[CML 027309] Fw:転載歓迎<日弁連院内学習会「汚染水漏えい どうすれば止められるか」案内

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2013年 10月 29日 (火) 01:31:48 JST


東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党・脱原発担当)です。
当日の転送となりすみません。[転送・転載歓迎/重複失礼]

この学習会は、IWJによりUstream中継されます。
→ http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

--------------------------------------

海渡です。

明日29日12時から14時まで、
日弁連院内学習会「汚染水漏えい どうすれば止められるか」
を開催します。
私が基調報告する予定ですが、プラントエンジニアをされていた川井 康郎(株
式会社K&Cプロジェクトサポート代表取締役,元東洋エンジニアリング技術者
)と筒井 哲郎(プラント技術者の会 元千代田化工プロジェクトマネージャー)
の両氏に現状の問題点と克服の方途を報告していただく予定です。
大変興味深い内容になると思います。
ふるってご参加下さい。

ご面倒を掛けますが、メールまたはFAXで参加申し込みを頂きますようお願い
いたします。
http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2013/131029_2.html

*******************************

院内学習会
「汚染水漏えい どうすれば止められるか~問題点の整理とあるべき方向」
東京電力福島第一原子力発電所事故について、汚染水の漏えいが大きな問題に
なっています。政府は、汚染水のコントロールができていると説明しましたが、
環境への汚染水の漏えいは続いています。本年9月には、汚染水問題への対応策
として、国が合計470億円を投じ、遮水壁の設置や放射性物質除去装置を増設
することなどが決定しました。

しかし、汚染水保管タンクや配管から高濃度汚染水が漏えいするという新たな地
下水の汚染が発生しており、汚染の拡大する危惧はぬぐえません。

事故対応に関し、国際社会からの信頼を取り戻すためには現状を正しく認識し、
政府に対し、組織・人材・予算等あらゆる資源を投入し更なる抜本的な対策を講
じることを求めていく必要があります。その一環として、本集会は、元プラント
技術者の方々をお招きし、実情の正確な説明、抜本的な体制及び漏えいを止める
ための方策について問題提起をいただきます。

是非とも多くの皆様にご参加いただけますようお願いします。

日時 2013年10月29日(火)12時~14時
場所  衆議院第一議員会館地下1階大会議室
参加費等 参加費無料

参加人数確認のため、できましたら、添付のチラシをプリントアウトの上FAX
等でお送りいただくか、下記メールアドレスまで事前にご連絡ください(当日参
加も可能です)。
PDF チラシ兼申込書(PDFファイル;290KB)

内容(予定) ※プログラムは変更される場合があります

開会の挨拶
基調報告
海渡 雄一(日弁連東日本大震災・原子力発電所事故等対策本部副本部長)

報告1 汚染水問題の実情と原因
川井 康郎(株式会社K&Cプロジェクトサポート代表取締役,元東洋エンジニア
リング技術者)

報告2 問題解決のあるべき方向
筒井 哲郎(プラント技術者の会 元千代田化工プロジェクトマネージャー)

パネルディスカッション
国会議員の方々からの発言

主催 日本弁護士連合会
問い合わせ先 日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL:03-3580-9956/FAX:03-3580-9957
MAIL:jfba-saigai-honbu@nichibenren.or.jp
(※スパム対策として、@を大文字にしています。小文字の@に変換して送信して
ください。)
※御提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会の個人情報保護方針に従い厳
重に管理いたします。なお、個人情報は統計的に処理・分析し、その結果を個人
が特定されないような状態で公表することがあります。

※当連合会では、本院内学習会の内容を記録し、また、成果普及に利用するため
、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び
録音した内容は、当連合会の会員向けの書籍のほか、当連合会のホームページ、
パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。撮影
されたくない参加者の方は、担当者に申し出てください。
また、報道機関による取材も予定されており、撮影された映像・画像はテレビ、
新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影されたくない参加者
の方は担当者に申し出てください。

-- 
海渡雄一 <ay1y-kid at asahi-net.or.jp> 



CML メーリングリストの案内