[CML 026520] 【報告】第877日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 9月 13日 (金) 07:13:37 JST


青柳行信です。 9月13日。

明日、【日時】9月14日(土) 10:30 〜 16:00
 ●記念講演「映画で引き継ぐ『はだしのゲン』のメッセージ」
   講師 石田優子(いしだ ゆうこ)映画監督
●映画上映「はだしのゲンが見たヒロシマ」
  【会場】西南学院大学 チャペル
     ※福岡市地下鉄「西新」駅より徒歩約10分
 【料金】一般¥1,000 学生¥500
【問い合わせ】「2013年 非核と平和のつどいin福岡」実行委員会事務局 
                TEL092-483-0431(柳原)E-mail np-tsudoi at goo.jp 

【転送・転載大歓迎】
   ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第877報告☆
      呼びかけ人賛同者9月12日迄2985名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】9月12日11名。
  吉原由美子 下河伸二  中川清昭 鹿毛優子 高川尚子 
 田辺直子  阿南祐子 稙田謙一 宮崎優子 西門澄晴 内 幸美
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
1週間が 経つのが速いですね。
もう、週末に掛かります。

各地で汚染水、避難者、除染の話しが出ています。
「何の解決にもなっていない」と。
あんくるトム工房
コンサートのご案内  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2617
七色唐辛子     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2616
 土曜日にコンサートを準備しています。
 夏の疲れを ゆったりした気分で 癒しませんか。
 ライブハウス PEACE ピースに いらしてください。

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆強兵富国に現をぬかす国にありて十勝の平野を沃野に変へし
     (左門 9・13−313)※
小泉・竹中「改革」は何のことはない「新自由主義」という金融資本に従属し
た格差社会による富裕層の一人勝ちの走狗だったのでした。
今のアベノミクスもまた、この金融資本に従属した破壊的暴政なのです。
トーマス・カリアーは『ノーベル経済学賞の40年(下)』で言います。
「二〇〇一年に電力の規制緩和がカリフオルニアと西海岸で失敗した理由を
説明できたノベル(経済学)賞受賞者はどこに居たのだろうか。
サブプライムローン問題が猛威を振るった二〇〇八年、アメリカの金融
システムに対するリスクを正しく説明できたノーベル(経済学)賞受賞者はどこにいたのだろうか」
(98頁)。牛首別には日本と世界を救う実績があります。

★ 石橋近・北九州 さんから:
NHKが昨日の7:30の特集で安倍さんの嘘と福島の現状を報じたのはよかったですね。
従来だったら、ほとぼりがさめたころ、じわりと出すようなNHKですが、
今回はさすがに反応が早かったです。

★ 加治忠一(福岡県香春町長) さんから:
<事前にメッセージを掲載します。>
「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」に
  参加された皆さんへ 2013.9.11 

 本日の「さよなら原発!11.10九州沖縄大集会」に結集された皆さん、大変ご苦労様です。
 さて、2020年夏季オリンピック大会の開催地が東京に決定いたしました。「福島原発事故が東京に悪影響を及ぼすことは、今も将来も全くありません。完全に汚染水もコントロー
ルされています。私が保証します。」安倍晋三首相は、言い切ってプレゼンテーションを終えました。首相の演説が東京招致成功の大きな要因になったことは間違いありません。
 同時にこの演説により、我が国は、五輪招致にあたって福島原発事故に伴う放射能汚染問題の解決を全世界に向かって約束し、東日本大震災から完全に復興した姿を世界に示すと
誓ったことになり、国際公約を宣言したことになります。
 現状はどうでしょうか?東京電力福島第一原発の増々深刻化する汚染水漏れに、世界各国は「炉心溶融以来の最大危機」とし「レベル3」の基準に大変な状況に陥る事に憂慮と危
惧の念を抱いています。
 仮置きされた大量の汚染水が流出し、また毎日数百頓もの汚染地下水が漏れ出しています。
 対策の遅れによる、福島近海の高濃度放射性物質の蓄積が進んでいると伝えられ、このままの状態で垂れ流されるならば、地球全体を汚染する危機的状況になっています。問題は
今日収束の見通しすら立っていないことです。
 大会参加の皆さん!
 原発事故で「生まれた故郷」を追われ、不自由な避難生活を余儀なくされている人々が未だ約15万人も居ます。私たちはこの現実を決して忘れてはなりません。
 東京五輪開催に伴う経済活動の活性化・景気上昇と云う「光」の部分に捉われず、福島第一原発事故・東日本大震災と云う壊減打撃と云う「闇」を隠し去ってはならないことを再
度確認しなければなりません。
 「さよなら原発!11.10九州沖縄大会」の成功を祈念致します。

