[CML 031058] 戦犯追悼碑&ナチス旗の若者&裁判

masuda miyako masuda_miyako1 at hotmail.com
2014年 4月 29日 (火) 12:01:04 JST


皆様
 こんにちは。増田です。これは、BCCでお送りしています。重複・長文、ご容赦を!

 件名は、三題話のようですが・・・

 先日の「朝鮮日報」報道の「日本の極右、池袋でナチス旗掲げデモ行進」記事で、彼らの集結点&デモ出発点が「東池袋中央公園」(サンシャイン60の下、と言ったらいいでしょうか・・・)の戦犯追悼碑だったことに関して、以下の質問がありました。

 この戦犯追悼碑については、当時、大きな反対運動があり、裁判にも訴えられていたことを思い出しました。そして、その判決文の形式論理の酷い内容…私の「超不当免職」取り消し請求裁判もそうでしたけど、ほとんどの行政相手の裁判がそうで…に、今更ながら、感じ入りました。

 この、21世紀の日本、戦争への反省を掲げる日本国憲法の下で、ナチス旗を掲げる若者たちを育てていったのは、誰でしょう?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
増田さん

東池袋中央公園は公共物でしょうか?
追悼碑は誰が建立したものでしょうか?
それの撤去はできないものでしょうか?

________________________________
  

こんばんは。増田です。 


> >東池袋中央公園は公共物でしょうか? 
> 
>

  もちろんでございます。豊島区が都市公園法に基づき維持管理している、モロ(笑)「公共物」でございます。 

 

> >追悼碑は誰が建立したものでしょうか? 
> 
>

  笹川良一の秘書をしていた有田 正憲という男です。詳しくは以下をクリック! 

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E7%94%B0%E6%AD%A3%E6%86%B2 



> >それの撤去はできないものでしょうか? 
> 
>

  できないのです…なぜかといいますと、この碑を建てるときに、豊島区の住民の方は「戦犯記念碑建設に反対する連絡会」を作って「戦犯を美化することになる」ということで反対運動を行い、「撤去」を求めて裁判も起こして闘いました。 


  しかし、上品に言えば「行政の侍女」、増田ブシ(笑)で言えば「行政の狗」裁判官たちは、当然ながら、住民の「撤去」請求を却下(1989年)し、この「碑」は残念ですが「合法」なんでございます。 


  形式論理に、たいそう長けた(笑)東京地裁判決文(高裁判決はネット検索しても出てこないので、たぶん、これが確定判決になったかと…)をご紹介しますが、その前に、以下にこの石碑の裏表が写真に出ていますので、ご確認ください。 


 http://blog.goo.ne.jp/mahalo55_yoyogirc/e/270da89491c9725142a036bca0f135ee 


 判決文全文は以下です。 

 東京地裁判決文「東京地方裁判所昭和55(行ウ)104判決」 

 http://hanrei.biz/h68798 


 何しろ、長いので、サワリ部分をご紹介します。 


 (一) 
 原告らは、本件記念碑及び本件施設は、A級戦犯に対する極東国際軍事法廷による裁判及び同裁判によつて科された刑の執行の事実を不当なものとして記念し、戦犯を美化して戦争の犠牲者又は殉難者として後世の国民に印象づける目的ないし効果を有するものであるから、平和主義を根本原理とする憲法及び都市公園法に違反し、したがつて、本件公園及び本件施設に対する維持管理費の支出が違法になると主張する。そこで、まず、本件記念碑及び本件施設が右のような目的ないし効果を有するものであるかどうかを検討する。 


 (中略) 

  本件記念碑は、高さ僅か一・六メートル、幅二・五メートルの自然石であつて、その表面には「永久平和を願つて」と憲法の平和主義に基づく願いが記載され、その裏面には、前記のとおり、極東国際軍事裁判所等の科した刑がこの地で執行された事実及び戦争の悲劇を繰り返さないためこの碑を建立する旨が記載されているものであつて、平和主義に基づく永久平和の願い及び戦争の悲劇を繰り返さない願いが記載されてはいても、そこには何ら処刑を不当としA級戦犯を戦争犠牲者とする記載は見当たらないのみならず、碑文の行間にも処刑を不当とするような趣旨を窺わせるものはなく、全体として、処刑を不当としA級戦犯を戦争犠牲者として印象づけるような効果を与えるものと認めることができないといわなければならない。 


 (中略) 

