[CML 026541] Re2: もう、だまされないよ♡

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2013年 9月 14日 (土) 22:45:57 JST


前田 朗です。
9月14日

東本さん

なるほど。おおむね納得。

まず、前回、私は記憶だけで「暴力」事件のように書きましたが、調べてみると
「暴言」事件となっているようです。記憶違いなので、この点、訂正し、上杉氏
に謝罪します。


> 
> 
> 上杉隆という「ジャーナリスト」は「自由報道協会などでいい仕事」もしてい
ません。


そうでしょうか。

記者クラブ制度に風穴を開けただけでも十分いい仕事だと思います。

私たちは長年、記者クラブ制度を批判してきました。その流れで、自由報道協会
の仕事は評価しておくべきです。


> 
> ■〈嘘〉である事が確認されている上杉氏の発言一覧
> http://www34.atwiki.jp/ddic54/
> 

凄いですね。なるほど。



> 
> ■自由報道協会の自壊(アゴラ 2012年01月31日)
> http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51771144.html
> 
> 上記の記事の筆者は池田信夫というこれも問題性の多い「経済学者」ですが、
同氏については金光翔さん(韓国国籍の在日朝鮮人三世の批評家。前岩波書店
『世界』編集部員)の下記のような論評があります。私もこの金光翔さんの池田
信夫評価に同意します。
> 

この点は同意しません。

(1)池田信夫という人物の書いたものをこれまで読んでいません。

(2)上記サイトを見ると、冒頭で、日隅一雄発言をとらえてコメントしていま
すが、日隅発言は「チベットの高僧」に言及しているのであって、「チベット人」
を取り上げているのではありません。「チベットの高僧」についての不適切なコ
メントがただちに「チベット人」を「馬鹿し」たものであるという批判はナンセ
ンスです。こんなことをさも重要なことのように書いている池田という人物の非
論理的な文章をまじめに読む気になりません。

この程度の人物を持ち上げているようでは、東本さんも、まだまだ(笑)。

*****************************

話は変わりますが、亡くなった日隅一雄(弁護士)をさんざん持ち上げている人
たちがいます。

しかし、私は、別件で、ろくな弁護士ではない、法的知識もないのに無責任なデ
マを流し、訂正もしない弁護士だ、と批判したことがあり、彼は嘘を訂正しない
まま死んでいきました。それゆえ、今も評価していません。

そもそも、こんな人物から「賞」をもらうというのも噴飯ものですが、今では
「日隅一雄記念ナントカ賞」とやらもできているようで、お笑いです。

(とはいえ、全否定しているのではなく、それなりにいい仕事もした人物だとも
思っています。)




