[CML 030682] 【報告】第1083日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 aoyagi at tent-hiroba.jp
2014年 4月 7日 (月) 07:09:37 JST


青柳行信です。4月7日。
-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--

1000日目記念誌冊子』4/7
小田切直人(飯塚市)さん2冊。みやち治美(尾道市)さん2冊。
 ・・・・・
一冊 ワンコインカンパで500円です。
送料は何冊でも無料です。
冊子ご希望の方は、〒住所氏名電話番号、冊数を
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp まで。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1083目報告☆
        呼びかけ人賛同者4月6日3264名
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
     
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
  青柳さん
各地で 秘密保護法に反対する地方自治体の声明が出てきています。
原発再稼動反対の決議と同様に、日本中で戦争はしない、平和をまもるという動 
きが広がって、どんどん決議や声明が発表されるといいですね。
それぞれの市民運動が連携して、日本中がアジアが世界に広がっていくよう 地 
道にやっていきたいと思います。 まず、足元を固めましょう。
あんくるトム工房
秘密と戦争は不可分  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2950
聖福寺さんの落語会  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2951

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆歌謡曲を本歌取りして脱原発の川柳本出る『福島からの風』
      (左門 4・7-619)
※「一筆啓上汚染増やすな水止めよ」「凍土壁溶けて流れりゃ皆おなじ」
「『つぐない』は稼動させずに廃炉まで」とつづきます。
題名は『原発事故の川柳274 昭和歌謡編 脱原発「福島からの風」』。
「我が家に泊まりに行くのに許可出され」「「規制委は安全委員に規制され」
「復興の環境壊す環境省」「人災を震災という摩訶不思議」
「鬼ヤンマ飛んでいかなこの夏は」「復興の資財までもが東京へ」
「セシウムは煮ても焼いても食えぬヤツ」「オラたちもきっといつかは倍返し」。
拙著『3・11災害歌集』と『厖大なる風下』をお送りして連帯!

★ 小田切直人(飯塚市) さんから:
こんにちは。
継続に敬服。
動けませんが九電前。
暑さ寒さの折も頑張っておられる皆さんに連帯。

★ みやち治美(尾道市) さんから:
青柳様
また気温が下がっていますが、瀬戸内の日差しは輝いています。
もうすぐ島の蝶たちが飛び回ることでしょう。
どうかお体をお大事に、わたしたちも頑張っています。

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<川内原発・玄海原発は福島第一原発よりもチェルノブイリ原発に似ている>を 
報告します。

九州電力は川内原発の再稼動申請を2013年7月8日、玄海原発の再稼動申請 
を2013年7月12日に行っています。
それから今日まで、原子力規制委員会によって新規制基準に係わる適合性審査が 
行われてきました。もう9ケ月が過ぎたので、審査にはほとんど目途が立ってき 
たように言われています。
 しかし、九州電力の過酷事故対策は問題が有り、全く進んではいません。
川内原発・玄海原発と福島第一原発とチェルノブイリ原発の構造の違いはあまり 
よく知られていないように思われますが、構造の違いを見ると、九州電力の過酷 
事故対策がいかに危険かということが良く判ります。
 福島第一原発の構造図をPDFの図―2で示します。福島第一原発は沸騰水型 
の原子炉です。
沸騰水型の原子炉は格納容器が小型であるといわれていますが、それなりの安全 
対策が行われています。
 図を見ると良く分かるのですが、格納容器は鋼鉄製で、本体の方は厚いコンク 
リートでカバーされています。そして、その外に鉄筋コンクリートの原子炉建屋 
が有ります。
 格納容器の中は窒素が封入されており、内部で水素爆発やCO爆発が起こらな 
いような対策が立てられています。
 又、大量の水蒸気が発生した場合、水蒸気圧で格納容器が破裂しないように水 
蒸気放出用のベントが付いています。
 圧力容器は大型になるほど、強度が弱くなりますが、沸騰水型の原子炉は格納 
容器が小型なので、強度的には強く成っています。
 そして、東日本大震災と大津波により、福島第一原発の1・2・3号機は全部 
メルトダウンを起こし、大量の水素とCOの発生により、1・3号機は原子炉建 
屋が爆発し、3号機から排気塔がありながらそれでも漏洩した水素とCOにより 
原子炉建屋が吹き飛んでしまいました。
 しかし、頑丈だった格納容器が殆ど無傷で残ったので、あれだけの被害で済み 
ました。