「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」(代表呼びかけ人メッセージ↑)
  ホームページHP http://bye-nukes.com から、↓ご協力お願いします。
<マフラータオル注文。呼びかけ人 個人・団体登録。メッセージ。カンパ。
Tシャツ注文。→ある種類はなくなっています。集会チラシ・ラウンロード>

<藤田祐幸さんのお話・講演をご希望の方・団体は 
藤田さんメールアドレス fjit at nifty.com 自宅の筺0959-22-1137 まで。>

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日は、紙面の2つの記事の紹介を漏らしました。
そのひとつがフランスの風刺画のことです、日本政府の方が、被災者を傷つけると発言されていますが、その前に安倍首相の招致活動での発言はもっとひどく被災者を傷つけましよ
ね。関連記事は追って紹介します。

さて、今朝も福島第一事故現場の汚染水問題が次々と報じられています。
次の3つの記事、それぞれ異なる場所のことを伝えています、理解できますか。
1.「高濃度汚染水が再流入=2号トレンチ、建屋側から?−福島第1」時事通信09/1220:05
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091200868
記事「・・・・・福島第1原発2号機のタービン建屋海側にあるトレンチ(ケーブル用配管トンネル)に高濃度の放射能汚染水がたまっていた問題で、東電が抜き取り作業をした
後、再び汚染水が流入していたことが12日分かった。東電が同日、原子力規制委員会の汚染水対策作業部会に報告した。東電によると、汚染水の抜き取り作業は8月下旬に完了し
た。この汚染水には放射性セシウムが1リットル当たり23億5000万ベクレル含まれており、トレンチから周辺に漏れる恐れがあったため、約210トンが2号機タービン建屋
に移された。・・・・・ところが、その後トレンチ内の水位が1日8センチの割合で上昇。放射性物質濃度を調べたところ、8月31日時点でセシウムが同8億5000万ベクレ
ル、ストロンチウムなどのベータ線を出す放射性物質が同5億1000万ベクレル含まれていた。」
1’.「排水溝除染の水漏出か=海近くで放射能濃度上昇−福島第1」時事通信09/1212:49 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091200417
記事「・・・・・東電は12日、海岸の手前約150メートルに位置する排水溝で11日採取した水からストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質を1リットル当たり220ベ
クレル検出したと発表した。同地点の前日採取分(同19ベクレル)から11倍に急上昇した。この排水溝の上流では除染作業をしており、その際の水が流れ込んだ可能性があると
いう。」
1”.「トリチウム濃度さらに上昇=漏えいタンク近くで最高値−福島第1」時事通信09/1300:58
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091300001
記事「・・・・・東電は12日、漏えい場所の近くに掘った観測用井戸で11日に採取した地下水から、放射性トリチウム(三重水素)が1リットル当たり9万7000ベクレル検
出されたと発表した。10日に同じ場所の地下水を測定した際の値と比べ、約1.5倍に上昇し、漏えい後にこの付近で採取した地下水のトリチウム濃度の最高値を更新した。」
・・・・・ずさんな管理、大変な事態が進行しています。
・・・・・こんな非常事態でも国会も開会されない。一方では、その他の重要な課題が国会審議も経ずして先行して進められるのも、おかしい!

次も、“福一”の記事
2.「がれき撤去で放射性物質が付着 作業員ら汚染、福島第1原発」東京新聞9月12日 21時59分
記事全文「福島第1原発で8月、作業員らが相次いで放射性物質に汚染された問題で、東京電力は12日、3号機の原子炉建屋からがれきを撤去する作業で放射性物質が飛散し、作
業員らに付着した可能性が高いと発表した。第1原発では、8月12日に社員10人、同19日に協力企業の作業員2人の頭部などから放射性物質を検出。免震重要棟付近の放射性
物質濃度上昇を示す警報も鳴っていた。東電によると、両日とも、3号機の原子炉建屋でがれきの撤去作業を実施。22日に作業を休止して以降、警報は鳴っていないため、原因と
判断したという。」(共同)
2’.「第1原発は『野戦病院』 東電副社長、トラブル対処釈明」福島民友(09/12 09:55)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0912/news11.html
記事「・・・・・・・・相沢副社長は『野戦病院』に例えた理由として原発事故後、急ごしらえで屋外に造られた電線や配水管など仮設の設備が残ることを挙げた。廃炉に向けて約
40年もの険しい道のりが待ち構えることを念頭に『構内の設備、作業環境を安定的に変えていく』と強調した。・・・・・・・・」

