[CML 030823] 【報告】第1091日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 aoyagi at tent-hiroba.jp
2014年 4月 15日 (火) 07:08:01 JST


青柳行信です。4月15日。
-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--

『1000日目記念誌冊子』4/15
今村公亮(春日市)さん2冊。城みどりさん4冊。
原野のり子(築上郡)さん1冊。山田千恵(大分市)さん1冊。
 ・・・・・
一冊 ワンコインカンパで500円です。
送料は何冊でも無料です。
冊子ご希望の方は、〒住所氏名電話番号、冊数を
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp まで。
<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1091目報告☆
        呼びかけ人賛同者4月14日3284名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】4月14日7名
 原野のり子 山田千恵 山田千恵 阿南裕子 
 三浦順子 青木晴香 小手川裕市

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
  青柳さん
お疲れさまです。
大分の方は いかがでしたか?
東電の汚染水の誤送、ひどいですね。
もう東電には期待しても無駄のようです。
1日も早く 法的処理をして 解体してあたらしい体制を作って、国が主体となって
問題にあたるしかないようです。
あんくるトム工房
汚染水200トン余 誤送   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2963

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆小泉さん新エネ会社もさりながら自民党を壊すが先決事項です
      (左門 4・15-627)
※小泉・細川両元首相が脱原発を目指す一般社団法人「自然エネルギー推進会 
議」を設立するとともに、
地方選挙で脱原発候補の支援もする。
梅原猛さん、吉永小百合さんらも賛同するという。
既詠のように、お二人が3・11やオンカロの見学で目が覚め、
正念されたことを支持して来ましたが、
肝心なのは自民党とその怨霊の如き安倍晋三の歴史と地球を誤る暴挙を阻止する 
ことです。
そのためには小泉さんが公約した「自民党をぶっ壊す」を実現することです。
でないと大悪を許しながら慈善事業をやるような結果に終わります。
お二人が結束すれば「自民党をぶっ壊し」て、「死のロード電源」も不可能にな 
ります。
しっかり内観なされて、専決事項を見誤らないように願います。

★ 永野朝子(和歌山) さんから:
 久しぶりに福岡に帰って友人に会い、
「原発反対のテント、どうなってるか、のぞいてみようか」という話になって、
お伺いすることになりました。
青柳さんたちにお会いし、お話することができて、本当によかったです。
3・11からしばらくの間は常に原発のことが頭からはなれませんでしたが、
最近は目の前のことに追われて原発がうすれていました。
推進勢力は国民の関心がうすれていくのをねらっているのだなぁと改めて思いま 
した。
ここ関西の友人たちに青柳さんたちの活動やネットを知らせ、運動を広げていき 
たいと思います。
 青柳さんのテントは、「三池闘争」の「ホッパー小屋」を思い出させました。
 私たちの闘いは「諦めず、闘いつづける」ことだと思います。
 どうかお体に気をつけてくださいね。

★ 阿南祐子(大分市) さんから:
ありがとうございます!
今日は島田さんの1000日行動にご参加大変お疲れ様でした(*^^*)
直送お話しができ嬉しかったです♪
ハハパレのことも記憶してもらえていたことも感激です!
こちらこそよろしくお願いします!
Facebookでもリクエストさせていただいて良いでしょうか?
よろしくお願いします!

★ 今村公亮(春日市) さんから:
青柳 様
 こんにちは!以前にテントを訪れた者です。
 この頃、福島の原発事故のことが薄れていき、いまだ原発事故の真
の原因不明な中、エネルギー政策の変更や再稼働・原発輸出の動き
が出てきて憂慮しています。この国のトップは何を基準に政策を考
えているのか理解に苦しみます。

なにも考えていないのではと思う方が如何にスッキリするか・・・・。
核燃料廃棄物の処理すら目途立たず!やはり考えていないのですね!
現実はこの方に国の在り方を委ねたのは国民ですから、またまた
考えてしまいます。

選挙の争点になっていないのですから、承認したわけではないので
すが・・・・。
このような時期ですから、青柳さんはじめ皆様の行動は極めて
価値があると思いますし、その行動力に心より敬意を表します。

原発廃絶の行動をされている実態を少しでも知るために熟読した
く、『1000日目記念誌冊子』を僅かな数ですが注文いたします。
 いろんな意味で世の中、おかしくなりつつある中、己の考えを整理
したいと思っています。

 自分自身はある島の文化調査に全力をあげていて、今はお力には
 なりえませんが、活動しながらいろんな矛盾を感じるこの頃です。
その内テントに立ち寄ります。
 よろしくお願いします。
 お体には充分注意され活動してください。
 お孫さん、可愛いですね! またいいお名前ですね!
 では、また!

