[CML 026454] 【報告】第875日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 9月 11日 (水) 07:10:48 JST


青柳行信です。 9月11日。

【転送・転載大歓迎】
   ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第875報告☆
      呼びかけ人賛同者9月10日迄2973名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】9月10日1名。
      溝口宏俊
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
今日はいくぶんか 暑かったですね。
朝晩の冷え込みと、昼の温度の差が大きいですね。
風など召さぬよう お気を付けください。
夜は 遅れてですが、憲法の学習会に参加しました。
懇親会で話がもりあがって、がんばれるぞーーと思います。
あんくるトム工房
ふざけるんじゃない  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2614

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆徹夜する我等に雨の降ることを人権問題と憂へし裁判長
    (左門 9・11−411)
※福島重雄・大出良知・水島朝穂編著『長沼事件 平賀書簡 35年目の証言 自衛隊違憲
判決と司法の危機』(日本評論社)98頁に、裁判長の手帳から写された記録があります。
《九月四日「今日から北門にもう傍聴人が並んだ。午後五時頃にはもう七〜八〇人の列
になってしまった。彼らはこれから三日間、七日朝まで並ぶ。大変だと思う。
昨日のような雨ならどうしよう。人道問題にもなりかねない」》とあります。
その列の管理を担当していた一人として、このような人間的裁判官が居た!
事実を読む度に涙がにじむのです。だからこそ勝利できたのだと・・・。

★ 高森清子 さんから:
青柳様
 毎日お疲れ様です。そして、いつもありがとうございます。

★ 西岡由香(漫画家・長崎在住) さんから:
かつて核戦争で滅びゆく世界を描いた「渚にて」という映画がありました。
原発事故はスローモーションの核戦争です。
環境汚染、健康被害、情報統制などが進行する世界で、
私たちはいま渚――水ぎわにいるのです。
この核戦争をくいとめるか否かの。
力を、結集しましょう。未来のために。
すべてのいのちのために。

「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」(代表呼びかけ人メッセージ↑)
  ホームページHP http://bye-nukes.com から、↓ご協力お願いします。
<Tシャツ注文。→ある種類はなくなっています。呼びかけ人 個人・団体登録。
メッセージ。カンパ。マフラータオル注文。集会チラシ・ラウンロード>

<藤田さんのお話・講演をご希望の方・団体は 
藤田祐幸さんメールアドレス fjit at nifty.com 自宅の筺0959-22-1137 まで。>

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<〜吽啓M挫「原発爆発」に付いて>報告いたします。
最近書店に立ち寄って、原発関係の書籍をみました。その書籍の中で、倉澤治雄著「原発爆発」が特に目につきました。
購入して、家に帰って読み始めると、原発の稼動に反対する人のためには、非常に良い書籍であることが判りました。
著者の倉澤治雄氏は1952年千葉県生まれの科学ジャーナリストです。1977年東京大学教養学部基礎科学科卒で、79年
フランス国立ボルド大学大学院第三博士課程終了(物理化学専攻)。80年日本テレビ入社で、2012年9月、日本テレビを退社
しています。

私よりは一回り若いですが、2012年3月退社の環境は良く似ています。
倉澤治雄氏は日本テレビで原発担当を長年手がけられておりますが、
「事故発生直後の2011年5月、電通総研に呼ばれて原発事故とメディアの話をした後、会場の女性から鋭い質問が飛びました。
”日本テレビは原発を始めた読売グループでしょう。私は事故以来絶対に日本テレビを観ません”

私はひどくショックを受けました。日本テレビは日曜深夜に40年近く”ドキュメンタリー”を放送しています。原子力開発の矛盾を
指摘した作品がたくさん有ります。それでも視聴者からみると、”ささやかな抵抗”か”アルバイト”にしか映らなかったのでしょうか。
”あなたのような記者がいて少しはホッとしました”と、その女性が言葉を続けてくれなければ、私は自身を喪失してテレビの解説
を続ける事はできなかったのでしょうか。」と序章に書いてあります。

この著者が、日本テレビを退社後、今年の7月1日に「原発爆発」を出版した事は大きな意義があると思われました。
今、日本の原発関係技術者は400℃までの世界しか知らない人がほとんどで、1000℃以上の世界を知っている人はひじように
少ないと思われます。
又、爆発の世界を知っている人が少なく、原発の爆発防止対策をほとんと行わなかったので、世界のプラント業界でも珍しい、
4炉同時爆発が起こり、大量の放射性物質が大気や地下水に漏洩しました。

そして、福島第一原発の過酷事故後、原子炉になかなか近寄れないという制約が有るが、原発爆発の調査がほとんど
行われていない。
その原発爆発問題に倉澤治雄氏は切り込んで、爆発問題に特化した書籍を出版した。
このことが、この書籍の重要なところと思われる。
しかし、倉澤治雄氏は問題提起はしておりませんし、福島第一原発の過酷事故対策やその後の事故調査でも
あまり検討されていないようですが、緊急停止した原子炉の核燃料から、放射性物質を原子炉外に大量放出
しないで、いかに大量の熱を原子炉外に汲み出すかの検討がされていません。

