[CML 030728] 朴様 Re: 産経記事ですが...

masuda miyako masuda_miyako1 at hotmail.com
2014年 4月 9日 (水) 22:51:15 JST


朴エルエー様 こんばんは。増田です。返信、ありがとうございます。


> NYタイムスが抗議を受け「撤回する可能性がある」を削除...?
> これでは今後撤回できないことになってしまいますね。
> 
 これも、3月12日付で産経紙に出ていました。http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140312/plc14031221340017-n1.htm**********************
 当初の社説では「安倍政権が『(旧)日本軍により強制的に慰安婦にされた韓国人女性に対し、(過去に政府が行った)謝罪を再検討し、撤回する可能性がある』と言及した」と指摘。これに対し、菅(すが)義偉(よしひで)官房長官が「著しい事実誤認が含まれている」として、抗議する考えを示していた。


 同紙の5日付サイトでは「当初の社説は不正確だった」と明記し、「撤回する可能性がある」という表現だけを削除した訂正版を再掲載した。
**********************


 安倍政権は、本音=「慰安婦は自発的売春婦だ」を出せば、国際社会で顰蹙を買う…特にアメリカ政府に怒られるのが怖い?…ので本音は出せない、ということは、よく知っているわけです。


 だから、4月1日の鈴木貴子衆議院議員の質問主意書に対して「成五年八月四日の内閣官房長官談話を見直すことや当該内閣官房長官談話に関して新たな談話を発表することは考えていない。」つまり、「河野談話を踏襲する」と閣議決定(教科書に載せるべき政府の統一見解!)せざるを得ませんでした。


http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b186086.htm


 NYT記事も影響したんですかしらん?(笑)

> 先月の「新報道2001」、吉田青治氏を全面に出し捏造で盛り上がり、しかし女性はハッキリと話したい、話そうとするのがわかるのだが、司会のメガネ> 都合が悪い話をさせてはマズイのか、「では次にいきまあす。北朝鮮話題へ...」、さえぎり「では次はいきます!」にはつい鼻水が飛んでしまいました。
> 
 鼻水が飛ぶ?(笑) 朴さんのそばには近寄らない方がいいかも(笑)…その「新報道2001」というのは、そちらの番組ですか?
 右翼さんは「吉田清治氏の嘘」を持ち出しては「慰安婦の強制狩り出しはなかった=慰安婦は自発的売春婦だ」などと、突然、すっごく、ぶっ飛んで(笑)いくのです。

> 「『慰安婦像で日本人への差別が生まれれば、生まれ育った大好きなオーストラリアを離れざるをえない』と訴えた。」??> 日本独特「村社会」意識の強い日系オーストラリア人ですね。> 
 もしかしたら、この日本人学生はオーストラリアで生まれ育ちながら、実はずっと、日本人学校でしっかりと日本文科省教育を受けてきて、その結果「日本独特『村社会』意識=『自己ちゅー』意識」しか、身に付かなかったのかな? などと考えたりしています。

> 旧日本軍がオーストアラリ陸軍看護婦22名(1名生存)を海岸に並べさせ、機関銃で皆殺したバガン島虐殺(1名生存)は他の国ではなく直接かかわりの
> 
 バンカ島事件ですね。田中利幸さんの『知られざる戦争犯罪−日本軍はオーストラリア人に何をしたか』(大月書店、1993年)は、とても、衝撃でした。
 > 日本とは違い、いろいろ問題はあっても、あちらも「在特会」的差別煽りはなどは監視する機関があるのでは。
> (米国FBIサイトですが)
> http://www.fbi.gov/about-us/investigate/civilrights/hate_crimes
> 
 こういうのを見ると、やっぱり、アメリカンデモクラシーは健在かなァ…と思いますね。
 ま、もちろん、これは「表の顔」でしょうし、「裏の顔」ではアフガニスタン・イラク等さまざまな虐殺=人種差別・ヘイトクライムを実行して、「いろいろ問題はあ」るわけですが…
 でも、やはり、政府機関で「『在特会』的差別煽りはなどは監視する機関がある」のと無いのとでは、雲泥の差ですね。

> ----------------------------------------------------------------------------------------------------
> グレンデール市の動きについて、英語報道がありました。
> 
> それによると、英語では "Pro-bono"のケースだ、として弁護士が現れたそうです。
> この言葉は
> 法律では無料奉仕 law : involving or doing legal work for free
> 法的専門家による公共に役に立てるケースなどへの参加:  being, involving, or doing professional and
> 米国の弁護士もどこまで欲が深いのか底なし、が一般だと思っていたのですが、こんな弁護士もいたのでビックリというところです。
>  同感です。これも、産経記事に出ていました。ホント、産経紙は役立ちますね(笑)。http://sankei.jp.msn.com/world/news/140328/amr14032802370002-n1.htm

> 報道では、訴えた理由がどうもふたつ
> 「市は権限を越え、外交を行なう米国連邦政府を侵害、主権条項に反ている」。 「女性達は自発的に(willingly:喜んで)したか、あるいは強制売春(forced prostitution) は軍によるものではなく、経営者 (business owner ) によるものである」の報道のようです。
>  「戦時性暴力を無くし、女性の人権を守ろう!」という主張は「外交」に限定されるものではなくって「普遍的な全人類的課題」ですから、前者の主張は単純に誤りだと思いますけど…
 後者は、お決まりの右翼さんの主張ですが、これが完全に誤りであることは、本音では完全にこれに同調している安倍政権が上記の閣議決定をせざるを得ないことでも明らかですよね。
 ---------------------------------------
> 
> 日本人及び日系人収容所補償運動の中心的動きをしたNCRR、この中のマサオカさんは長い間学校先生をされていたようです。
> 次回お会いする時増田先生の事件を紹介したいのですが。
> ぜひ、ぜひ!(笑) 
 グレンデール市の慰安婦少女像の除幕式でスピーチされた方ですね。朝日デジタルに彼女のスピーチの中心が載っていました。心から敬意を持ちます。このスピーチの全文を読みたいと思っていました…できましたら、日本語で(笑)…
****************http://digital.asahi.com/articles/TKY201308070663.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201308070663「歴史を否定する人とは違う見方をしていると言いたくて、ここへ来た」。米政府に強制収容への謝罪と償いを求めて長年活動してきただけに、元慰安婦たちにも共感するという。「謝罪と償いを重ねることは、被害者の癒やしになる」と話した。  *****************
「歴史を否定する人」たちによって、「21世紀の日本で、『日本の侵略戦争と植民地支配犯罪』の歴史の真実を教えたことを『公務員不適格』として学校から追放された教員」として、ご紹介ください!
  以下、私のHPです!http://www.masudamiyako.com/index.html
 では、よろしく! 		 	   		  


CML メーリングリストの案内