[CML 030838] 【報告】第1092日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 aoyagi at tent-hiroba.jp
2014年 4月 16日 (水) 07:27:40 JST


青柳行信です。4月16日。
-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--

『1000日目記念誌冊子』
 ・・・・・
一冊 ワンコインカンパで500円です。
送料は何冊でも無料です。
冊子ご希望の方は、〒住所氏名電話番号、冊数を
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp まで。
<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1091目報告☆
        呼びかけ人賛同者4月15日3286名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】4月15日2名
  趙 千恵 谷口 巌
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
  青柳さん
いい時候になりました。
再稼動反対に向けて、たくさんの方が力を寄せているのを感じます。
この数日、初めての方が、「通りすがりですが」と言って、チラシを取って行っ 
てくれたり、話をしていったり、カンパをいただいたりして、原発再稼動に対し 
て、怖さを感じているようです。 福島が収束してないことにも怒りを感じてい 
るようです。
夕刻からは 光円寺で行われているTerra Cafe KENPOU に参加しました。
15日は ハンセン病についての学習会でした。
あんくるトム工房
再稼動させないぞー  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2964
ハンセン病について  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2965

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆わが家を荒屋にせし野鼠よ君は我より重き被曝者
      (左門 4・16-627)
※朝日新聞4・16、「原発避難者 苦渋の移住」木幡ミネ子・智清さんの
「ナズミに荒らされ、帰れるとはとても思えない」の記事を読みながら、
猪やイノブタのことなど思い浮かべると怒ったり、憎んだりするより、
生きとし生けるものを被曝者にした核魔神とその神官達による「
核被災における加害責任」がくっきり見えてきた。

★ 島田雅美(大分市) さんから:
九電大分支社前毎日要請情宣行動1000日目!
と
<抗議文>2014年4月14日(月)1000通目 

九州電力株式会社
社長 瓜生道明 様

 私たちはきょうも怒りをこめて、御社に抗議します。
再稼働は絶対にやめて下さい。
川内原発1、2号機の再稼働の審査の中心になる設置変更許可申請の補正書を提 
出するのはやめて下さい。
同様に機械類の設計基準(工事計画認可)の補正書を提出するのはやめて下さい。

 私たちは御社大分支社前に「原発いらない!再稼働反対!すべてを廃炉に!」
というプラカードを持って立ち続けて、きょうで1000日目になります。
毎日瓜生社長さん宛てに要請書や抗議文を提出し、午前と午後1時間づつ、道行 
く人たちに訴えてきました。
短い時間ですが、私たちはしらしんけんです。
それは福島原発事故で原発の恐ろしさを思い知らされたからです。
事故から3年以上も経つのに、未だに収束(終息)していないからです。
収束どころか放射能の汚染水で事故がますます拡大しているからです。
 故郷を追われている人たちが、「原発が人生を狂わせた。」「原発さえなけれ 
ば・・・」と
悲痛な声をあげています。
原発は人間の手におえるものではありません。
私たちは原発は絶対にいりません。
私たちは1000日間の間の思いをこめて川内・玄海原発の再稼働に反対します。

★ 鳥原良子(鹿児島薩摩川内市) さんから:
<鹿児島薩摩川内原発建設反対連絡協議会会長>
こんにちは~
元双葉町長・井戸川克隆氏さんの講演会を行います。
4月21日(月)18時半~薩摩川内市国際交流センター会議室AB
 薩摩川内市天辰町2211-1電話:0996-22-7741
4月22日(火)---いちき串木野市で講演
  19:00~@いちきアクアホール(tel: 0996-21-580
講演会のチラシ:http://tinyurl.com/kngcjnb
県外避難を決断された井戸川さんのお話をぜひ、
お聞きください。
原発再稼働賛成反対に関係なく、避難の実態について
学べると思います。
行政に関わる方や、防災関係の方に
お知らせしてあげてください。

★ 川島 さんから:
青柳さん
1/14日 大分行き、お疲れ様でした。
写真を拝見しました。たくさんの方が来られていたようで
よかったです。
http://tinyurl.com/lmvncmp 大分行き途中、由布岳を見て。
  島田雅美さんと
九電大分支社前毎日要請情宣行動1000日目!
https://www.dropbox.com/s/mum8n3gdl3jdsx1/2.jpg
https://www.dropbox.com/s/naubnin7jug0r07/3.jpg
https://www.dropbox.com/s/cvb8psbxodvaf79/4.jpg

さて、4月5日の名古屋での落合恵子さんの
講演をまとめました。市民運動や、原発にも関わりが
あるので、よかったら、報告メールに下記のURLを掲載して
いただけたら幸いです。
https://drive.google.com/file/d/0Bxv4B6fEw49DRzhCX0FqOGpndHM/edit?usp=sharing