原子炉停止直後に、原子炉に水を注入すれば、冷却水が100℃以下になるまでは、注入水は水蒸気になり、大気中に
放出されます。
一般の火事の場合には、火事に大量の水をかければ、火事は鎮火しますが、原子炉に1,000トンの水を注入すれば
放射性物質を高濃度に含む水蒸気が1,000トン、原子炉に10,000トンの水を注入すれば放射性物質を高濃度に
含む水蒸気が10,000トン原子炉外に漏洩します。

水は目に見えますが、水蒸気は目には見えません。又、熱は水蒸気以上に目には見えません。
冷却水と水蒸気を別の冷却水や大気と効率よく熱交換し、水蒸気の発生を最小に抑えながら、大量の熱を原子炉外に汲み出す
最適の方法を検討しないと、原発事故の発生時、原子炉からの放射性物質の大量放出は防止できません。
このこと以外にも、倉澤治雄氏の「原発爆発」には大事なことが山ほど報告されています。
「原発爆発」を読みとうすことは、大変かも知れませんので、シリーズで少しずつ報告いたします。

★ 熊本県合志市・神谷杖治 さんから:
北岡 逸人様 皆様
北岡さんの御指摘は大変重要だと思っています。原発立地が再稼働に反対し、廃炉に同意してくれるには、廃炉にしても「自治体経営と地域経済」に深刻な問 
題を起こさないことが不可欠です。
そこで、九電株主総会で「原発は廃炉にし、原発立地に石炭ガス化複合発電を行う」ということを提案しました。(合わせて、都市部には複合発電を行うこと 
も提案しました。)

御存知でしょうが、複合発電というのは、天然ガスでジェット機のタービンを回転させて発電し、その排ガスの高熱を回収して高圧蒸気発電をし、その蒸気を 
更に利用して中圧蒸気発電、更に低圧蒸気発電を行い、高い効率の発電を行います。「新大分火電」の発電効率は5割弱だと九電は言っています。蒸気発電の 
効率は高温ほど高いので、300度の原発(効率1/3)、600度の通常火電(効率4割強)より効率は上がります。最新のものでは6割と言われていま 
す。都市部であれば、排熱を利用すれば、全体で8割の効率になります。
未だ技術が発展途上の自然エネルギー技術とは違い、確立した技術で、100万kW級の安定的規模に十分対応しています。

石炭ガス化複合発電は、上の天然ガスの代わりに、石炭を蒸し焼きにして得られるガスを燃料とするものです。ガス化すれば、複合発電のシステムがそのまま 
使えます。
微粉端を燃焼した熱で蒸気発電する石炭火電とは異なり、蒸し焼きにすることで硫黄酸化物(SOX)や重金属と微粉末を撒き散らすことは有りません。

原発立地は敷地があるので、石炭受け入れ施設、ガス化施設を建設する余裕は十分あります。メンテナンスなどで人員も必要です。
微粉端にせず、蒸し焼きにするので石炭灰は固くて、体積は微粉端の1/10で済みます。蒸し焼きにすれば良いので、低品位の褐炭も利用でき、資源の多様 
活用ができます。
原発のため、送電設備は既に完備されています。
(家庭の生ゴミや森林資源等の発酵可能なものを資源にするなら、メタンガスを得て此を複合発電燃料に利用出来ます。原発立地に発酵施設を作れば、これ自 
体が現地に金を落とす自然エネルギー施設になります。生ゴミに重油を掛けて燃焼処理している現在の低効率なゴミ処理施設の負担を軽減することで、社会的 
なエネルギー消費量も軽減できます。)

これで、金は現地に落ちます。このことが重要です。
CO2発生と温排水の問題がありますが、複合発電は高効率ですから、旧式の火電・特に旧式石炭火電をこれに置き換える事で、現状より発生量は減ります。

株主提案は全て否決されましたが、この提案は今後も重要であると思っています。
「隕石が落下すると、原発は福島以上の被害になるが、複合発電なら被害は遙かに少なく、2年も有れば再建可能だから、危険な原発は止めろ」と発言したの 
ですが、社長の回答は「複合発電でも、燃料タンクに隕石が落ちた場合には被害が出る」という、トンチンカンなものでした。複合発電なら隕石が落下して 
も、人間を含む生物の遺伝子に異常を起こすことはなく、直ぐに再建でき、被害額が圧倒的に小さいことを無視しました。
北岡さんの御指摘に加え、隕石落下の観点からも、安全な施設で現地の経済浮揚を計る「石炭ガス化複合発電」に賛成して下さい。多くの方々にもお知らせ下 
さい。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
きょうはあの日から2年と半年、被災地はどうなっているでしょうか。
きょうも、福島第一原発では、先の見えない汚染水問題の報道があります、汚染水のことだけが報じられていますが現場はそれだけではないと思いますが、いまどうなっているので
しょう。

1.「トリチウムも4200ベクレル=福島第1、漏出タンク北側−東電」時事通信 09/1016:14
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091000665
記事「・・・・・福島第1原発の貯蔵タンクから高濃度の放射能汚染水が大量に漏れた問題で、東電は10日、漏れたタンクの北側の観測用井戸で8日採取した地下水からトリチウ
ムを1リットル当たり4200ベクレル検出したと発表した。・・・同日採取分からは、トリチウム以外のベータ線を出す放射性物質も同3200ベクレル検出されている。東電は
『漏れた汚染水が地下水に混じった可能性は高いが、データが少なく断定はできない』としている。・・・・この井戸は漏れたタンクの北側15メートルで、漏れ出した汚染水が水
たまりになっていた地点からは1〜2メートルに位置している。」
・・・・・・“可能性” “断定はできない”・・・いまも曖昧な発表が続きます。

