[CML 030731] 「殴られ屋」どんぞこなれど光あり 元プロボクサー晴留屋明

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2014年 4月 10日 (木) 06:15:39 JST


「殴られ屋 <http://www.books-ruhe.co.jp/kako/2001/02/nagurareya.htm>」
晴留屋明<http://www.freestyle-life.net/ashita-hareruya-project-2005-12-11-interview.htm>古川書房/幻冬舎アウトロー文庫

 殴られ屋だが、もろに殴られたら一日で死んでしまう商売。殴られない屋。

ほんとに殴られないなら客が怒りだす。そこが何とも難しい、というか彼しかできない仕事だね。

何億円もの借金を抱えて、それでも破産はしない。少しずつ返済するんだと固い決意。

昼間は仕事し、夜は盛り場で「殴られ屋」。

妻子には月に一度しか逢えず、息子は寂しさに万引きするし、それでも男の沽券なのか意地なのか。

どん底なのに、前向き。明るいんだよね。
http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/cf56ac4341394fab0fdf06a65d1d1ce4

-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内