[CML 027169] 【報告】第915日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 aoyagi at tent-hiroba.jp
2013年 10月 21日 (月) 07:23:40 JST


青柳行信です。10月21日。

【転送・転載大歓迎】
     ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第915日目報告☆
        呼びかけ人賛同者10月20日迄3040名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月20日6名。
   熊野直樹 今冨 誠 横山孝雄 原口政俊 新谷肇一 匿名者1名
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
 関東以北は 雨がひどいようです。
被害の出ないことを祈ります。
クリをフライパンで炒っていたら、ポンと大きな音がして、
クリの実が粉々に飛び散ってしまいました。
クリの実だったからよかったようなもの。

原子炉が爆発したら、その被害は計り知れません。
玄海の1号機は 老朽化して壊れる危険性があります。
今の内に 原子炉を止めましょう。
あんくるトム工房
クリがはぜた   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2679
古代の食事    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2678

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆様変わり「後は野となれ山となれ」「後は野となれ海へ棄て」とへ
     (左門10・21−451)
※昨日を受けて。オリンピック招致を決定する場で、
あのように鉄面皮なウソ、
心臓に鋼鉄の毛がはえたような狂言を言わしめる背景は何か?!
虚構の「絶対多数」のお化けだ。
海洋汚染の進行でオリンピックをボイコットする国が出始める日が想定される。

★ 小野進一 さんから:
 <西山進さんの言うとおり!>
時間の余裕のあるかたは
テントの住人を
一人にしないため
世間話し かてがて
でかけましょう
寒くなってきているので
厚着をし
自分を守ることま忘れずに!

★ 永尾@熊本 さんから:
急に寒くなってきましたが、お元気でお過ごしでしょうか?
さて、署名用紙をURLにおいていただきましたので、転送しやすくなりました。
ぜひ、転送、拡散していただき、原発再稼働ノーの意思を表明していきましょう。
===================================
皆様へ
今、日本の原発は一基も再稼働しておらず、原発ゼロの状況ですが、電力不足は
起こっておらず、原発以外のエネルギーだけで、過ごしています。
しかしながら、九州電力は、川内原発と玄海原発の再稼働をするために、国の原
子力規制委員会へ申請を出しており、
現在、審議がなされております。NHKの番組でも数回、報道されておりますが、
九電の審議は進んでいる方で、
早ければ来年にも結論が出ると言われております。

そこで、九州の各県知事に、再稼働反対の意思表示をしていただきたく、私たち
は以下のように署名を集めることにいたしました。
熊本は原発立地県ではありませんが、過酷事故が起きれば、九州全域当事者県と
なることは、福島の事故でも明らかです。
立地県のみならず、九州のすべての県知事たちが、再稼働反対の意思表明をして
いただくことが重要です。
熊本では以下のような署名用紙を準備して署名を始めました。
居住県は問いませんので、ぜひ、ご協力いただければ有難いです。

署名用紙(熊本版)
http://byebyegenpatsu.web.fc2.com/pdf/2013syomei.pdf

資料
http://byebyegenpatsu.web.fc2.com/pdf/20131017.pdf

また、再稼働の何が問題か、資料もつけておりますので、参考にしてください。

私たちは、原発のない、(少しでも)安全な九州を未来の子どもたちへ残したい
と願っております。
福島事故の原因究明もまだ明らかでなく、汚染水の流出も止まらない状況下、原
発の再稼働など論外だと思っております。
国は、電力会社の経営の方が、国民の命よりも大事というつもりなのでしょうか?
署名と資料では、原発以外の経済振興も提案しておりますので、ご覧下さい。

来る12月議会、3月議会に向けて、広く、この署名を集めていただき、万単位の
署名で県知事へ提出したいと願っております。
どうぞ、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
第一次集約は11月末、最終集約は2月末です。
熊本の送付先は以下の住所です。

なお、来る11,10は、九州全県から福岡の舞鶴公園に集って、大規模な集
会、デモをする予定です。
詳しくはHPをご覧くださり、ぜひ、ご参加ください。
九電本社前を、福岡の町を私たちの原発ノーの意思で埋め尽くしましょう!
http://bye-nukes.com