そうした状況の下で政府は、
2.「汚染水対策で初の閣僚会議=福島第1原発問題−政府」時事通信09/1012:52 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091000069
記事「政府は10日午前、東京電力福島第1原発の放射能汚染水が流出した問題への対応を協議するため、首相官邸で第1回の関係閣僚会議(議長・菅義偉官房長官)を開いた。高
性能の放射能低減装置の開発など、政府が打ち出した対策について意見を交換した。今後想定されるリスクの洗い出しを月内に始め、対策を年内にまとめる方針も確認した。・・・
菅長官は会議の冒頭、『真に効果的な対策の実現に努めたい』と強調した。・・・・・・」
2’「汚染水対策『約束果たす』=五輪成功へ意欲−安倍首相」時事通信09/1013:15 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091000400
2”.「予備費206億円を閣議決定=福島原発の汚染水対策−政府」時事通信09/1017:08 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091000730
記事「・・・・福島第1原発の汚染水漏れ対策に2013年度一般会計予算から計約206億円を充てることを閣議決定した。政府は一連の対策で国費470億円を投じることを決
めており、・・・・」
2”’「シルトフェンス、完全遮断はせず=菅官房長官」時事通信09/1012:55 
記事全文「菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、東京電力福島第1原発の汚染水拡散を防ぐために同原発の港湾内に設置された水中カーテン『シルトフェンス』に関し、『水
は当然行き来している』と述べ、海水を完全に遮断するものではないと認めた。・・・・・・安倍晋三首相は7日の国際オリンピック委員会(IOC)総会で、『汚染水の影響は港
湾内で完全にブロックされている』と説明。この発言に対し、国内では誤解を招きかねないとの批判も出ているが、菅長官は『シルトフェンス内でも週1回検査し、(放射性物質
は)基準値を大幅に下回っている。だから、完全にブロックという表現を使った』と釈明した。」
・・・・・・とんでもない、嘘を言った、ということです。
こんなところにも、
3.山本科技相、IAEA総会へ=汚染水問題を説明」時事通信 09/1101:48
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091100043
記事「・・・・・・16日に日本政府代表として演説し、東京電力福島第1原発の汚染水漏れ対策に政府が総力を挙げて取り組むことを説明する。・・・・・・・・」
・・・・・・何を説明する、何も分かっていないのに。
こちらでも、
4、「水産庁幹部、韓国に派遣へ=禁輸解除を要請」時事通信 09/1012:26
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091000412
記事「・・・・・・・・水産庁幹部が直接説明して水産物の安全性を訴える。・・・・・・・」
・・・・・・・何を根拠に???
こちらの人も
5.「五輪までに福島再生を=日商会頭」時事通信09/1016:44 
記事「・・・・・・最大の課題として『(東日本大震災の)被災地の復興と福島の再生』を挙げた。・・・・・・」
・・・・・・言うだけは簡単だが、誰が事故現場のことが分かっている???