次に、フランスの風刺画に関する記事、
3.「汚染水漏れで五輪東京開催を風刺 仏週刊紙、腕3本の力士描く」西日本(09月11日 22時19分)
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/38943
記事「【パリ共同】フランスの週刊紙カナール・アンシェネは11日付の紙面で、2020年夏季五輪開催地に東京が選ばれたことと、東京電力福島第1原発の汚染水漏れを関連づ
け、腕や脚が3本ある力士などを描いた風刺画を掲載した。風刺画は計2枚。・・・・・・」
3’.「仏週刊紙の風刺画に抗議へ=『被災者傷つける』−菅官房長官」時事通信09/1212:40 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091200409
記事「・・・・菅氏はこの風刺画について『被災した方々の気持ちを傷つけて、汚染水問題について誤った印象を与える不適切な報道だ』と述べた。また、外務省に対し、海外で不
適切な報道が行われないように、汚染水に関して十分説明するよう指示したことを明らかにした。」
・・・・・日本側が火種をつくっているのですが・・・・。
・・・・・安倍首相にも同じことを言ってください、「被災した方々の気持ちを傷つけ」た、と。
3”.「日本大使館、仏週刊紙に抗議=原発事故の風刺画掲載」時事通信 09/1223:57
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091200961
記事「・・・・・・日本大使館によると、週刊紙側は電話での抗議に『承った』と返答した。オロー編集長はその後、仏テレビで『被災者を傷つけるつもりはなかった。こんな騒ぎ
になって驚いている』と表明。風刺画掲載については『表現の自由だ』と述べ、謝罪する考えがないことを示した。」

続けて、海外関連を3つ、
4.「韓国に働き掛け要請=輸入規制解除で水産庁に−山谷北海道副知事」時事通信09/1217:40
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091200715
記事「・・・・・韓国は福島など8県の水産物の輸入を禁止したが、北海道は含まれていない。ただ、韓国は8県以外の水産物に対しても、微量でも放射性物質が検出されれば、追
加検査を要求する方針。この検査は1カ月以上かかり、鮮魚の輸出が事実上不可能になるという。北海道から韓国には、スケトウダラなどが多く輸出されている。」
5.「『事故なくすには脱原発を』=菅元首相が訪台」時事通信09/1222:25 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091200955
記事「【台北時事】反原発の市民団体の招きで台湾を訪れた民主党の菅直人元首相は12日、台北市内で記者会見し、『原発事故をなくそうと思えば、原発をなくせばいい。それが
できるのは、台湾でいえば、台湾の国民の皆さんだ』と述べ、脱原発を目指すには草の根レベルの運動の盛り上がりが必要との認識を示した。・・・・・・・・」
6.「シェールガスの対日輸出認可=東ガス、関電向け−米 」時事通信09/1209:53
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091200095
記事「【ワシントン時事】米エネルギー省は11日、米ドミニオン社による液化天然ガス(LNG)の対日輸出事業を認可したと発表した。同社は住友商事と連携し、2017年に
東京ガスと関西電力向けにシェールガスを含むLNGの供給を始める計画だ。・・・・・・・LNGの対日輸出認可は、5月に認められた中部電力や大阪ガス向けの米フリーポート
社の事業に続いて2件目。・・・・・・・・」