★ ギャー さんから:
「新しくママになるお母さんたちに」
子犬が親犬にじゃれつくように
あまえてかみついたり
とびついたり
まとわりついていたかと思うと
もう他のことに興味を示し
それにあきたら
また「お母ちゃ~ん」
とびついては
かみついたり(?)
だっこしたり
お母ちゃんはされるがまま
子犬の毛をなめてあげるように
やわらかな髪の毛をなでてあげている
そのうち言葉も覚えてさ
たくさんの質問をぶつけてくれるよ
ひとつひとつの質問に
ちゃんと向き合って
ていねいに
わかるように
これから先の人生に
一生温めていられる宝もののような言葉で
答えてあげてね
わからない時には
子どもにたずねてみたらいい
その子が望むことを答えてくれるから
そうしていっしょに考えていけば
歩いていく道すじが見えるよ
あぶない所はころばぬように
手を差しのべれば
手を差し出してくるよまわりを見わたすと
たくさんの人たちが
いっしょに歩いているのが見えるよ
子どもたちが言葉を交わすよ
「アンニョンハセヨ」「ニイハオ!」「ヘロー」
笑顔と笑顔で通じあうよ
子どもたちの笑顔につられ
大人たちも笑顔になるよ
笑顔あふれる世界があらわれるよ

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、九州関連の記事からはじめます。

1.<安倍政権「政治判断しない」 「規制委へ責任転嫁」批判も>西日本電子 
版2014年04月16日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/35801/1/
<九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働が現実味を帯び 
るなか、政府内から再稼働を「政治判断しない」との発言が相次いでいる。安倍 
晋三首相はこれまで「厳格な基準を乗り越えた原発について再稼働を判断する」 
としており、事実上の軌道修正。再稼働に対する世論が割れる中、安全性を審査 
する原子力規制委員会に責任を押しつけるような政府の姿勢に、専門家から「責 
任放棄だ」との批判が出ている。発言は、新しいエネルギー基本計画を閣議決定 
した11日の会見で、菅義偉官房長官が口火を切った。「官房長官と考えは同 
じ」と語っていた茂木敏充経済産業相は15日の会見で、民主党政権が2012 
年に大飯原発3、4号機(福井県)の再稼働を関係4大臣の会合で判断したこ
とに触れ、「あのような政治判断は想定していない」と述べ 
た。・・・・・・・・・・
そもそも、法律上は規制委の審査を終えれば、電力会社の判断で再稼働できる。
ただ、規制委が判断するのは原発の安全性だけで、原発周辺の自治体が策定する 
防災計画(避難計画)の妥当性を確認する仕組みはない。政府の役割が地元理解 
を得るための説明だけで、再稼働は判断しないという姿勢は、防災計画の確認に 
関与しないことにもつながりかねない。法政大の舩橋(ふなばし)晴俊教授(環 
境社会学)は「政治的判断するのは政治家の責任だ。逃げている」と指摘。九州 
大の吉岡斉教授(科学史)も「住民に最も重要な防災計画を審査するルール作り 
もしないのか。安倍内閣は何を考えているのか」と批判した。 >

2.<関電と九電、東日本から60万キロワット確保 夏場に安定供給 >日本経 
済新聞 電子版2014/4/15 2:00 (会員限定) 
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ140IC_U4A410C1TJ2000/
記事全文<関西電力と九州電力は東京電力など東日本の電力会社から計60万キロ 
ワット前後の電力を購入する。卸電力市場からの調達も増やす。原子力発電所の 
再稼働が遅れる関電は電力需要がピークの夏場に、安定供給に最低限必要とされ 
る供給予備率3%を確保できる見通しだ。予備率は電力需要に対する供給力の余 
力を示す。関電は計画停電の回避にめどが立った形だが、火力発電所が1基でも 
故障すれば需給が逼迫しかねず、綱渡りが続く。(以下、会員限定だが)関電と 
九電は当初、中・西日本での融通だけで3%を確保できる見込みだった。だがJ 
パワーの火力発電所(長崎県)の事故で九電の調達余力が低下。関電も九電から 
融通できる量が減った。両社は「西日本だけでは供給力を確保できない」(
関電幹部)と判断した。関電と九電は17日にも開く経済産業省の電力需給検証小 
委員会で、初めて東日本管内から電力融通を盛り込んだ需給計画を示す。経産省 
は電力各社の計画をもとに、数値目標を伴う節電要請をするかどうかを決める。>
・・・・唐津にある電源開発の発電機がメンテナンス中にトラぶった記事が最近 
ありました。

鹿児島県、
3.<衆院鹿児島2区補選:6氏が届け出 消費増税後、初の国政>毎日新聞  
2014年04月15日 20時24分)
http://mainichi.jp/select/news/20140415k0000e010176000c.html
医療法人「徳洲会」グループの選挙違反事件をうけた徳田毅前衆院議員の辞職に 
伴う衆院鹿児島2区補選が15日告示された。公明党が推薦する自民新人や民主 
党など野党4党が推薦する無所属前職、共産新人ら6人が立候補を届け出 
た。・・・・第一声で三島氏は消費増税や九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内 
市)の再稼働に反対し「安倍内閣の暴走を止める」と訴え 
た。・・・・・・・・・・・>
3’.<与野党総力戦、6人が立候補 衆院鹿児島2区補選告示 [鹿児島県]>西 
日本(2014年04月16日 00時29分)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/82235
<・・・・・・・・・・午後に出発式を予定する有川氏は取材に「川内原発再稼 
働を止める」と強調。三島氏は第一声で「安倍政権の暴走を阻止する」と訴え 
た。碩氏は「持続可能社会の実現」を掲げ、松沢氏は「原発の早期再稼働」を唱 
えた。・・・・・・・・・・・・>