被災地フクシマでは、
6.「東京五輪、復興望む声 『国際公約』に期待と懸念」福島民友(09/10 10:00)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0910/news9.html
記事「・・・『住民避難が続いているにもかかわらず、平気で“原発の汚染水は管理されている”などと言った』。双葉町から福島市の仮設住宅に避難する男性(74)は、東京五
輪の49年ぶりに開催決定を素直に喜べないもどかしさを明かした。二本松市に避難する浪江町の遠藤清之さん(62)も『本当に苦しんでいる人のことを理解していない。原発事
故が風化しているのではないか』と懸念を示した。・・・福島市の仮設住宅に暮らす飯舘村の志賀福明(よしあき)さん(75)は『五輪を日本で見られるほど幸せなことはない』
と喜びながらも『東京五輪を仮設住宅で見たくはない』と切実な思いを吐露した。・・・・・・・伊達市保原町の自営業佐藤正一郎さん(40)は『世界に向けた公約だ』とく
ぎを刺した。」
7.「原発捜査、尽くしたか 『なぜ誰も責任問われぬ』 東電前会長・菅元首相ら全員不起訴」朝日デジタル9月10日(有料ページ)
⇒http://digital.asahi.com/articles/TKY201309090685.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201309090685
記事「・・・・9日夕、被災者ら約1万5千人でつくる福島原発告訴団は記者会見を開き、河合弘之・弁護団長は検察当局を批判した。 ・・・・・■福島  『被災者がせっかく上
げた責任追及の声が、不起訴でたち消えるのはとても残念』。東電幹部ら全員の不起訴を知り、福島県須賀川市の農業樽川(たるかわ)和也さん(38)は憤った。・・・・・・ 
『人の作ったものは必ず壊れる。原発など人間に制御できるのか』。以前からそう言っていた父の久志さん(当時64)は事故直後、国が県産野菜の一部に摂取制限の指示を出した
翌日、収穫直前のキャベツを残して自ら命を絶った。 ・・・会津若松市の仮設住宅に避難する蜂須賀礼子さん(61)は複雑な思いだ。
 『なぜ誰も責任を問われないんだと、声を大にして言いたい。でも(刑事責任を)裁判で問えば済む、ということでもない』 ・・・・福島第一原発が立地する大熊町で花屋を営
み、町商工会長も務めた。 事故後、被災者代表として参加した国会事故調査委員会で、参考人の勝俣恒久・東電会長(当時)のひとごとのような態度に「勝俣さんはどこの会長なん
ですか」と思わず口にした。  『個人の責任を問うても会社の体質は変わらない。誰か一人でも“僕が責任者です”と言ってくれれば。それがないのが悲しい。悔し
い』・・・・・」 
8.「東電幹部・菅元首相ら42人 原発事故 全員不起訴」東京新聞9月10日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013091002100003.html
・・・・・他紙で紹介した記事だが、再掲。
9.「原発事故関連死(40)命の重さ 慰謝料法律家の闘い 時効の影付きまとう 『消滅』撤廃求め意見書」福島民報09/10 11:33
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/09/post_8041.html
記事「・・・・・福島第一原発事故からあすで2年半を迎える。民法の損害賠償請求権の消滅時効は3年だ。このままで被害者を救えるのか−。和解仲介に携わる多くの弁護士は、
焦りの色を隠せない。・・・・・・東電の広瀬直己社長は1月、請求権の消滅期間を過ぎても損害賠償に対応する意思を示した。しかし、法的な保証はない。5月に成立した時効中
断に関わる特例法は原子力損害賠償紛争解決センターに申し立てた項目について、和解仲介手続きの打ち切り通知を受けた後、1カ月以内に民事訴訟を提訴した場合に限定してい
る。・・・・・今は、消滅時効を防ぐため、いち早く申し立てをしてもらうことが最優先課題となっている。・・・・・・大森さんは原発事故損害賠償の時効をめぐる国や国会の
対応に疑問を投げ掛ける。『一つも被災者に寄り添っていない』。毎月1回、申し立ての検討に集まる弁護団員と議論を尽くしADRに臨む。遺族の切実な思いに報いるため
だ。・・・・・・・避難住民は約15万人いる。より多くの被災者に申し立てを勧めたい。かといって時効を前に駆け込み状態になれば、混乱が起きる可能性がある−と悩みを口に
する。審理の停滞に拍車を掛ける上、弁護士の不足に陥り、遺族ら本人の申し立てが増えるケースも考えられるという。 本人が申し立てる割合は現在、約7割を占めているという。
東電側には、代理人の弁護士が付く。大森さんは法律の専門家が担当しない申し立てについて「遺族にとって不利な闘いになりかねない」と推測する。・・・・・・・」
・・・・・・政府も東電も3年を過ぎるのを待っているのではないか??
10.「桑折町、11日に和解申し立て 避難区域外で初」福島民友(09/10 09:15)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0910/news3.html
記事「・・・・・・・福島第1原発事故に伴う水道事業の減収分約3000万円の損害賠償を求め、原子力損害賠償紛争解決センターに和解仲介を申し立てる。町によると、避難区
域外の自治体が、原発事故による損害を同センターに申し立てるのは初めて。・・・・申し立てるのは2011(平成23)年度の町水道事業の減収分。これまで2度にわたり東電
に損害賠償を請求したが、現在も支払われていないため、申し立てに踏み切る。・・・・・・・」
・・・・・・・桑折町―福島第一から北西に70キロ付近、福島市の隣です。
こんな動きも、
11.「試験操業へ準備 いわき市漁協」福島民報09/10 08:40
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2013091010792
記事全文「いわき市漁協は9日、本県沖で9月末に予定している試験操業に向けた準備を小名浜漁港で実施した。試験操業で漁獲物を水揚げした後、放射性物質の検査や魚種の選別
などで、どの程度の時間がかかるかを確認する目的。今回の魚種はメヒカリやヤナギダコなど7種とした。小名浜機船底曳網漁協所属の「第3政丸」と「第5天栄丸」がいわき沖の
水深約150メートルの場所で漁獲した。漁獲物が港に水揚げされると、鮮度を保つために漁業者らが素早く選別作業し、同漁協で放射性物質の検査が行われた。確認後、今回水揚
げされた漁獲物はすべて廃棄された。」
・・・・・・・風評被害への自戒が行動させる。
12.「五輪でJヴィレッジ活用を 楢葉町長『復興の後押しに』」福島民報09/10 08:31 
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2013091010784
記事「楢葉町の松本幸英町長は9日、自民党東日本大震災復興加速化本部「福島再興に関する委員会」に、東京電力福島第一原発事故の収束作業の拠点となっているJヴィレッジ
(楢葉・広野町)を東京五輪で活用するよう求めた。・・・・・・・・・」
12’.「放射性物質測定結果を報じる紙面」福島民報9月11日紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
・・・・・・「教育施設線量調査結果」、「県内線量横ばい 8月10日〜9月9日」、という見出しも見える。
被災地で政府は、
13.「福島7市町村で除染延長=完了時期明示せず−環境省」時事通信09/1015:27 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091000618
記事「・・・・・福島第1原発事故に伴い住民が避難している福島県の11市町村のうち、7市町村で国直轄の除染事業を延長すると発表した。従来の計画で完了目標としていた今
年度末に作業が終わらないためで、見直し後の計画では完了時期の明示は先送りした。同省は年内をめどに各市町村と協議して時期を決めたい方針だ。・・・・・・7市町村は、南
相馬市と川俣、浪江、富岡、双葉4町、飯舘、葛尾2村。いずれの自治体も汚染土の仮置き場の確保や、全国に避難している住民から作業着手の同意を得るのに時間がかかり、予定
が大幅に遅れていた。・・・・・・・・・」
14.「被災9県など2501億円=復興交付税9月分−総務省」時事通信 09/1016:25
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091000679
記事「・・・・・東日本大震災の被災自治体の復旧・復興経費を国が肩代わりする震災復興特別交付税の9月分として、総額2501億円を配分すると発表した。11日に、被災し
た9県と206市町村などに配る。・・・県分では宮城の533億円が最多で、以下福島374億円、岩手358億円と続く。同省によると、今回の配分では『(対象経費の)重点
が復旧事業から河川や港湾などの復興事業に移りつつある』という。」
・・・・毎度すごい金額が発表されるが、効果は上がっているのか??
15.「本格化する集団移転=着工4割、引き渡し開始も−工期遅れ懸念・被災3県」時事通信 09/1014:55
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091000548
記事「・・・・・・・・集団移転事業は3県24市町村で予定され、16年3月末に完了予定。8月末現在の着工率は岩手30.1%(2月末時点で7.1%)、宮城39.6%
(同8.9%)、福島46.6%(同25.5%)。(2013/09/10-14:55)・・・・・ただ、移転先の土地取得が難航し、工期が遅れ気味になったり移転計画の練り直しを余儀なく
されたりするケースも依然残る。・・・・・・・・・」
栃木県、
16.「五輪効果にふくらむ期待、日光や那須の観光地」下野新聞9月10日朝刊
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20130910/1347469
記事「・・・・東京電力福島第1原発事故で苦戦を強いられてきた日光や那須の関係者は『観光客が増える千載一遇のチャンス』と笑顔。7年後をみすえた動きが活発化しそう
だ。・・・・・」
・・・・・・・那須―栃木県でもっとも線量の高い地域・・・・。
17.「【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)  」下野新聞9月10日 17:55
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20130910/1348508