★ みやち さんから:
青柳様
  『1000日目記念誌冊子』
嬉しいです。ありがとうございます。
もう一冊ほしい友達が、雨の中取りに来てくれました。
今日、お金と切手お送りします。 

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
きょうは、休刊日明けのためか記事は少ないです。

福島第1の現場で、
1.<別建屋に汚染水移送=福島第1で203トン-東電>時事通信 04/1411:11
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014041400143
<東京電力は14日、福島第1原発で行われている放射性物質を含む汚染水の処 
理工程で、対象ではない別の建屋に汚染水が移送されたと発表した。移った汚染 
水は約203トンで、放射性セシウムは1リットル当たり3700万ベクレル含 
まれている。東電は「建屋内の水位に変動はなく、外部に漏えいはしていない」 
と説明。ミスと意図的の両面で原因を調べている。東電によると、同原発4号機 
南側にある建屋で10日ごろから、汚染水の移送を行っていたところ、移送先の 
建屋で水位が低下していることが判明。調査したところ、通常使用していない汚 
染水の移送ラインで仮設ポンプが稼働しており、別の建屋に汚染水が移されたと 
いう。このため、13日午後5時すぎから仮設ポンプを停止。別の建屋地下
に汚染水がたまっていることを確認した。汚染水にはセシウム134が1リット 
ル当たり1000万ベクレル、セシウム137が2700万ベクレル含まれてい 
る。東電は現時点で外部への漏えいはないとして、予定外に移送された汚染水に 
ついて、元の建屋に戻す作業を行う。>

1’.<汚染水移送、操作の可能性=配電盤施錠せず-福島第1>時事通信 
04/1421:17
<・・・福島第1原発で、高濃度の放射能汚染水が予定外の建屋に移送された問 
題で、東電は14日、普段使っていないポンプ4台の電源が入り、動いていたと 
明らかにした。東電は電源が入った経緯を調べているが、電源スイッチのある配 
電盤は施錠されておらず、誰かが操作した可能性もある。東電によると、4号機 
南側で汚染水をためている建屋の水位が低下しているのを11日に確認した。 
13日になって、別の建屋2棟との間のポンプ4台が動いており、汚染水が移送 
されていることが判明した。配電盤は建屋内のポンプの近くにあり、いずれも普 
段から鍵はかけていなかった。>
・・・・・不審な出来事が続いているように思うのですが、・・・・・。

東電が、
2.<東電、廃炉で小中学生向け教材=事故当事者作成に疑問の声も>時事通信 
04/1417:56
<東京電力は14日、福島第1原発事故や廃炉作業の現状などについて、小中学 
生向けの副読本を作成する方針を示した。市町村教育委員会などを通じ、全国に 
配布したい考え。子どもにも原発事故をめぐる状況を理解してもらう狙いだが、 
事故の当事者が作成することを疑問視する声も上がっている。東電と政府、地元 
自治体などが廃炉や汚染水問題に関して意見交換する評議会が同日、福島県いわ 
き市で開かれ、東電の石崎芳行副社長が明らかにした。>
・・・・・東電でなくて、どこがつくればよいか、国も信頼がおけないし・・・・。

被災地フクシマ、
3.<14日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定 
値・県内震災関連死者・行方不明者>福島民報4月15日朝刊紙面
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。

栃木県、
4.【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞4月14日 17:25
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140414/1564820
<▼空間放射線量率(14日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上 
1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル) ・・・・・・・>

