[CML 030929] ■「報道特集 20140412 原発停止で海に変化! 」TBS金平さんの報道を、ぜひ

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2014年 4月 20日 (日) 23:52:00 JST


M.nakata です。
 メールをいつも送らせていただきありがとうございます。
 
  <拡散転送歓迎>

◆◇_______________________________________◆◇ 
 https://www.facebook.com/uramichi ▼誰も通らない裏道さんが、
 フェイスブック投稿記事を、リンクシェアしてくださった。その下記注目の動画2つご紹介です。
 ■「報道特集 20140412 原発停止で海に変化! 」TBS金平さんの報道を、ぜひ
   みなさま、ご視聴願います。
◆◇_______________________________________◆◇
  

(貼り付け開始)
***********************************************************************************************************

▼誰も通らない裏道さんの下記コメント

取水した海水の温度を7度も上げて海に戻せば、環境に負荷がかからないはずがありません。
私の義父はよく御前崎で釣りをしていますが、原発の近くには行かないと言っておりました。

■『報道特集】  20140412   再稼働で注目:川内原発の海の中は(動画)

原発長期停止で、海の中は、
▼それにしても、3.11前であればこのような番組はなかなか放送できなかったでしょうし、▼放送すれば原子力ムラから大クレームが入ったはずです。...
もちろん、今だってその状況は基本的に変わっていないわけで、▼そういうなかで今回の「報道特集」は評価できると思います。

https://www.youtube.com/watch?v=odTHj0vNVRUもっと見る
1、■報道特集 20140412 原発停止で海に変化

www.youtube.com
2、■原発の長期停止で、海が本来の姿に復活 海藻が戻り、魚も戻る...
誰も通らない裏道さんがリンクをシェアしました。 
____________________________________________

4月10日

●どれだけナメられても日本人というのは平気なのデスね。

■「原発推進側官庁に104人戻る 規制庁職員」〜 時事通信

原子力規制庁は10日、2012年9月の発足から今年4月1日までの約1年半の間に、同庁の職員計132人が出身官庁に戻ったことを明らかにした。
原子力推進側の官庁への配置転換は認めない原則だが、推進側の経済産業省と文部科学省に59人と45人の計104人が戻っていた。
...
 旧規制組織の原子力安全・保安院が経産省の傘下にあり、東京電力福島第1原発事故を防げなかった反省から設けた仕組みが、機能していない実態が浮かび上がった。

 自民党の原子力規制に関するプロジェクトチーム(座長・塩崎恭久元官房長官)などの合同会議で明らかにした。

http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014041001001661.htmlもっと見る

■原発推進側官庁に104人戻る 規制庁職員 - 47NEWS(よんななニュース)
www.47news.jp
 
原子力規制庁は10日、2012年9月の発足から今年4月1日までの約1年半の間に、同庁の職員計132人が出身官庁に戻ったことを明らかにした。原子力推進側の官庁への配置

______________________

浅田 まさとしさんコメント

 ●舐められていること自体わからないのでは?

▼日本は基本的に民主主義国家では無く、大昔から官僚主義国家ですから(; ̄O ̄)
 表の仮面は変わっても中身は、変わらないシステムですし、
▼それに疑問を持たない様にメディアも教育も世間もガッチリ洗脳していますから(>_<)
  
4月11日 0:27 ・ 

**********************************************************************************


CML メーリングリストの案内