4.<共同の力で暴走を阻止 鹿児島 党声明発表 シンポ開催へ 川内原発> 
しんぶん赤旗4月15日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-04-15/2014041503_01_1.html
日本共産党鹿児島県委員会の野元徳英委員長、まつざき真琴県議・県副委員長は 
14日、県庁で会見し、「川内(せんだい)原発の拙速で危険な再稼働の中止を 
訴えます」との声明を発表しました。・・・・・・・・・・・声明では、川内原 
発が活断層や火砕流、避難計画策定など多くの問題が指摘されているにもかかわ 
らず、「新しい規制基準さえ満たせば事故は起きない」という新たな「安全神 
話」そのものとなっていると批判しています。まつざき県議は「立場を超えた共 
同の運動をさらに発展させていきたい」とのべました。党県委員会は、声明を県 
知事はじめ九州電力や全自治体、広く市民に届け、声明に基づいたシンポジウム 
を6月7日に、原発の立地する薩摩川内市で開催する計画です。(全文は、九
州沖縄ブロック事務所、鹿児島県委員会、まつざき真琴県議のホームページに掲 
載してあります)>
・・・・・全文はこちらのようです
⇒http://jcp-kagoshima.com/pdf/taisaku/140414_sendaigenpatuappeal.pdf

佐賀県、
5.<原発事故時避難、佐賀市に質問状 裁判の会 >佐賀新聞4月15日
記事全文<「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」(石丸初 
美代表)と「プルサーマルと佐賀県の100年を考える会」(野中宏樹共同世話 
人)は14日、佐賀市長に対し、玄海原発(東松浦郡玄海町)の事故時の避難者 
受け入れ体制などについて13項目の質問と要望書を提出した。佐賀市は、唐津 
市からの避難者受け入れ先の一つ。唐津市との連携具合、人や車のスクリーニン 
グ・除染の方法、要援護者の福祉避難所受け入れに関する準備状況などをただし 
ている。2週間内に文書での回答を求め、園田正広・市消防防災課長は「上層部 
に報告し、回答したい」と答えた。
  2団体は、玄海原発の再稼働に反対することなども要望した。同様の文書は佐 
賀市を含め計17市町に、原発30キロ圏内に入る玄海町、唐津市、伊万里市の 
3市町には避難計画に関する質問書を今月中に提出する。>
・・・・九州玄海訴訟原告団も先に同様の行動を行っていました。

5’.<反原発2団体が佐賀市に質問書 避難受け入れ具体案>西日本電子版 
2014年04月16日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/35807/1/
<・・・・・・・・提出のねらいについて石丸代表は「県の決定を待つだけでな 
く、住民を守る自治体として当事者意識を持ってほしい」と説明。同課の園田正 
広課長は「市民の不安が表れた行動だと真摯(しんし)に受け止めたい。内容を 
検討し、28日をめどに回答する」と話した。>

福島第一では、
6.<浄化装置、全面復旧は連休以降=汚染水処理の目標堅持-福島第1所長> 
時事通信04/1519:38
記事全文<・・・福島第1原発の小野明所長は15日、同原発で記者団の取材に 
応じ、全3系統のうち2系統が停止している放射能汚染水の浄化装置 
「ALPS(アルプス)」について、全面復旧は大型連休明け以降になるとの見 
通しを示した。1系統は連休までの運用再開を目指すが、もう一つの復旧には 
「しばらく時間がかかる」と語った。
 東電は再建計画で、タンクに貯蔵している高濃度汚染水をトリチウムを除い 
て、2014年度中にアルプスで処理を終える目標を掲げる。小野所長は「かな 
り高い目標だが、知恵を絞って達成したい」と強調。アルプスはトラブルが相次 
いでいるが、設備増強の計画もあり、目標を堅持する方針を表明した。>

被災地フクシマ、
政府主催の会議で、
7.<「人為ミス多過ぎる」 汚染水の誤移送、危機管理不備追及>福島民友 
(04/15 09:55)
http://www.minyu-net.com/news/news/0415/news10.html
<経済産業省は14日、いわき市で、東京電力福島第1原発の廃炉と汚染水対策 
に地元の意見を反映させる「廃炉・汚染水対策福島評議会」の第2回会合を開い 
た。本来は移送先に予定していなかった建屋に高濃度の汚染水が流入した問題な 
どに対し、原発周辺の市町村長らは東電の危機管理の不備を厳しく追及し、再発 
防止の徹底をあたらめて求めた。同原発が立地する大熊町の渡辺利綱町長は 
「ヒューマンエラー(人為ミス)が多過ぎる。現場作業の質を向上させるべき」 
と指摘。汚染水対策で「前面に立つ」と宣言した国に対しても「前面に出る姿勢 
が見えない。県民が安心して任せられるような姿を見せてほしい」とより積極的 
な関与を求めた。富岡町の宮本皓一町長も「現場作業員との歯車がかみ合ってい
ない」と批判、指揮系統と現場の意思疎通の悪さに苦言を呈し 
た。・・・・・・・・・・・>