一方、チェルノブイリの原発は黒鉛減速型原子炉で、沸騰水型の原子炉、加圧水 
型原子炉とは構造が違います。
 チェルノブイリ原発の構造図をPDFの図―3で示します。チェルノブイリ原 
発の構造はあまり良く知られていないと思いますが、格納容器が有りません。
 原子炉圧力容器は原子炉建屋だけで密封されています。この原子炉に過酷事故 
が発生して、爆発が起こりました。福島第一原発の原子炉建屋が簡単に吹き飛ん 
だように、チェルノブイリ原発の原子炉建屋の屋根が吹っ飛んで、溶けた核燃料 
は野ざらしになりました。
 溶けた核燃料を野ざらしには出来ませんので、ヘリコプタを使用して、砂、石 
灰、鉛、ホウ素5000トンが 溶けた核燃料の上に投入されました。そして、 
その後コンクリートによって石棺が作られました。
 川内原発・玄海原発の構造図をPDFの図―3で示します。九電は川内原発・ 
玄海原発の構造図を社外秘にしているので、見つけられませんでした。そこで同 
じ設計の大飯原発の構造図を示しました。
川内原発には鋼鉄製の格納容器と原子炉建屋はあります。玄海原発には鋼鉄製の 
格納容器と原子炉建屋は無くて、コンクリート製の格納容器のみです。
 何れの原発も格納容器が福島原発に比べて巨大なので、十分な強度がありませ 
ん。又、格納容器の中に窒素が封入されていないので、水素やCO爆発が起きる 
危険性が有ります。ベントが無いので、大量の水蒸気が発生すると、逃がす事が 
出来ないので、爆発します。
 チェルノブイリ原発に過酷事故が起きたとき、一番恐れられたのは水蒸気爆発 
がおきることでした。そして、水の使用は抑えて抑えて核燃料を冷却しました。
 川内原発・玄海原発は水蒸気爆発を恐れず、何千トンもの水を使用します。
過酷事故が発生した場合、川内原発の格納容器と原子炉建屋、玄海原発の格納容 
器がチェルノブイリ原発と同じように吹き飛んでしまう可能性は高くなっています。
 その場合、やはり5000トンの砂と石棺が必要に成ると思われます。 
5000トンの砂と石棺の用意は出来ているのでしょうか。

★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば938日目 テント日誌 4月5日(土)特別版商業用原 
発停止202日
「川内の家」より ……岩下雅弘
この間、あらゆる集会や行動に参加することで、目が回るようでした。ようやく 
添付の通り、「川内の家」ニュースの発行にこぎつけました。宣伝活動が基本で 
すので、今後、1回/週のペースを守りたい。
とりあえず、川内駅前(6時~8時)、川内市役所(8時~8時半)をMUST
とし、スーパーマーケット前や地域を「開拓」します。地域情宣用に、ゼンリン 
の住宅地図(なんと21,600円)も買い込み、各戸で話し込んだりもしたいと思っ 
ています。

ネックは、駅前も市役所も各100枚しか見込めないとの情報で、初刷は300枚(印 
刷機は川内原発反対連絡協議会の事務所で借用)。もう1つのネックは、せっか 
くトラメガを持って来たのに、1人ではビラまきとアピールの両方をこなせない 
こと。せいぜい頑張ります。

「川内の家」ニュース
  原子力規制委員会・島崎委員の、
インチキな川内原発「調査」を許さない

▲原発前で50人が抗議行動
4月3日、原子力規制委員会の島崎委員長代理が、原発の地震・津波対策を「確 
認」するため川内にやってきました。これに対し、約50人が原発門前につめか 
け、抗議行動を行いました。
●半日で川内原発の「安全」が確認できる?
島崎は「新たな課題は見つからなかった」と述べたそうです。たった半日、たっ 
た1人では「見つからなかった」のは、当たり前です。島崎は、原発を「調査し 
た」というアリバイをつくり、安全を「確認した」というお墨付きを与えるため 
だけを目的に、川内にやってきたのでした。

規制委員会は、安全審査のトップバッターに川内を名指しし、事実上の「合格通 
知」である審査書案を4月中にも出そうとしています。他の原発も、川内の審査 
書案に「右にならえ」させるつもりです。

●50人が参加したゲート前の抗議行動
ゲート前では「再稼働反対!」の発言が続きました。各地の原発現地からのア 
ピールも読み上げられました。いま全国の原発現地、全国の人々は、川内を注目 
しています。川内原発再稼働を、全九州・全国の力を集めて止めさせようとして 
います。

