、調査すらさせな
いのは町長の権限ではない」と述べ、県としては受け入れる方針を伝えた。>?

18.<(宮城県)丸森町、東電から情報なし>朝日デジタル2014年8月1日16時22分
記事全文<東京電力福島第一原発のがれき撤去作業により、放射性の粉じんが丸
森町まで飛んだ可能性が高いことがわかった。町や住民には東電から何の連絡も
なく、不安を募らせている。町保健センターにある大気中の粉じんを集める装置
が昨年8月中旬、大気1立方メートル中の放射性セシウムが6・7ミリベクレル
という高い数値を示した。ちょうど原発で、大型がれきの切断や撤去が行われて
いた時期だった。町には、がれき撤去などについての情報は、東電から一切入っ
てこない。町の担当者は「いつ、どんな作業をやるかがわからない」と困惑して
いる。住民には不安が広がる。同町の農業引地武男さん(72)は「飛び散らな
いように囲うなど、何らかの方法を施すべきだ。大がかりな撤去作業をする
際には、前もって知らせてほしい」と話した。>
?
19.<【神奈川】避難生活中の福島・大熊町民ら 湘南でリフレッシュ 藤沢
市民有志が招待>東京新聞8月1日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20140801/CK2014080102000140.html
<福島第一原発事故で避難生活が続く福島県の人たちを招き、湘南で楽しんでも
らう保養プログラムが7月28日〜31日、藤沢市で行われ、小学生から70代
まで幅広い年齢の参加者は「楽しかった」と声をそろえた。・・・藤沢市などの
市民有志「福島のこども達を湘南に呼ぼう!」藤沢実行委員会が主催し、今夏で
七度目。小中学生と親に加え、今回は原発事故で全町民が避難した福島県大熊町
の六十〜七十代の男女を招待。同県内の五市町村の二十八人が江の島を巡り、辻
堂海岸で地引き網に興じた。・・・・>

20.<(鹿児島県)被災地の子ら民泊 鹿児島の海山遊び満喫>南日本新聞
(2014 08/01 22:30)
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=58707
<東日本大震災で被災した福島、宮城両県の子供たちが、鹿児島県内でホームス
テイしている。原発事故後の不安が残る暮らしから一時でも解放され、夏休みを
心おきなく楽しんでもらおうと県民グループが計画。被災地で体験できない海山
遊びに熱中し、南国の夏を満喫中だ。>
・・・・詳細不明の記事です。

21.<(大分県)被災地・福島からの声にに応えて “日田材の家”再び>大分
合同8月1日13P
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2014/08/01/221652202
・・・・記事のコピーができません、興味があれば検索してどうぞ。

福島第一で、
22.<震災の揺れでプール水流入=5、6号機収納スペース−福島第1>時事
通信2014/08/01-20:56
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201408/2014080100893&g=soc
<福島第1原発5号機の原子炉建屋で、使用済み燃料プールの配管弁を収納する
スペースに放射性物質を含む水がたまっていた問題で、東電は1日、東日本大震
災の地震の揺れでプールの水が漏れ、流入したことが原因と発表した。東電は7
月29、30日に5、6号機で、プールの水面があるオペレーティングフロアの
収納スペース計32カ所を調査。水がたまっていた5号機の2カ所のほか、6号
機でも収納スペース1カ所から放射性物質を含む水約1.5リットルが見つかった。
5号機の2カ所は収納されている配管に水漏れがなく、6号機のスペースには配
管がなかった。3カ所ともプールを囲う柵の内側にあり、東電は震災時の揺れで
プールの水が流入したと判断した。>

