[CML 026317] 9/17「都教委を訴える会」結成にご参加を!

masuda miyako masuda_miyako1 at hotmail.com
2013年 9月 4日 (水) 21:43:33 JST



<転送・転載、大歓迎!>皆様 こんばんは。犯罪都教委&1悪都議(2悪はすでに消滅)と断固、闘う増田です! これはBCCでお知らせしています。重複、長文、ご容赦を。  横暴極まりない都教委に対して、なんとかしたいと考えていらっしゃる皆様、ぜひぜひ、下記集会へおいでください!

*************************                                            2013年 9月 4日

「実教出版教科書問題に関し、違法不当な東京都教育委員会を訴える会」

                             結成へのご参加を呼掛けます! 鎌田 慧(ルポライター)、高嶋伸欣(琉球大学名誉教授)、

浅野史生(弁護士)、一瀬 敬一郎(同)、上杉崇子 (同)、遠藤憲一(同)、

大口昭彦(同)、寒竹里江(同)、萩尾健太(同)、長谷川直彦(同)、和久田 修(同)

 

 みなさま、ご存じのように、「石原都政」を継承した都教委はその権力を濫用して、教育条理に反する暴走を続けています。ついには、高校日本史用の教科書の中の「一部自治体での『日の丸・君が代』の強制の動き」という、厳然たる客観的事実に関する記述が、自分達の気に入らないという理由で「不適切」となし、文科省検定にも合格している実教出版教科書の選定禁止「見解」を決定発表し、これを都立高校の校長に通知しました。その結果、採択数はゼロとなり、東京都の高校では実教出版発行の日本史教科書は使うことができなくなりました。 

 神奈川県教委も、これに追随し、神奈川県では、そのために28の高校での採択方針が覆されてしまいました。日本国憲法を支える、1947年教育基本法に基づく平和教育・民主教育を求める全ての人々にとって、この事態は静観することのできないものです。

 

 そこで、私たちは、これらの不当な教育委員会に対して、早急に明確な「ノン」の声を挙げ、広く反対の運動を展開してゆくべく、標記の会を結成します。そして、広範な都民・市民による住民監査請求・独禁法違反での公正取引委員会への申告等を軸に、できるだけ多数の請求人・申告人を集める活動をはじめます。 

 9月13日までには、全国の都道府県の教育委員会から採択結果の報告が文科省になされ、採択が一応確定しますので、

 

9月17日(火)18:00〜20:00 弁護士会館(地下鉄霞ヶ関駅B1出口直通)1006A 室      においてスタート集会をもつことにしました。

 

 都教委の横暴を何とかしたいみなさま! 急な呼掛けで恐縮ですが、ぜひ、ご参加を!!

 ※連絡先:むさん法律事務所

 東京都港区西新橋1-9-8南佐久間町ビル2階、Tel 03−5511−2600、Fax 03−5511−2601

 		 	   		  


CML メーリングリストの案内