[CML 030714] 再会と対決、和解

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2014年 4月 9日 (水) 01:00:42 JST


 坂井貴司です。
 
 実話が元になっています。

『レイルウェイ』
http://www.railway-tabi.jp/index.html
4月19日から全国順次上映。

 太平洋戦争中、日本軍が行ったタイとビルマ(ミャンマー)を結ぶ泰緬鉄道工
事で、イギリス、オーストラリア、オランダの捕虜とタイ、ビルマ、インドネシ
アに人々が強制労働に駆り立てられました。

 過酷な奴隷労働と、食料不足,伝染病、そして情け容赦ない暴力によって数万
人が死亡しました。生存者達は過酷な奴隷労働の記憶に苦しみました。多くのイ
ンドネシア人ロームシャ(労務者)が見捨てられました。

 この映画は、その記憶と決着をつけようとタイへ向かったイギリス人元兵士と、
慰霊のためにタイで活動する日本人元通訳の再会と対決、和解を描いた作品です。

 『永遠のゼロ』が描かなかった太平洋戦争の事実を描いた作品です。
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
  


CML メーリングリストの案内