[CML 030711] 4/10(木)【院内集会】川内原発再稼働問題で議員と市民の勉強会@参議院議員会館

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2014年 4月 8日 (火) 23:30:51 JST


紅林進です。

連続投稿失礼いたします。

4月10日(木)に参議院議員会館で開催されます、川内原発再稼働問題
についての議員と市民の勉強会のご案内を転載させていただきます。


(以下転載、拡散歓迎)

みなさまへ<拡散希望>

優先審査が進む川内原発について、再稼働審査の問題点を明らかにする
超党派議員と市民の勉強会が4月10日(木)17時に開催されます。

どなたでもご参加できます。川内原発の再稼働をとめるために、是非ご参集
ください。

*************************
原発再稼働を考える超党派の議員と市民の勉強会
第2回−川内原発の再稼働審査の問題点−
*************************

日時:4月10日(木)17:00〜18:00
場所:参議院議員会館B109会議室
   (東京メトロ「永田町」駅、「国会議事堂前」駅下車)
国会周辺図http://www.shugiin.go.jp/internet/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm


[資料代500円]

基調講演:川内原発の再稼働審査の問題点
     滝谷紘一さん(元原子力安全委員会事務局技術参与)
発言:国会議員、市民団体ほか
                   
現在、電力会社8社が合計10原子力発電所17基の安全審査を申請して
おり、今夏に向けて原発再稼働問題が国論を二分する大きな政治課題と
なることが予想されています。

現在、九州電力川内原発が優先的に審査を行う原子炉として選定され、
審査が急ピッチで進んでいます。しかし、川内原発については、基準地
震動や火山の影響評価、重大事故の評価等において、多くの問題が
指摘されます。

勉強会の第2回目は、元原子力安全委員会技術参与の滝谷紘一さんを
お招きし、川内原発の重大事故評価の問題点について、原子力規制庁
による解析の再確認(クロスチェック解析)が行われておらず、水素爆発
の可能性が否定できない点や汚染水対策が十分行われていない点など
について、具体的に明らかにしていただきます。

たくさんの議員、秘書、市民、メディアのみなさんの参加をお待ちしてい
ます。ぜひお集まりください。

呼びかけ人[3/4現在、順不同]
勝俣孝明(衆)、近藤昭一(衆)、水野賢一(参)、笠井亮(衆)、
小野次郎(参)、真山勇一(参)、玉城デニー(衆)、福島みずほ(参)、
糸数慶子(参)、山本太郎(参)など

連絡:問合せ:福島みずほ事務所:(03-6550-1111)

-- 
-- 
「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」(eシフト)メーリングリストより転載


CML メーリングリストの案内