被災地フクシマ、
7.「関連死増依然深刻 今年度県内76人 東日本大震災2年6カ月0」福島民報9/12 08:35 
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2013091210823
記事「・・・・・震災と東京電力福島第一原発事故で約14万7千人が避難生活を強いられている本県では、避難先で体調不良などで亡くなる震災関連死(原発事故関連死)の人数
が増え続け、依然として深刻な状況だ。平成25年度の認定者数(4〜8月末)は宮城県の約8倍、岩手県の3倍余りに当たる76人となっている。県内の仮設住宅での「孤独死」
は8月末時点で少なくとも累計23人に上ることも分かった。避難者の生活環境改善が急務となっている。」
・・・・昨日もこうした関連記事が多くありました。
8.「原発事故関連死(42)命の重さ 慰謝料 迫る時効 東電任せでいいのか 長期避難に対応した法」福島民報09/12 11:57
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/09/post_8090.html
記事「・・・・民法は損害賠償の請求権が失われる時効を3年とする。・・・今年5月、衆参両院は全会一致で「特例法」を成立させた。時効までに裁判外紛争解決手続き(AD
R)を申し立てた人に限り、手続きの打ち切り後、1カ月間は損害賠償請求訴訟を起こせるとした。・・・避難生活の中でストレスなどを抱え、命を落とす原発事故関連死。古里に
帰還できない状況が続く限り、ゼロになることはないとみられている。『収束さえしていない原発事故の賠償に時効があっていいのか。被災者に寄り添っていない』。県や被災市町
村などは被災者の救済が滞らないよう、時効問題を解決する法整備を国会に求めている。・・・・原発事故に限り時効を中断する法整備を望む声が各方面で渦巻いている。法の制
約がない以上、東電が計画の中でうたっている『柔軟な対応』が将来的にも維持されるのかが不透明なためだ。被災者に寄り添う法律家や国会議員の見解とは対照的に、福島第一原
発から遠く離れた東京・霞が関には、時効によって救済が滞ることへの危機感が薄い。・・・賠償制度を管轄する文部科学省の原子力損害賠償対策室は東電の計画に理解を示す。幹
部は国の立場を、こう説明した。『時効への対応を含む東電の計画の履行状況を注視しながら、問題があれば国が指導する』・・・」
・・・・・東電や政府は3年を超える時期をじっとまっているのではないか??
9.「対象地域指定に批判集中 子ども・被災者支援法 福島で説明会」福島民報09/12 09:03
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2013091210838
記事「福島第一原発事故の自主避難者らを支援する「子ども・被災者支援法」の基本方針案に関する復興庁主催の説明会が11日、福島市で開かれた。参加者から「支援対象地域」
の指定範囲などに不満が噴出、方針案見直しを求める声が上がった。政府は10月上旬ごろの閣議決定を目指すが、紆余(うよ)曲折も予想される。・・・自主避難者や地方議員ら
約170人が参加した。同庁職員は中・浜通り(避難地域などを除く)の計33市町村を支援対象地域とした理由に『相当な線量』と『自主避難者の多さ』を挙げたが、地域内外の
住民から『基準があいまい』との批判が集中。参加者から『県外も含め年間積算線量が1ミリシーベルトを超える地域を全て支援対象地域にすべき』との声が相次ぎ『同庁側は
「線量での線引きは地域を分断する』とし、市町村単位の指定に理解を求めた。・・・同庁は13日に東京でも説明会を開くが、それ以外の開催については「現段階では未定」とし
ている。・・・・・・同庁は11日、説明会に先立ち、方針案に関する意見公募の期間を23日まで10日間延長することを決めた。」

10.「放射性物質検出結果掲載紙面」福島民報9月13日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
11.「『あんぽ柿』モデル地区860戸 3年ぶり生産再開へ」福島民友(09/12 09:35)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0912/news6.html
記事「・・・・・事前に3市町の全生産農家約1600戸から熟す前の果実(幼果)を集め、含まれるセシウム濃度を検査した結果、1キロ当たり10ベクレル以下のほ場が8割以
上を占める地域を選定。伊達市は旧町、桑折、国見両町は大字単位で設定した。・・・・同日までに、あんぽ柿をつぶさなくてもセシウム濃度を検査できる非破壊式検査機器が開発
され、出荷前の全量検査が可能となった。測定機器は3市町に計12台導入する計画。」
12.「放射性物質検査精度向上説明会 郡山でキノコ・山菜類の出荷制限解除に向けて」福島民報(09/12 08:45)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2013091210833
記事「・・・・(福島)県は11日、東京電力福島第一原発事故によるキノコ・山菜類の出荷制限の解除に向けた説明会を郡山市の県林業研究センターで開いた。市町村に対し、個
人から持ち寄られた食品の放射性物質検査のデータ提供を求めた。・・・・出荷制限の解除には、市町村の単位で、3カ所以上の検査結果が基準値を下回ることが条件。・・・・説
明会には市町村の担当者ら約百人が出席した。」

13.「郡山市の人口、32万8112 いわき市抜き東北2位」河北新報9月12日
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/09/20130912t63018.htm
記事「福島県郡山市は11日、市の推計人口(1日現在)が32万8112でいわき市の32万7993を抜いて福島県でトップとなり、東北の市町村では仙台市に次ぐ2位になっ
たと発表した。 ・・・・・郡山市は企業立地に伴う従業員の転入で、ことし5月から人口が持ち直す傾向を見せている。・・・・・・・両市とも原発事故の避難者を多数受け入れ、
多くの復興、除染作業員も滞在しているが、住民登録しておらず、統計数値に表れていない。・・・・・」
・・・・・実際の人口は、もっと異なる数字でしょう。
14.「Jヴィレッジ『東京五輪キャンプ地に』=サッカー協会、復興に意欲」時事通信09/1218:14 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091200753
・・・・・・・7年後に作業員の宿泊施設で亡くなっている見通しはないのでは??
 
