[CML 030868] 4/29「護憲円卓」記念シンポ基本趣旨が固まりました、ご参加を。

佐藤三郎 minami2satou at kxa.biglobe.ne.jp
2014年 4月 17日 (木) 12:42:44 JST


 ご支援頂いている皆様へ
 4/29「護憲円卓会議 兵庫」発足記念シンポ案内ビラの冒頭に~「“壊憲”の暴走を止めるために、私たちは今、何ができるのか」をともに考え、ともに行動する手がかりをつかみたいと思います」~こう記載した案内をお送りしましたが、呼び掛けた私たち自身、このシンポをどう進めればよいのかそのイメージはなかなか見えていませんでした。 パネリストを推薦した数人で何度もメールを往復させながら意見交換をし、加えてパネリストの方々から「どこに焦点をおいた話をすればよいのか」との質問やレジメ案の提示を受けて、更にメールでの情報共有と意見交換を続ける中で、やっとシンポのねらいが具体的に見えてきました。
 
 「何ができるのか、ともに考え、ともに行動する」ために、このシンポの基本の趣旨は 
❖論点① 安倍政権の暴走ぶりを分析し、政局とも絡めた現状と今後の見通しを共有する。
❖論点② 護憲運動がさまざまな枠組みを超えて結集するとともに、圧倒的な護憲への世論と、幅広く広がっている草の根の市民運動、市民活動の動きを吸収していくためには、どのような課題を乗り越えていかねばならないか、を明らかにしたいと思っています。
 
 具体的な討論の進行は、
❖冒頭に、政井さんからは、ジャーナリストの立場から安倍政権と憲法をめぐる現状を、政権に大きな影響を持つ米国での見方も含めどう見るかの分析について、
❖広原さんからは、革新、護憲の運動を担ってきた立場から、安倍政権の暴走の背景とそれを阻むべき立場にある護憲勢力の現状を、その両面から見た分析について、
❖岡本さんからは、1990年代以降、質量ともに爆発的に広がった市民活動、市民運動のすそ野で、必ずしも護憲や様々な政治的課題にリンクしてこなかった市民社会の現状について、政治学の立場と市民ボランティア活動の立場からの分析と提言を、
❖松本さんからは、戦後70年の民主主義と市民の歴史的な変化も踏まえて、草の根の市民活動が護憲や政治にどうコミットしていけるかについて、90年代以降の具体的な事例を交えての報告をお願いし(20分×4)、
❖その後のフロアーを含めた討議(60分)の焦点は、上記「論点②」についての課題とアプローチを明確にしたいと考えております。

 安倍政権の暴走を批判する力を強めなければなりません。それと共に、安倍暴走を許している今の社会状況を正確に取り出し、壊憲の流れに歯止めをかける道筋を見出し、それを共有することが急がれます。これらの取り組は政党や市民団体からの提示を待つのではなく、それに気付いた個人が一歩をふみ出し、ともにつながる場として、「円卓会議」がその役割の一端を担えれば…と願っています。
 
 3/24~4/13にかけて、昨年の護憲円卓集会に賛同や参加等を頂いた方々に、メールと郵送での「4/29集会への参加」・「会員への参加」・「世話人の承諾」等を要請してきました。 4/17までに三十数名の返事を頂き、13名の方は会の運営に参画に(遠方のため会出席は困難だが世話役MLに参加する、事務局作業手伝い、PC関係作業のアシスタント等を含む)、33名の方々が会員参加を申し出て下さいました。 会を物心両面で支えて頂き、活動を継続させるには、3桁の会員参加をお願いしたいと願っています。
 
 このメールをお読みの方々は既に多様な市民活動等で多忙を極めておられること思います。従って世話人会やイベント・例会等への出席が困難であっても、会議の場だけでなく、メーリングリスト(ML)やブログへの投稿等を通じての意見や賛否の表明等、それぞれの条件に応じた参加の方法や運営の工夫が必要だと考えておりますので、ともに“つながろう”とのお気持ちがあれば是非、世話人に、会員に、なって下さい。
 
 「護憲円卓会議 兵庫」発足記念シンポは、「4月29日(火・休日) 兵庫勤労市民センターで、開会13時15分~16時30分頃閉会予定で、開催します。
  パネリストの方々の積極的なご協力でシンポのイメージが固まり、あとは皆様方の多くの参加と率直なフロアーからの発言があれば、きっと得ることの多いシンポにできると期待を高めており、当日が楽しみになってきました。
  皆さんの参加をこころよりお待ちにしております。

佐藤 三郎(護憲円卓会議 兵庫 発足準備委員会代表)
*****************************
minami2satou at kxa.biglobe.ne.jp  tel&fax 078-733-3560
***************************



CML メーリングリストの案内