[CML 030677] 「ウカマウ」全作品上映

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2014年 4月 6日 (日) 23:12:49 JST


 坂井貴司です。
 
 映画館で上映される作品はハリウッド映画ばかりの南米ボリビアで、徹底して
先住民族の側に立った映画を制作してきた映画制作集団「ウカマウ」。
 
 迫害と亡命を繰り返しながら、単なる告発や記録を越える作品を制作し、ボリ
ビア、そしてラテンアメリカ民衆から圧倒的な支持を受けてきた「ウカマウ」の
全作品が、5月から日本で上映されます。
 
 「革命の映画/映画の革命」
  http://www.ks-cinema.com/movie/ukamau/
 
 5月3日〜16日
 新宿K's cinema 
 
 5月24日〜6月6日
 大阪シネ・ヌーヴォ
 http://www.cinenouveau.com/index.html
 
 以後、全国各地で上映されます。
 
 ジャン・リュック・ゴダールに大きな衝撃を与えた『ウカマウ』、日本では初
めて上映された『第一の敵』、アイデンティティの喪失と回復を描いた『地下の
民』、内省の映画『鳥の歌』、スペインによる侵略から現在までの先住民族の抵
抗を描いた最新作『叛逆者たち』などの全作品が上映されます。
 
 「ウカマウ」の作品はDVD化されていません。観る機会が極めて少ない映画
です。ぜひ映画館でご覧ください。
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
  


CML メーリングリストの案内