[CML 026250] 蠢くという字は書けた其のほかに 稔りは秘密...竹田賢一

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2013年 9月 2日 (月) 10:18:42 JST


「地表に蠢く音楽ども <http://getsuyosha.jp/kikan/isbn9784865030037.html>」 竹田賢一 月曜社

確実に分かるのは、図書館にリクエストするのに「うごめく」という文字が書けるようになったこと。

春の虫虫。

あとは難しくて、手も足も出ない。

A-Musik <http://am.jungle-jp.com/history.html>だったら何回も聴いてるから分かるんだけどな。

うちの同居人が夢中になって読んでいる。

>80年代にA-Musikを創設して「革命の音楽」のアルバム『エクイロジュ』を発表した竹田賢一氏。近現代の音楽史を縦横に分析した新刊『地表に蠢く音楽ども』は、一転して知的刺激に満ちた展望・問題提起を通じ「音楽の革命」を論じる。多分類書はない。お薦めです。<https://twitter.com/Kawachi_Maru/status/372355469890695168>

刊行記念トーク&ライヴの模様は、下記。

 A Challenge To
Fate<http://blog.goo.ne.jp/googoogoo2005_01/e/6e3706d44c6efd2f8953ee269fe9135b>ブログ

http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/9d816c48c3766045cdf1fe4bf7363a28
-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内