[CML 026424] 明日9/10(火) 原発ゼロノミクス「改めて考える原発のコスト」金子勝さん講演会@日比谷図書文化館日比谷コンベンションホール

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2013年 9月 9日 (月) 12:23:42 JST


紅林進です。

eシフト、原発ゼロノミクス・キャンペーン、緑茶会の共催により、明日9月10日(火)
に東京・日比谷公園内にあります図書文化館(旧日比谷図書館)の大ホールで
開催されます、金子勝さんの講演会「改めて考える原発のコスト」のご案内をさせて
いただきます。

なお当初予定していた渋谷の会場から会場が変更になっておりますので、
以前のご案内をご覧になった方は会場を間違わないようご注意ください。

参加申込不要です。直接会場にお越しください。


<以下、転送・転載・拡散大歓迎>
---------------------------------------------------------------------
9/10 原発ゼロノミクス「改めて考える原発のコスト」金子勝さん講演会
http://e-shift.org/?p=2769
---------------------------------------------------------------------

9月15日、大飯原発の定期点検入りにともない、日本でふたたび、原発稼働
がゼロとなります。

原発を止めていると、その分火力発電の燃料費がかかるから、再稼働した
ほうが経済的、という論が聞かれますが、本当にそうでしょうか。

新規制基準(これも不十分)に適合させるための追加費用は莫大です。
「原発は火力より高い」。再稼働コスト、燃料費、不良債権など、原発に関する
コストを、金子勝さんの新著とともに改めて考えます。

※超党派の国会議員でつくる「原発ゼロの会」は、国内の原発計50基を直ち
に廃炉にした場合、会計上生じる特別損失は計4兆5千億円、廃炉にせず
再稼働に必要な安全対策などにかかる費用は計2兆7千億円で、電力会社の
負担の差額は計1兆8千億円になるとの試算を公表しています(2013年5月30日)。

【日時】 9月10日(火)18:30~20:30

【会場】 日比谷コンベンションホール(大ホール) 日比谷図書文化館 B1
     (日比谷公園内)
     アクセス地図http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
※8/22会場が変更となりました。以前の案内をご覧になった方はご注意ください。

※参加申込不要です。直接会場にお越しください。
【内容】
・原発ゼロノミクス趣旨説明
・講演 金子勝氏 (慶應義塾大学経済学部教授)
・会場質疑
・「原発ゼロノミスト」呼びかけ 明日香寿川氏 (東北大学 東北アジア研究センター 教授)

【資料代】 1000円 (eシフトブックレットVol.4 付き)
               ブックレットなし 500円
※参加申込不要です。直接会場にお越しください。
※eシフトブックレットVol.4『原発ゼロノミクス 脱原発社会のグランドデザイン』
  金子勝・飯田哲也著 合同出版刊 650円(税込)

【主催】 eシフト http://e-shift.org/
     原発ゼロノミクス・キャンペーン http://zeronomics.wordpress.com/
     緑茶会 http://ryokuchakai.com/
【連絡先】 eシフト事務局 (FoE Japan内)
      03-6907-7217   http://jp.mc1006.mail.yahoo.co.jp/mc/compose?to=info@e-shift.org

- - - - - - - - - - - - - - - - -
「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」(eシフト)メーリングリストより転載


CML メーリングリストの案内