[CML 030885] 第1回 レインボー・アクション映像祭

李 杏理 haengri at hotmail.co.jp
2014年 4月 18日 (金) 15:15:02 JST



(転載・転送歓迎)


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第1回 レインボー・アクション映像祭 開催のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このたび、レインボー・アクションでは「第1回レインボー・アクション映像祭」を開催します。
セクシュアル・マイノリティの視点から、現代の社会を問い直す、国内外の映画・映像を上映し、同時に、関係者によるトークイベントも実施します。
映画・映像を通じて生まれることばや思考を大切に、
普段はなかなか語りにくいことについても語れる場を提供する映像祭です。
多くの方のご参加をお待ちしております。
●日程 2014年5月4日(土・祝)~6日(火・祝) *4月29日(火・祝)にプレイベントを実施します●会場 東京ウィメンズプラザ ホール●料金 前売り券:1,000円/1プログラム 当日券:1,200円/1プログラム
*全日フリーパスも発売予定です。購入方法等は決まり次第ブログにてご案内します。http://rainbowaction.blog.fc2.com/blog-entry-194.html
*チラシはこちらからご確認ください。
(表面)http://goo.gl/koSWlu (裏面)http://goo.gl/gwJqYK

●スケジュール 
ーー4月29日(火・祝)

第1回レインボー・アクション映像祭プレイベント『ハーヴェイ・ミルク』から考える、政治と社会のいまとこれから
映画『ハーヴェイミルク』を踏まえ、これからの社会や政治のあり方について、ひとりひとりができること、考えるべきことについて、上川あやさんとともに考えます。

出演 上川あや(世田谷区議会議員)聞き手 藤田裕喜(レインボー・アクション 請願・陳情チーム チーフ)
●日時 2014年4月29日(火)19:00〜21:30(18:30開場)●会場 アップリンク ファクトリー●ドリンク代 500円(併設されているカフェレストランtabelaにてドリンクとお引き換えできます。
 場内への持ち込みも可能です。)
◎詳細はこちらからご確認ください◎http://rainbowaction.blog.fc2.com/blog-entry-199.html

ーー5月4日(日・祝)
12時15分〜『for you』(監督:ペ・フィギョン)女子中学生の淡い恋心と、直面させられる様々な現実との葛藤、困難をていねいに描いた日本初公開の短編。*上映終了後、ペ・フィギョン監督によるトークがあります!(聞き手:根来祐)

13時30分ごろ〜韓国のセクシュアル・マイノリティに関する映画の上映と、ゲストを招いたトークイベントを実施する予定です。(本プログラムについては、決まり次第、ホームページにて詳細をお知らせします。)
ーー5月5日(月・祝)
10時45分〜『分断の街で』(監督:Yun Suh)
エルサレム初のゲイの市協議会議員サアル・ナタネルが開いたゲイバー「シュシャン」。人々は宗教、民族、差別の壁を越えて、自分が自分らしくあることを求めて、店に集う。人間の尊厳とは何か、人々を分断する壁とは何かを問う。(アメリカ,2009)公式サイト:http://www.cityofborders.com

12時10分〜『We are Transgenders.~性別を超え、自分らしく生きる!~』(監督:尾川ルル)こんな時代もあったのよ!「性同一性障害」って言葉がまだ知られていなかった頃。大御所のあの人の若いお姿もみられるかも!(日本,1998)
13時55分〜 『ジェリー・フィッシュ』(監督:金子修介)
デビュー以来、同性愛を肯定的に撮り続けてきた金子修介監督が、十代女性の揺れ動く性を描く。第11回「女による女のためのR-18文学賞」最終選考候補作を映画化(日本,2013)公式サイト:http://r18-jellyfish.com*上映終了後、金子修介監督と浜野佐知監督による対談があります!
(聞き手:大塚健祐)
ーー5月6日(火・祝)
10時20分〜『0メートルの隔たり』(監督:エル・フランダース)パレスチナ人とイスラエル人、男と男、女と女。様々な差異をもつ4人の日常を、歴史を踏まえて重層的に捉え、個人と社会の複雑な距離感を描くドキュメンタリー映画。
5年ぶり6回目(東京では3回目)の上映です!(カナダ,2005)字幕協力:関西クィア映画祭字幕管理委員会*上映終了後、工藤晴子(レインボー・アクション 移民・難民プロジェクト チーフ)による解説があります。*当日はパレスチナ・オリーブのブース出展があります!http://www.paleoli.org

12時20分〜『女として生きる』(監督:江畠香希)毎月新宿歌舞伎町で行われている都内最大規模の女装イベント「女装ニューハーフプロパガンダ」。集まる人びとにカメラを向け、多様な性のあり方を問いかける。山形ドキュメンタリー映画祭2011ニュー・ドックス・ジャパン部門において上映。(日本,2011)
公式サイト:http://onnatoshite.rll.jp*上映終了後、江畠香希監督によるトークがあります!
14時45分〜 『百合子、ダスヴィダーニヤ』(監督:浜野佐知)大正時代、自分達の信じる愛の形を選んだ女性たちがいた…翻訳家・湯浅芳子と小説家・中條百合子、
百合子の夫・荒木茂の間の愛憎を描いたノンフィクション・ドラマ(日本,2011)公式サイト:http://yycompany.net*上映終了後、浜野佐知監督によるトークがあります!
◎最新情報はこちらからご確認ください◎http://rainbowaction.blog.fc2.com/blog-entry-194.html


☆レインボー・アクション Xラウンジによる関連イベントも合わせて実施します!
「性自認ってなに??いろんな性自認の人の話を聞いてみよう!」
メディアで取り上げられることが意外と少ない「性自認」について一緒に考えませんか?

●日時 2014年5月4日(日・祝)18:30〜20:30(18:00開場)●会場 都内公共施設(お申し込みの方にお知らせします)●資料代 500円
◎詳細はこちらからご確認ください◎http://rainbowaction.blog.fc2.com/blog-entry-197.html

関連イベントのみ、定員制のため、事前の申し込みが必要です。参加ご希望の方は、rainbowaction.xlounge at gmail.comまでご連絡をいただければと思います。

(本映像祭は株式会社ラッシュジャパンのLUSH JAPANチャリティバンクによる助成を受けて実施されます)

● ご連絡先 レインボー・アクション映像祭 実行委員長 藤田 裕喜(ふじたひろき)・電話 090-7674-8421 ・メールアドレス hiroki.fujita at schneider.cside.com ・ホームページhttp://rainbowaction.blog.fc2.com

レインボー・アクションとは・・・石原慎太郎東京都知事(当時)による「(同性愛者は)どこかやっぱり足りない気がする」「遺伝とかのせいでしょう」「マイノリティで気の毒ですよ」などの差別発言をきっかけとして、2011年4月に設立。
市井に生きるセクシュアル・マイノリティと友人たちの生活感覚と存在を、
社会的に可視化していくことを目的に、政治や行政、メディアに対する働きかけや、自由に語れる場づくり、映画上映イベントの実施など、多岐にわたる活動を展開している。
(了)
 		 	   		   		 	   		  


CML メーリングリストの案内