[CML 026789] 【超緊急!】本日朝8:30~ 東電は再稼働申請をするな!規制委前行動

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2013年 9月 27日 (金) 01:25:22 JST


東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党・脱原発担当)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

当日のご案内となってしまいましたが、可能な方は駆けつけてください!

-------------------------------------------------

みなさま 緊急抗議行動の呼びかけです。

緊急抗議行動
「東電は柏崎刈羽原発6号機、7号機の安全審査申請をするな!規制委員会も審議するな!」

日時/今日、9月27日(金) 午前8時30分から
    (午前中、東電が規制庁に来て帰るまでの間)
場所/規制庁前(地下鉄六本木一丁目駅から3分・日比谷線神谷町から5分)
   アクセス http://www.nsr.go.jp/nra/map.html
呼びかけ/原子力規制を監視する市民の会
     (企画・問い合わせ/高木 章次 090-9130-0995)

26日の夜、「新潟県が柏崎刈羽原発再稼働に向けた安全審査申請を条件付
き承認」、などと報道されました。

しかし、柏崎刈羽原発を再稼働しなくても電気供給力に問題が無いことは
今年の猛暑でも証明されました。再稼働は解体すべき東電の延命をはかる
だけのものです。柏崎刈羽原発で作られた電気は福島原発と同じく、地元
では使われないものです。2007年の中越沖地震の時に全身傷だらけになっ
た柏崎刈羽原発はその時点で廃炉にすべきでした。

再稼働のための様々な安全対策案も結局は大事故発生を容認するもので、
防災対策など机上の空論としか思えません。そして福島原発事故はまだ真
相究明段階です。

福島原発事故は収束どころか、汚染水問題が具体的に示しているように、
二回目の大事故へ向かって突き進んでいるとしか考えられません。東電に
原発の運転する資格も能力もないことは明らかです。

東電は柏崎刈羽原発の再稼働のための安全審査申請どころではないはずで
あり、規制委員会も審議どころではないはずです。東電は申請を取り下げ、
規制委員会は審議に入る資格もなく、状況でもないとして拒否すべきです。

あまりに緊急なのですが、可能な方はぜひ、抗議行動に参加してください。 



CML メーリングリストの案内