23.<正門周辺の大気中の環境放射線量> 毎日新聞 2014年07月31日03時10
分 東京朝刊  
<30日正午現在 1.5マイクロシーベルト毎時?  数値は東京電力のホーム
ページから抜粋  前日は1.5マイクロシーベルト毎時>
?
原発立地自治体、
24.<浜岡原発避難先 国が受け入れ人数提示要請>中日新聞2014年8月1日 
 (添付地図あり)
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20140801/CK2014080102000097.html
<中部電力浜岡原発(御前崎市)の重大事故に備えた静岡県の広域避難計画をめ
ぐり、周辺住民九十六万人の避難先の確保が難航している問題で、内閣府が支援
に乗り出した。県が避難先として交渉中の十一県に対し、七月末までに受け入れ
可能人数を示すよう通知。だが避難所運営など調整が必要で、三十一日夕までに
回答したのは三県にとどまる。内閣府は「回答がそろった後、静岡県と今後の対
応を協議する」と話している。十一県は埼玉、群馬、神奈川、山梨、長野、富
山、岐阜、福井、石川、三重、愛知。東京都とも交渉しているが、避難の受け入
れ条件で話し合いを続けており、今回の通知は送っていない。・・・静岡県は、
本年度中に避難先の確保を目指している一方で、計画策定のめどはたっていな
い。・・・・>

25.<(新潟県)柏崎の経済界有志が激励横断幕>新潟日報2014/08/01 23:04
記事全文<東京電力柏崎刈羽原発が立地する地元の経済界有志らが1日、同原発
を訪ね、再稼働に向けた作業に従事する職員を激励する横断幕を横村忠幸所長に
手渡した。横断幕には「頑張ってください 日本の将来を皆さんが担っていま
す」と書かれている。幅約2メートルで、福島の復興や、福島第1原発の廃炉作
業に携わる人たちを支援する旨も添えている。柏崎商工会議所や原発を推進する
団体など8団体が作った。
商議所の西川正男会頭は、原発の朝礼で約300人の東電職員を前に「世界で一
番安心な、安全な発電所となるよう尽力いただき、わたしたちも全面的に応援し
ていくことを約束する」とあいさつした。横村所長は「地元の方の期待がひしひ
しと伝わってきた。しっかりと安全対策を実施し、災害に強い発電所にしていく
ことを誓いたい」と応じていた。横断幕は事務本館内の入り口に掲示される。>

原発周辺自治体、
26.<(プロメテウスの罠)函館の訴え:5 百八十度違う2人>朝日デジタ
ル2014年8月1日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11277010.html
<◇No.995
  マグロで知られる青森県大間町はまさかりのような下北半島の突先にある。
青森市から半島を北上すると車で3時間かかるが、北海道函館市からフェリーに
乗れば90分で着く。1日2〜3往復あるフェリーは大間の人の貴重な足だ。例
えば朝の便で函館に渡り、病院で診察を受け、買い物などをして午後の便で帰
る。函館は、大間の人にとって「最も近い都会」であり、県境・海峡を越えてつ
ながる関係にある。大間のテレビには、北海道の番組も映る。
2011年4月、函館市長選に立候補を表明している工藤寿樹(64)が、大間
原発の無期限凍結を主張したことは、すぐに大間でも流れた。それを知って、大
間町長の金沢満春(64)はびっくりした。・・・・・電話して本人に確かめて
みた。
「まあまあ。反原発じゃなくて、凍結だから」 口調は穏やかだったが、無期限
凍結を表明したのは間違いなかった。・・・・・・商業炉では世界初のフル
MOX原発を造る。使用済み核燃料から取り出したプルトニウムとウランを混ぜ
たMOX燃料を100%使う計画だ。プルトニウムはウランより非常に毒性が強い。
取・放水設備や原子炉建屋などの基礎工事が進んだところで震災があり、進捗
(しんちょく)率は37%で止まっていた。今なお必要なのか。何より安全と言
えるのか。福島の事故があった以上、けじめはつけないといけない。工藤はそん
な考えだった。
金沢は違った。「日本の技術や電源開発への信頼は揺るがない。大間に、日本
に、原発は必要なのです」  2人の首長の考えは百八十度違う方を向いていた。>

電力、
27.<原発ゼロでも6社が黒字 東電「コスト削減を徹底」>朝日デジタル
2014年8月1日05時38分 添付図あり
http://www.asahi.com/articles/ASG704QGHG70ULFA01B.html
<大手電力10社の4〜6月期決算が31日、出そろった。原発は全国で一基も
動いていなかったが、東京電力など6社は経常損益が黒字になった。赤字の4社
は原発に頼る割合が大きかった会社が多く、業績改善が遅れる北海道電力は電気
料金の再値上げを申請した。・・・・・・・・>

