[CML 026465] ◆米国世論、もう新聞テレビの大手メディアは信じなくなった.情報操作が難しくなった。(孫崎享)

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2013年 9月 11日 (水) 13:23:06 JST


 M.nakata です。重複おゆるしください。
 メールをいつも送らせていただきありがとうございます。 

<転送歓迎>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孫崎享のつぶやき
 米国世論、もう新聞テレビの大手メディアは信じなくなった.情報操作が難しくなった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
webで読む                   : http://ch.nicovideo.jp/article/ar340504
電子書籍で読む(月まとめ)  : http://ch.nicovideo.jp/epub/201309/ch1332
電子書籍で読む(本記事のみ): http://ch.nicovideo.jp/epub/ar340504

  

米国民の大多数がシリア攻撃に反対である。

 オバマ大統領や、ケリー国務長官等、プロパガンダ・マシーン全開でシリア攻撃を煽っている。ヒさらにラリー・クリントン等がシリア攻撃の反対を主張している。当然メディアはそれを報ずる。

 しかし、米国国民は最早踊らされていない。逆に世論のさめ具合がまし、反対の声が増してきている。そして、シリア攻撃を出来にくい環境すら形成している。

 どうしてだろう。

 一つに報ずるメディアに対する信頼が急落している。

GALLUPは6月17日「米国人の新聞への信頼、引き続き後退(Americans' Confidence in Newspapers Continues to Erode)」の標題で、米国民の新聞テレビへの信頼が大きく後退していることを示している。

 新聞への信頼

 1979年頃―51%、2000年頃―37%、2013年―23%

 TVへの信頼度

 1993年―46%、2000年頃―34%、2013年―23%

 日本を考えてみよう。

 日本の読売新聞や、朝日新聞が、ニューヨークタイムズやワシントンポスト紙よりも信頼性が高いか。質が上か。そんなことは全くない。

 残念ながら、日本国民の大手メディアへの信仰は高すぎる。

 日本の正常化は大手メディアへの過剰な信頼をなくし、c無料のTVチャネルをひねり情報を得る、定期購読して一方的に情報が来る事態から脱し、個々人が書籍(今参考になる本が多く出ています)、ソーシャルメディアなどから情報をとる努力をすべき時代に入っていると思います。

多くの人と話をして気づくことは、ソーシャルネットワークを使用している人と、TV/新聞に依存している人との情報認識の格差があまりにも大きいことです。無防備にTV,新聞を信頼する層は簡単に情報操作をされるということです。



 記事をシェアするにはこちらから:
http://ch.nicovideo.jp/article/ar340504

───────────────────────────────────
※このメールは孫崎享が、
 ニコニコチャンネルブログメルマガ機能を利用して、
 ニコニコ動画に登録されているメールアドレス宛にお送りしております。

※配信専用のアドレスのため、このメールに返信をしていただいても、
 ご返信内容の確認および返信することができません。
───────────────────────────────────
■メール内容に関するご意見・ご要望はこちら
http://ch.nicovideo.jp/letter/ch1332

■購読解除はこちら
http://ch.nicovideo.jp/my/blog/unsubscribe/ch1332

■ニコニコチャンネルヘルプ
http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&event=CE0002&cid=10307

発行  :孫崎享
配信代行:株式会社ニワンゴ( http://niwango.jp/ )
     〒104-0061 東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー
───────────────────────────────────
(C) 孫崎享. All rights reserved.
(C) niwango, inc. All rights reserved.


CML メーリングリストの案内