8.<原因の早期究明や再発防止など要望 高濃度汚染水誤送で県が東電に>福 
島民報2014/04/15 09:31
http://www.minpo.jp/news/detail/2014041515124
<福島第一原発で、高濃度汚染水が移送先でない建屋の地下に流入したトラブル 
などを受け、県は14日、東電の社内分社「福島第一廃炉推進カンパニー」に、 
原因の早期究明や再発防止の徹底などを要望した。・・・・・・・・・・・・・・>

9.<環境省が除染作業員の「特殊勤務手当」引き下げ> 【福島民友新聞】 
(04/15 09:35)
記事全文<環境省が、国直轄で行う居住制限、避難指示解除準備両区域の除染で 
作業員に支払う特殊勤務手当を1万円から6600円に引き下げたことが14 
日、分かった。同省は引き下げの理由を「除染開始から2年が経過し、事業活動 
の再開など状況が変化し、作業員の負担が軽減しているため」としている。改定 
は9日付。特殊勤務手当は、直轄除染の対象区域が避難指示区域となり作業員の 
精神的、身体的負担を考慮し、通常の賃金に加えて支払われている。改定前の手 
当は帰還困難、居住制限、避難指示解除の3区域とも1万円だった。>
・・・・・こうしたことだけは決定が早い。

10.<浜通りに廃炉研究施設 開発機構、国内外の大学教員常駐 28年度末 
までに>福島民報2014/04/15 09:34
http://www.minpo.jp/news/detail/2014041515128
<東京電力福島第一原発の廃炉に向けた研究を推進する国際廃炉研究開発機構は 
平成28年度末までに、国内外の大学教員らが常駐する共同研究施設「福島復興 
研究大学連携拠点(仮称)」を浜通りに設置する。溶融燃料の取り出しなどに向 
けた技術開発を担い、廃炉に関わる人材育成も進める。福島大をはじめ十数校が 
参加予定で、廃炉作業の加速化を目指す。 14日、いわき市で開かれた政府の 
福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想研究会の会合で、開 
発機構の山名元(はじむ)理事長が福島復興研究大学連携拠点の構想を説明し 
た。開発機構は浜通りへの設置を目指しており、実験装置購入費を含めた施設整 
備費として30億円程度を見込んでいる。大学教員ら約50人が常駐し、高性
能の機器を備えた研究室を共同で利用する。・・・・・・・・・・・・
国際廃炉研究開発機構(IRID)】 東京電力福島第一原発の廃炉に向けた研 
究開発をするため東電など電力各社、日本原子力研究開発機構、原発メーカーな 
ど17法人が参加し、昨年8月に経済産業省の認可を受け設立された。東京都内 
に事務所を置き、約600人が廃炉に関する研究に携わっている。>

11.<楢葉町、サケの稚魚1万匹放流 漁再開目指し>共同通信2014/04/15 12:48
http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014041501001447.html
<原発事故のため住民の避難が続く福島県楢葉町の木戸川で15日、震災後初め 
てサケの稚魚約1万匹が放流された。・・・・・・・・・・・・・>
・・・・・・楢葉町―福島第2原発立地自治体。

12.<最大値は飯舘・蕨平 経産省が3地区の「空間線量」公表>福島民友 
(04/15 09:35)
記事全文<経済産業省は14日、内閣府が昨年10月に中間報告としてまとめた 
田村市都路地区、川内村、飯舘村の3地域の空間線量を公表した。屋内の最大値 
は、居住制限区域の飯舘村蕨平にある公民館の毎時2.62マイクロシーベルト 
(複数測定地点の平均値)。屋外もこの公民館周辺の毎時5.64マイクロシー 
ベルト(同)が最大だった。中間報告によると、1日に避難指示が解除された田 
村市都路地区は、公民館の屋内や屋外、農地、学校などいずれの測定地点で毎時 
1マイクロシーベルトを下回った。除染により線量が低減した。川内村の民家屋 
内では、同村貝ノ坂地区で最大で毎時0.33マイクロシーベルト(同)を測定 
した。全体的には、屋内の空間線量は1階よりも2階が高い傾向だった。屋
外では、落ち葉や樹木が影響して線量の高い場所があった。>
・・・・公式発表はいつもこのようです!

13.<15日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定 
値・県内震災関連死者・行方不明者>福島民報4月16日朝刊紙面
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。

栃木県、
14.【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞4月15日 17:35
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140415/1565869
<▼空間放射線量率(15日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上 
1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル) ・・・・・・・>

東京で、
15.<「農産品検査」法制化を 都内で脱原発フォーラム>福島民友(04/15 
09:55)
http://www.minyu-net.com/news/news/0415/news8.html
<脱原発社会の実現を目指す研究者らでつくる原子力市民委員会(座長・船橋晴 
俊法政大教授)などは13日、都内でフォーラム「脱原発社会の創造-いま、市 
民として取り組むべきこと」を開き、本県の大学教授ら関係者が東京電力福島第 
1原発事故がいまだに被害をもたらしている現状を伝え 
た。・・・・・・・・・・・・>
・・・・・・・下方にも関連記事があります。