規制委の動き、
18.「『長時間マスク』は改善=伊方原発の事故対応拠点−安全審査」時事通信09/1021:48 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091000993
記事「・・・7月に安全審査を申請した6原発のうち、伊方原発は唯一仮設でない緊急時対策所を持つが、東京電力福島第1原発事故前の設計であることなどから、放射線防護の面
で弱点があった。・・・8月の前回会合で四国電は、対応要員の被ばくを規定(1週間で100ミリシーベルト)以下に抑えるため、11時間連続で全面マスクをしたまま作業をす
る計画を説明。規制委側から『長時間マスクをしたままで対応できるのか』などと強い懸念が示されていた。・・・・・・」 

電力関連、
19.「『新電力』、100社参入=全面自由化にらみ増加続く」時事通信 09/1021:06
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013091000953
記事全文「企業や自治体など大口利用者に電気を小売りする『新電力』が、10日時点で100社に達した。東京電力福島第1原発事故の後、既存の電力会社が相次いで値上げした
ため、料金が割安な新電力への注目が高まったことが背景にある。2016年に予定される小売りの全面自由化をにらみ、多様な業種からの参入は今後も続きそうだ。」
秋田県、
20.「地熱発電、調査用井戸を掘削 栗駒国定公園内2例目」秋田魁新報09/10 23:10 
⇒http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20130910n
記事「東北電力グループの東北水力地熱(盛岡市)は10日までに、湯沢市の栗駒国定公園内にある木地山・下の岱地域で、地熱発電事業を目指して調査用井戸の掘削を始めた。環
境省が昨年3月に国立・国定公園内での地熱発電の規制を緩和して以降、栗駒国定公園内での掘削は2例目。・・・・・・・・・・」
九州、
21.「メガソーラーの稼働遅れを調査へ 九州経産局」西日本09月11日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/23330/1/
記事「再生可能エネルギー固定価格買い取り制度の認定を受けた出力千キロワット以上の大規模太陽光発電所(メガソーラー)について九州経済産業局の広実郁郎局長は10日、建
設や運転開始が遅れている設備の実態調査を近く始める方針を明らかにした。
・・・九州経産局によると、5月末時点で認定を受けた九州7県のメガソーラー施設は683件、約312万キロと出力合計は地域別でトップだが、稼働済みは67件、約15万キ
ロワットにとどまっている。経済産業省は意図的に稼働を遅らせているケースもあるとみて、全国で調査を行う方針を示している。・・・・・・・・」
22.「西部ガスグループ、長崎太陽光発電所の増設完了 出力2・5倍に」西日本09月11日 03時00分 更新
記事全文「・・・西部ガスグループのエネ・シードNOK(福岡市)は10日、長崎市小江町の西部ガス運動場跡地(約1万5千平方メートル)で進めていた太陽光発電設備の増設
工事を終え、運用を開始した。・・・約2億6千万円をかけ、パネル約5700枚を増設。出力は従来の2・5倍の1500キロワットとなり、発電した電力は九州電力に売却す
る。西部ガスグループが運用する太陽光発電所4カ所の合計出力はこれで計6300キロワットとなった。・・・・・」