自然エネルギー、
28.<(大分県)温泉熱で発電 起工 由布市の奥江地区>大分合同8月1日10p
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2014/08/01/214325081
・・・・昨日の34.の類似記事ですが、記事のコピーができません、興味があ
れば検索してどうぞ。

参考記事、
29.<東電元会長ら起訴相当、検審が議決>データ・マックス2014年8月 1日
http://ib-specialist.jp/2014/08/post-50-0801-t-ymh-1.html
・・・・・整理して伝えています。

29’.<大津波の恐れ報告 東電元会長出席の会議>東京新聞2014年8月1日 07
時09分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014080190070916.html
<・・・・・検察側の捜査資料にあった会議のメモなどから、検審はより詳しい
報告や議論もあったと判断。出席していた勝俣氏は大津波の可能性を知りうる立
場にあり、「東電の最高責任者として各部署に適切な対応策を取らせることも可
能な地位にあった」と結論付けた。これまでの東電の説明では、大津波の可能性
は原子力部門で試算され、武黒一郎元副社長(68)でとどまり、勝俣氏や他部
門の幹部には知らされなかった、としていた。この会議には武黒元副社長も出
席。報告を聞き「(東北電力)女川(原発)や(日本原子力発電)東海(第二原
発)はどうなっている」と尋ねていたことが議決から明らかになった。・・・・>

30.<(原爆関連)子ども約千人にエックス線撮影 広島・長崎、無用の被ば
く>東京新聞2014年8月2日 02時15分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014080101001876.html
<広島、長崎で1947年9月、米スタンフォード大のウィリアム・グルーリッ
ク教授(解剖学)が小学生ら約千人を対象に関節のエックス線撮影をしていたこ
とが1日、米科学アカデミー・研究評議会(NAS・NRC)や米エネルギー省
核実験公文書館が所蔵する文書で判明した。エックス線撮影は、治療の目的では
なく、原爆の放射線が子どもの成長に及ぼす影響を調べる研究の予備調査として
実施された。実際の被ばく線量は不明だが、被爆児、比較対照群の被爆していな
い子を巻き込んだ「無用の被ばく」だった。>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
1面左下方に、囲みで4”.の記事、
2面に、
31.<社説 市民が納得する再捜査を 原発事故の責任>
社説検索⇒ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/

同じ面に、1.、1”’.、2.、と5.の類似記事、

30面に、
32.<惑う被爆地 戦後70年 継承 被爆2世 もがきながら思いつなぐ>
その横に、
33.<集団的自衛権行使容認に言及 「国民の懸念、耳傾けて」 平和宣言の
骨子発表 長崎市長 [長崎県]>2014年08月01日 12時37分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/105123
・・・・今年は、原発への言及はないようです。

33’.<平和宣言、集団的自衛権で違い 広島言及せず、長崎は盛り込
む>2014年08月01日 12時22分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/105118

34.<長崎大が核保有状況分析 核兵器1万6400発>
・・・・記事検索できません。

昨夕刊では、
37.<全電源喪失 福島第一原発制御不能 制御室にいた妊婦「とどまるの
が運転員」>

9面下方に、1”.の類似記事、

3面に、
<原発事故の実態、日米に追う 「変身」上映 7日に親冨孝通りイベントで 
(天神ACBで)>

今朝は以上です。(8.2.4:39)
※この新聞記事紹介は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tn

★ さいたま市 石垣敏夫 さんから:
<昨日、検察審査会が東電元3幹部に対し「起訴相当」の判断をくだしました。>
皆さん
福島の青田恵子さんが詩に書いていました

原発さえなかったらと
壁さ チョークで遺書を遺して
べこ飼いは首を吊って死んだ。
一時帰宅者は
水仙の花咲く自宅の庭で
自分さ火つけて死んだ
放射能でひとりも死んでいないだと・・・
この うそこきやろう 人殺し
原発は 田んぼも畑も海も
ぜーんぶ(全部)かっぱらったんだ。
この 盗っ人 ドロボー (一部掲載)

