[CML 026419] IOC総会で「健康問題は『将来も』まったく問題ない」と言い切った安倍首相(転載)

石垣敏夫 motoei at jcom.home.ne.jp
2013年 9月 9日 (月) 07:26:01 JST


みなさん、紅林さん、武田さん

全く同感です、これが一国の首相か、と思うと言葉もでません。
「福島第一原発事故のお詫びから」話すことが日本の首相の役割で
しょう。
   石垣敏夫

>「小学生は『宿題は明日やる』と言うが、安倍首相は
『そもそも宿題はありません』と言ったのだ。」とも批判されていますが、
その通りです。


紅林進です。

福島第一原発からの汚染水流出が深刻化している中、IOCは無謀にも
2020年の夏季オリンピック、東京開催を決定しましたが、日本
は、オリンピックなどやっている場合ではなく、福島原発事故の
収拾と被災者の支援に全力を傾けるべきです。

IOC総会での安倍首相の発言に対し、武田砂鉄という方が書かれた
下記の文書がYAHOOニュースで紹介されていましたが、全くその通り
だと思います。

IOC総会で「健康問題は『将来も』まったく問題ない」と言い切った安倍首相

http://bylines.news.yahoo.co.jp/takedasatetsu/20130908-00027934/

そこで武田砂鉄氏は、「小学生は『宿題は明日やる』と言うが、安倍首相は
『そもそも宿題はありません』と言ったのだ。」とも批判されていますが、
その通りです。


また他のМLよりの転載ですが、ナオミ・クライン氏は、2008年
7月15日に「デモクラシー・ナウ」で放送された「ナオミ・クライン
火事場泥棒の資本主義を検証 “ショックドクトリン”応用編」という
番組の中で、オリンピックに関して、以下の警告を発してもいます。

ナオミ・クラインからの警告

オリンピック警備の名目で大量の契約が結ばれています。大規模建設
などで五輪は常に大企業に大儲けの機会を与えます。9/11以後は
警備産業にも儲けのチャンスができました。五輪はこの方面の新規模
投資の口実にもなります。公共輸送、検問所、地下鉄などの監視カメ
ラや生体認証カード2010年のバンクーバーも似た状況ですが中国
ではやりたい放題です。北京五輪の警備名目で130億ドルが使われ
ると言われています。忘れてならないのは、米企業が中国政府に売っ
た装置は五輪後も残り国民に対して使われることです。選手や外国要
人保護の名目で設置されますがその後は国民に対して使うことが可能
です。

デモクラシー・ナウ2008年7月15日放送
「ナオミ・クライン 火事場泥棒の資本主義を検証 “ショックドク
トリン”応用編」 より
http://onaironaironair.wordpress.com/2013/08/19/ 



CML メーリングリストの案内