[CML 031052] ホリエモン...小さなイチを足していく 「ゼロ」の地点の出所後の書と

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2014年 4月 29日 (火) 06:54:14 JST


「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく <https://cakes.mu/posts/3102>」
堀江貴文<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E6%B1%9F%E8%B2%B4%E6%96%87>
ダイヤモンド社 <http://www.diamond.co.jp/book/9784478025802.html>

特捜部に逮捕され、無罪を争ったが2年6月の判決を受けたひと。それに関しては、ほとんど書かれていない。出所後初の書き下ろし。

父から殴られ、母から包丁を突きつけられる小学生だったんだ。刑務所で重松清の「とんび<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%B3_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)>
」に号泣するひと。

なんか処世訓ばかり。「はい、そうなんですか」ってかんじ。

赤裸々な「刑務所なう<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/c4f09a57ac70b331947688072413aa2d>
」のほうが面白かったな。

*------------ 目 次 ------------------*

*第0章 それでも僕は働きたい*

すべてを失って残ったもの
嗚咽号泣した孤独な夜
いまこそ「働くこと」を考えたい
カッコ悪さもすべて語ろう

*第1章 働きなさい、と母は言った ── 仕事との出会い*

父と母のいない風景
胸元に包丁を突きつけられた日
たった1度の家族旅行
情報は自らつかみ取るもの
「あなたの居場所はここじゃない」
刺激と仲間を求めて
コンピュータとの運命的な出会い
働くことの意味を実感した日
気づいたときには落ちこぼれ
ここから抜け出すには東大しかない
勉強とは大人を説得するツールだ

*第2章 仕事を選び、自分を選ぶ ── 迷い、そして選択*

大学生活のすべてを決めた駒場寮
どうして東大に幻滅したのか
僕はまったくモテなかった
あなたが仕事や人生に怖じ気づく理由
「小さな成功体験」を積み重ねよう
挑戦を支える「ノリのよさ」
「このままではこのまま」の自分に気づくこと
インターネットとの出会いから起業へ
激動の10年間をくぐり抜けて

*第3章 カネのために働くのか? ──「もらう」から「稼ぐ」へ*

あなたは何のために働くのか
お金から自由になる働き方
どんな仕事にも「やりがい」はある
仕事を好きになるたったひとつの方法
「やりたいことがない」は真っ赤な嘘だ
あなたも必ず起業できる
会社は潰れても人は潰れない
通帳ではなく自分に貯金する
お金よりも大切なものとは?
ゼロの自分にイチを足す
積み重ねた「イチ」の先に見えてくるもの
やりたいことは全部やれ!

*第4章 自立の先にあるつながり ── 孤独と向き合う強さ*

苦しいからこそシンプルに考える
あなたはほんとうに「自立」できているか
父から届いた1枚の手紙
孤独と向き合う強さを持とう
仲間の意味を教えてくれた社員たち
ゼロを貫く「諸行無常」の原則
成長のサイクルに突入しよう
僕は世の中の「空気」を変えていきたい

*第5章 僕が働くほんとうの理由 ── 未来には希望しかない*

塀の中にいても、僕は自由だった
働くことは自由へのパスポート
消えることのなかった死への恐怖
有限の時間をどう生きるのか
人生には「いま」しか存在しない
飽きっぽさは最大の長所になる
テクノロジーが世界を変える
僕が宇宙をめざすわけ
ゼロからイチへの試金石はどこにある?
絶望しているヒマなどない

*おわりに*
http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/5224cab6caab081a9d756e8d23a038e3
-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内