国会、
5.<原発の輸出を後押し 貿易保険法改定案 塩川氏指摘 衆院経産委>しん 
ぶん赤旗4月13日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-04-13/2014041304_03_0.html
<・・・・・・・・・・塩川鉄也議員は3月26日の衆院経済産業委員会で貿易 
保険法改定法案について「原発輸出の拡大を狙う原子力産業を公的保険が後押し 
するものだ」とのべました。貿易保険は企業の輸出入や融資など海外事業に関す 
る保険。民間保険でカバーできない高リスクの内容を国が関与する公的保険で肩 
代わりします。今回、海外子会社や販売拠点からの輸出やサービスにまで対象を 
拡大。多国籍企業や大手損保会社の負担を軽減する大企業優遇策です。
原発輸出に貿易保険を付保する前に国が実施してきた「安全確認制度」について 
原子力規制委員会は、旧原子力安全・保安院が担ってきたこの業務について推進 
の役割を果たすことはできないとして引き継ぎを拒否しています。制度も部品輸 
出からプラント輸出にも対応するものへと拡充が狙われています。
塩川氏は、現行制度による確認が「単なるチェックリスト」にとどまっていると 
して、「シビアアクシデント(重大な事故)対策や住民避難計画を含めたしっか 
りした対応が必要だ」と主張。「福島事故の原因究明もされていない中、海外の 
原発建設を進めることは国民の理解は得られない」と批判しました。茂木敏充経 
済産業相はあくまでも原発輸出を促進する考えを示しました。>

規制委、
6.<{原子力規制委調査団}敦賀2号機の断層検討 廃炉の公算大>毎日新聞 
4月14日(月)20時16分配信
記事全文<原子力規制委員会の有識者調査団は14日、日本原子力発電敦賀原発 
2号機(福井県敦賀市)の原子炉直下の断層を検討する会合を東京都内で開い 
た。1月に実施した現地の再調査後では初の会合だったが、4人の委員は全員 
「活動性がある」という結論を変えなかった。調査団が「直下に活断層がある」 
と認定した昨年5月の報告書が見直される可能性は極めて低く、2号機は廃炉を 
迫られる公算が大きい。この日は、2号機原子炉の北東約250メートルにある 
活断層の浦底断層と、原子炉直下に延びるD-1破砕帯をつなぐ「K断層」につ 
いて、現地調査の結果を踏まえて改めて議論。委員からは「K断層は繰り返し動 
いており、将来の活動性を否定できない」などの意見が相次いだ。>

原発立地自治体が、
7.<敦賀市長「もんじゅ非常に遺憾」 不祥事、原子力機構幹部に>西日本 
2014年04月14日 19時37分
記事全文<原子力規制庁の保安検査により高速増殖炉原型炉もんじゅ(福井県敦 
賀市)で新たな未点検機器が見つかった問題で、敦賀市の河瀬一治市長は14 
日、説明に訪れた日本原子力研究開発機構の斎藤伸三副理事長に対し「非常に遺 
憾。(機構が)信頼される組織に生まれ変わるのは遠い」と述べ、厳しく批判し 
た。規制庁が3月に実施した保安検査で、未点検機器のほか、内規を逸脱した方 
法で機器の点検記録を数百カ所にわたり訂正したことなどを指摘された。斎藤副 
理事長は「心配をお掛けし、深くおわびする」と謝罪した。>

8.<迷走する原子力:/下 検証・エネルギー基本計画 もんじゅ延命「錬金 
術」頼み 行き場ない、核のごみ>毎日新聞 2014年04月15日 東京朝刊 (会 
員限定記事)
http://mainichi.jp/shimen/news/20140415ddm002010108000c.html
<「放射性物質の寿命が約1万年から数百年に短縮!」「最終処分場が100分 
の1とコンパクトに」。今月3日、自民党の非公開会合で、原発推進派議員約 
20人に、文相などを歴任した有馬朗人・元東京大学長(83)が配った資料 
だ。原発から出る「核のごみ」の寿命を大幅に縮める技術の解説だった。核燃料 
サイクルの要の高速増殖原型炉「もんじゅ」は、使用済み核燃料から回収したプ 
ルトニウムを再び燃料に使い、消費量以上のプルトニウムを得る「夢の原子炉」 
のはずだった。しかし、ナトリウム漏れなどの事故や不祥事が相次ぎ、稼働のめ 
どは立たない。政府はエネルギー基本計画原案で、核のごみを減らす新技術の研 
究開発目的を前面に打ち出し、もんじゅ延命を図った。「日本技術に不可能はな
い」「ナトリウム漏れでも原子炉に問題はない」。原子核物理学の権威、有馬氏 
がこう力説すると、議員から「これで(もんじゅ存続の)理論武装ができた」と 
の声が上がった。翌4日、自民党は原案を了承した。
だが、放射性物質の短寿命化技術は、すでに四半世紀以上も研究されてきたが、 
実用化の見通しは立っていない。鉛などを金に変えようとした中世の怪しげな試 
みになぞらえ、「現代の錬金術」とも言われる。その象徴が、政府が1988年 
に始めた「オメガ計画」だ。・・・・・・・・・
高速増殖炉で核燃料を増やす夢がなくなり、核のごみの減量という「錬金術」に 
すがる核燃料サイクル。「トイレなきマンション」というアキレスけんを抱えた 
まま、政府は原発再稼働に踏み出すことになる。>
・・・・・・・・とんでもない学者がいるもんですね。