「放射能漏れは今も無い」と言い切ってオリンピックを
誘致した嘘つき安倍首相を含め、東電幹部は
戦犯に等しいです。
ヒットラーや東条英機と同じように
自殺しろ、とは言わないけれど
刑務所入りは必然す。

★ 前田 朗 さんから:
脱原発の歌を歌ってきた沢田研二の「一握り人の罪」
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/7786530.html
最後まで聞くと、「入ろ、入ろ、みな入ろう」が、「30年たったら、みな廃
炉」に。

小谷順子「憎悪表現(ヘイト・スピーチ)規制消極論とその背景」
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/07/blog-post_73.html

★ 井上澄夫 さんから:
8・1付沖縄タイムス・社説「[武器輸出拡大]平和国家の理念消すな」はご一読
を。日本は「戦争をする国」「戦争ができる国」に転じるとともに「死の商人」
国家になりました。

8・1付RBC記事「仲井真知事 辺野古移設「現実的な問題解決の方法」」が
ウソつき裏切り知事の発言を伝えています。知事はどうあっても辺野古新基地建
設問題を知事選の争点にしたくないので、このところ「あの問題はもう済んだ」
という趣旨の発言を続けています。
 〈仲井真知事は1日の定例記者会見で普天間基地の辺野古への移設を進めるこ
とが極めて現実的な問題解決の方法だとの考え方を改めて示しました。
 「今、日米両政府が進めていること(辺野古移設)は極めて現実的な問題解決
の方向ではないかと私考えています」(仲井真知事)
  仲井真知事は、普天間基地の辺野古への移設について、現実的な問題解決の方
法だと強調したうえで、辺野古沖でのボーリング調査に向けた準備など「現実的
な方向に作業が進んでいる」との見方を示しました。
  そのうえで、作業が進みはじめた以上、ことし11月の知事選挙で争点となりえ
るか疑問だと述べました。〉

 8・1付QAB記事「「普天間は大きな争点にならず」と知事」もこう伝えて
います。
 〈1日の定例会見で、11月の知事選での普天間問題への方針を問われた知事
は、「この辺野古の問題がどういう事でどう争点になるのかというのは、ちょっ
と私にはわかりにくいんですけどね」と答えました。〉
 知事選で埋め立て承認の責任が問われないよう卑劣にも必死に予防線を張って
いるのですが、そんな浅慮にかかわりなく、次期知事選は新基地の是非に決着を
つける県民の審判の好機にほかなりません。

−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動● 
       第二回実行委員会
   日 時: 8月2日(土)13:30〜
   場 所: (鹿児島薩摩)川内文化ホール 2階会議室
   地図:http://tinyurl.com/nhlcswd
  〒895-0054 薩摩川内市若松町3−10
    筺В娃坑坑供檻横押檻毅横隠
 呼びかけ:原発いらない!九州実行委員会

●ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動● 
集会場所: JR川内駅西口駅前広場
住 所:  薩摩川内市鳥追町156-1
地 図: http://tinyurl.com/jvgfou3
集会案内:http://ameblo.jp/yaaogi/

☆鹿児島川内行 申し込み 募集
・貸し切りバス(40人乗り中型) 福岡・川内往復 大人3.000円
        小学生・高校生まで半額。
 福岡乗車場所 福岡天神日銀前 午前8時発 帰福午後10時過ぎ着(予定) 
 申し込み先メール: hendrix1965317 at gmail.com (浅野隆樹)
      住所・氏名・電話 記載よろしくお願いいたします。
  申し込み締め切り: 8月20日。できるだけ早めによろしく。
 連絡先:  080-6420-6211 (青柳行信)

・カンパ送り先
郵便振込 加入者名 さよなら原発! 福岡 口座番号 01770−5−71599
<通信欄に8.31集会と明記>

● 小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)さん講演会 ●
日時: 9月26日(金)開場18:00 / 開始18:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq
主 催:原発とめよう!九電本店前ひろば
    さよなら原発!福岡
   「原発なくそう!九州玄海訴訟」福岡地区原告団・弁護団
参加費:800円、避難者の参加費は400円。
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(080-6420-6211青柳)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
          10月10日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
              原告総数 原告総数 8257名(7/31現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
       ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
     場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
       <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内