[CML 027283] [key]( 東京 10/31) 緊迫する沖縄 - 島洋子 / 高嶋伸欣

M.Shimakawa mshmkw at tama.or.jp
2013年 10月 27日 (日) 21:19:26 JST


                                  [TO: CML, pmn, rml]

                        (from [keystoneML] 改行位置等若干変更)
 --------------------------------------------------------------------------

 Date: Sun, 27 Oct 2013 16:51:27 +0900
 Subject: [keystone 21609] 10月31日、沖縄でいま何が起こっているか!


【転送歓迎】

***************
緊迫する沖縄 
 辺野古、高江、普天間 そして今…
***************

◆報  告:島 洋子さん(琉球新報社東京支社・報道部長)

◆特別報告:高嶋伸欣さん(琉球大学名誉教授)八重山教科書問題の今

資料代:500円

日時:2013年10月31日(木)18:30開始 20:45終了予定
      ※18時開場、予約は不要です。

会場:文京区民センター2A会議室 
都営三田線・大江戸線春日駅下車すぐ。東京メトロ丸ノ内線・南北線後楽園駅下車3分。
http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754

  「沖縄の基地負担の軽減」と言いながら、政府はオスプレイの強行配備、辺野古沿
岸の公有水面埋め立て承認申請などを進めてきました。一方、7月の参議院選挙・沖
縄選挙区では「平和の一議席」を糸数慶子さんが守り、「沖縄の民意」を示しました。

  しかし、高江のヘリパッド建設工事は続行され、米空軍ヘリ(宜野座村)、オスプ
レイ(ネバタ州)の墜落事故があっても、オスプレイの追加配備が強行されました。

  今後、仲井眞知事は公有水面埋め立ての判断を迫られ、来年1月には名護市長選挙
があります。

  このような沖縄の今を、「ひずみの構造−基地と沖縄経済」の連載などを手がけて
きた島洋子さんに、さらに八重山の教科書問題はどうなっているかを、高嶋伸欣さん
に報告していただきます。

  ふるってご参加ください。


 主催:沖縄戦の史実歪曲を許さず沖縄の真実を広める首都圏の会(沖縄戦首都圏の会)
        /沖縄平和ネットワーク首都圏の会 /「歴史認識と東アジアの平和」フォー
    ラム実行委員会

-- 
沖縄戦の史実歪曲を許さず
 沖縄の真実を広める首都圏の会
(略称:沖縄戦首都圏の会) 
〒101-0051千代田区神田神保町3-2 サンライトビル7F
   千代田区労協気付
   TEL 03-3264-2905 FAX 03-3264-2906
   okinawasen at gmail.com
   http://okinawasen.blogspot.com/
 
 



CML メーリングリストの案内