電力、
9.<原発利用率、2.3%=最低更新―13年度>時事通信2014年4月14日(月) 14 
時13分
<電気事業連合会は14日、2013年度の原発設備利用率が前年度を1.6ポイント下 
回る2.3%になったと発表した。商業用原発の運転が始まった1966年度以降の最 
低を3年連続で更新した。13年9月に国内で唯一稼働していた関西電力大飯原発 
3、4号機(福井県)が定期点検で停止し、原発ゼロの状態が続いたためだ。>

9’.<発受電実績、3年連続で減 原発稼働率2・3%、最低更新>共同通信 
2014/04/14 12:50
http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014041401001419.html
<・・・・・・・・・9月の気温が低くて冷房需要が減少したが、冬の寒さで暖 
房需要が増えたため、ほぼ横ばいとなった。家庭や企業の節電が定着したことも 
あり、前年度から大きな変化はなかった。・・・・・・・電力各社によると北海 
道電力、東京電力、関西電力、四国電力の4社が前年度比でマイナスとなった。 
減少幅は北海道電の2・1%減が最大。>

9”.<電力量3年連続減 10社計、火力は過去最高更新>西日本電子版2014 
年04月15日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/35700/1/
<・・・・・・発電内訳は、9月に関西電力大飯原発3、4号機が定期検査で運 
転を停止し、国内の稼働原発がゼロになった影響で、原子力が前年度比41・ 
6%減の93億275万キロワット時と大幅減。一方、火力は0・9%増の 
6730億1566万キロワット時となり、3年連続で過去最高を更新した。そ 
の影響で燃料の石炭は19・7%増の約5993万トン。液化天然ガス 
(LNG)も0・6%増の約5609万トンで、いずれも過去最高だっ 
た。・・・・・・・>

10.<関電、融通拡大で余力3%確保 節電数値目標は回避へ>【共同通信】 
2014/04/14 22:04
記事全文<関西電力が今夏の電力需給見通しに関し、供給力の余力を示す「予備 
率」を3%以上とすることが14日分かった。安定供給に最低限必要な水準は確 
保する。原発再稼働のめどが立っていないが、他の電力会社から調達する電力融 
通を増やした。数値目標を伴う夏の節電要請は2年連続で回避する公算が大きく 
なった。経済産業省の電力需給検証小委員会に17日、報告する。電力融通は中 
部電力などのほか、周波数の違う東京電力からも調達する。更新工事中だった姫 
路第2発電所(兵庫県)の運転開始など、火力の増強も貢献する。家庭や企業の 
節電が定着していることも織り込んだ。>

大分県、
以下の記事はいずれも会員限定記事、この新聞社、読者&読者関係者しか会員に 
なれないようです、
11.<発電新技術に挑む 実用化近づく「湯煙」 >大分合同4月15日
<地熱活用の道を広げる世界初の「湯煙発電」が、泉都・別府市で・・・(会員 
限定記事)

12.<太陽光発電やエネファーム 新設する個人に補助>大分合同4月15日
<大分市は4月から地球温暖化対策として、市内で3キロワット以・・・・(会 
員限定記事)

政党、
13.<「原子力協定造反には厳しい処分を」民主・海江田代表>朝日デジタル 
2014年4月14日21時43分
記事全文(衆院の原子力協定の採決をめぐり)途中で退席をし、反対ということ 
をカメラに発言した(民主党議員がいた)のは明々白々なのは事実。党議に反す 
ることも明々白々な事実。そういう人には厳しい処分をするべきだということ 
だ。私は何度も民主党の議員に向かって、党が多くの国民から信頼を失った原因 
は、党のバラバラ感だと伝えてきた。そういう中での造反だ。私は残念でたまら 
ない(記者会見で)>
・・・・・もともとの姿勢が問題なのに・・・。