九州、
西日本新聞昨日朝刊30面、
15.「(原発なくそう!九州)川内訴訟 137人追加提訴 4回目、計2095人に」9月12日

16.「焼却灰からセシウム9割以上除去 福岡大など処理システムを開発」西日本09月13日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/23476/1/
記事「・・・・・環境省は、放射性セシウム濃度が1キログラム当たり8千ベクレルを超える災害廃棄物は『一時保管が適当』とし、被災地では約8万トンの焼却灰が埋め立て処分
できず、焼却施設の敷地などに置かれたままだ。樋口教授は『食器の漬け置き洗いや髪のリンスの仕組みをヒントにした。被災地では汚染焼却灰が飽和状態となっており、システム
を使うことで安全に焼却灰を減らせる』と話している。」 
17.「新日鉄住金が電力融通」09月12日 18時20分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/23454/1/
記事「・・・・・八幡製鉄所戸畑地区(北九州市戸畑区)から小倉製鉄所(同市小倉北区)への電力融通を始める・・・・・・・両製鉄所は約3キロと近接しており、専用送電線は
敷設せずに九電の送電網を利用する予定。・・・・・・・」

いま届いた西日本新聞朝刊紙面では、
2面に、
18.「米高官『極めて深刻』北朝鮮原子炉再稼動を懸念」
18’.「『原子炉古くひどい状態』ロシア外交筋」

6面、
19.「聞き書きシリーズ 原爆を背負って “同僚の遺骨探して” 被団協谷口さん」
14面経済欄上方隅に、17.の記事

31面福岡ワイド、
20.「エネルギー産業立地へ特区 県と北九州市が提案」
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_sougou/article/39216
33面社会欄に、1.、1’.の類似記事、見出しに、
21.「福島第一原発 除染で使用の水流出か 東電、またもずさん管理」
22.「トリチウム濃度23倍に タンク汚染水漏れ」
それらの記事の横に、
23.「核燃料再処理中止の要請文 13カ国の平和団体」
・・・・日本原燃の使用済み核燃料再処理工場の稼動計画中止を求める・・・・・。
同じ紙面に、16.と3”.の類似記事があります。
今朝の紙面は以上です。
昨日の訂正:13.の記事 誤「・・・事故責任論まで」→正「自己責任論まで」

★ 石垣敏夫 さんから:
みなさん
安倍首相発言を朝日新聞等「国際公約」と言っていますが、
そうではありません。安倍首相は嘘をついたのです(IOC選考委員を騙した)。
フェアーでないので、発言を取り消し、退場処分にすべきです。
以下転送
━━━━━━━
┏┓
┗■1.世界に向けて真っ赤なウソを平然と言い放つ安倍首相の責任
| 福島第一原発の専用港「湾内」と外洋を隔てて「ブロックする」
| ような構造物など何もない
└──── 山崎久隆(たんぽぽ舎)

IOC総会で安倍首相は「汚染水は港湾内で完全にブロックされている。抜本解決のプログラムを私が決定し、着手している」と発言した。世界に向けて真っ赤なウソを平然と言い
放つ神経に、怒りを通り越して呆れかえった。
本当に、こんな見え透いたウソがまかり通ると思っているのだろうか。
福島第一原発の専用港「湾内」と外洋を隔てて「ブロックする」ような構造物など何も無い。そんなことは東電の資料でも明らかだ。
東電自ら、潮の満ち引きで外洋との海水交換があることを認めている。
東京海洋大の神田穣太教授は、港湾内の海水は一日に44%程度の比率で入れ替わっているとしている。
港湾内のシルトフェンスにも完全に遮蔽する性能は無いことは、東電の作った資料にも書いてあるとおりだ。
そういう事実を知りながらオリンピックほしさに世界中の人々の前で、大変な作り話をした。その責任は重大だ。
また、抜本的対策とは何なのか。いわゆる「凍土式遮水壁」について国が資金を出すとしているだけだ。本来必要な、周囲を取り囲む形式の遮水壁、それも恒久的な遮水性能を有す
る設備は、海側の一部で着工しているが、これさえ完成するのは2年近く先の話である。陸側の遮水壁は見通しも立っていない。
その間にも汚染された地下水は毎日数百トンが湾内に流れ込んでいる。コントロールどころか流出量は増える一方だ。
最近では、海に放流する計画で作られている「地下水くみ上げ井戸」の上流側130m地点で、汚染水タンクの漏水が起きている。さらに、その他のタンクでも漏水が確認されており、
おそらくもっと数多くのタンクから汚染水が漏れ出していると考えられる。
地下水バイパス計画は、元々東電が計画していたものだが、汚染水問題が深刻化する中で田中俊一規制委員長も「敷地内は水だらけになっている。基準以下(の汚染水)を排出する
のは避けられない」といいだし、流れは「地下水バイパス」へと急激に動こうとしていた矢先に、揚水井の地下水汚染が見つかり頓挫している。

