[CML 026594] 不要な政党が滅びるのはいいことRe: 小沢一郎は社民党を道連れにして滅ぶつもりか 。また、社民党は小沢一郎とともに滅ぶつもりか。

partickthistle at goo.jp partickthistle at goo.jp
2013年 9月 17日 (火) 01:34:35 JST


社民党に対していまだに何らかの幻想を持っている人がいることに驚きです。
社民党はもう20年間も自民党やそれから分裂した右派政党と共同してきたではありませんか。社民党が元自民党幹事長の小沢一郎と組んだとして何を驚くことがあるのか。
「日共」も同様です。「日共」も「民主連合政府」「選挙管理内閣」「救国と革新の国民的合意」などといってきました。そして1998年には安保・自衛隊・天皇制を認めて入閣する「不破路線」を発表。おそらく不破は本気で大臣になれることを夢見ていたのでしょう。だから社民党だけでなく「日共」も小沢一郎と組んでも何の不思議もありません。しかし、「常幹の生活が第一」なので、他党との合同は不可能でしょうが(嘲)。

森永和彦

2013/09/17 (Tue) 00:05, "higashimoto takashi" <higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp> wrote:
> 村山前社民党党首(元首相)のいう社民党の発展的解消が仮に小沢氏率いる生活の党との合流をも意味しているのであれば、
> 私もkojitaken氏と同様に同党は「自民党の一党支配をチェックし、抵抗する力を次の衆院選までにつくる」ことができるどころか
> 滅びの道をただ一筋に突き進むほかなかろうと思います。
> 
> 社民党と社民党員はいま正味の意味で正念場を迎えている、といってよいでしょう。
> 
> 「君たちはどう生きるか」(吉野源三郎)。昔(私が10代から20代だった頃)のぼくの友人たちだった君たちよ。いま、それを君
> たちに問いたい。
> 
> 
> 東本高志@大分
> higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
> http://mizukith.blog91.fc2.com/


CML メーリングリストの案内