参考資料
14.<国内調整難航も=削減目標、原発再稼働が影-温暖化交渉>時事通信 
04/1415:57
記事全文<国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」第3作業部会 
が、温室効果ガス削減に向けた報告書を公表した。今後、2020年以降の温室 
ガス排出削減の新たな枠組みづくりを目指す国際交渉が本格化する。日本は来年 
3月までに温室ガスの削減目標を示したい考えだが、国内調整は難航することが 
予想される。先に政府が閣議決定したエネルギー基本計画は、温室ガスを排出し 
ない原発を「重要なベースロード電源」と位置付けたが、電力に占める具体的な 
比率は明示しなかった。原発がどの程度再稼働するのかによって、温室ガスの削 
減目標は大きく左右されるだけに、電源比率見送りで政府は重い宿題を抱えた形 
だ。>
・・・・この記事には図表があります。

15.<脱原発と放射能安全神話の相克(前) >2014年4月14日 16:36
http://www.data-max.co.jp/2014/04/14/post_16457_o1311_2.html
12日、原発ゼロを目指す有識者らでつくる市民団体「原子力市民委員会」(2013 
年4月設立)が、「原発ゼロ社会への道―市民がつくる脱原子力政策大綱」を発 
表した。福島第一原発事故から3年。事故はいまだ終息せず、福島では10万人を 
超える人々が今も避難生活を余儀なくされている。福島県産の農産物、海産物は 
風評被害にさらされているが、苦境にある福島の人々への関心は薄れがちになっ 
ている。そうした現状に一石を投じた。
<原子力委員会に対する組織として>
脱原子力政策大綱 「脱原子力政策大綱」は全部で240ページにおよぶ大作で、 
原発をめぐるさまざまな問題が詳細に整理されている。また、その発表にともな 
い13日、「脱原発フォーラム『脱原発社会の創造――いま、市民として取組むべき 
こと』」が開催された。・・・・・・・・・
原子力市民委員会が取り組む課題は大きく4つに分かれる。
(1)東電福島第一原発事故の被災地対策・被災者支援
(2)使用済核燃料、核廃棄物の管理・処分
(3)原発ゼロ社会構築への具体的な行程
(4)脱原発を前提とした原子力規制
筆者は、政策大綱の「第1章 福島原発事故の被害の全貌と『人間の復興』」の 
土壌汚染と風評被害に注目した。なぜなら、とくに福島から遠い地域にいると、 
こうした現場感はなかなかメディアを通じて情報が入ってこないからだ。今、福 
島県の「食」の現状はどのようになっているのか。>(つづく)

16.<「ガスの生活」九州最大級で実感 西部ガスが博多に新ショールーム> 
西日本電子版2014年04月15日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/35716/1/
<・・・・・・・・・・・目玉は、ガスを活用した生活を体感できるモデル住宅 
「くらしスタジオ」。床暖房やガス暖炉を導入した居間や食卓、子ども部屋など 
を設け、住宅の新築やリフォームを検討する人が快適な暮らしをイメージしやす 
くしている。ガスで発電もできるコージェネレーションシステム(エネファー 
ム、エコウィル)も展示し、マンション向けも含めて普及促進を図 
る。・・・・・・・・・・・
同社は新たな液化天然ガス(LNG)貯蔵施設「ひびきLNG基地」(北九州 
市)の運転開始を11月に控えており、2016年度までに年間ガス販売量を、 
業務用を中心に13年度見込みより約1割多い10億立方メートルに引き上げる 
計画。家庭向けはオール電化住宅が増えた影響もあって微減傾向が続いてる。 >

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
7面に、9”.の記事。
32面九州経済欄に、16.の記事、
38面社会欄の下方に、1.の類似記事があります。
今朝の紙面は以上です。4.15.4:22)
昨日に続き、記事が少なく抽出作業は早く終わりました。
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf at yahoo.co.jpまでお知らせ 
ください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
  メールサービス 2014年4月14日 第410号
--------------
反原発行動
--------------
■全国のデモ開催情報まとめ
http://www47.atwiki.jp/demomatome/
-----------------
ウェブ更新情報
-----------------
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/whatsnew/whatsnew_master.html