いま届いた西日本新聞朝刊紙面では、一面には、あの日から2年半の雰囲気を思わせる見出しは見えません。
1面下方に小さな記事で、2”.の記事
3面に、13.の類似記事、その下に、
22.「玄海現地調査 27日に実施へ 原子力規制委」
・・・・・20日には川内・・・・。
6面、
23.「聞き書きシリーズ 原爆を背負って “ナガサキの郵便配達” 被団協谷口さん」
13面経済欄、21.、22.の記事、その上に、
24.「九電 夏の最大需要10%減 7、8月10年比 冬も節電要請見通し」
31面福岡ワイド、
25.「被災高齢者の健康担う 東日本大震災2年半 福岡市の理学療法士らあ福島で指導 掃除、草取り・・・・『まめに動いて』」

35面社会欄、
26.「3.11忘れない 浪江編 上 『線量急上昇 足がすくむ』 震災2年半 信号だけが動く町」
・・・・・・特集記事、いまだ高い線量の地域を紹介しています。記事は続くようです。
27.「仮設住宅生活 長期化の恐れ 避難者なお29万人」
すぎ横に囲みで、
28.「大震災の被災者」
記事「死亡 1万5883人 不明2654人(10日現在警察庁まとめ) 避難・転居28万9611人(8月12日現在 復興庁まとめ)
今朝の紙面は以上です。

この新聞社のネットには、このような記事も、
29.「被災地、止まらぬ人口流出 震災から2年半」(最終更新09月10日 20時57分) 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/38697
記事「大津波による壊滅的な被害と東京電力福島第1原発事故により、岩手、宮城、福島の3県では人口流出が止まらない。総務省が8月に発表した住民基本台帳に基づく人口動態
調査によると、今年3月末の3県の人口(外国人を除く)は震災直後の2011年3月末と比べ、計約10万4千人減少した。宮城県の沿岸15市町でみると、11年3月末に比べ
て今年3月末の人口は仙台、名取、利府の3市町以外で軒並み減少した。減少率が最も大きいのは女川町で、19・5%減だった。」

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
 メールサービス 2013年9月9日 第386号
--------------
反原発行動
--------------
★全国原発関連デモ開催情報
http://www47.atwiki.jp/demomatome/

■定例金曜日「大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議」18:00〜20:00
■定例金曜日「六本木規制庁前抗議行動」 19:00-20:00
■9月29日(日)反原発☆渋谷大行進 代々木公園、けやき並木 14:00集合
主催:首都圏反原発連合
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=3636

■ 再稼働反対!9.14さようなら原発大集会in亀戸
(東京・亀戸中央公園)
http://sayonara-nukes.org/2013/06/koudouyotei2013_9/

■9月13日締め切り/子ども被災者支援法パブコメ
「避難の権利」ブログ
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-ae5a.html
8月30日、復興庁は、「原発事故子ども・被災者生活支援法」実施のための基本方針
案を発表しました。このままでは、支援法は骨抜きになってしまいます。パブリック
コメントを出しましょう!

原発事故子ども被災者支援法 市民会議
■「再稼働より汚染水対策!」9・11規制委員会前抗議行動
 規制委前抗議行動に多数の参加を! 怒りの声を叩きつけよう!
http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/archives/3522
日時 9月11日(水)12時〜13時
場所 原子力規制委員会ビル(六本木ファーストビル)前

■9月11日(水) <テントひろば3年目 怒りのヒューマンチェーン!>
汚染水の太平洋へのたれ流しを許すな!経産省・資源エネ庁に責任をとらせよう!
15:00〜17:00 経産省前座り込み抗議・1分間スピーチ
17:00〜18:00 (休憩)
18:00〜19:30 経産省申し入れ・経産省前抗議
19:30〜 経産省包囲・怒りのヒューマンチェーン
----------------
原発関連情報
----------------

■汚染水漏れ 「Nature(ネイチャー)」が日本政府の福島第一原発の対応を批判
ハフィントンポスト日本版(2013年9月7日)
http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/07/nuclear_error_nature_n_3884364.html

■汚染水漏れ「福島の状況は深刻」英独の専門家
ハフィントンポスト日本版(2013年9月6日)
http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/06/fukushima_leak_nuclear_experts_warn_
n_3877586.html

■世界はこう見た! 福島第一原発の汚染水流出問題
大貫 康雄(2013年9月4日)
http://no-border.asia/archives/14165

■福島第1・汚染水:海外メディア辛辣報道
毎日jp(013年9月4日)
http://mainichi.jp/select/news/20130904k0000e040182000c2.html

■ずさんな汚染水対策に海外メディアから厳しい批判「原発再稼働ばかり考えていた
からこうなったのではないのか?」/報道ステーション)(2013年9月2日)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130905/trd13090507540002-n1.htm

■「原発再稼働への国民の声は?」海外紙の批判
New Sphere (2013年6月21日)
http://newsphere.jp/national/20130621-3/

★ 佐藤大介(ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン) さんから:
● トルコへの原発輸出と反対運動の現状
「ことばが通じなくても、原発のない未来のために私たちは共に闘える」
                  アスリハン・テューマー
   (緊急集会「倫理なき原発輸出を許さない」6.22大阪 より)
ぜひ、ご覧下さい
http://www18.ocn.ne.jp/~nnaf/123a.htm