 原告らは、死没地に死没地であることを示して設置された記念碑は、一般に死者に対する肯定的評価等を有することになると主張する。 


  しかし、本件記念碑は、刑の執行地に刑の執行地であることを示して設置されたものであつて、原告らの主張と前提を異にするものであるのみならず、このような記念碑が社会一般の人々に対し、処刑に対する否定的評価ないし受刑者を慰霊、顕彰する評価を示す社会的客観的効果を有するものと認めるべき根拠はない。 


  原告らは、本件記念碑の碑文はA級戦犯の慰霊等原告らの主張する本件記念碑設置の思想を表現するものであり、碑文中の「戦争による悲劇」とはA級戦犯の処刑の事実を指すものであると主張する。 


  しかし、(中略)本件碑文中、「戦争による悲劇」の語句以下の部分は、国側から提示された碑文の参考案にはなかつたにもかかわらず、豊島区において、本件記念碑が戦犯を慰霊、顕彰する性格のものとなるのではないかと危惧する世論及び区議会の論議等を踏まえ、本件記念碑を設置する動機として永久平和を希求するという動機を付け加えることとし、右動機を明示する意図のもとに、表面に「永久平和を願つて」という碑文を追加したものであることが認められるから、碑文作成者の意図は、むしろ右語句を、戦犯の処刑ではなく、第二次世界大戦及びこれに先行する戦争によつて戦争当事国及びアジア詣国等の関係国民が被つた幾百万にものぼる尊い人命の犠牲をはじめとする莫大な人的物的被害を意味するものとして使用したものというべきである。 


 (中略) 
 (2) 
 施設管理者による供用の態様について原告らの主張する請求原因2(五)の事実(右翼団体等は、本件公園を聖地として、参拝や献酒を行つている事実)は、前記裁判及び処刑を不当なものと評価している一部の人々が本件施設を参拝や献酒の対象となる施設として、私的に利用しているというにとどまるものであつて、本件施設を管理する豊島区が、このような形での使用を容認するなど、本件記念碑及び本件施設を、前記裁判及び処刑を不当なものとして記念し又は戦犯を戦争の犠牲者として国民に印象づけるような態様において、供用している事実を認めるに足る証拠はない。 

 
 (3) 
 そして、本件記念碑及び本件施設に前記裁判及び処刑に対する肯定的評価又はA級戦犯に対する否定的評価が示されていないことは明らかであるから、結局、本件記念碑は、社会的客観的には、戦犯の処刑を含めた戦争裁判という歴史的事実を、肯定的評価あるいは否定的評価のいずれも示すことなく、ただ事実として記念する効果を有する記念碑であり、また、本件施設も右歴史的事実に対する一定の評価を示す効果を有しないものと認めるのが相当である。なお、原告らは、記念碑は、記念すべき事実を選んだ思想が前提にあるものであるから、単に事実のみを後世に伝えるものではないと主張するが、証人Jの証言によれば、記念碑には歴史的な事実を事実として伝える性格のものもあることが認められるから、右主張は採用することができない。 


 **************** 


  いかがでしょうか? 恥ずかしげもなく形式論理でこの判決を書いた3人の裁判官「宍戸達徳 北澤 晶 中山顕裕」たち…まだ、裁判官の椅子に座っていらっしゃる方がいらっしゃるのでは?…は、20数年後に、この石碑がナチス旗・旭日旗を掲げてデモ行進する日本の極右の集結点、出発点になったことに、責任を感じてもらいたいものです。 


 以下の右翼さんのブログを見てください。 

 http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3683.html 


  原告たちが「A級戦犯に対する極東国際軍事法廷による裁判及び同裁判によつて科された刑の執行の事実を不当なものとして記念し、戦犯を美化して戦争の犠牲者又は殉難者として後世の国民に印象づける目的ないし効果を有する」と危惧したことが実現しつつあり、その上に、ハーケンクロイツ旗の集結点・出発点にまでなってしまっているではありませんか… 


  これって「私的に利用しているというにとどまるものであ」るでしょうか? 


  石碑の文字が「永久平和を願って」とあるから、「憲法の平和主義に基づく」なんぞと、まぁ、なんというトンデモ形式論理!? この裁判官たちは、侵略戦争を命じた天皇の勅語※では戦争目的は常に「東洋平和のため」と書いてあった、という歴史事実も知らなかったのでしょうね!? 


  もしかしたら、安倍晋三さんが靖国参拝したとき用いた言い訳論理「『永久平和の願い及び戦争の悲劇を繰り返さない願い』で参拝した」は、この3人の裁判官が書いた判決作文を参考にしたんですかしらね? そっくり!?  