----- Original Message -----
> 前田氏 wrote:
> > 上杉隆というジャーナリストについては、自由報道協会などでいい仕事を
した面
> > と、「暴力」事件で話題になったことなど、いろんな面があるようです。
> 
> 上杉隆という「ジャーナリスト」は「自由報道協会などでいい仕事」もしてい
ません。「うそ」をつくという行為はふつうの人でも大問題
> というべきですが、上杉隆という人物はとりわけジャーナリストとしては致命
的といってよい「うそ」を平然とつくイエロー・ジャーナリ
> ストです。
> 
> 下記のブログ記事がその例を端的に示しえているでしょう。誰が見ても上杉氏
には弁明の余地はありません。
> 
> ■〈嘘〉である事が確認されている上杉氏の発言一覧
> http://www34.atwiki.jp/ddic54/
> 
> 上記のサイトの記事からもっとも最近の上杉氏の「うそ」をあげておきましょ
う。
> 
> ■上杉隆 氏はシリアへ行ったのか?(答は当然上杉氏は行ってもいないシリア
に「行った」といううそをついている、です。)
> http://www34.atwiki.jp/ddic54/pages/227.html
> 
> 上杉氏の放射能問題に関するうそについては下記の記事が論証的にそのうそを
徹底的に指弾しています。
> 
> ■ドブレイユさんを引用している(上杉隆の)記事は捏造と断じて良い(
buveryの日記 2012-04-18)
> http://d.hatena.ne.jp/buvery/20120418
> 
> 自由報道協会自体の問題性、すなわちイエロー・ジャーナリズム性も以下の記
事で指弾されています。
> 
> ■自由報道協会の自壊(アゴラ 2012年01月31日)
> http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51771144.html
> 
> 上記の記事の筆者は池田信夫というこれも問題性の多い「経済学者」ですが、
同氏については金光翔さん(韓国国籍の在日朝鮮
> 人三世の批評家。前岩波書店『世界』編集部員)の下記のような論評がありま
す。私もこの金光翔さんの池田信夫評価に同意し
> ます。引用しておきます。
> 
>       「池田は無茶苦茶な主張を展開していることも多いが、その左派
批判はしばしば正しい。池田は、マスコミやリベラル・
>       左派があえて「空気」を読んで沈黙しているか、何らかの「空気」
を作ろうとしている点を、身も蓋もないやり方でぽーんと
>       衝くことがある(略)。だからこそ、私のように池田の主張の大
半には同意しない人間も、たまに池田のブログやツイッタ
>       ーを見るのであり、恐らくウェブ上の池田の読者はある程度はそ
うである。池田の方が、大多数のリベラル・左派系の書
>       き手よりも、面白さや快・不快さの感覚からすれば、一般人の感
覚に近いものを持っている。」(私にも話させて メモ21)
>       http://watashinim.exblog.jp/14623869/
> 
> 
> 東本高志@大分
> higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
> http://mizukith.blog91.fc2.com/
> 
> 
> From: maeda at zokei.ac.jp
> Sent: Saturday, September 14, 2013 4:15 AM
> To: 市民のML
> Subject: Re: [CML 026530] Re: もう、だまされないよ♡
> 
> 前田 朗@いつも余計なひと言、です。
> 9月13日
> 
> 池辺さん
> 東本さん
> 
> ご苦労様です。
> 
> 池辺さん、これは1本とられましたね。
> 
> 「原発問題と靖国問題は別だから」と反論することも可能ですが、「平和」の
質
> が問われることになるので、そういう反論はやめておいたほうがよいかと思い
ま
> す。
> 
> 上杉隆というジャーナリストについては、自由報道協会などでいい仕事をした
面
> と、「暴力」事件で話題になったことなど、いろんな面があるようです。
> 
> 
> ----- Original Message -----
> > 「平和のピアニスト」の池辺幸惠さん
> >
> > 言いたいことは山ほどありますが、「上杉笑い話」の一件についてのみ述べ
て
> おきます。
> >
> > http://www.youtube.com/watch?v=rJzpxrB87iQ&feature=youtu.be
> >
> > 下記の「もう、だまされないよ♡」の文脈から判断すれば、あなたは、「上
杉
> 笑い話」を「もう、だまされない」ための「知恵」の
> > ひとつとして引用されていますね。
> >
> > しかし、私は、10日ほど前にこのメーリングリストにも発信した「シリア
情
> 勢(2) 高岡豊氏(中東調査会研究員)の論の視
> > 界の深度とわが国のメディア一般の視野狭窄の(あるいは権力迎合的)報道
に
> ついて――「アジアプレス」の記事を例にし
> > て」という記事の中で上杉隆氏は毎年8月15日に靖国神社への参拝を続け
て
> いる超タカ派ジャーナリストでしかないことを
> > 証拠を挙げて指摘しています。
> > http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-656.html
> > ↓
> > ■靖国神社で迎えた67回目の終戦記念日(上杉 隆 2012年08月20日)
> > http://no-border.asia/archives/3262
> >
> > 読まれましたか? 上記のような記事を平然と発信しているところをみると
お
> そらく読んでいないのでしょうね。
> >
> > 「上杉笑い話」のような記事を発信する行為は「平和のピアニスト」と自称
す
> る行為と明らかに矛盾しますね。
> >
> > その点を1点だけ指摘しておきます。
> >
> >
> >
> > 東本高志@大分
> > higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
> > http://mizukith.blog91.fc2.com/
> >
> >
> > 
> 


CML メーリングリストの案内