ロシアが地中海沿岸のアックユに、日本が黒海沿岸のシノップに、
原発を輸出しようとしています
「あれほどの原発事故を経験した日本が、この地に原発を建てよう
としていることを思うと悲しくなる」
しかし、トルコには力強い反対運動があります
****************************************************************
ノーニュークス・アジアフォーラム通信 No.123 もくじ
                (13年8月20日発行)B5版28ページ
● トルコへの原発輸出と反対運動の現状 (アスリハン・テューマー)
● 中東への原発輸出という危機 (役重善洋)  
● ブラジルへの原発輸出を許すな (印鑰智哉)  
● 脱原発を日韓の市民運動の連帯で (川瀬俊治) 
● 原発メーカー訴訟:あなたも原告になりませんか      
● DAYS JAPN、インド・ベトナム・トルコに意見広告
● 「原発反対全インド民衆大会」                      
● 原子力エネルギーに関するインド民衆憲章2013                
● 「原発反対全インド民衆大会」への日本からの連帯アピール         
● ダン・ギンリンくんを悼む 
****************************************************************
年6回発行です。購読料(年2000円)
見本誌を無料で送ります。連絡ください → sdaisuke at rice.ocn.ne.jp
****************************************************************

★ 嘉指信雄 さんから:
  皆様
イラクでWHOが実施した「先天性障害発症率調査」のデータを至急公表するよう求めて、ファルージャのサミラ・アラーニ医師が始めたオンライン署名(7月末開始)には、世界各地
から、すでに40,000名を越える人々の署名が寄せられています。(下記の署名サイトをご覧になってみてください)
WHOによる今回の調査結果は、劣化ウラン弾問題、イラク問題の今後にとって、とても大きな意味を持って来ます。まだの方は、ぜひお願いいたします!下記サイトにアクセスして、
お名前などを打ち込んでクリックするだけです。宜しくお願いいたします!
http://chn.ge/1daaOlM (日本語サイト)

嘉指信雄、ICBUWヒロシマ・オフィス  岩波ブックレット『劣化ウラン弾軍事利用される放射性廃棄物』
(嘉指信雄、振津かつみ、佐藤真紀、小出裕章、豊田直巳/2013年8月2日)
http://www.icbuw-hiroshima.org/
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファルージャのアラーニ医師からの緊急アピール

私は、ファルージャ総合病院の小児科医サミラ・アラーニ博士と言います。米軍が私たちの都市を攻撃してから、私の同僚たちと私は、先天性障害をもって生まれてくる赤ちゃんの
数の恐ろしい増加を記録してきました??二分脊椎、心臓異常、そして名前さえ分からない障害です。そのような赤ちゃんの多くは、生き残れません。生き残った赤ちゃんのために、
私たちは、限られた資源で出来る限りのケアをしています。
私は1997年からファルージャで小児科医として働いてきましたが、2006年、何か悪い事態が起こっていることに気づき始め、これらのケースの記録を取り始めました。そして1000の
生児出生あたり、144人の赤ん坊が奇形をもって産まれていることを見出しました。私たちは、こうしたことは、[ファルージャへの猛攻から]ほぼ10年経った今でも、私たちの町で
の戦闘によって起こされた汚染と関係づけられるべきだと信じています。ファルージャだけのことではありません。[ファルージャも属する]アンバール県全域の病院、およびイラ
クの他の多くの地域が[奇形児の数の]増大を記録しています。私は毎日、この不安が妊婦とその家族に与えている重圧を目の当たりにしています。子供が生まれたときに私が最初
に聞かれることは、「男の子ですか、女の子ですか?」ではなく、「私の子どもは、健康ですか?」なのです。
イラク保健省と世界保健機構(WHO)が調査を実施しようとしていると聞いた時、私はやっとかすかな希望の光を感じました。私は、調査が実施されれば、私たちがすでに知っている
こと、つまり、先天性障害が増加してきていることを確認するだけだろうと分かっていましたが、イラクと国際社会を行動へと促す踏み石となってくれるものと思っていました。
調査は今や完了しており、2013年始めには公表されると告げられていました。しかし、すでに6ヶ月が経ちますが、WHOは、公表がさらに遅れると発表しました。私たちは、今やこれ
は科学ではなく、政治であると懸念します。すでに私たちは何年も真実を待ち望んできましたし、私の患者はもう待ってはいられないのです。WHOには、別のオプションがあります。
データは、独立した査読が行われるオープンアクセス・ジャーナルに発表されるべきです。そうしたプロセスの方が早く、厳密で、透明でしょうから。
私の患者たちは、真実を知る必要があります。なぜ流産したのかを知る必要があります。なぜ赤ちゃんたちはそのような病気なのかを知る必要があります。しかし、最も重要なの
は、そうしたことについて何らかの手だてが施されることを知る必要があることです。イラク保健省とWHOは、このデータを公表し、私たちに答える必要があります。
 この嘆願書に署名してください、そして、世界の人々がイラクの人々を忘れてはいないことを示してください。

[訳者注:PLoS
Oneは、2006年から刊行されている、主に科学・医学における一次調査研究を扱う、オープンアクセスの査読付きジャーナル。いわゆる査読付きジャーナルではあるが、方法論的問題
などがなければ掲載され、その科学的意義の最終的検証は、オープンアクセスによる検討プロセスにゆだねる立場を取る。]

