[CML 026839] 【拡散希望】被災者支援申し入れ

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2013年 9月 30日 (月) 11:25:21 JST


【拡散希望】被災者支援申し入れ


転送・転載歓迎


京都の菊池です。
登録しているMLを通して、教えていただきました。

引き続き

・・・
  支援法が動き出そうとする今、私たち京都の避難者は、被災地で暮らす方々はもとより、全国に散らばった避難者へ適切な支援が一刻も早くなされることを心から願い、復興庁、京都府、京都府下の自治体に、引き続きご協力ご支援をお願いをさせていただきたく、
・・・

のことなどへ
これからも協力お願いします。
自分の町、県にも避難者おられると思います。
ぜひ、ご支援よろしくお願いします。

今日の記者会見にもご注目ください。




転載します。



【拡散希望】被災者支援申し入れ


【拡散希望】☆本日ご都合よろしければ、申し入れ、記者会見の応援もよろしくお願いいたします。
  京都府への申し入れ 10時に府議会棟のロビーに集合です。
  記者会見 11時45分 府政記者クラブ
参加希望の方、ご連絡をお待ちしています。070-5537-0478(うの)


-----------以下プレスリリースより-------------


 2012年6月、「東京電力原子力事故により被災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者の生活支援等に関する施策の推進に関する法律」
(略称=「原発事故子ども・被災者支援法」、以下、支援法)が、全会一致で可決されました。
  支援法は、
東京電力原子力事故の被災者が
支援対象地域にとどまる権利、
そこから避難する権利、
再び戻る権利を
国が保障する画期的なものです。
そして、その理念を具体化するための基本方針案が、本年8月30日に復興庁から出され、それに対するパブリックコメントの募集が9月23日まで行われ、
多数の意見が各地の被災者・支援者・自治体などから寄せられました。 


  住み慣れたふるさとから離れた地での避難生活は、長い人で2年半になりました。
家族と離れ離れになった人、避難先を転々とした人、さまざまな事情で帰還を選択した人・・・。
当事者の抱える悩みや想い、生き方もそれぞれです。当事者どうしの集まりや団体が各地で生まれた一方、
つながる手段がなかったり、自分に合う団体が近くになかったりして孤立している避難者や、つながろうとしない避難者も少なくありません。

  さまざまな状況にある被災者を公平に救いあげようとする支援法の理念は、バラバラにされてきた私たちをつなぎ、それぞれが自分らしく、目の前の困難を乗り越えていこうという希望をもたらすものです。
しかし、この法律を知っている被災者はまだ少なく、また、復興庁が提出した基本方針案と支援施策一覧は、法の趣旨から  離れ、避難者支援がほとんどないなどの課題を抱えています。



  支援法が動き出そうとする今、私たち京都の避難者は、被災地で暮らす方々はもとより、全国に散らばった避難者へ適切な支援が一刻も早くなされることを心から願い、復興庁、京都府、京都府下の自治体に、引き続きご協力ご支援のお願いをさせていただきたく、
下記のとおり、京都府への申し入れおよび記者会見を行います。



  加藤



※記者会見については上記を参照ください。




菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)






CML メーリングリストの案内