[CML 026754] ジュゴン連続学習会 第2回 「ジュゴンの行動と保護~フィリピンと沖縄の調査から~」

y_matsushima at muf.biglobe.ne.jp y_matsushima at muf.biglobe.ne.jp
2013年 9月 25日 (水) 16:13:46 JST


ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)松島と申します。

 辺野古でジュゴンのはみ跡が見つかっていました。
 しかし沖縄防衛局はこの事実を隠していました。
 全く許せません。

☆ジュゴン情報非公表 普天間撤去は逆転の発想で(琉球新報9/24)
 http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-212912-storytopic-11.html

 辺野古の海はジュゴンの大切な餌場。基地建設のための埋め立てを
中止させ、必ず守っていきましょう。
 ジュゴン連続学習会 第2回のお知らせです。

(転送・転載歓迎!重複はご容赦ください)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       【ジュゴン連続学習会 第2回大阪】
    ジュゴンを守るために ジュゴンを知ろう

「ジュゴンの行動と保護~フィリピンと沖縄の調査から~」
  ー海の生き物を守る会代表 向井宏さんのお話ー
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

チラシはこちら ⇒ http://www.sdcc.jp/plan/dugong131005.pdf
ブログ記事はこちら ⇒http://blog.goo.ne.jp/sdcc/e/3ddf61dcf454ee14a1e2f2b847ad976d

日時: 2013年10月5日(土) 14時~16時(13時半開場)
場所: ドーンセンター・セミナー室
 http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html   
   講師: 向井宏さん 海の生き物を守る会代表
参加費: 大人1000円 高校生以下500円
問合せ先: ジュゴン保護キャンペーンセンター・関西事務所
       TEL/FAX 06-6353-0514 メール info at sdcc.jp
共催:海の生き物を守る会&ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)


ジュゴン保護は世界の流れ

絶滅危機の沖縄ジュゴン
環境破壊、生息域の減少
米軍基地建設計画
今、私たちにできることは・・・

★講師プロフィール  向井宏さん
海の生き物を守る会代表。京都大学特任教授、北海道大学名誉教授。
浅海のアマモ場の生物群集の研究から、ジュゴンの研究を始める。
沖縄、タイ、フィリピンで野生のジュゴンを追いかけてきた。
ジュゴン保護のためにするべきことは何かを人々に問いかけている。

★海の生き物を守る会は2007年に設立
沿岸の生態系と生物群集の保全・持続的利用のために
これら生態系の調査、研究、啓蒙、資料収集、観察会、調査会
エコツアー、講演およびシンポジウムの開催などの行動を行い
生き物を守る活動に科学的な基礎を提供し、研究者と市民が
一緒に活動できる体制を作ることを目的としています。
雑誌、ガイドブックの出版、メルマガやニュースレターを発行

★SDCCはIUCN世界自然保護会議で採択された
沖縄ジュゴン保護の勧告を実現するために設立。
新基地建設予定地の辺野古・大浦湾は生物多様性の宝庫
ジュゴンの大切な生息域です。『基地ではなく ジュゴン保護区を』
と取り組んでいます。 

お申し込みは不要です。
みなさまのご参加をお待ちしています。


CML メーリングリストの案内