※今、考えたら、間違いで「詔勅」でした


> From: post-01062151-wakwak=shirt.ocn.ne.jp at post.freeml.com 
> [mailto:post-01062151-wakwak=shirt.ocn.ne.jp at post.freeml.com] On Behalf 
> Of masuda miyako 
> Sent: Saturday, April 26, 2014 11:15 PM 
> To: constitution2005 at yahoogroups.jp 
> Subject: [kyoukasyo-west:2111] 朝鮮日報「日本の極右、池袋でナチス旗掲げデモ行進」 
> 
> 
> 
> 皆様 
> 
>  こんばんは。犯罪都教委&1悪都議(2悪はすでに消滅)と断固、闘う増田です! これはBCCでお知らせしています。重複、長文、ご容赦を。 
> 
> 
> 
>  以下、5日前の記事ですが、この事実をご存知ない方も多いかと思い(ご存知でしたらすみません)、お知らせします。日本人の劣化・厚顔無恥も、ついにここまで来たか…と、声を失います。 
> 
> 
> 
>  あまりにも情けない状況…「これを報じたのは、外国紙では朝鮮日報だけでありますように! 欧米の人々の目には触れませんように!」と思わず、祈ってしまいました。私、無神論者なんですけど(笑)… 
> 
> 
> 
> ***************************** 
> 
> 
> 
> 【朝鮮日報 2014.04.21】 
> 
> http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/04/21/2014042100528.html 
> 
> 日本の極右、池袋でナチス旗掲げデモ行進 
> 戦犯7人処刑の拘置所跡地で「大東亜共栄圏」の復活を訴える集会 
> 「ユダヤ人虐殺はでっち上げ」 朴大統領を中傷するプラカードも 
> 警察は「事前に届け出があった」との理由でデモ隊守る 
> 
> 
> 
> [日本の極右、池袋でナチス旗掲げデモ行進]<http://www.chosunonline.com/svc/view.html?catid=31&contid=2014042100528> 
> 
>  東京の代表的繁華街の一つである池袋に、見るだけでぞっとする赤い旗がはためいた。ナチスの旗であるハーケンクロイツ(かぎ十字)の旗だ。ナチス・ドイツの独裁者アドルフ・ヒトラーの誕生日である20日、日本の極右のデモ行進に、旭日旗だけでなく、ナチスを象徴するハーケンクロイツまで登場したのだ。 
> 
> 
> 
>  この日午後、東池袋中央公園では「護国志士の会」という団体が主催する集会が行われ、極右団体のメンバー約50人が集まった。同公園はかつて、東條英機など日本の戦犯7人の死刑が執行された巣鴨プリズン(拘置所)があった場所だ。ジーンズ姿の20代から、登山帽をかぶった70代までの極右団体メンバーは、追悼碑に向かって黙とうをした後「大東亜共栄圏実現国民大行進」と称するデモ行進を池袋の大通りで行った。 
> 
> 
> 
>  大東亜共栄圏とは、第2次大戦当時、日本がアジア諸国を侵略した際に掲げたスローガンだ。日本は当時「西欧諸国に対抗し、アジアは日本を中心に共存共栄の新たな国際秩序を建設しようという大義名分の下、戦争や侵略を正当化しており、日本が起こした太平洋戦争を「大東亜戦争」と命名した。今回の集会では「かつての大東亜共栄圏をたたえるとともに、これに感謝しない韓国や中国を懲らしめるため、再び大東亜共栄圏を構築すべきだ」という極右派の主張が掲げられた。ヒトラーの誕生日を強調したのも同じ趣旨だ。 
> 
> 
> 
>  集会を主催した高木脩平氏は「大東亜共栄圏のために、日本と軍事同盟を結んだナチス・ドイツをたたえるのは当然だ」と述べた。 
> 
> 
> 
>  この日、極右団体のメンバーらは、約40分にわたってデモ行進を行い「ヒトラー総統の生誕125周年を祝う」「河野談話の再検証とともに、ナチス・ドイツも再評価すべきだ」などといったシュプレヒコールを叫んだ。ハーケンクロイツだけでなく、落書きした太極旗(韓国国旗)、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領や旧日本軍の慰安婦を象徴する少女像の写真に「こじき」「売春婦」と書いたプラカードまで登場した。日本の警察は、事前に届け出があったとの理由で、デモ隊の先頭に立って道を開けた。 
> 
>   
> 
> (後略   全文はぜひ、URLをクリックして読んでください)) 
 		 	   		  


CML メーリングリストの案内