[CML 026461] 【拡散希望】福島原発汚染水事故で緊急国際署名はじまりました!

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2013年 9月 11日 (水) 10:34:48 JST


紅林進です。
 
福島原発の汚染水流出事故について
緊急国際署名がはじまったとのことです。
http://p.tl/hY_V
 
私もさっそく署名しました。
 
ぜひこの呼びかけの拡散を! 


(以下転載、拡散希望)
 
みなさまへ<大拡散希望> 

3・11から2年半経ちましたが
原発事故は収束どころかますます深刻な状況です 
福島原発の汚染水流出事故について
緊急国際署名がはじまりました http://p.tl/hY_V 

政府に対し、汚染水対策への集中と原発再稼働審査や原発輸出作業の中断、 
意図的な海洋放出をしないことなどを求めています。ご協力お願いします! 

署名フォーム1      http://p.tl/9YXI
署名フォーム2      http://p.tl/5ime
団体賛同も募集中です   http://p.tl/I_Pu
署名紙版         http://p.tl/WYL0 

 福島原発事故による海洋汚染が深刻な状況です。地下水を通じた流出やタンク
からの高濃度汚染水の漏洩について、緊急な対応が迫られています。もう一つの
重大事故が起きたといってもよいほどです。命の源である海をこれ以上汚染して
はなりません。意図的な放出が検討されていますが、絶対に許されません。 

 東電に対応能力がないのは明らかです。しかし政府はこの問題に正面から取り
組もうとしていません。原子力規制当局は、原発再稼働のための審査に人員を割
き、経産省は、汚染水対策をゼネコンらの営業の場として秘密会合を繰り返して
います。安倍首相は「状況はコントロールできている」「影響は港湾内で完全に
ブロックされている」などと事実無根の発言でオリンピックに浮かれています。 

 オリンピックどころではありません。原発再稼働どころではありません。原発
輸出どころではありません。新規制基準では、重大事故時の汚染水流出は全く 
想定さておらず、審査により、他の原発で同様の事故を防ぐことはできません。 
その意味でも、再稼働のための審査は中断すべきです。 

みなさん是非署名にご協力ください!
この署名は国際的にも取り組まれています 

>いますぐ署名してください!
 署名フォーム1      http://p.tl/9YXI
 署名フォーム2      http://p.tl/5ime
>団体賛同も募っています  http://p.tl/I_Pu
>紙版の署名用紙もあります http://p.tl/WYL0 

問合せ 090-8116-7155 阪上まで 

********************************** 

福島第一原発汚染水漏洩・流出事故についての緊急国際署名
(PDF版)http://p.tl/WYL0 

原発再稼働・原発輸出どころではありません
命の源である海をこれ以上汚染しないで! 

内閣総理大臣 安倍 晋三様
経済産業大臣 茂木 敏充様
原子力規制委員会委員長 田中 俊一様 

1.汚染水漏洩・流出事故について、日本政府の責任を明らかにして集中して取
り組み、原発再稼働及び原発輸出のための作業を中断すること。 

 新規制基準では、汚染水流出は想定外であり、他の原発でも同様の事故は避け
られないことから、原発再稼働のための審査は中断すること。 

2.海の汚染を防ぐために最大限の努力をすること。タンクの汚染水について、
より強固で耐久性の高い方法で貯蔵し漏れを防ぐこと。意図的な放出は絶対に行
わないこと。 

3.原子力推進機関とは独立な立場にある国内外の専門家により、国際的な叡智
を結集して対応にあたること。 

4.透明性を確保し、経産省の汚染水処理対策委員会を含む全ての政府関連の会
議を公開すること。凍土方式等の対策については、公開の場で早急に再検証を受
けること。 

5.「状況がコントロールできている」「汚染水の影響は、原発の港湾の中で完
全にブロックされている」というIOCの場での安倍首相の発言を撤回すること。 

第一次集約 9月25日 第二次集約 10月10日 

呼びかけ:グリーン・アクション/国際環境NGO FoE 
Japan/グリーンピース・
ジャパン/おおい原発止めよう裁判の会/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪
の会(美浜の会)/原子力規制を監視する市民の会/福島老朽原発を考える会
(フクロウの会) 

◆安部首相のIOCでの事実無根のプレゼンテーション 

 安倍首相はIOCのプレゼンテーションで「(汚染水をめぐる)状況はコント
ロールできている」「汚染水による影響は、福島第一原発の港湾内で完全にブ
ロックされている」と発言しました。日々汚染水が漏れ出ており、政府の対応が
後手後手にまわっていること、汚染水の影響が及ぶ範囲は不明であることが 
事実であり、安倍首相の発言には根拠はありません。 

◆汚染水の深刻な状況:大切な海をこれ以上汚染しないで! 

 東電福島第一原発事故による海洋汚染が深刻な状況です。地下水を通じた
流出やタンクからの高濃度汚染水の漏洩について、緊急な対応が迫られてい
ます。もう一つの重大事故が起きたといってもよいほどです。 

 3・11事故で大気中に放出されたストロンチウム90は約140兆ベクレルですが、
8月にタンクから漏洩した約300トンの汚染水には約24兆ベクレルのストロンチ
ウム90等のベータ線核種が含まれています。東電は別に、地下水を通じて約
10兆ベクレルのストロンチウム90が海に流出したと評価しています。(出典:東電) 

 溶けた燃料の冷却水を完全に閉じ込めるための対策は全く目処が立たない
状況です。凍土方式が提案されていますが、その実現可能性や有効性にきわ
めて大きな疑問があります。 

 命の源である海をこれ以上汚染してはなりません。国際的に大きな問題です。
海の汚染に対して、漁業者は怒りをあらわにしています。 

◆原発再稼働・原発輸出どころではありません 

 東電に対応能力がないのは明らかです。しかし、日本政府はこの問題に正面
から取り組もうとしていません。原子力規制当局は、原発再稼働のための審査
に人員を割き、経産省は汚染水対策をゼネコンたちの営業の場として秘密会合
を繰り返し、安倍首相は原発輸出のためのトップセールスに飛び回わっています。 

 政府は、いまこそ、原子力推進機関から独立な立場にある、国際的な叡智を
結集し、海の汚染を防ぐために最大限の努力をすべきです。タンク中の高濃度
汚染水を処理して意図的に放出することが検討されていますが、これを絶対に
行うべきではありません。 

 原発再稼働や原発輸出どころではありません。新規制基準のシビアアクシデ
ント対策では、このような汚染水流出を想定から外しています。新規制基準の
適合審査を行っても、福島と同様な汚染水流出事故を防ぐことはできません。 

以上 
 
-- 
「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」(eシフト)メーリングリストより転載    


CML メーリングリストの案内