東電は調査せず=地下観測孔を掘らず
なぜなのか?=「対策せず」の「責任追及」から逃げるため

8月27日の交渉で東電に対し敷地内に千本の観測孔を掘り、地下水位の調査と放射能調査を行うよう求めたところ「必要な調査をしている」と回答してきた。しかし実際には観測孔
は13しかなく、そのため地下水の流出を見つけることも出来なかった。観測孔は増設中で、39孔まで増やすことになっているが、孔を掘れば掘るほど、新たな地下水の汚染状況が明
らかになっている。
こんなことは分かっていたはずだが、調査をちゃんとしていないのはなぜか。
調査して結果が明らかになった後も対策を行わなければ「故意」ということになるが、調査をしないで「分からなかった」のならば「過失」になるからだ。
故意による海洋汚染はもちろん犯罪であるが、過失ならば事故以来汚染水の流出続きなので、その延長線上での過失だと言い張れるというわけだ。
「東電体質」という言葉があるが、調べない、気づかない、改めないことが常の、反省の無い、改革をしない体質が会社の上部に行けば行くほど徹底している。これが最悪の現れ方
をしていたのが原発震災発生時の東電本店の対応だった。

対策は−鹿児島県志布志湾には石油備蓄タンクが43基=合計約500万キロリットル溜められる

汚染水対策は東電の、極限まで資金を惜しんで、最低限のタンク建設と資材の使い回しの結果、事態が深刻化していった。
たくさんの人々が、原発の水対策が最も重要と述べていた。吉田元所長もそう語っていた。その点では反原発も推進も関係が無い。ではどんな方法が在るだろうか。
例えば大型貯水タンクを建設するという方法もある。鹿児島県志布志湾には半地下式の石油国家備蓄タンクが43基立ち並んでおり、1基あたり約12万キロリットルで、合計約500万キ
ロリットル溜めることが出来る。東京ガスが扇島に作っている地下式の液化天然ガス貯蔵タンクは1基25万キロリットルの貯蔵能力がある。このような大型タンクを2年半前に作り
始めていれば、もうできていた。
資金繰りの悪化や人材難が対策を遅らせてきたのではといわれている。たしかにそういう面はあるが、そうならば早い段階で「手に負えない」と言うべきだろう。
手遅れに近い状態まで放置してきた東電の思惑は一体何処にあるのだろう。
東電の「仕掛け」は、汚染水問題を利用して国の資金投入を引き出し、さらに規制庁をも福島第一の後始末に引き込むことにあった。
今年4月、東電の社外取締役6人と広瀬社長が安倍首相と会談し、「国も一歩出る」との発言を引き出した。このとき彼らは辞表を持っていたという。
言うまでも無く、彼らは東電取締役を退任しても帰るところがある。国の支援というのは税金の投入を意味する。これについては原子力損害賠償支援機構が税金から5兆円を限度に
被災者への補償を「肩代わり」している。表向き国への返済をすることになっているが、実態としては「電気の安定供給その他の原子炉の運転等に係る事業の円滑な運営の確保に支
障を生じない限度において」(原子力損害賠償支援機構法第52条)返せば良いことになっている。つまり抜け道がしっかり作られている。東電は「電気の安定供給その他の原子炉の
運転等」に必要な資金は確保できるわけだ。

