[CML 026764] 福島とチェルノブイリ

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2013年 9月 25日 (水) 18:31:06 JST


 京都大学原子炉実験所の今中哲二助教は、原子力開発が抱えるリスクを研究し
てきた物理学者です。

 福島第一原子力発電所事故後の福島県飯舘村で放射線量などを継続的に測定す
る一方、今年、事故から27年が経ったチェルノブイリ原発と汚染地域を訪ねまし
た。

 2つの現場で今中助教がみた放射能汚染の実態をテレメンタリーが追います。
 
テレメンタリー
「“3.11”を忘れない37 放射能汚染を追って〜福島 そしてチェルノブイ
リ〜」
http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/
 
放送日:9月30日前後

坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。


CML メーリングリストの案内