[CML 026271] 日伯(ブラジル)原子力協定に反対する団体ネット署名(締切り9/10)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2013年 9月 3日 (火) 13:44:00 JST


紅林進です。 
  
本日9月3日、日本とインドとの原子力協定交渉が東京都内で開催される 
とのこと(下記新聞記事参照)ですが、 

「あす日印原子力交渉 福島事故後初めて」(2013年9月2日 中国新聞)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201309020113.html

「3日に日印原子力交渉 福島事故後初めて」(2013年9月2日 秋田魁新報)
http://www.sakigake.jp/p/news/world.jsp?nid=2013090201001959 

一方、インドやベトナム、トルコだけでなく、ブラジルなどへの原発輸出も 
もくろまれており、ブラジルへの原発輸出につながる日本とブラジル 
の原子力協定が締結されようとしていますが、それに反対する 
「日伯原子力協定に反対する団体署名」がネット上で呼びかけられ 
ています。今回は団体のみの署名とのことです。締切りは9月10日 
です。http://blog.rederio.jp/nonuketobrazil


   
(以下転載、拡散希望) 
 日伯原子力協定に反対する団体署名 

日本政府は福島東電原発事故の原因の究明もできないまま、原発輸出に 
邁進しており、ブラジルにも原発を輸出しようとしています。この原発 
輸出を止めるために、日本とブラジルの市民団体の手で反対声明を上げ 
ます(9月13日に署名提出します。そこで締め切り期限を9月10日とし 
ます)。 

ブラジル側で署名を集めているのは原発反対の声をあげにRio+20に日本 
から参加した人たちを反核テントに迎えてくれた核のないブラジル連合を 
率いるシコ・ウィタケーさんです。彼は世界社会フォーラムの創始者でも 
あります。核のないブラジル連合についてはXô Nuclear(原発出ていけ 
キャンペーン)をご覧ください(ポルトガル語)。 

今回は個人の署名ではなく、団体署名に限らせていただきます。団体で賛 
同いただける場合、右のフォームから署名ください。なお、フォームの欄 
の名前は担当者の方のお名前をお書きください。不明なことがある場合な 
どの連絡用のみに使わせていただきます。提出するのは団体名とWebサイト 
のURLのみです。お名前やメールアドレスは一切提出されません。不明な点 
はこちらからご連絡ください。
  
団体署名は下記サイトからお願いいたします。
http://blog.rederio.jp/nonuketobrazil 


以下署名文です。 

日本とブラジルの原子力協定締結に反対します。 

日本政府はブラジル政府と共にブラジルでの原子炉新設などのための原子力 
協定を結ぼうとしていると報道されています。 

しかし、未だに福島東電原発事故の事故原因すら満足な究明が行われておらず、 
これまでの日本の原発技術の総体を問い返さなければならない段階にあります。  
日本の世論は原発の新設はもちろん、既存の原発再稼働に反対しています。 

日本は福島東電原発事故による放射能汚染により世界の環境に深刻な被害を 
与えました。今なお、福島原発からは大量の放射能が世界に放たれており、日本 
政府は放射能汚染を制御できていません。 

このような中でなぜ日本の原発技術で国外に原発を作ろうとすることができるの 
でしょうか? 

世界はこの原発輸出を国内で原発を作れなくなった原発メーカーのための日本 
政府による救済策として見ることでしょう。 

ブラジルでは最大の人口集中州であるサンパウロ州とリオデジャネイロ州の真ん 
中に位置するアングラドスヘイスにおける原発での事故に対する懸念が高まって 
います。そのような中で、人びとは原発ではなく、より危険の少ないエネルギーの 
発展を求める声が高まっています。 

日本がブラジルや世界に貢献できる技術は再生可能エネルギーの協力など他に 
あるはずです。 

下記に賛同した日本とブラジルの市民組織は日本政府とブラジル政府による原子 
力協定の締結に反対します。
 

団体署名は下記サイトからお願いいたします。
http://blog.rederio.jp/nonuketobrazil
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  


CML メーリングリストの案内