宮城県、
16.<福島第1原発事故 最終処分場で県、国と3市町の協議の場用意へ毎日 
新聞 2014年04月15日 地方版
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20140415ddlk04040097000c.html
<東京電力福島第1原発事故による放射性物質を含んだ指定廃棄物の最終処分場 
について、村井嘉浩知事は14日、県が仲立ちし、国と候補地のある栗原、加 
美、大和3市町の話し合いの場を用意する考えを示した。県幹部に指示した。環 
境省と候補自治体の間で詳細調査受け入れに向けた対話が進んでいないことを受 
け、村井知事は記者会見で「このままではらちがあかない。住民の反対の声もそ 
ろそろ出尽くし、必要と判断した」と説明した。・・・・・・・>

山梨県、
17.<農地に大量のセシウム汚染木くず 山梨、入手経路調査>西日本(2014 
年04月15日 19時49分)
記事全文<山梨県は15日、同県笛吹市の農地で放射性セシウムに汚染された木 
くず約70トンが見つかったと明らかにした。土地を管理する県内の男性が既に 
全量を県外の産業廃棄物処理場に撤去。周囲に民家はなく、県は健康被害の恐れ 
はないとしている。県によると、男性は敷地に草が生えないように木くずをまい 
たと説明。入手経路などを明らかにしておらず、県が調べている。3月下旬に匿 
名の通報があり県が調べた結果、敷地内約200平方メートルに木くずがまかれ 
た状態だった。セシウム濃度は最大1キログラム当たり2100ベクレルで、国 
が定める堆肥などの暫定許容値(同400ベクレル)を上回っていた。>

17’.<汚染木くず、笛吹の農地で発見 搬出承認に批判も>朝日デジタル 
2014年4月16日03時00分
http://digital.asahi.com/articles/ASG4H5CK1G4HUZOB00F.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG4H5CK1G4HUZOB00F
<・・・・・・一方で、産業廃棄物としてチップの県外搬出を申し出て、県は 
あっさりと承認。廃棄物処理法違反に問われる場合、証拠保全の点で批判が集ま 
る可能性がある。・・・・・・・・木くずチップが原発事故に伴うゴミだった場 
合、廃棄物の不適正処理として廃棄物処理法に違反する恐れがある。県は男性に 
対し、搬入時期や経緯などの説明を求めているが、「回答を検討している」と県 
外の弁護士を通じて伝えているという。記者会見では報道陣から「県は男性の言 
いなりになっているだけではないか」「刑事告発する場合、証拠が残っていない 
のではないか」といった批判が相次いだ。県は「うやむやにならないようする」 
「証拠としては試料のチップがある」としている。>

原発訴訟、滋賀県、
18.<3原発差し止め、関電は争う姿勢 大津地裁で初弁論>【京都新聞】 
2014年04月15日 13時40分
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20140415000075
<滋賀県の住民ら57人が福井県若狭湾周辺にある大飯、高浜、美浜の3原発の 
再稼働差し止めを関西電力に求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、大津地裁 
(山本善彦裁判長)であった。関電は請求棄却を求め、争う姿勢を示し 
た。・・・・・・・・・・訴状では、若狭湾周辺は活断層が多く、大地震による 
大津波の可能性が高いとした上で、原子炉の多くが老朽化し、重大事故発生の危 
険性を指摘。事故が起きると放射性物質で住民が被ばくし、琵琶湖も汚染される 
としている。>

19.<シンポ:嘉田県政8年間振り返る 県民の集いに200人--大津 > 
毎日新聞 2014年04月15日 地方版
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20140415ddlk25040540000c.html
<7月に任期満了を迎える嘉田由紀子知事の2期8年の県政運営を振り返るシン 
ポジウム「嘉田県政を検証する県民の集い」が13日、大津市で開かれ、約 
200人が参加した。元知事の武村正義さんらが主催。・・・・・・会場から 
は、嘉田知事が訴える「卒原発」や環境政策を支持する声が相次いだが、高島市 
の河川敷に放射性物質に汚染された木くずが放置された問題では、情報公開の手 
法に批判も出た。嘉田氏は「私は武村さん、稲葉(稔)さん、國松(善次)さん 
(の3知事)からバトンを受け継いだ。琵琶湖を守りたいという思いが40年 
間、自治を育んだ」と振り返った。3選出馬については「まだ結論は出せない。 
多様な声を聞いて判断の一助にしたい」と述べた。>

原発所有企業が、周辺自治体に
20.<東海第二適合審査 原電、17日にも説明>  【東京新聞】2014年4月 
15日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014041502000122.html
<日本原子力発電(原電)が東海第二原発(茨城県東海村)の再稼働に向け、国 
に申請する適合審査の内容について、十七日にも立地・周辺自治体の首長に説明 
することが十四日分かった。説明を受けた後、首長が話し合って意見を集約、申 
請に理解を示すのか同日中にも判断を原電に伝える可能性が出てき 
た。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・>

政府は、
21.<環境相「再生エネ、2倍3倍に」 京都議定書目標は達成>西日本 
(2014年04月15日 11時31分)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/82224
<温室効果ガスの排出量を2050年には10年比で40~70%減らす必要が 
あるとした報告書を気候変動に関する政府間パネル(IPCC)がまとめたこと 
に、石原伸晃環境相は15日の記者会見で「わが国は再生可能エネルギーの割合 
が低いので、2倍、3倍と目標を立てて努力し、省エネを徹底するしか道はな 
い」と述べた。・・・・・・・・・・・・・>

