[CML 026453] 9・11:爆破の証拠 ‐ 専門家は語る―YouTubeで新たに公開されたAE911Truthのビデオ

Yasuaki Matsumoto y_matsu29 at ybb.ne.jp
2013年 9月 11日 (水) 06:46:52 JST


みなさまへ    (BCCにて)松元

これは、「新たに公開されたAE911Truthのビデオ、**9・ 11:爆破の証拠 ‐
専門家は語る」の童子丸開さんによる解説紹介です。ビデオは約60分ですが、こ
れまでの科学的な成果が短時間に整理され問題点がじつにコンパクトにまとめら
れています。同時代を生きるものにとって、日本の原発問題もそうですが、 最
後のリンカーンの言葉が印象的でした。

======以下、全文転載======

9月11日が目前となりましたので。
今回はAE911Truth(9・11の真実を求める建築家とエンジニアた
ち)が製作し新たにYouTubeにリリースしたビデオ作品(60分 版)をご紹介し
ます。

http://bcndoujimaru.web.fc2.com/911evidence/911_Explosive_Evidence-Experts_Speak_Out.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*YouTube で新たに公開されたAE911Truthのビデオ*
*9・11:爆破の証拠 ‐ 専門家は語る*

 「911事件で起こったことは過ぎ去ってしまうようなものではありません。
今日の我々に 直接に関わるものです。私は調査をさらに続けたいし、変化を起
こしたいと思います。子供たちにとってより安全でより良い世界になってほしい
か らです。」こ う語るのはかつて米国陸軍戦闘工兵隊に勤務したスティーブ・
ルース氏。
 「我々は専門家としての責任を負います。私は、あらゆるエンジニア、建築
家、解体の専門家、そしてこの分野に知識のある全ての人に求めます。証拠を検
証し、堂々と意見を述べてください。世界の人々が我々に頼ってい るからで
す。」これは長年土木・構造工学のエンジニアを務めてきたロランド・アングル
氏の言葉です。
 共に、AE911Truthが作成したビデオ*「9・11:爆破の証拠 - 専
門家は語る」*の中で述べて いるものです。

 米国はエリート社会であり、各界の専門家・プロフェッショナル・有資格者に
対する一般の人々の信頼と尊敬は日本よりもはるかに強いのではな いかと思わ
れます。そして各分野のエリートたちの中には社会に対するエリートとしての責
任を自覚する人々が多くおり、国家権力は強大ですが、彼らは各専門分野の国家
に対する独立を強く意識しています。

 先日、『*9・11事件12周年を前に 2000人を突 破! **再調 査を
求める建築・工学の専門家*
<http://bcndoujimaru.web.fc2.com/911evidence
/more_than_2000_experts_have_signed.html>』 でお伝えした専門家たちの大部
分が米国人なのですが、彼らは、自国政府機関による隠ぺいと嘘だらけの公式の
説明と、自国マスコミが繰り広げる プロパガンダ に対して、胸を張って立ち向
かっているのです。米国には確かに「狂ってんじゃないか」と思うような人間も
ものすごい数いるのですが、その一方 で、自分たち の職業倫理や利害を超えた
原理原則に忠実であろうとする人々もまた数多くいるのは確かです。もし「フク
シマ」が米国で起こっていたなら革命が 始まっていた のではないか・・・、
ちょっと大げさかもしれませんが、そんなふうにも思えます。もちろん日本にも
そういう専門家がいるのでしょうが、原発・ 核兵器と放射 能汚染を巡る
2011年以後の経過を見ていると、あまりにも心細い気持ちになります。

 このビデオは、WTCビル群の崩壊の前後を記録し た具体的で客観的な資料
に触れ、各分野の専門家としての責任感とプライドに賭けて発言するこのような
大勢の人々の証言を集めたものです。話だ けではなく証 言に関連する多くの具
体的な映像も見ることができます。また後半では心理学の専門家たち、そして事
件犠牲者の遺族が登場します。
 
