[CML 026644] Fw:【シンポジウム】9月20日(金)18時~「新しい安全基準で、原発の安全は確保できるのか?」

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2013年 9月 20日 (金) 00:00:21 JST


東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党・脱原発担当)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

直前のお知らせとなり恐縮ですが、只野靖さんのメールを転送します。

-------------------------------------------------

(重複ご容赦・転送歓迎です)

只野です。

第二東京弁護士会主催で、表記のシンポジウムを企画しました。
会場が狭いので、事前申込制としたところ、まだ、席に余裕があるようです。

3.11当時の最高責任者であった菅直人元首相をお招きし、事故当時の状況を改めてお聞きします。
加えて、原発の新しい規制基準について、
 佐藤暁さん(原子力コンサルタント・元GE原発技術者)
 青木秀樹さん(日弁連人権大会実行委員長、当会会員)
のお二人を招いて、果たして、新しい安全基準で、原発の安全は確保できるのか、を考えます。

パネルディスカッションの司会は、津田大介さんにお願いしています。

あらためて、原発の安全性について考える貴重な機会です。
是非、ご参加ください。

http://niben.jp/info/event20130920.html

-------

第56回日弁連人権擁護大会プレシンポジウム
「新しい安全基準で、原発の安全は確保できるのか?」

 再稼働の是非が大きな議論を招き、我々と次世代社会の安全と環境に決定的な
影響を与える原子力発電所。その再稼働の前提となる安全審査の新たな基準が7
月に施行され、電力各社は施行と同時に審査実施を申請した。原子力規制委員会
(田中俊一委員長)は「複数のチームで効率よく審査する」と述べている。
しかし、各種世論調査では、国民の間で再稼働に対する懸念は依然極めて高い。
福島第一原発事故のような重大な人権侵害を生じる原発事故は、二度と起こして
はならず、原子力規制委員会が決めた新しい安全基準は、この目的を達成するた
めのものでなければならない。

果たして、新しい安全基準は、原発の安全性を十分に確保できる内容なのか。
ともすれば感情論や「空気の議論」が先行しがちな原発再稼働問題において、事
故当時の首相、元原発技術者など立場を異にする第一人者を招いて基準内容を客
観的に読み解き、その課題を徹底議論する。(ネット中継予定)

【日時】
 2013年9月20日(金)18時~20時
 ※参加費無料・事前申込制(先着120名)

【場所】
 弁護士会館10階1003号会議室

 ◆地下鉄丸の内線・日比谷線・千代田線 
 「霞ヶ関」駅 B1-b 出口
 (弁護士会館地下1階に直結)
 ◆地下鉄有楽町線「桜田門」駅 
 5番出口から徒歩8分
 ◆JR山手線「有楽町」駅から徒歩15分

【出演】(予定)
「新基準の概要とその問題点を専門家から聞く」

(順不同・敬称略)
 津田 大介(ジャーナリスト、司会)
 佐藤  暁(原子力コンサルタント・元GE原発技術者)
 青木 秀樹(日弁連人権大会実行委員長、当会会員)
 菅  直人(前首相)

【申込方法】
 加希望者は、件名を9/20人権擁護大会プレシンポ参加とし、本文に氏名を記載
 したメールを下記アドレス宛にお送りください。なお、いただいたメールは本
 プレシンポジウムのみ使用いたします。
 宛先E-mail:kankyo0920 at niben.or.jp

【主催】
 第二東京弁護士会

【共催】
 日本弁護士連合会

【お問い合わせ先】
 第二東京弁護士会事務局人権課
 TEL:03-3581-2257

※本シンポはネット中継が予定されています。また、当会では,成果普及に利用する
 ため,会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及
 び録音した内容は,当会のホームページ,パンフレット,一般向けの書籍等にも使
 用させていただくことがあります。撮影をされたくない方は,当日,担当者にお申
 し出ください


--------------------
第二東京弁護士会 人権課 松本あい子
〒100-0013 千代田区霞が関1-1-3
TEL03-3581-2257/FAX03-3581-3338
E-mail matsumoto-a at niben.or.jp
-------------------- 



CML メーリングリストの案内