[CML 030866] 新刊:のりこえねっと編『ヘイトスピーチってなに?レイシズムってどんなこと?』

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2014年 4月 17日 (木) 10:50:57 JST


前田 朗です。

4月17日

新刊のお知らせです。

のりこえねっと編『ヘイトスピーチってなに?レイシズムってどん なこと?』
(七つ森書館)

http://www.pen.co.jp/index.php?id=727


アマゾン

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%81%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%AB-%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%93%E3%81%A8-%E3%81%AE%E3%82%8A%E3%81%93%E3%81%88%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%81%AE%E3%82%8A%E3%81%93%E3%81%88%E3%81%AD%E3%81%A3%E3%81%A8/dp/4822814009/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1397699292&sr=8-2&keywords=%E4%B8%83%E3%81%A4%E6%A3%AE%E6%9B%B8%E9%A4%A8





ヘイトスピーチは街頭だけでなく、ネットやさまざまなメディアで も繰り広げ
られ、差別、偏見、攻撃の言説を執拗に展開している。ヘイトスピーチが傷つけ
るものは何なのか。その本質に迫る。

目次

1 ヘイト・スピーチNO !
   東アジア大事にしないと、日本は歴史から遅れる(石井ポン ペ)
   もっと寛容な社会を!(宇都宮健 児)
   理不尽な要求(河野義行)
   在特会──ヘ イト・スピーチを繰り返す自信なき「排外主義」集団(佐高信)
   愛国者への疑惑(鈴木邦男)
   根はもっと深いところにある(田中宏)
   差別を消費する日本人(田中優子)
   自分が発した言葉は自分に返る(知花一昌)
   人間らしく「ともに生きる」社会(西田一美)
   協力しあって発展していくこと(村山富市)
   いまだかつてない日本の危機(和田春樹)
   違いを乗り越えていく社会へ(松岡徹)
   問題を真正面から捉える(若森資朗)

2 のりこえネットTV開設記念トーク
   大爆笑女語り!!  ヘイトを斬る!
     上野千鶴子・辛淑玉・北原みのり

3 ヘイト・スピーチとレイシズム
  【海外の事例を中心に】表現の自由を守るためにどうすればよ いか(前田朗)

  【日本の事例を中心に】ネトウヨ・ヘイトスピーチ・レイシズ ム(中沢けい)
  【心理学の立場から】ヘイトスピーチに必要な「ケアの視点」 (香山リカ)

*のりこえねっと**(ノリコエネット)***

 「ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク」 を略した名
前です。
 尊厳を冒すヘイトスピーチとレイシズムを許さない活動をすすめるために
2013年9月 に結成されたネットワーク。

<差別はいやだ、いじめはいやだと思う人とつながりたい>
 日本社会は一線を超えました。
 「殺せ」という扇動が表現の自由として日本全国で叫ばれる時代 になったの
です。ターゲットは「在日」「沖縄」「被差別部落」「障がい者」「婚外子」
「被ばく者」「戦時性暴力被害者」「生活保護利用 者」「移民」「難民」「教
員・公務員」「韓国」「中国」そして「反原発を叫ぶ人々」。国家がその生存権
を奪ってきたものたちと、国家の敵 と認定したものへと集約されています。
 無知と偏見と差別意識とストレス発散の快楽が、語る言葉すらも ちえないも
のへと向かっている今、沈黙は許されません。人間の良心が試されています。
 わたしたちは声を上げました。
 その声を支える仲間になってください。



CML メーリングリストの案内