※熊本からもバスが出ます。希望者は以下に連絡ください。
**********************
さよなら原発!九州沖縄集会・熊本実行委員会
代表世話人
永尾 佳代
kayo.na at athena.ocn.ne.jp
【署名送付先】
〒861−8039
熊本市東区長嶺南7−8−115
永尾方  さよなら原発!九州沖縄集会・熊本実行委員会 宛
*************************

★ 中西正之 さんから:
10月19日玄海訴訟八幡西原告団の会と、さよなら原発!八幡西連絡会の共催
でフタバから遠く離れての映写会がありました。午前と午後に二回映写されまし
たが、午前中の映写会を観てきました。午前中は100人以上の参加者がおられ
ましたが、さよなら原発!熊本実行委員会の署名用紙添付資料を見終わって帰ら
れる方に、主催者許可を頂いて、配布しました。資料は、パソコンのプリンター
で裏表に印刷し、70部用意していきましたが、足りませんでした。
 今日の、10月20日は福岡県自治体フォーラムが有り、午後の第1分科会で
福島原発は今、どうなっているか・・・原発ゼロへの道が有りました。講師は、
岡本良治九州工大名誉教授、入江敬一福岡県民医連事務局次長、青柳行信原発止
めよう!九電本店前広場代表でした。
 講演の後で、参加者の原発再稼動阻止で今、何をやっているかの報告がそれぞ
れありました。そこで、今回は熊本実行委員会の署名用紙添付資料を120部用
意して、各人に2〜3枚ずつ位は持って帰ってくださいといって、NHK「特報
フロンティア」の放映とそこで報告された、九州電力技術者の世界的にも全く前
例の無い、恐るべき過酷事故対策の内容を簡単に説明させてもらい、今「特報フ
ロンティア」問題を精力的に拡散していることを報告しました。参加者の殆どの
方は、初めて聞く話で、そんなことがあったのですかとの反応でした。
 最近は、人の集まる集会で、主催者の許可を得て、帰る人に配っていますが、
殆どの方が「特報フロンティア」の事を知らないので、砂漠に少しの水をまい
て、オアシスを作っているようなものです。しかし、言わなければ誰も判りませ
んので、少しずつ広げています。ダビングDVDも1枚お渡しし、廻して観ても
らうことにしました。

★ いのうえしんぢ@風邪っぴき さんから:
仕事も忙しいのに風邪で寝込んでいます(関係者各位に平
謝り…)。
神様は「貧乏」「忙しさ」「病気」どれかひとつに絞って
いただきたい!と抗議したい心境です。

突然ですが…
「歌」という漢字は、神様に向かって抗議する姿が象形文
字になったそうです。
祈りの文をいれた器を木の枝で打ち鳴らしながら、声をあ
げ訴える姿。
今よりも自然災害が命取りだった大昔の時代、人々は「こ
の訴えが効果的だろう」だなんて思ってやったわけではな
いでしょう。そう叫ばずにはいられなかったから…。

そのせつなさにも似た気持ちは、改めて311以降にも路上
や電力会社、官公庁の前で行われてきた直接行動のなかで、
みなさんと共有されてきたに違いありません。
僕らや次世代も続けていくだろう行動(デモ)を、そんな
太古からの「歌」を、誰かの力で握りつぶされないように
と、起こした「福岡サウンドデモ裁判」は提訴から2年が
経ちました。

今週10月23日(水)から、いよいよサウンドデモ裁判は
第11回でやっと「証人尋問」にはいります。重要な証人を
法廷に呼んで、質問をする「証人尋問」によって、2011
年5月8日の脱原発サウンドデモが警察から妨害された事件
の構図が浮き彫りにされるでしょう。

今回は僕ら原告側から、僕いのうえ原告、S原告の主尋問
(原告側からの質問)、反対尋問(被告側からの質問)が
あります。
是非、傍聴にご参加していただいて、一体どんな歴史の
1ページが書き加えられるのか目撃してください。

///////

福岡地方裁判所(〒810-8653福岡市中央区城内1-1)
[アクセス:福岡市地下鉄空港線:赤坂駅から徒歩5分]
門前アピールは、13:00から。
法廷は、13:30〜17:00@301大法廷です。

