[CML 026234] Re: 『森美術館問題と性暴力表現』ポルノ被害と性暴力を考える会編

partickthistle at goo.jp partickthistle at goo.jp
2013年 9月 1日 (日) 03:27:11 JST


「ポルノ被害と性暴力を考える会」は、「ポルノ・買春問題研究会」と協力関係にあるか、もしくは実質的に同じ組織だと思います。
彼らは、いわゆる「トンデモ系」の組織ですので、前田さんが協力したのは意外でした。
彼らが依拠している米国のAndrea DworkinやCatharine MacKinnonは、「ラディカル・フェミニズム」として一時期もてはやされましたが、いまではもはや相手にもされなくなっています。
米国でも相手にされなくなった、あのような「フェミニズム」が日本に広まっている理由は謎です。
ポルノ肯定・売買春肯定の健全なフェミニズムを育てていく必要があると思います。
特に、いわゆる性風俗産業に従事する人々の労働運動をつくっていくべきです。

森永和彦

2013/08/30 (Fri) 22:45, maeda at zokei.ac.jp wrote:
> 前田 朗です。
> 8月30日
> 
> 森永さん
> 
> ご質問ありがとうございます。
> 
> もっとも、お答えは、基本的には、このML上で明示してきたことで明らかです
> が。
> 
> 2月と3月に私が「森美術館問題」の集会を開催した時に、開催趣旨を示してい
> ます。
> 
> 宮本節子さん、森田成也さんには個人として協力いただきました。
> 
> その後、「考える会」が出版企画を思いつき、私に協力要請がありました。
> 
> そこで、私は3つの集会の報告を原稿として寄せることを約束しました。
> 
> 2つは私が主催した集会での報告ですが、もう1つは、別途、西山千恵子さん
> (本書執筆者)たち主催の集会での報告です。
> 
> このため本書に私は3つの文章を寄せています。先の目次には誤字があって「前
> 田明」となっているのも、私のことです。
> 
> 言い換えると、「考える会」について特に立ち入って評価をしたというわけでは
> ありませんが、これまでの個人としての協力関係を基礎に、出版に加わらせてい
> ただいたということです。
> 
> 以上です。
> 
> 
> ----- Original Message -----
> > あの、お聞きしたいのですが、前田朗さんは「ポルノ被害と性暴力を考える会」
> に賛同されておられるのですか?
> > 
> > 
> > 2013/08/30 (Fri) 18:06, maeda at zokei.ac.jp wrote:
> > > 前田 朗です。
> > > 8月30日
> > > 
> > > 転送歓迎
> > > 
> > > 本年2月と3月に、平和力フォーラム主催で森美術館問題の討論会をやりま
> した
> > > が、その関連の本が出版されました。私も執筆しています。
> > > 
> > > ポルノ被害と性暴力を考える会編『森美術館問題と性暴力表現』(不磨書房)
> > > 
> > > イダヒロユキさん
> > > 『森美術館問題と性暴力表現』完成!
> > > http://blog.zaq.ne.jp/spisin/article/3846/
> > 
> 
> 
> 


CML メーリングリストの案内