政党、
22.<近藤・生方氏の役職解任=原子力協定造反、菅氏は注意-民主>時事通 
信04/1518:59?
<民主党は15日の常任幹事会で、トルコ、アラブ首長国連邦(UAE)への原 
発輸出を可能にする原子力協定承認案をめぐり、党の賛成方針に反して4日の衆 
院本会議採決を退席した近藤昭一総務委員長、生方幸夫幹事長代理の党役職を停 
止し、解任することを決めた。近藤、生方両氏は退席後、記者団に「原発輸出は 
無責任」などと造反理由を明らかにしており、「党議に反することは明々白々」 
(海江田万里代表)として厳しい措置を科した。週内にも行われる見通しの参院 
本会議の採決で造反を防ぐ狙いもある。また、健康上の理由などで衆院本会議を 
欠席した6人のうち、菅直人、篠原孝、福田昭夫の3氏を国対委員長の許可を得 
ていなかったとして「幹事長名による注意」とする措置も決定。辻元清美、
古川元久、馬淵澄夫の3氏は許可を得ていたとして不問に付した。>
・・・・この党、よく理解できない行動ばかりです。

23.<細川、小泉氏が脱原発法人設立=福島知事選、統一選で支援も>時事通 
信04/1512:16?
記事全文<「原発ゼロ」を掲げて2月の東京都知事選で共闘した細川護熙、小泉 
純一郎両元首相が、脱原発運動を推進するため一般社団法人「自然エネルギー推 
進会議」を5月に設立することが15日、分かった。今秋の福島県知事選や来年 
春の統一地方選で脱原発候補の擁立・支援に取り組む考えだ。新法人は、脱原発 
の啓発活動や再生可能エネルギー導入促進に向けた研究などを目的とし、各地の 
原発再稼働や海外輸出への反対を掲げる方針。5月7日に東京都内で設立総会を 
開き、代表には細川氏が就任する。また発起人として両元首相のほか、哲学者の 
梅原猛氏、歌舞伎俳優の市川猿之助氏らも参加する。>
23’.<原発ゼロ、諦めない 元首相コンビが法人設立へ>西日本電子版2014 
年04月16日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/35800/1/
<・・・・・・・・・・・5月7日に都内で設立総会を開く予定で、細川氏が代 
表理事に就く。発起人は両氏のほか哲学者の梅原猛さん、作家の瀬戸内寂聴さん 
ら10人程度。女優の吉永小百合さんや歌舞伎俳優の市川猿之助さんら100人 
ほどが賛同人に名を連ねる予定という。・・・・・・・・・・・・・・・・・・>
関連記事、
23”.<菅官房長官「いちいち気にしない」 小泉氏らの動きに>朝日デジタ 
ル2014年4月15日20時44分
記事全文<菅義偉官房長官は15日の記者会見で、小泉純一郎、細川護熙両元首 
相が脱原発を目指す一般社団法人設立を計画していることについて「政界を引退 
したお2人が何を行おうと政府としてはいちいち気にすることではないし、コメ 
ントすることでもない」と述べた。原発再稼働に前向きな安倍政権は2月の東京 
都知事選で舛添要一氏を推し、小泉氏が全面支援した細川氏に大勝した。両元首 
相は秋の福島県知事選などで脱原発候補の支援も検討する意向だが、政権幹部は 
「出るならば出ればいい」と強気だ。>

電力会社、
24.<中部電値上げ幅、正式決定=3.77%程度に圧縮-政府>時事通信 
04/1511:29
記事全文<政府は15日、中部電力が申請した家庭用電気料金の値上げをめぐ 
り、物価問題に関する関係閣僚会議を開き、値上げ幅を申請時の平均4.95% 
から同3.77%程度に圧縮することを正式に決定した。中部電は週内に値上げ 
申請をし直し、政府認可を受けて5月1日に実施する。>

自然エネルギー
25.<淡路島のメガソーラー稼働 大阪ガス、2800世帯>西日本(2014年 
04月14日 19時22分)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/82122
<大阪ガスは14日、兵庫県の淡路島に建設していた大規模太陽光発電所(メガ 
ソーラー)を本格稼働させ、開所式を開いた。出力は約9千キロワット。年間発 
電量は一般家庭約2800世帯分を見込み、全量を関西電力に売電する。大阪ガ 
ス子会社のエナジーバンクジャパンによると、兵庫県洲本市にある発電所の広さ 
は約17ヘクタールで、約3万6千枚のパネルを設置。周辺に家がなく反射の影 
響が少ないことなどから建設地に決めた。2013年8月に着工し、ことし3月 
から試運転していた。・・・・・・・・・>