///////

福岡サウンドデモ裁判
http://demosaiban.blog.fc2.com/

★ 永島(脱原発・放射能汚染を考える北摂の会) さんから:
青柳 さま
いつもご苦労様です。
「脱原発・放射能汚染を考える」のチラシNo.61ができました。
安倍政権は、今国会で「特定秘密保護法」を成立させようとして
います。公明党とは、「報道の自由」と「取材の自由」の形だけの
修正で合意しました。

「特定秘密保護法」の問題は「報道の自由」と「取材の自由」だけ
ではありません。特定秘密を口実にした、関係する人と家族・友人
に対する警察の令状もない調査権限が認められ、秘密事項は秘密
のままにした「罪状」で捜査と逮捕が行なえるなど、その矛先は
原発反対運動などにも向けられようとしています。日本を警察国家に
してしまうこの法案を許すことは出来ません。

福島原発の汚染水問題は、毎日セシウム137とストロンチウム90が、
それぞれ300億Bqずつ海に放出され続けている深刻な事態となっ
ています。対策とされる「凍土壁」は半年かけて研究してからという、
まさに「泥縄」の状態です。

今月の関電本社前での抗議行動は、10月は25日の午後6時半
から8時まで行なわれます。是非ご参加下さい。

★ 崔 勝久 さんから:
「昨日は熱気溢れるよい集会でした」ー10・19集会参加者より
http://oklos-che.blogspot.com/2013/10/blog-post_20.html

第一部の渡辺牧師の原発を作るという考え方の起源からはじまりそれに対抗する
生き方とはどのようなものかについての講演、島弁護団長の訴状の説明、
NNAFの佐藤大介さんの3・11以前から取り組んできたアジアとの交流の歴
史、日立嘱託社員の朴さんの力強い発言、満田さんと私の発題からはじまる5人
のパネルディスカション、フロアーからの質問と大変盛り上がりました。

★ ギャー さんから:
です0ck26k3v725114j at ezweb.ne.jp さんのコメントを転送します:
「いいもの」
いいもの
きもちがいいこと
ごはんがおいしく食べられること
春には春の花が咲いているだけで心がうきうきすること
わきあがる夏の雲に原爆の影がないこと
秋の風と虫たちの歌に耳を澄ましていられること
冬枯れと木枯らしの冷たさにくじけないでいられること
いいもの
おたがいのきもちが通じあっていること
持てる者と持たざる者とがいない世界に向かっていること
いがみあいと憎しみあいとうばいあいの根が絶たれている世界の実現に努力する
こと
いいもの
あなたのいいものと出会えること
あなたのいいものを分かち合えること
あなたのいいものに見守られていること

もう一つ(題はないのです(笑))
丸あるい地球に上も下もない
上と下とを分けへだてるとげとげしい社会があるだけ
未来の子どもたちから借りているだけの地球を
一人占めしてしまおうとする人たちが
私たちの上にのしかかり
しぼりとることばっかり考えている
うばいあい殺しあうことを
生きることであるかのごとく押しつけて
一方的にうばい殺すことを正当化している
それが法でありお金であり警察や軍隊として
国家とやらで地球に傷をつけ続ける

以上でえす。(そうそう、「地球」とでもでっかく題をつけましょうか?(笑))

★ 中川哲也 さんから:
 皆様
 滋賀の中川です。
「福島原発事故の避難者への放射能被害にかかる健康診断をはじめとする滋賀県
独自施策を求める滋賀県民署名」を開始しました。ダウンロードして紙ベースで
使用することも、ネット署名もできます。
 滋賀県独自施策決議は9月県議会で可決まであと一歩のところまできたことを
踏まえ、県民世論を大きく作るための署名です。もちろん、県民でなくてもOKです。
「だれでもどこでも放射能健診」100万人署名ともどもご協力をよろしくお願
いします。

 滋賀署名はこちらから ↓
 http://chn.ge/1d435Yk
 
なお、滋賀県議会では
・「避難者支援滋賀県独自施策の実現決議請願」  10/11 本会議  22対
23で否決
・「支援法基本方針案は不十分 パブコメ、法の理念反映させる意見書請願」
 10/11 本会議  24対21で可決 被災者生活支援等施策の推進に関する
基本的な方針(案)に関する意見書」として可決 政府へ提出
・「汚染水対策専念、再稼働審査延期意見書」10/11 本会議  9対36で否決
 となりました。
 今後、県民世論を署名や集会でつくり、対県交渉や新年度予算への会派要望、
12月議会での決議再請願などで滋賀県独自施策を実現させるつもりです。
詳しくは、脱原発・滋賀☆アクションのブログの10月11日をご覧ください。
http://nonukesiga.exblog.jp/i0/