東電は3200億円もの大金を柏崎刈羽原発の運転再開めざして投入

東電は地元新潟県の意向など無視し、柏崎刈羽原発の運転再開準備を進めている。緊急対策設備を作り、防潮堤を建設し、ベント装置を作るなど、3200億円もの金を掛けて運転再開
のための規制基準適合審査を受けようとしている。動かせるはずのない原発に、とんでもない無駄金をつぎ込んだ。
普通ならば重大事故を起こした会社が、その事故の後始末さえしていないのに事故原因となった設備の再開準備に莫大な資金を投入するなど許されるはずが無い。補償や事故収束に
まず資金投入されるはずだ。
ところが東電は福島第一の汚染水対策の資金を国に「無心」しつつ、柏崎刈羽に、その無心した金額の何倍もの資金を投入している。
2年半前に責任を問うて、破たん処理をしておくべき会社を生き残らせたために、国民負担は巨大になるばかりだ。今からでも東電を解体することが問題解決のためには必要だ。

★ 紅林進 さんから:
 <明日9/14(土)再稼働反対!9.14さようなら原発大集会in亀戸
大飯原発3号機は定期検査のため9月3日未明に運転を停止し、
大飯4号機は9月15日から定期検査に入り、9月15日には全国
の原発は再び稼動「ゼロ」を迎えますが、その前日である明日の
9月14日(土)に東京・亀戸の亀戸中央公園で、「さようなら原発
1000万人アクション」主催により開催されます「再稼働反対!9.14
さようなら原発大集会in亀戸」のご案内を転載させていただきます。

集会終了後、午後3時15分からパレード(デモ)が行われます。
原発再稼動を許さないために声を上げましょう!

●再稼働反対!9.14さようなら原発大集会in亀戸
 日時:9月14日(土)11:00〜
 場所:亀戸中央公園
    (東武亀戸線「亀戸水神駅」2分、JR「亀戸駅」「平井駅」15分)
     地図http://tokyo-eastpark.com/information/kameido/access.html
 ☆プログラム
 11:00〜 ブース等出店開始
 13:00〜 第一部集会(スピーチ、リレートークなど)
 13:30〜 オープニングライブ「光風 & Green Massive」
 14:00〜 第二部集会(呼びかけ人、賛同人、福島から、再稼働現地から)
 15:00  閉会
 15:15〜 パレード出発 ※2コースを検討。錦糸町方面と浅草方面。
パレード出し音楽:河村博司(ギター)with磯部舞子(バイオリン)、日本音楽協議会
主催:さようなら原発1000万人アクション
    http://sayonara-nukes.org/2013/08/130914booth/

10月13日(日)には、「首都圏反原発連合」、「さようなら原発1000万人アクション」、
「原発をなくす全国連絡会」の共催による「10.13 NO NUKES DAY」が開催されます。 

(以下は詳細予定)
-----------------------------------------------
●再稼働反対!9.14さようなら原発大集会in亀戸
http://sayonara-nukes.org/2013/06/koudouyotei2013_9/
日時:9月14日(土)11:00〜
場所:亀戸中央公園
   (東武亀戸線「亀戸水神駅」2分、JR「亀戸駅」「平井駅」15分)

☆プログラム 
11:00〜 ブース等出店開始
11:30〜 小ステージ催し物
       舘野公一「力づくバンド」〜原子力資料情報室
       〜国分寺エクスペリエンス〜日本音楽協議会
13:00〜 第一部集会 司会:菱山南帆子さん
       各地報告
        青森から   山下義仁さん(反核実行委員会事務局次長)
        福島から   二瓶和子さん(スノードロップ代表)
                 増子理香さん(つながろう!放射能から避難したママネット)  
        東海村から  相沢一正さん(東海村議会議員)
        横須賀から 
        新潟から   中村 進さん(新潟県平和運動センター)
        福井から   水上賢市さん(福井県平和環境人権センター事務局長)

13:30〜 オープニングライブ「光風 & Green Massive」
14:00〜 第二部集会
        開会あいさつ  落合恵子さん
        呼びかけ人あいさつ  大江健三郎さん
        福島から  長谷川克己さん(郡山から静岡への避難者・
                       富士の麓のうつくし村代表)
        泊から    小野有五さん(北海道大学名誉教授)
        伊方から   門田鈴枝さん(原発さよなら四国ネットワーク)
        川内から   下馬場学さん(鹿児島県護憲平和フォーラム代表)
        閉会あいさつ  鎌田慧さん
15:00  閉会
15:15〜 パレード出発 
       錦糸町コース(「江東橋側大横川親水公園」流れ解散)
       押上コース(「業平橋側大横川親水公園」流れ解散)
パレード出し音楽:河村博司(ギター)with磯部舞子(バイオリン)、日本音楽協議会

