[CML 030764] 講演:安倍政権の「従軍慰安婦」認識と歴史修正主義4.18横浜

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2014年 4月 11日 (金) 17:33:55 JST


前田 朗です。
4月11日

転送です。

*************************************

安倍政権の歴史認識を問う
「従軍慰安婦」制度否定論の虚妄

安倍首相は、1993年に出された河野談話(慰安婦関係調査結果発表に関する
河野内閣官房長官談話)について見直しは考えていないと表明してい るもの
の、菅官房長官は、河野談話の作成過程については調査するとしている。
 「慰安婦」に関して日本軍の関与を示す証拠はないという説は、歴史学研究の
進展によって否定されているが、日本のマスメディアの一部は、「慰安 婦」制
度への公的関与の否定に躍起であり、2001年に起きたNHK番組改変問題以
降、マスメディアは「慰安婦」の問題を殆ど取り上げなくなった と言われる。
 このまま日本で「歴史修正主義」がまかり通るのか。慰安婦制度に詳しい林博
史氏のお話をお聞きしてこの問題を考える。

日時 4月18日(金) 午後6時45分〜
会場 横浜市健康福祉総合センター8階8B会議室 
    横浜市中区桜木町1−1 TEL201−2060
講演   安倍政権の「従軍慰安婦」認識と歴史修正主義
講師   林 博史 関東学院大学教授(現代史)
参加費  500円
主催   日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部
連絡先  伊東 090―2753―8012  
保坂 03−3726−0680

 *終了後に近くの会場で講師を囲んで交流会を開催します。こちらへもご参加
ください。



CML メーリングリストの案内