 この「9・11:爆破の証拠 - 専門家は語る」は本来DVDに収められた
90分のビデオ作品で、AE911Truthで販売されています。
(http://www.ae911truth.org/)もちろん言語は英語ですが、次のサイトから各
国語字幕版を購入する ことができます。一つのDVDで17ヶ国語の字幕が用
意されており、「日本語」を選択すれば日本語字幕を見ることができる仕組みに
なっていま す。(http://www.shop.ae911truth.org/9-11-Explosive-Evidence-
Experts-Speak-Out-International-Ed-ESO-INTL-CASED.htm)
 またDVDを郵送してもらうのではなく、インターネットを通してダウンロー
ドできるようにもなっています。その日本語での説明は次です。
(http://911expertsspeakout.com/index.php/languages/japanese)
  実を言うとこのビデオ作品の日本語字幕版は9・11事件10周年に当たる
2011年に準備を始めたものです。その際に何人かの方々にボラン ティアで
翻訳の 作業にあたっていただきました。ご協力の方々に深く御礼申します。
(私もボランティア協力者の一人に過ぎず別にAE911のメンバーではない
ので、本当は 私が「御礼」を言うのも変な話なのですが・・・。)しかし様々
な事情があって実際のDVD(各国語字幕版)の製作が遅れに遅れ、ようやく今
年 の夏になって 日の目を見ることとなりました。
 同時に、その60分短縮版がYouTubeで(もちろん無料で)公開されました。
これじゃDVDが売れないん じゃないかな、なんて心配してしまうのです
が・・・。その心配はさておいて、このYouTubeで公開されたビデオについて、
具体的にはビデ オをご覧いた だきたいのですが、ここではその小見出しと時
間、簡単な内容紹介をしておきます。もちろん短縮版ですので、いろいろと90
分版から削り落とさ れています し、どうやらYouTubeにアップするためのビデ
オを作っている最中に字幕が文字化けしたのではないかと思われる所が、一箇所
あります。 (ここはDVD ではOKだったのですが。)それについても以下で
ご説明します。
(次をクリックしていただければビデオにつながります。)
*9・11:爆破の証拠 ― 専門家は語る(1時間短縮版:日本語字幕)
* <https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=0d5L8gzIsT8>
  (9/11: Explosive Evidence - Experts Speak Out (Free 1-hour version)
| 日本語字幕)