嘆願書

世界保健機構事務局長 マーガレット・チャン博士
イラク保健省 マジード・ハマダミン・ジャミル博士

イラクの人々は、先天性障害と流産の数が急上昇していることをすでに知っています。彼らは毎日それを見ています。イラク保健省とWHOが実施した調査は、原因究明の調査を開始さ
せ、この健康危機を緩和する行動に欠かせない確証を与えることになるでしょう。
子どもたちと家族は、自分たちが引き起こしたのではない戦争の影響にずっと苦しんでいます。もうこれ以上、遅れさせてはなりません。もうこれ以上、政治問題にしてはなりませ
ん。WHOとイラク保健省は、オープンアクセス・ジャーナルにおける迅速かつ独立した査読・検証のために調査データを公表すべきです。
「イラクのための行動を(Act4Iraq)!そして先天性異常データの公開を!
どうかよろしくお願い致します。
(あなたの名前をここに)
[訳:明恒次郎・嘉指信雄]

★ 床田明夫 さんから:
いつも貴重な情報をありがとうございます。
FBの「友人」の東工大特任教授・入口紀男氏からの情報です。拡散希望します。
   ーーーー
『秘密保全法案』が成立する見通しです。
     
 経産大臣が、たとえば福島の事故に関する一切の情報について「特別秘密」に指定すると、マスコミの取材も、国会での追及も、フェイスブックでの個人の発信も、すべて違法・
厳罰となります。
 処罰されるのは公務員だけでなく、仕事上「特別秘密」を取り扱った民間の労働者なども含まれます。
 放射線量の分布や健康への影響、環境汚染などに関するデータを調べて、公表しようとして取りやめた場合でも「未遂罪」としてやはり刑罰が課せられます。それに関して一般の
民間人の日常会話でも、フェイスブックで何かコメントを書き込むと「共謀罪」が適用されて前科がつきます。
 また、福島原発で放出された放射線量について情報を開示しろとして呼びかけると、「特別秘密の取得罪」が適用されます。     
 マスコミも、どのような取材が正当かを、マスコミでなく一切を政府が判断することになります。
 一般の民間人は何が「特別秘密」であるのかわからず、自分は知らなくても犯罪を犯していることになるのでフェイスブックへの投稿やコメントも、この法律に基づいて捜査機関
によって監視されます。そこで何が「特別秘密」であるかを知りたいと表明すると、検挙されます。
 また、たとえば防衛大臣が「特別秘密」に指定すると、自衛隊が海外で憲法第9条を無視して戦闘行為を行うことも可能となります。それをマスコミが取材したり、違憲であると
して国会で追及すると検挙されます。  
 この法律は、この秋の国会で自民賛成多数で衆参両院を通過して成立する予定です。
 独裁政権の党首である限り、首相が外国に向けて公式の場で虚偽の証言を発信しても、それで国民には何かができるわけでありませんね。加えてこの法律の制定も、独裁政権とい
うものの力でしょう。
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/booklet/data/himitsu_hozen_qa.pdf

★ 前田 朗 さんから:
「国際政治経済予測と対応する戦略提案」
中野剛志『日本防衛論――グローバル・リスクと国民の選択』(角川SSC新書)
http://maeda-akira.blogspot.ch/2013/09/blog-post_10.html

○−−−−−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−−−−−○

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

■ 6/25に不当逮捕され、7/17に起訴された福岡の原発事故避難者
【Kさん第1回公判】 (福岡地裁304号法廷)■
9月11日(水)13:00 門前行動
  <公判前に抽選があります。>
14:00〜15:30 公判
16:00〜報告集会(中央市民センター第一会議室)
第2回の公判は10月3日(木)13時半〜17時
(検察側証人尋問)の予定です。

●「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」●
     事務局・各専門部会 会議
日時:9月17日18:00〜
場所:民医連 会議室
 福岡市博多区博多駅前1-19-3 博多小松ビル2階
    tel 092-483-0431 
 地図: http://tinyurl.com/nyhy6go

●「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」●
    第二回実行委員会
日 時:9月29日(日)14時より 
場 所:大名町カテドラル・センター 1F 講堂
    福岡市中央区大名2-7-7 (西鉄グランドホテル前)
   地図はこちら →http://tinyurl.com/ngbbyoq

「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」
  ホームページHP http://bye-nukes.com から、↓ご協力お願いします。
<Tシャツ注文。→ある種類はなくなっています。呼びかけ人 個人・団体登録。
メッセージ。カンパ。マフラータオル注文。集会チラシ・ラウンロード>

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第6回口頭弁論期日 9月27日(金)14:00 佐賀地裁
      午後12時30分に佐賀県弁護士会館に集合
      原告総数 原告総数 6781名(8/9現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 原発労働者梅田裁判第7回口頭弁論 301号大法廷)● 
    ■日時:10月2日(水)■場所:福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1−1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会9:30〜   〇入廷行進9:45〜
    〇裁判開始10:00(口頭弁論・意見陳述)
   〇報告集会10:30 福岡市立中央市民センター ホール
  福岡市中央区赤坂2丁目5−8 tel092−714−5521
    地図 http://tinyurl.com/ll3slxq

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
     午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
  <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
        青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内