■14/04/13▼トピックス▼自公政権を倒せ!反原発・反右傾▼「トピックスNo.121
エネルギー基本計画・大間原発・安全審査・原発輸出」 と題して、最近のメディア
(東京新聞、毎日新聞、北海道新聞、朝日新聞、琉球新報、信濃毎日新聞、田中 
龍作ジャーナル)の原発関連記事にリンクを張りました。

 原子力ムラを完全復権させ、”世界一厳しい基準”と宣伝して新たな安全神話を 
作り出し、原発再稼働と原発輸出に前のめり。そして戦争への道をひた走る右傾 
政権は倒しましょう。
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/topics/topics_abe_master.html
-----------------------------
東電福島第1原発 汚染水
----------------------------
■高濃度汚染水240トン 移送先でない建物に誤送
(NHK NewsWeb 2014年4月14日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140414/k10013712841000.html

■最大1トンの汚染水が漏洩:福島第一原発
(THE NEW CLASSIC 2014年04月13日)
http://newclassic.jp/archives/11969

■東電、汚染水漏れを大幅に上方修正:2億8千万ベクレルに
(THE NEW CLASSIC 2014年04月12日)
http://newclassic.jp/archives/11918

■汚染水:バイパス「放射性物質目標値超えでもくみ上げ」
(毎日新聞 2014年04月11日)
http://mainichi.jp/select/news/20140412k0000m040022000c.html

■汚染水対策、地下水のくみ上げ始まる 福島第一原発
(朝日新聞 2014年04月10日)
http://digital.asahi.com/articles/ASG4962P9G49UGTB014.html?iref=comkiji_txt_
end_s_kjid_ASG4962P9G49UGTB014

■汚染水処理設備 フィルターに一部欠損
(NHK NewsWeb 2014年4月10日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140410/k10013628621000.html

■汚染水、浄化計画に影響 福島第1原発でトラブル続く
(日本経済新聞 2014年4月10日)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS09031_Z00C14A4EE8000/

最近の原発関連情報については、当会ウェブのトピックス No.121
エネルギー基本計画・大間原発・安全審査・原発輸出もご覧ください。
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/topics/14/topics_121.html

★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば946日目 テント日誌 4月13日(日)商業用原発停 
止210日
<中略>
11日朝、安倍政権は「エネルギー基本計画」を閣議決定した。
 年末から年始のパブコメの結果を長らく隠しておき、2月25日に政府原案の 
発表と同日にやっとパブコメ結果を公表し、8割近くが脱原発を訴えた1万9千 
件の「国民」の意見を無視して、原発を「ベースロード電源」と位置付けた。
そして、その後の資源エネルギー庁と与党との協議では、資源エネルギー庁の担 
当課長が、再生可能エネルギー導入の数値目標の明記を求められ「できません」 
と拒否した、サイクルになっていない核燃料サイクル図に固執している、など資 
源エネルギー庁の横暴が伝えらえる。
結局、安倍内閣と資源エネルギー庁は、パブコメ意見も多くの識者の意見も自民 
党内の反対意見も無視して、原発は重要なベースロード電源、規制基準に適合し 
た原発は再稼働を進める、ことを決めた。原発依存度は可能な限り低減とある 
が、「可能な限り」はやらないで済ませる官僚用語だそうだ。原発輸出も含めて 
許しがたい。
イチエフ事故の責任を経産省も資源エネルギー庁も自公政権もとっていない。既 
に、日本は原発ゼロで210日に達した。原発が安全だ、安い、原発が無いと電 
力が足りない、は全て嘘であった。資源エネルギー庁はこの嘘の釈明もせず責任 
もとらずに、今回の「エネルギー基本計画」で嘘の上塗りをした。
テントひろばから見える経産省ビル別館にある資源エネルギー庁に強い怒りを覚 
える。

 一方、原子力規制委員会は、川内原発を優先審査して、イチエフの汚染水対策 
が全く絶望的な状況であるにもかかわらず、合計11サイト19基の原発再稼働 
に邁進している。経産省前テントひろばも呼びかけ団体として参加する再稼働阻 
止全国ネットワークの次の抗議行動に多数の参集を期待する。(K.M)