★ ギャー さんから:
昨日は、本日からの市議会開催に合わせて、「アルミ缶回収禁止条例」反対の野宿の仲間の署名を129人分手渡したので、テレビ局などがやって来ました。昨日の行動は、毎週
やっている市役所への「仕事よこせ」の行動と同じで、60人余りの日雇い・野宿の労働者で押しかけて、秘書課や収集管理課に署名を手渡しました。
昨日もテレ西のニュースで流されたようですが、今度の土曜のCUVEという番組で、仲間がアルミ缶を集めている場面ともども放映されるそうです。
失業状態の多くの日雇い・野宿の労働者に対して、行政が仕事の保障をすることなく、唯一の現金収入の道であるアルミ缶の回収を禁止する「条例」を制定することに反対しての行
動なのです。
「おれたちを殺す気か」という声が、仲間たちから上がっています。軽トラなどでアルミ缶等を回収する一部の業者の乱雑な振る舞いが問題になって「条例」の話しが出てきたとも
聞いています。仲間たちは、大きな音を立てたり散らかしたりすれば、次から出してもらえなくなるので、そうしたことに気を使っています。それでも、マンションの住民たちに取
り囲まれたり、水の入ったポリ袋やペットボトルを投げつけられたり、「缶ドロボウ」と大騒ぎされ警察を呼ばれたり、パトロール中の警官に「逮捕するぞ」と脅されたりなどが日
常的に行われているのです。「条例」の制定はこうしたことに拍車をかけ、今でも公園のテントに子供たちが石や爆竹を投げ込んできますが、こうしたことがエスカレートし、東京
や大阪のように、殺人行為にまでいくのではないかと心配です。誰も好き好んで夜中ぢゅう気を使って駆けずり回って、わずか2〜3千円の金を手に入れるためのアルミ缶集めなど
したくはないのです。かろうじて命をつなぐだけの仕事より、ちゃんと生活できるだけの仕事がしたいのです。 
「自分で働いて生活したい」という仲間にとって、「生活保護で生活しろ」という施策は的はずれです。実際に、生活保護を取った途端に急に老け込んで死んでしまったり、自殺し
たりした仲間を何人も知っていますし、私の目の前で亡くなっていった仲間も何人もいます。 
アルミ缶の回収を禁止する「条例」の制定は、現在唯一の仕事として手配師から声がかかる福島第一原発での作業や周辺のガレキ撤去の被曝労働に日雇い・野宿の労働者を追いやる
ものです。
日雇い・野宿の仲間以外の多くの皆さんから、福岡市への抗議の声を届けてください。「条例」の制定ではなく、仕事を保障するように声をぶつけてください。「条例」の制定が
云々されるに至る理由の一つに、アルミ缶回収への「市民からの苦情」というのがあります。日雇い・野宿の労働者以外の市民から反対の声が多く寄せられれば、それも「苦情」に
対抗する「市民の声」なのです。よろしくお願いいたします。

○−−−−−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−−−−−○

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」●
     事務局・各専門部会 会議
日時:9月17日18:00〜
場所:民医連 会議室
 福岡市博多区博多駅前1-19-3 博多小松ビル2階
    tel 092-483-0431 
 地図: http://tinyurl.com/nyhy6go

●「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」●
    第二回実行委員会
日 時:9月29日(日)14時より 
場 所:大名町カテドラル・センター 1F 講堂
    福岡市中央区大名2-7-7 (西鉄グランドホテル前)
   地図はこちら →http://tinyurl.com/ngbbyoq

「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」
  ホームページHP http://bye-nukes.com から、↓ご協力お願いします。
<マフラータオル注文。呼びかけ人 個人・団体登録。メッセージ。カンパ。
Tシャツ注文。→ある種類はなくなっています。集会チラシ・ラウンロード>

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第6回口頭弁論期日 9月27日(金)14:00 佐賀地裁
      午後12時30分に佐賀県弁護士会館に集合
      原告総数 原告総数  6817名(10/11現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 原発労働者梅田裁判第7回口頭弁論 301号大法廷)● 
    ■日時:10月2日(水)■場所:福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1−1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会9:30〜   〇入廷行進9:45〜
    〇裁判開始10:00(口頭弁論・意見陳述)
   〇報告集会10:30 福岡市立中央市民センター ホール
  福岡市中央区赤坂2丁目5−8 tel092−714−5521
    地図 http://tinyurl.com/ll3slxq

■ 6/25に不当逮捕され、7/17に起訴された福岡の原発事故避難者
10月3日(木)13時半〜17時 第2回公判
(検察側証人尋問)の予定です。

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
     午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
  <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
        青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内