[CML 026330] 真実暴露が先です: 安倍の本音

石垣敏夫 motoei at jcom.home.ne.jp
2013年 9月 5日 (木) 07:41:02 JST


猪瀬都知事は
「放射濃を測定して発表すれば、
世界が安心する」と言っていました。

東電が放射能「漏れ隠し、数値隠し、核種隠し」
を安倍政権と一体となってやっています。
この事実を世界に暴露することでしょう。

放射能測定は第3者機関がやらない限り
真実はわかりません。
             石垣敏夫


木村です。
五輪招致に奔走する安倍首相は、汚染水問題について「2020年夏季五輪の東京開催に影響することはない」「7年後の20年には全く問題ない」と言い放った。
つまり、汚染水問題解決は、五輪招致のためにやる。これから最大7年間も核を垂れ流すということだ。
安倍が、福島のために解決することなど全く考えていないことを暴露した。
すなわち、470億円の汚染水対策費は、五輪招致投票対策のためだ。
また、原子力規制委員会委員長田中俊一は、「汚染水の放射性物質の濃度を基準値以下に薄めて海へ放出もやむなし」ということを発言した。
まさに、「海を核の捨て場に」(オーストラリアの全国紙の見出し)しようと開き直った。
絶対許せないですね。
木村 幸雄
yu-kimura at nifty.com
 


CML メーリングリストの案内