川内全市で「反対!」の声を上げましょう。 
再稼働阻止全国ネットワークから16日の抗議行動、17日の学習会の案内です。
1 抗議行動(4月16日昼、規制委前)
「九州電力川内原発再稼働やめろ
4.16規制委前抗議行動」
日時:4月16日(水)12時~13時
場所:六本木ファーストビル(原子力規制委員会入居)前
 (http://www.nsr.go.jp/nra/map.html )
 港区六本木1丁目9番9号 
 東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」徒歩4分、日比谷線「神谷町駅」徒歩8分
主催:再稼働阻止全国ネットワーク
 http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/inquiry
 メール info at saikadososhinet.sakura.ne.jp
 TEL 070-6650-5549 FAX 03-3238-0797(再稼働阻止全国ネットワーク宛と明記)
(東京都千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル5F たんぽぽ舎気付け)
協力:原子力規制を監視する市民の会 
 http://kiseikanshishimin.jimdo.com/    @kanshi_chu

2 学習会(4月17日(木)夜、スペースたんぽぽ)
規制委の黒い本質を知る!
“再稼働推進機関”
規制委員会とどう闘うか!
危険な原発再稼働をさせないための学習会
日時:4月17日(木)19時~21時
場所:スペースたんぽぽ(たんぽぽ舎4階)
(水道橋または神保町から徒歩)
内容:
・原子力規制委総批判
・川内原発「優先審査」の怪?不当さ
・九電が隠していた!「原発敷地内まで及んだ火砕流」
・規制委との具体的戦い方について
話:天野恵一、木村雅英、柳田真
主催:再稼働阻止全国ネットワーク
 http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/inquiry
 メール info at saikadososhinet.sakura.ne.jp
 TEL 070-6650-5549 FAX 03-3238-0797(再稼働阻止全国ネットワーク)

4月23日(水)テント裁判第6回口頭弁論(14時~15時)
13時東京地裁前抗議集会、4時第6回口頭弁論(103号法廷)、16時~報告集会 
(参院会館講堂・村山智・人見やよい・河合弘之他) 
テント裁判も第6回目の口頭弁論に入ります。傍聴記などでお知らせの通り、5回 
目からは占有と占有人をめぐる問題に入ってきました。国側の選定した占有人は 
淵上太郎と正清太一の二人であるが、これがテントの実際とかけ離れたものであ 
り、間違いであることは明瞭です。テントは多数の市民によって維持されてきた 
のです。多数の市民の維持によって2年半もおろか、3年近くになろうとしている 
のです。この事態を二人の占有に帰せしめようとする国側の方針との対決の局面 
に裁判は入ります。これまでの5回と変わらず、6回目の口頭弁論にも多くのみな 
さんの参加をお願いします。

★ 前田 朗 さんから:
函館市ホームページ訴状、こちらが便利。
http://133.242.81.205/docs/2014031100330/files/260403sojo.pdf
河合裕之弁護士を先頭にする弁護団の150頁の力作です。

★ 大山千恵子 さんから:
大間原発:提訴の函館市長「一方的に危険許されない」
<http://mainichi.jp/select/news/20140404k0000m040143000c.html>毎日新聞4 
月3日

>Jパワー(電源開発)が青森県大間町に建設中の大間原発
<http://mainichi.jp/search/index.html?q=%E5%A4%A7%E9%96%93%E5%8E%9F%E7%99%BA&r=reflink>
について、津軽海峡の対岸に位置する北海道函館市が3日、同社と国を相手に、
設差し止めや原子炉設置許可の無効確認などを求めて東京地裁に起こした訴訟。

やったー。

>工藤市長は、福島第1原発事故の翌月の2011年4月、市長選に立候補し、 
大間原発
<http://mainichi.jp/search/index.html?q=%E5%A4%A7%E9%96%93%E5%8E%9F%E7%99%BA&r=reflink>
建設の無期限凍結を主張して初当選した。

を、住民の支持を受けている。
議会も全員一致で支持してるって。
30キロ圏内だものなあ。
函館市の大間原発訴訟に関するホームページ
www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2014031000166/

訴状の概要
www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2014031100330/files/251209sojogaiyo.pdf

まてよ。福島、3年たっても放射能たれながしじゃないか。
うちの街でも裁判やんないかなあ。

なにしろ「生活保護ホットライン」告知チラシで。市民に密告を促す
<https://twitter.com/inabatsuyoshi/status/440069491288854528>
とか、浦和レッズの外国人排除 <http://www.j-cast.com/2014/03/10198815.html>
とか恥ずかしいことで有名になったわが街。

函館に続いて提訴すれば...汚名を挽回できるのに。
http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/216e935e9f6e115d554794e98ad0caae
-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama

★ 長船青治(「9条改憲阻止の会」のオンブズマン) さんから:
  <除染等の公共事業は9割型が随意契約について>
環境省発注の福島県の除染事業等
「H25年、行政事業レビューシート」PDFを閲覧した。
9割がた「随意契約」です。
http://www.env.go.jp/guide/budget/spv_eff/review_h25/sheets_h24f/sheets/p10.pdf

