[CML 026349] 抗議・要請文/大飯原発3・4号の再稼働審査開始の「決定」を撤回すること(美浜の会HP)

MASUDA Tetsuya masuda at osaka.email.ne.jp
2013年 9月 6日 (金) 03:31:01 JST


大阪の増田です。
美浜の会HPより転載します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                              抗議・要請文

        大飯原発3・4号の再稼働審査開始の「決定」を撤回すること
    −自らが定めたルールさえ踏みにじって再稼働に邁進する規制委員会−

原子力規制委員会 委員長 田中俊一 様

 原子力規制委員会は、本日(9月5日)の第21回原子力規制委員会会合で、大飯原発3・
4号の再稼働審査を開始すると「決定」した。私たちはこれに強く抗議し、撤回を求める。
9月2日の大飯破砕帯評価会合で島崎委員長代理は「一定の方向性が確認された」と暗黙の
うちに「F−6破砕帯は活断層ではない」と強引な幕引きを行った。それに続き、本日の規制
委員会で、早々と、来週にも再稼働の審査を開始するとした。

 敷地内破砕帯が問題になっている原発の再稼働審査については、今年3月19日の第33回
規制委員会で「敷地内破砕帯評価を実施中の発電所については、原子力規制委員会としての一
定の見解のとりまとめを、原則、審査開始の前提とする」ことを決定していた(※1)。大飯破
砕帯については、規制庁の評価書案も出ていない。手順は、それを踏まえて有識者会合で議論
し、さらに他の有識者によるピア・レビューを実施し、その後規制委員会が見解をとりまとめ
ることになっている。田中委員長は「委員会としての一定の見解」が出ていないことを認めな
がら、これら一連の作業も無視し、強引に再稼働審査に進むことを決めた。自らが定めたルー
ルさえも踏みにじっている。

 さらに、本日の会合の議題にはこの問題はあがっておらず、会合の最後に委員長が口頭で提起
し、わずか10分足らずの「議論」で決めてしまった。
(※1)http://www.nsr.go.jp/committee/kisei/h24fy/data/0033_13.pdf

 このような再稼働審査開始の「決定」は無効だ。再稼働ありきで猛スピードで突き進む規制
委員会の姿勢を断じて認めることはできない。規制委員会がやるべきことは、全ての再稼働審
査を中止し、福島第一原発の汚染水問題に集中することだ。


                              要 請 事 項

1.大飯原発3・4号の再稼働審査開始の「決定」を撤回すること。


2013年9月5日

グリーン・アクション
 京都市左京区田中関田町22-75-103 TEL: 075-701-7223 FAX: 075-702-1952
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
 大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル3階 TEL:06-6367-6580 FAX:06-6367-6581
おおい原発止めよう裁判の会(連絡先 美浜の会気付け)
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
 東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302 TEL:03-5225-7213 FAX:03-5225-7214
国際環境NGO FoE Japan
 東京都豊島区池袋3-30-22-203 TEL:03-6907-7217 FAX:03-6907-7219
原子力規制を監視する市民の会
 東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302 TEL:03-5225-7213 FAX:03-5225-7214

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
転載元:美浜の会HP
http://www.jca.apc.org/mihama




CML メーリングリストの案内