★ 森広@アジア記者クラブ(APC)さんから:
 <秘密保護法の危険性、狙いを詳細に解説( 23 日、山下幸夫弁護士)>
今臨時国会で秘密保護法が成立する可能性が強くなってきました。
法案成立後、通信傍受法(盗聴法)の法改正が来年の通常国会か
秋の臨時国会に提出される可能性があります。共謀罪法案も同様
に矢継ぎ早に治安立法が強行される流れにあります。

下記の23日の体お例会では、今国会に提出された法案のどこが
修正され、何が問題なのか、最新の法案を配布し、問題の危険性
を詳細に確認したいと考えています。90分かけて山下弁護士に
解説していただきます。

これまでに昼間の院内集会に参加できなかった方、具体的かつ詳
細な説明を聞いていない方は、上記の流れの中で、タイムリーな
機会になると思います。記者職の方、原発事故に関心のある方も
必聴です。ご参集いただければと思います。

アジア記者クラブ(APC)
http://apc.cup.com

*******(転送・転載はここから)********

アジア記者クラブ10月定例会
民主主義社会を破壊する秘密保護法
2013年10月23日(水)18時45分〜21時
明治大学リバティタワー12階(1125教室)
ゲスト 山下幸夫さん(弁護士)
 「特定秘密保護法案」が15日から始まる臨時国会に提出される。継続審議に
なっている日本版「国家安全保障会議(NSC)」創設法案とセットでの成立を
目指す。CIA元職員のスノーデン氏のリークで明らかにされた監視国家米国を
モデルにした法案である。安倍政権は5年前から検討されてきた「秘密保全法」
の名称をオブラートに包むように改称して今日に備えてきた。法案の骨子は、防
衛、外交、特定有害活動の防止、テロリズムの防止の4分野を行政機関の長が
「特別秘密」に指定し、故意に漏曳したり、管理を害する行為(特定取得行為)
をすれば最高で懲役10年の厳罰に処すという内容だ。罰則規定では、従来の自
衛隊法や国家公務員法を超越しており、この点に批判が集まっている。
 国家秘密とジャーナリズムの関係では、取材の自由が保障されるのかが議論を
呼んできた。政府による法案原案は、「報道の自由に十分に配慮する」との規定
を設けようとしているが、「報道の自由」を保障する米国で横行してる内部告発
者狩り、記者への盗聴や監視の実態を考えれば、そのような抽象的な解釈条項を
入れても、何の意味もないことは明らかだ。
 10月定例会は、『秘密保全法批判−脅かされる知る権利』(日本評論社)の
執筆者の一人、山下幸夫さんをゲストにお招きします。メディアだけでなく、
「国権の最高機関」である国会すら骨抜きしてしまいかねない危険性について解
説していただきます。

■会 場 明治大学リバティタワー12階1125教室(東京都千代田区神田駿河台1-1)
■交 通 JR・地下鉄「御茶ノ水」・都営線「神保町」下車
■費 用 ビジター1500円、会員・学生・年金生活者・ハンディのある方
1000円
■主 催 明治大学軍縮平和研究所・アジア記者クラブ(APC)
■連絡先 アジア記者クラブ(APC)
〒101-0061東京都千代田区三崎町2-2-13-502
Tel&Fax:03-6423-2452 http://apc.cup.com E-mail:apc@cup.com
※最新の情報(変更・中止の場合があります)は、必ずHPでご確認ください。

★ BARA さんから:
新聞記事 朝日新聞・名古屋本社 9月19日
情報収集、無制限に広がる 元北海道警釧路方面本部長・原田宏二さん
http://digital.asahi.com/articles/TKY201310180647.html?ref=pcviewer

あちこちの大学に招かれて「監視社会と警察」といったテーマで講義をしています。
「みんなが使っているスマホの通信履歴なんて、警察は簡単に取れるんだよ」と
話すと、学生たちはびっくりする。(つづきは↑http:)