H24年実積では「除去土壌等の保管の手法等に関する基礎調査業務」でコンサ 
ルタント会社に3300万円も支払っています。
いやたしかに国と言えどもただの人の集まりですから誰かに相談してもいいので 
すが。

支出先の但し書きには、
「本業務は請負契約であり成果物の対価 として支払いを行うものであるため、 
精算報告書等の提出を要さないが、国費の支出の透明性を図るため任意で提出依 
頼を行ったところ回答を得ることができなかった。」と、これを見ると
すべての会社について回答がなかったようです。いったい何にどう使ったのかく 
らい分かりそうなものですが。

H24年実積に公募事業「除染モデル実証事業、除染技術実証事業、評価等」で1 
億4300万円支出しています。
24社でいろいろなフクイチから出た放射能対策の叡智が実験されたのでしょう。
そのなかには微生物や土壌菌によるものもあったようですが実験結果から採用さ 
れなかったそうです。

昨年も今年度も「20キロ圏内の家屋解体」が一般競争入札で中里工務店が落札し 
ているというのもやはり何か変です。
冒頭に書いた通り国の直轄でかつ高放射能地帯でまだ国でもこれといった有効な 
方法もないまま行う危険な事業であるのに従来の家屋解体の工法でさして特別な 
放射能対策もないままやっています。

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
  メールサービス 2014年4月6日 第409号
--------------
反原発行動
--------------
■全国のデモ開催情報まとめ
http://www47.atwiki.jp/demomatome/
----------------
憲法を守れ
----------------
■解釈で憲法9条を壊すな! 4・8大集会&デモ 18時25分日比谷野音
http://kyujokowasuna.com/

■秘密保護法」廃止へ! 4・7 「12・6を忘れない6日」国会行動へ 12時~13時
 衆議院第二議員会館前
http://www.himituho.com/

■本:秘密法で戦争準備・原発推進
著者:海渡雄一 発行:創史社
http://sousisha.up.seesaa.net/image/E7A798E5AF86E6B395E381A7E688A6E4BA89E6BA
96E58299E383BBE58E9FE799BAE68EA8E980B2.pdf

■本:絶望の裁判所
著者:瀬木比呂志 発行:講談社
田中龍作ジャーナル「「絶望の裁判所」 元判事が司法の腐敗を告発する」
http://tanakaryusaku.jp/2014/02/0008840

-------------------------------------
北海道新聞 2014年2月25日~3月2日
連載 6回 「続・憲法を読む」
-------------------------------------
本メールで各回の本文と解説のさわりの部分を1回づつ紹介しています。

■2014年3月1日 第5回掲載
【第25条】すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
(2) 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上 
及び増進に努めなければならない。

・・・「人間らしい生活 保障
 具体的には、(国が、)生活保護法、国民年金、感染症」予防法など個別の法 
律により「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を保障することになる。
 生存権は、・・・国民主権や個人の尊重という憲法の土台に立って国民自身が 
理不尽な政策や社会の仕組みを排除し、人としての生活をとりもどすための権利 
といえる。

★ 前田 朗 さんから:
ヘイト・クライム禁止法(70)リヒテンシュタイン
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/04/blog-post_5.html
人間の尊厳という表現が用いられていることと、ジェノサイド否定犯罪があるこ
とが重要。

現代彫刻の読み方を学ぶ
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/04/blog-post_5679.html

★ 井上澄夫 さんから:
 5日に行なわれたヘーゲル米国防長官との会談で、安倍首相が仲井真沖縄県知 
事が求める「普天間飛行場の5年以内の運用停止」に対する米側の理解を要請し 
ました。

------集会等のお知らせ------

●<1000日目記念冊子希望先
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp 迄>●
〒住所氏名電話番号冊数よろしく。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

■ 「さよなら原発!福岡」例会 4月9日(水)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
         福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
          地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

● 「鹿児島川内原発再稼動を阻止するための全九州相談会」●   
日時: 4月19日(土)1:00-6:00 
場所: 熊本市 国際交流会館 三階会議室
住所: 熊本市中央区花畑町4ー18
      電話:096-359-2020
 地図:http://tinyurl.com/npc4pt6

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    第9回裁判 7月4日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
          原告総数 原告総数  7604 (4/3現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 九電株主総会で再稼動を阻止するための行動●
 予定日は、6月25日(水),26日(木)あたり。
場所:ホテルニューオータニ博多
住所:福岡市中央区渡辺通1-1-2 tel092-714-1111
       地図:http://tinyurl.com/kfd8lpm

● 小出裕章さん講演会 ●
日時: 9/26(金)開場19:00 / 開始19:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq

○--------------------------○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
      午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
     <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
          青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
aoyagi at tent-hiroba.jp
************************














CML メーリングリストの案内