[CML 026245] 「シリア反政府勢力:化学兵器攻撃は自分たちが行ったと認める」との報道(転載)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2013年 9月 2日 (月) 01:39:13 JST


紅林進です。

他のMLに下記のような情報が掲載されていました。

私自身は、その情報の信憑性等を検証する手段は
持っていませんが、可能性としては十分ありうるの
ではないかと思います。

米国やフランスはイラク戦争の時と同様、このように、
「反政府側が使った」という見方もある中で、「シリア
政府側が化学兵器を使った」という、真偽が定かでない、
あやふやな、あるいは捏造された可能性もある情報を
もとに、多くの人々の生命を犠牲にする武力攻撃を始
めようとしていますが、そのような攻撃は絶対許され
ません!

もちろん、どちらが使ったにせよ、一般民衆を犠牲に
する報復的な武力攻撃は許されないと思います。


(以下転載)

みなさん、こんにちは。フリーライターの寺園敦史で
す。とうにご存じの方もおられると思いますが、メディ
アはもちろん、個人ブログなどでもあまり話題になって
いないようなので、参考までに以下のこと、お知らせし
ます。

ROCKWAY EXPRESS シリア反政府勢力:化学兵器攻
撃は自分たちが行ったと認める
http://rockway.blog.shinobi.jp/Date/20130831/1/

先月21日にシリアのダマスカス郊外で行われたとされ
る化学兵器攻撃に関する記事です。AP通信の女性記者
の取材で、反政府勢力は、化学兵器を使用したのは自分
たちであることを認めたというのです(誤って爆発させ
てしまったらしい)。

そしてこの化学兵器はサウジから供与されたもので、ア
ルカーイダ系のヌスラ戦線という武装組織に渡る予定
だったということです。

取材したデイル・ガウラクさんは中東問題では実績のあ
る記者だそうです。
http://bigstory.ap.org/author/dale-gavlak

AP記者であるにもかかわらず、APではこの記事が配
信されていないのが気になります。編集部の判断で信
ぴょう性に欠けると判断されたのか、それとも政治的な
理由なのか。あるいはまた…。

わたしはこの記事をもって、白黒を断じるつもりはあり
ませんが、ここ数年メディアや研究者などからの情報を
もとにシリア情勢をウォッチしてきたものからすると、
先頃公表されたアメリカやイギリスの「報告書」よりも
ずっと腑に落ちる記事だと感じました。少なくとも、
もっと注目されてもいい情報だと思います。

言うまでもありませんが、化学兵器を使用したのが政府
側であろうと反政府側であろうと、外部からの軍事行動
には正当性がないと考えています。問題解決に結びつく
どころか、これによりシリアの国自体(もしかしたら周
辺地域も含めて)を全壊しかねない行為だと思います。
これがアフガニスタン、イラク、あるいはリビアの結果
からわたしたちが学び得る最大の教訓でしょう。

以上取り急ぎ。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

寺園敦史
terazonoat at gmail.com
http://www2.atword.jp/footnotes/

_/_/_/_/ 2013/09/01 20:33 _/_/_/_/


CML メーリングリストの案内