26.<3メガ銀、再生エネ融資4倍に 13年度3900億円>日本経済新聞 電子 
版 2014/4/15 2:45 (会員限定)
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO69847260U4A410C1NN7000/
<太陽光や風力など再生可能エネルギー事業への融資が急拡大している。3メガ 
銀行が2013年度にまとめた融資額は約3900億円と、前の年度に比べ4倍強増え 
た。各行が成長事業と位置づけて資金を供給しているためで、14年度も高水準と 
なりそうだ。ただ、計画通り進んでいない事業も多く、リスク管理の強化が課題 
となる。下北半島の太平洋岸に位置する青森県六ケ所村。東京ドーム50個分とい 
う広大な土地を使って、国内最…。(以下、会員限定)・・・・・・・・・・>

参考記事、
27.<脱原発と放射能安全神話の相克(後)>データマックス 2014年4月15日 
07:00
http://www.data-max.co.jp/2014/04/15/post_16457_o1311.html
<12日、原発ゼロを目指す有識者らでつくる市民団体「原子力市民委員会」 
(2013年4月設立)が、「原発ゼロ社会への道―市民がつくる脱原子力政策大 
綱」を発表した。福島第一原発事故から3年。事故はいまだ終息せず、福島では 
10万人を超える人々が今も避難生活を余儀なくされている。福島県産の農産物、 
海産物は風評被害にさらされているが、苦境にある福島の人々への関心は薄れが 
ちになっている。そうした現状に一石を投じた。
・・・・・・福島大学の小山良太准教授によれば、「福島県外でも汚染あるが、 
『福島だけ』が風評の問題を生んでいる。放射線は、なぜか『福島だけ』に矮小 
化された。他県を含めて、どの農地がどれくらい汚染されているか科学的検証が 
必要だ」という。さらに、同じ福島県内でも、米の全袋検査の結果と要因分析か 
ら地域や田んぼごとのリスクが特定されつつあるようだ。食品の検査態勢も課題 
が残る。「出口対策は進んだが、今後より消費者の安心を確保させるためには生 
産段階(入口)の対策が必要だ」と小山氏は訴える。・・・・・・・・JA福島 
は、福島県では津波や地震に起因する「直接死」は1,607人だったのに対し、そ 
の後の体調悪化や過労などで死亡する「震災関連死」が1,664人で、「直接死」を上
回ったというデータを提示。「農業経営体の再開状況も、被災した1万7,200経 
営体のうち、1万100経営体(58.7%)しか再開できていない。また、農地(水 
田・畑地・樹園地・牧草)の除染も83.7%に止まっている」(JA福島)。復興が 
進まないなかでの原発再稼働。虚構の「安全神話」は、いったいいつまで語り継 
がれるのだろうか。>

28.<(プロメテウスの罠)中高一貫校:13 見守るおばちゃん>朝日デジ 
タル2014年4月15日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11084617.html
<◇No.890 中高一貫校の構想に反対の保護者も、もちろんい 
る。・・・・・・・・・・・>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
1面左上に、3’.の記事、
2面にも、
29.<鹿児島補選 難題突破へ圧勝狙う 政府自民 信任投票の位置づけ>
3面に、1.の記事、その下方に、23’.の記事、その横に、
30.<規制委監視強化 国会に共同提言 九経連と関経連>
・・・・とんでもない態度です。
29面に、鹿児島補選の記事がありますが、原発という文字がなく、消費税増税へ 
の反応を綴っています。
7面経済欄に、次のような記事、
31.<メタンハイドレートを経産省調査 新型資源、日本海の5海域2014年04 
月15日18時52分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/82339
<経済産業省資源エネルギー庁は15日、新型資源メタンハイドレートの埋蔵量 
を把握するための2014年度の調査を始めたと発表した。調査船が同日、鳥取 
県境港市の境港を出港した。13~15年度の3年間かけて行う調査の2年目 
で、今回は地質調査に加え、本格的なサンプル採取も行う。対象海域は、島根県 
の隠岐諸島周辺と新潟、山形、秋田、北海道の沖合。隠岐西方から調査を始めて 
北上する。6月中旬にかけて海底の地形や、海底直下の地質構造を調べ 
る。・・・・・・・・・・・・・・>
今朝の紙面は以上です。(4.16.5:27)
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf at yahoo.co.jpまでお知らせ 
ください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党・脱原発担当) さんから:
阪上武さん(福島老朽原発を考える会)のメールを転送します。重要な
院内集会になります。ぜひご参加、ご注目ください。また、至急の拡散
にご協力ください。

[ツイッター拡散用]
<拡散希望>川内原発の火山リスクについて火山学者がはじめてお話
します!【緊急院内集会】川内原発の火山リスクと再稼働審査(4/16
17:30~ @参議院議員会館) http://bit.ly/1hBOGoO

【関連記事】
大噴火なら原発事故も 
火山学者、須藤さんが著書を刊行「川内、再稼働急ぐな」
(4月10日、西日本新聞)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/81221
---------------------------------------
再びのご案内です。13日の東京新聞のこちら特報部で大きく扱われています。
(注: http://magicmemo.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/531-5043.html )

ぜひ生の声を聞きに来てください!水曜日17時半です!
原発再稼働の一番手と目される川内原発。川内原発の抱える大きな問題点の一
つに火山の問題があります。

この問題で、鹿児島で長年、火山と向き合い川内原発の問題でも新聞等でコメ
ントし、警告を発せられている鹿児島大の井村先生(火山学)に公開の場では
じめてお話いただけることになりました。大変貴重な場になりそうです。

