[CML 026513] 「異常な高さを示す証拠はなし」 WHO、イラクにおける先天性障害発症率に関する予備調査結果発表

Kazashi nkazashi at gmail.com
2013年 9月 13日 (金) 01:23:00 JST


[転送・転載歓迎。重複受信される方、ご容赦ください]

皆様
WHOとイラク保健省によって行われた「イラクにおける先天性障害発症率に関する予備調査」の結果が、ようやく発表になりました。
イラク保健省の名においてまとめられた要約が、WHOのホームページに、9月11日付けでアップされました。
http://bit.ly/1aF9ysd

その結果は、一言でいいますと、「異常な高さを示す証拠はなし」というものです(下掲抄訳参照)。WHOによる結論は、調査結果を忠実に反映しないのではと懸念されていましたが、その懸念が見事に当たった結果となってしまいました。
しかし、例えば、半年ほど前、BBCは、「WHOは、イラクにおける先天性障害に関するパイロット調査の結果を近く発表しますが、その内容は、先天性障害の増加を確認するものとなりそうだ(下掲ニュース抄訳参照)」と報じていましたので、今回の発表は、こうした報道と真っ向から矛盾するものとなっています。
今回に結果発表に関しては、データの公表を求めてオンライン署名を始めた、ファルージャのサミラ・アラーニ医師をはじめ、多くの当事者・ジャーナリストから強い批判・反論の声が上げられるかと思います。ICBUWでも、様々な形で問題にしていきたいと思います。引き続き、ご支援・ご協力のほど、宜しくお願いいたします。

嘉指信雄、ICBUW
「結論より———
調査データは、イラクの18地域で、サンプル世帯の出産年齢の女性たちをインタビューすることによって集められた。自然流産、死産、先天性障害の率は、国際的な推定値に一致するか、あるいはそれよりも低いものである。調査結果は、イラクにおける先天性障害発症率が異常に高いと示唆する明確な証拠を提供するものではない。・・・・」
(The survey data was collected by interviewing women of reproductive age in
a sample of households in 18 selected districts of Iraq. The rates for
spontaneous abortion, stillbirths and congenital birth defects found in the
study are consistent with or even lower than international estimates. The
study provides no clear evidence to suggest an unusually high rate of
congenital birth defects in Iraq.)

---------- Forwarded message ----------
From: Kazashi <nkazashi at gmail.com>
Date: 2013/3/23
Subject: WHO、イラクにおける先天性障害増加に関する報告書を近く公表(BBC、3月21日)
To: nodu <noduproject at yahoogroups.jp>

[転送・転載歓迎。重複受信される方、ご容赦ください]
BCCオンライン(3月21日)にアップされましたビデオニュースによりますと、WHOは、イラクにおける先天性障害に関するパイロット調査の結果を近く発表しますが、その内容は、先天性障害の増加を確認するものとなりそうだ、とのことです。この調査は、2010年に開始され、その結果の公表が待たれたいました。
このビデオニュースの中で、バスラ母子病院のサバク医師は、「先天性障害の増加は、イラク戦争において用いられた兵器によるものだ」と確信していると述べています。
改めて、抄訳をお伝えさせていただきますが、とりあえず、ICBUWからの下記メールを転送させていただきます。 嘉指

---------- Forwarded message ----------
From: ICBUW Office <office at icbuw.org>
BBC: major Iraq birth defect study expected to show increase linked to
conflict

The BBC has reported that a much anticipated study by the WHO and Iraqi
Ministry of Health will show that rates of birth defects in Iraq are higher
in areas that were subject to heavy fighting in 2003.
22 March 2013 - ICBUW
The report, broadcast on BBC World and available online features an
interview with researchers at the Iraqi Ministry of Health (MoH). The
researchers indicate that the report, which has been produced jointly by
the WHO and MoH, will find that rates of birth defects are higher in areas
of Iraq that were subjected to heavy fighting in the 2003 war. The
publication of the final report, scheduled for early this year has been
delayed, but the BBC's report offers a first glimpse at the results.

“The BBC’s report fits with our expectations from smaller localised studies
and the reports of healthcare professionals in Iraq,” said an ICBUW
spokesperson. “Naturally we will await the publication of the full report
but should the findings and methodology prove to be robust, the study could
add considerably to the pressure for action to reduce the legacy of modern
conflict on public health. However more research will be needed to
establish the precise risk factors responsible.”

http://www.bandepleteduranium.org/en/bbc-iraq-birth-defect-study-to-show-increase


CML メーリングリストの案内