[CML 026599] 【ご案内】10・26 康玲子さん講演会@京都 「時代の曲がり角で ~少数者を大切にする社会を~」(『アジェンダ』創刊10周年記念企画vol.2)

藤井 悦子 peace at tc4.so-net.ne.jp
2013年 9月 17日 (火) 10:22:31 JST


藤井悦子@アジェンダ・プロジェクトです。

雑誌『アジェンダ』創刊10周年記念企画vol.2として、
10・26 康玲子さん講演会@京都
「時代の曲がり角で ~少数者を大切にする社会を~」
を行います。

康玲子さんは、在日朝鮮人女性の立場から見る日本社会について、
発行当初からアジェンダに連載をしてくださっています。
在日外国人への犯罪的なヘイトスピーチの横行を許さないために、
あらためていっしょに考えてみましょう。
多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

(以下、拡散お願い)
◇◆―――――――――――――――――――――――◆◇
            『アジェンダ』創刊10周年記念企画vol.2

                   10・26 康玲子さん講演会
   「時代の曲がり角で ~少数者を大切にする社会を~」
◇◆―――――――――――――――――――――――◆◇

FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/214588968664943/?context=create

日時:10月26日(土) 開場13時
          13:30~16:00 講演&対談
          16:00~18:00 交流会
場所:京都大学 文学部新館 第1・2講義室
アクセス http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
資料代:700円
            (アジェンダ会員・定期購読会員・学生は500円)
主催:アジェンダ・プロジェクト http://www3.to/agenda/

■ 講師 康 玲 子 (かん よんじゃ)
雑誌『アジェンダ』で第4号より「時代の曲がり角で」を連載中。
高校非常勤講師。在日朝鮮人(韓国籍)2.5世。
メアリ会(京都・在日朝鮮人保護者有志の会)会員。
京都府外国籍府民共生施策懇談会委員。
京都府人権教育・啓発施策推進懇話会委員。
学校等で在日朝鮮人問題についての講演を続けている。
『私には浅田先生がいた』(三一書房)で、
在日女性文芸協会の第一回「賞・地に舟をこげ」受賞。

■ 対談相手 水野 友美(みずの ともみ)
アジェンダ・プロジェクト会員。
高校非常勤講師。越境人教育の実践活動に携わっている。

<少数者を大切にする社会を!>
在日朝鮮人女性である康玲子さんは、教員の職にあり、また学校や地域など様々な場での講演活動や文筆活動を行っておられます。
雑誌『アジェンダ』の連載においても、そのみずみずしい感性で紡がれる美しい文章は私たちをひきつけてやみません。
韓国・朝鮮・中国の人々への犯罪的なヘイト・スピーチが横行する状況を、これ以上続けてはならないと思います。
私たちの住む社会を 「少数者を大切にする社会」にするために、康玲子さんのお話を聞いて、いっしょに考えてみませんか?

<『アジェンダ』創刊からの10年間を振り返る>
季刊雑誌『アジェンダ』は2003年7月に創刊され、今年で10周年になります。日本のかつてのアジアへの植民地支配・侵略戦争などの歴史認識がゆがめられ、日朝国交正常化がとん挫し、米国等によるアフガン・イラクへの戦争に日本が加担していく中での創刊でした。
その後、新自由主義グローバリゼーション政策の下で経済格差と貧困がますます拡大し、少子・長寿型社会に合った社会制度への転換ができない中で、リーマンショックで新自由主義的資本主義自体の限界が突きつけられました。
日本国憲法の明文改悪が提起され、日米の軍事的な一体化が進み、東日本大震災で深刻な事故が起きたにもかかわらず原発は維持され、大量生産・大量消費を前提とする経済成長戦略を変えられずにいます。
私たちが生きるこの世界を、どんなふうにしていったらいいのか、みんなで考えてみませんか? 皆さまのご参加をお待ちしています。
・・・・・・・・・・
ここまで

藤井悦子
http://www3.to/agenda/ 



CML メーリングリストの案内