先生には火山学者の立場から、川内原発の火山リスク、破局的噴火とは何か、
そして原子力規制委員会の審査の問題点について、お話いただく予定です。

先生の話をしっかりと聞く場とし、今後、再稼働審査での火山評価の見直しを
求めていく一歩にしていきたいと思います。脱原発が趣旨の集会ではありませ
んのでその辺、ご理解をいただければと思います。

参議院議員会館で一番大きい講堂で行います。是非お誘いあわせの上ご参加く
ださい。拡散してください。議員やマスコミにお知らせください。当日どうし
ても参加がかなわない場合は、映像等でご覧ください。
よろしくお願いいたします!!!
阪上 武(原子力規制を監視する市民の会)

<拡散希望>4月16日(水)17:30~ 参議院議員会館講堂
**********************************
【緊急院内集会】川内原発の火山リスクと再稼働審査
講演者:井村隆介さん(鹿児島大准教授:火山学) http://goo.gl/oeP47K
**********************************

【注:IWJ チャンネル5でUstream中継】
http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 現在、再稼働に向けて審査中の川内原発の周辺には、桜島を含む姶良(あい
ら)カルデラなど、大規模なカルデラが点在し、数万年に一度発生する破局的
噴火では、火砕流が原発にまで達すること明らかになっています。

 九州電力は、原発の運用期間中に破局的噴火が発生する可能性は十分に低く、
地殻変動や微小地震の変化を捉えることにより、事前の対応が可能だと主張し
ています。本当にそうでしょうか?火砕流に対しては、原発を止めるだけでな
く、核燃料の移動や廃炉が必要で、何十年も前に前兆を捉える必要があります。

 原子力規制委員会は、再稼働審査に火山学者を入れず、火山学者の警告を無
視しており、破局的噴火の可能性については検討すらしていません。4月中に
も審査書案を仕上げようとしています。破局的噴火により火山灰は全国に飛散
し、首都圏でも10cm以上積もります。これに死の灰が混ざったらいったいどう
なるのでしょうか。

 集会では、鹿児島大で長年、九州の火山に向き合ってこられた井村隆介先生
に、川内原発の火山リスクについて、火山学者としてはじめて公開の場でお話
いただきます。ふるってご参加ください。

日 時:4月16日(水)17:30~19:30
場 所:参議院議員会館講堂(17時からロビーにて通行証配布)
    地下鉄永田町駅・国会議事堂前駅
主 催:川内原発の火山リスクを考える集会実行委員会
問合せ:090-8116-7155 阪上
資料代:500円

講師プロフィール 井村隆介(いむら・りゅうすけ)
1964年大阪府生まれ。鹿児島大学准教授火山学。東京都立大学大学院修了。通
産省地質調査所(現・(独)産業技術総合研究所)を経て96年に鹿児島大学に
赴任。国交省TECドクター、鹿児島県土砂災害対策アドバイザー、屋久島世
界遺産地域科学委員会委員、霧島ジオパーク推進連絡協議会顧問。著作は『霧
島火山の生い立ち』(04年、徳田屋書店)など。

★ 前田 朗 さんから:
大江健三郎『大江健三郎往復書簡集 暴力に逆らって書く』(朝日新聞社、20
03年[朝日文庫、2006年]) 
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/04/blog-post_14.html

------集会等のお知らせ------

●<1000日目記念冊子希望先
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp 迄>●
〒住所氏名電話番号冊数よろしく。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

● 「鹿児島川内原発再稼動を阻止するための全九州相談会」●   
日時: 4月19日(土)1:00-6:00 
場所: 熊本市 国際交流会館 三階会議室
住所: 熊本市中央区花畑町4ー18
      電話:096-359-2020
 地図:http://tinyurl.com/npc4pt6

● 「宮里新一ライブ&トーク『マイペンライ』●
~翻弄されてきたもの・ハンセン病・沖縄」
日時 4月26日(土)18時
会場 光円寺本堂(福岡市中央区天神3-12-3)
入場 500円(高校生以下無料)
チラシ:http://tinyurl.com/lpu64rb

● 戦争と基地はいらない!4・27沖縄デー行動 ●
日時:4月27日(日)集会:14時~
       デモ:15時~16時(天神一周)
場所:福岡市中央区警固公園
住所: 福岡市中央区天神2丁目2
地図:http://tinyurl.com/q5jkaft
連絡先:原口くに子(090-2963-6736)
  青柳行信(080-6420-6211) 岡本茂樹(090-6635-4981)

● 九電株主総会で再稼動を阻止するための行動●
 予定日は、6月25日(水),26日(木)あたり。
場所:ホテルニューオータニ博多
住所:福岡市中央区渡辺通1-1-2 tel092-714-1111
       地図:http://tinyurl.com/kfd8lpm

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    第9回裁判 7月4日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
          原告総数 原告総数 7615(4/11現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 小出裕章さん講演会 ●
日時: 9/26(金)開場19:00 / 開始19:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq

○--------------------------○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
      午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
     <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
aoyagi at tent-hiroba.jp
************************














CML メーリングリストの案内