 ○抗議行動(4月16日昼、規制委前)
「九州電力川内原発再稼働やめろ4.16規制委前抗議行動」
日時:4月16日(水)12時~13時
場所:六本木ファーストビル(原子力規制委員会入居)前
 (http://www.nsr.go.jp/nra/map.html )
 港区六本木1丁目9番9号 
 東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」徒歩4分、日比谷線「神谷町駅」徒歩8分
主催:再稼働阻止全国ネットワーク
 http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/inquiry
 メール info at saikadososhinet.sakura.ne.jp
 TEL 070-6650-5549 FAX 03-3238-0797(再稼働阻止全国ネットワーク宛と明記)
(東京都千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル5F たんぽぽ舎気付け)
協力:原子力規制を監視する市民の会 
 http://kiseikanshishimin.jimdo.com/    @kanshi_chu

★ 前田 朗内富 さんから:
日本軍「慰安婦」強制連行を論じるための基礎知識
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/04/blog-post_13.html

★ 井上澄夫 さんから:
いよいよ沖縄防衛局が動き始めました。辺野古の埋め立て工事に向け、資材置き 
場に使うための辺野古漁港の使用許可など6項目を名護市に申請していたことが 
明らかになりました。2県紙や沖縄の放送局のみならず、読売や日経までも報じ 
ています。時事報道にはこうあります。
 〈沖縄防衛局の申請に対し、移設に反対する稲嶺進名護市長は市役所で記者団 
に「(提出の際の)内容説明もなく、行政からしたら考えられない。内容を検証 
して対応していきたい」と述べた。〉 
 防衛局の態度はまるでケンカ腰です。稲嶺市長を応援し、防衛局を強く批判し 
ようではありませんか。

与那国町の人びとが沖縄防衛局に陸上自衛隊沿岸監視部隊配備の撤回と19日に 
予定されている施設の着工式典の中止を求めましたが、武田防衛局長は応じず、 
住民説明会を「現時点で開く予定はない」と開き直りました。説明責任を果たさ 
ず、そこのけ、そこのけ、軍隊が通るの姿勢です。
 与那国町の人びとはこの後、那覇市の県庁前県民広場で配備反対集会を開き、 
そこには約250人が参加しました。

------集会等のお知らせ------

●<1000日目記念冊子希望先
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp 迄>●
〒住所氏名電話番号冊数よろしく。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

● 原発労働者梅田裁判 進行協議 ●
4月15日(火)福岡地方裁判所
〇門前集会・裁判公判・傍聴はありません。
弁護士・裁判官・国による ラウンドテーブル。
  1:10~1:30 
進行協議報告:希望者のみ・午後1時30分 
福岡地裁敷地内・県弁護士会館第1会議室

● 「鹿児島川内原発再稼動を阻止するための全九州相談会」●   
日時: 4月19日(土)1:00-6:00 
場所: 熊本市 国際交流会館 三階会議室
住所: 熊本市中央区花畑町4ー18
      電話:096-359-2020
 地図:http://tinyurl.com/npc4pt6

● 「宮里新一ライブ&トーク『マイペンライ』●
~翻弄されてきたもの・ハンセン病・沖縄」
日時 4月26日(土)18時
会場 光円寺本堂(福岡市中央区天神3-12-3)
入場 500円(高校生以下無料)
チラシ:http://tinyurl.com/lpu64rb

● 戦争と基地はいらない!4・27沖縄デー行動 ●
日時:4月27日(日)集会:14時~
       デモ:15時~16時(天神一周)
場所:福岡市中央区警固公園
住所: 福岡市中央区天神2丁目2
地図:http://tinyurl.com/q5jkaft
連絡先:原口くに子(090-2963-6736)
  青柳行信(080-6420-6211) 岡本茂樹(090-6635-4981)

● 九電株主総会で再稼動を阻止するための行動●
 予定日は、6月25日(水),26日(木)あたり。
場所:ホテルニューオータニ博多
住所:福岡市中央区渡辺通1-1-2 tel092-714-1111
       地図:http://tinyurl.com/kfd8lpm

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    第9回裁判 7月4日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
          原告総数 原告総数 7615(4/11現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 小出裕章さん講演会 ●
日時: 9/26(金)開場19:00 / 開始19:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq

○--------------------------○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
      午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
     <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
aoyagi at tent-hiroba.jp
************************














CML メーリングリストの案内