★ 梶野(反安保実) さんから:
集会案内です。
*最後の歯止めまて?外すのか!? **
**安倍「壊憲」政権による**
**戦争のて?きる国つ?くりを許すな!*

「集団的自衛権行使」と「秘密保護法」を問う11・16集会
***************************
[講 師]
清水雅彦さん(日本体育大学教員・憲法学。近著『憲法を変えて「戦争のホ?タ
ン」を 押しますか?』)
   「集団的自衛権行使と憲法(改憲・解釈変更)問題」
宮崎俊郎さん(やふ?れっ!住基ネット市民行動)
   「秘密保護法の問題点と反対運動の課題」

日 時 ◎ 2013 年 11月 16日 (土) 午後 6:30 開始(6:15 開場)
場 所 ◎ 富士見区民館(洋室 A・B)
 http://www.city.chiyoda.lg.jp/shisetsu/annai/images/fujjimi_anaizu.png
 *国連・憲法問題研究会の名前て?取っています。
資料代 ◎ 500 円
主催◎*反安保実行委員会*
東京都千代田区神田淡路町1-21-7 2A 淡路町事務所気付
FAX:03-3254-5460

★ 緒方貴穂 さんから:
皆様
第2回油症学フォーラムのお知らせです。
ご都合がよろしければ、ぜひご参加ください。

<題目>
食品公害を考える!
〜カネミ油症事件の歴史的展望〜

本フォーラムでは、日本最大の食品公害・カネミ油症事件の歴史認識に基づく
安心安全な地域の食育環境の育成を図ることを目的とします。今回は、全国で
活躍する油症問題の研究者やジャーナリスト、支援団体などが集まり、食品公害
について討論を行い、情報発信します。ここから社会環境学の基礎的な学問の
融合研究として、後世に伝える「油症学」へと発展させる取り組みです。
皆様方のご参加をお待ちしております。

日時 2013年10月24日(木) 14:40〜16:10
場所 福岡工業大学 A棟1階 A11教室
座長 長山 淳哉  (元・九大准教授、環境遺伝毒性学)
      明石 昇二郎 (ルポルタージュ研究所代表) 
    田中 あつ子 (油症患者)
    川名 英之    (ジャーナリスト)
    石澤 春美    (カネミ油症被害者支援センター(YSC)共同代表)
司会 コーディネーター
    坂井 宏光 (福工大社会環境学部教授、環境科学)
主催  福岡工業大学「油症学懇話会」
共催  福岡工業大学 環境科学研究所  
入場  無料 定員100名 *事前の申し込みの必要はありません
問い合わせ先  福岡工業大学社会環境学部
        坂井 宏光(TEL 092−606−6186)

−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」●
          事務局会議
日 時:10月22日(火)18:00〜
場 所:福岡県民主医療機関連合会(民医連)会議室
 福岡市博多区博多駅前1-19-3 博多小松ビル2F
       TEL092-483-0431 
 地図: http://tinyurl.com/nyhy6go

■ 「さよなら原発!福岡」例会 10月30日(水)18時30分〜
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
       福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
        地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

●「さよなら原発!11.10九州沖縄集会」●
11月10日(日) 舞鶴公園(福岡市中央区城内1)
10:00- ライブetc.
12:45- 本集会
15:00- デモ・パレード出発
    ホームページHP http://bye-nukes.com から、↓ご協力お願いします。
呼びかけ個人・団体登録。メッセージ。賛同カンパ。Tシャツ注文。

● 原発労働者梅田裁判第8回口頭弁論 (301号大法廷)●
 12月18日(水)午後1時30分 福岡地方裁判所
  福岡市中央区城内1−1 (市営地下鉄・赤坂駅下車、徒歩5分)
   〇門前集会1:00〜   〇入廷行進1:15〜
    〇裁判開始1:30(口頭弁論)
   〇報告集会2:00 福岡市立中央市民センター ホール
  福岡市中央区赤坂2丁目5−8 tel092−714−5521
    地図 http://tinyurl.com/ll3slxq

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第7回口頭弁論期日 12月20日(金)14:00 佐賀地裁
          午後12時30分に佐賀県弁護士会館に集合
       原告総数 原告総数   6897名(10/16現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
     ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
  <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
          青柳 行信
電話:080-6420-6211
aoyagi at tent-hiroba.jp
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************




















CML メーリングリストの案内