以下に、ガイドとして、内容の簡単な説明を付けておきますの で、ビデオをご
覧になる際にご参照ください。


*【序】*(〜5分40秒)
 ここでは、どうしていま再び9・11事件でのWTCビル崩壊を問題にすべき
なのかを説明します。ここで事件再調査要求に署名した建築・工学 の専門家た
ちの人数を「1500名を越す」と述べていますが、もちろん現在では2000
名を越しています
<http://bcndoujimaru.web.fc2.com/911evidence
/more_than_2000_experts_have_signed.html>。
*【世界貿易センター第7ビル】*(5分40 秒〜17分24秒)
 「どうやって2つの飛行機が3つの超高層ビルを破壊するのか?」という字幕
から始まります。このセクションは第1部から第7部までありま す。
   *第1部:あの日、第3の高層ビルが崩壊した*(5分40秒〜)
          WTC第7ビルが崩壊したというニュースから受けた
ショックと疑念を専門家たちが語ります。
   *第2部:物的証拠の破壊*(7分50秒〜)
          WTCビル群の残骸のほとんどがロクな調査もされずに永
久に姿を消したのですが、
          特に第7ビル残骸の破壊と隠ぺいは徹底していました。
   *第3部:事実を無視する連邦政府の調査*(9分35秒〜)
          爆発の証言がいくつもあるのに一切を無視した米国国家機
関の態度についてです。
   *第4部:火災に呑み込まれていたか?*(10分42秒〜)
          散発的なオフィス火災がビル全体を崩壊させることへの強
い疑問と、 
          NISTが発表した火災の説明にある虚構を明らかにします。
   *第5部:47階が7秒で*(12分37秒〜)
          ここではビル落下の速さ、特に初期に現れる完全な自由落
下運動を問題にします。
          (これについてはこちらで、私の方から詳しく説明してい
ます
<http://bcndoujimaru.web.fc2.com/911evidence
/the_first_key_to_the_911.html>。)
   *第6部:不自然な対称性*(14分47秒〜)
          NISTが崩壊の原因としている火災がビルの各所で不均
等に起こっていたのに、
          第7ビルは左右対称性を保ったまま全体が真っ直ぐに落ち
ました。どういうことなのか?
   *第7部:専門家は一致する*(16分30秒〜)
          第7ビル崩壊のありとあらゆる特徴が爆破による制御解体
を示しています。
*【世界貿易センター・ツインタワー】*(17 分24秒〜27分28秒)
 ここではWTCツインタワーが崩壊を開始し崩壊し終わるまでに観察できる現
象について述べられています。
   *第1部:解体される神話*(17分24秒〜)
          飛行機激突の損傷や衝撃がビルの全面的な崩壊に直接につ
ながるものではないことは、
          NISTやFEMAといった国家機関も認めています。彼
らは火災の熱によって崩壊が開始した
          (/あくまでも開始だけ!/)と主張します。しかしそんな
ことが起こりうるでしょうか。
   *第2部:突然の崩壊開始*(20分28秒〜)
※ ここで字幕の一部に文字化けのミスがあります。21分35秒の前後でD.
チャンドラーの言葉です。
   「もし_膜モネ_ゆらぎを探して」 → 「もし_本当に落下して衝突するな
ら この急激な_ゆらぎを探して」
  AE911に訂正を求めていますが、とりあえずこの部分は上のようにご理解く
ださい。
          特に第1ビル(北タワー)の場合は明らかなのですが、崩
壊の開始と進行が火災で弱められた
          はずの場所からではなく、第7ビルと同じように、上層階
全体がいきなりストンと落ち始めました。
          しかも実にスムーズな等加速度運動でした。国家機関はこ
ういった分析をいっさい行いません。
   *第3部:爆発の目撃証言*(22分51秒〜)
          これも第7ビルと同様に、非常に多くの爆発音と閃光の目
撃者がいます。また、崩壊途中の
          残骸の飛び方にしても、とうていビル上層階から押さえつ
けられて崩れたものとは思えません。
          しかし国家機関はそれらの証拠の調査をいっさい拒否して
います。なぜ?
   *第4部:爆破の直接の証拠*(25分10秒〜)
          ここでは特に水平方向に激しく飛び散る膨大な量と重さの
物体を問題にしています。
※ ツインタワー崩壊に関しては、こちらにあるデイヴィッド・チャンドラーに
よる分析ビデオ
<http://bcndoujimaru.web.fc2.com/911evidence/videos_by_AE911.html#DC>を
参照してください。
*【グラウンド・ゼロ−犯罪の現場】*(27分 28秒〜42分10秒)
 粉塵を含むビルの残骸こそ、ビル崩壊の原因の鍵を握る物的証拠でした。しか
しそれらのほとんどが上っ面だけの調査の後で破壊されました。ま た多くの注
目すべき現象が無視され隠ぺいされ続けています。
   *第1部:溶かされた鋼材と溶けた鉄*(27分28秒〜)
          崩壊跡地(グラウンド・ゼロ)にあった溶けた鉄(鋼鉄)
のプールについて数多くの証言があります。
          部分的に溶かされた形跡を残す大型鋼材が研究者たちに
よって数多く発見されています。
          これがいったい何を表しているのでしょうか。 
   *第2部:鉄の微小球が裏付ける説明不能な高温*(33分02秒〜)
          複数の機関と独立した調査が、WTCの粉塵の中に多くの
鉄の微小球を発見しています。
          これが意味するものは何か?
   *第3部:WTCの粉塵にハイテク焼夷物質が*(34分50秒〜)
          独立した研究者・学者グループがWTCの粉塵の中にとん
でもない物体を発見しました。
          それは、極めて高いレベルの技術でしか作ることのできな
い、高熱と爆発を生む物体です。
   *第4部:専門家は一致する*(37分50秒〜)
          WTC崩壊に対する米国国家による証拠の破壊と隠ぺい、
証拠無視は、圧倒的で徹底的でした。
          その証拠はWTCビル群が制御解体されたことを指し示し
ています。
   *第5部:必然的な展開として*(40分15秒〜)
          専門家たちは一致して、証拠に基づく客観的・具体的・実
証的な再調査を要求します。
※ テルミットで鋼鉄材を溶かすことができないという不誠実な実験に基づく主
張がありますが、ジョナサン・コールは
  正確な実験でそれを論破します。またコールはグラウンド・ゼロにあった鋼
鉄の中で見つかった硫化鉄について、
  この硫黄が石膏起源ではありえないことを実験に基づいて明らかにします。
次のビデオ(英語)をご覧ください。
     Jonathan Cole - 9/11 Experiments: The Great Thermate Debate -
AE911Truth.org
<http://www.youtube.com/watch?v=Qamecech9m4>     Jonathan Cole -
9/11 Experiments: The Mysterious Eutectic Steel - AE911Truth.org
<http://www.youtube.com/watch?v=3YuDKUCALtU>*【理解しようと努め、 あえて
受け入れること】*(42分10秒〜52分54秒)
 ここでは、心理学と神学の専門家たちが、なぜ多くの米国国民が9・11の事
実を受け入れようとしないのかの理由について語り、事実を理解し 事実を受け
入れることによってのみ9・11の傷跡から逃れることができることを説きます。
*【理解しようと努めること 9・11:突き刺さる真実】*(52 分54
秒〜58分38秒)
 ビデオの最後は9・11事件犠牲者遺族の生々しい証言、そしてこの事件の再
調査に対する願望の表明です。

(2013年9月9日 バルセロナにて 童子丸開)


CML メーリングリストの案内