[CML 031006] 「誘蛾灯」鳥取連続不審死事件 ひなびた街の貧困の極

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2014年 4月 25日 (金) 22:26:44 JST


「誘蛾灯 鳥取連続不審死事件 <http://g2.kodansha.co.jp/19626/19763/19764/19765.html>」 青木理
講談社 <http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=218673X>

2009年秋の女の周りでの連続不審死する事件。首都圏のは「毒婦。<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/fac24d8e3db0f172b2e6aa9be2034b15>
」など多数の報道があった。

もう一件の鳥取のほうは、どうなんだろう。出逢いの場だったスナックに通い、男たちに取材し、裁判を傍聴し、被告人本人にも逢ったルポルタージュ。

なんとも、やりきれない気持ちになる貧しさ。経済的なだけでなく、なにか壊れてしまっている。そして何人もの生活保護受給者が出てくる。

この国の廃れようが裏側から透けてみえる本。

本件は裁判員裁判<http://www.geocities.jp/masakari5910/citizen_judge_death_penalty07.html>
なのだが、国選弁護人が迷走じょうたい。

そして黙秘を理解しない裁判員 <http://blogos.com/article/53357/>、これも最悪<http://saibanin-iranainko.com/hyogo.html>
だね。

---------------- 目次 -------------------

序章

第1章 太ったホステス

第2章 一人目の男

第3章 二人目の男

第4章 三人目の男

第5章 県警の蹉跌、男たちの蹉跌

第6章 なぜ溺れたのか

第7章 ウソツキだけど可愛い女

第8章 「真犯人」は誰なのか

第9章 「真犯人」の証言

第10章 上田美由紀との対話

第11章 「みちづれ」

第12章 ラブ・レター

終章 松江にて
http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/1cf3c8a01b060930ad34ae684617c199
-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内