[CML 026701] 貧困と管理を抉る快作ね ブロムカンプの「エリジウム」なり

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2013年 9月 23日 (月) 09:50:41 JST


映画「エリジウム <http://www.elysium-movie.jp/site/>」

(仕事に行くためにバスを待ってる列に、警官が身分検査をしにくる)

なにしろ「第9地区<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/734b25920787bc64e1660b5ffb83b9e5>
」の、ニール・ブロムカンプだからね。南アフリカ出身、カナダ在住の気鋭の監督。

2154年のロサンゼルス。天使に由来した名前の米国の大都市は、貧困の極地となっている。

工場で放射能を全身に浴びてしまった余命5日の青年は、蹶起を決める。マット・デイモン<http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130920/wir13092015300000-n1.htm>
、いい作品にでてるよねえ。

エリミネイト、シューゼム。殺人指令を繰り出す冷酷無比のエリジウム長官は、ジョディ・フォスター。彼女じゃないと迫力でないか。
http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/94c574ef8fd407cede94d1eb70061755

-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内