[CML 027133] 衆参両院で東京五輪「成功決議」衆院で全会一致、参院で1人を除くほぼ全会一致で賛成。「大政翼賛」とはまさしくこういう風景ではなかったか? 

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2013年 10月 18日 (金) 20:22:11 JST


3日前の15日の臨時国会開会の日に衆参両院で東京五輪「成功決議」が衆院は全会一致、参院は無所属の山本太郎氏を除く
ほぼ全会一致の賛成多数で採択されました。

      ■衆参両院で東京五輪成功へ決議 「国民に夢と希望」(共同通信 
2013/10/15)
      http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013101501001951.html

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      衆参両院は15日午後の本会議で、2020年東京五輪とパラリンピックの成功に向けた努力を政府に求める決議をそ
      れぞれ採択した。衆院は全会一致、参院は無所属の山本太郎氏が反対した。/決議を受け下村博文文部科学相は
      「オールジャパンで推進することが重要だ。成功に向け最善の努力を図る」と述べた。/決議は衆参両院とも同じ内容。
      五輪開催を「スポーツ振興や国際平和への寄与にとって意義深い」と位置付け「元気な日本へ変革する大きなチャンス
      として国民に夢と希望を与える」と強調した。
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

しかし、2020年夏の東京オリンピック招致決定は、「プライムミニスター・オブ・ジャパン」という肩書でIOC総会に乗り込んだ安倍
首相が 嘘に嘘の上塗りを重ね」た上で掠めとった東京五輪招致決定であり、その「成功」を国会をあげて祝い、その「成功に向け
た努力を政府に求める」決議をするに値するような代物ではまったくありません。

安倍首相がIOC総会で語った「福島第一原発の状況はコントロールされている」「汚染水による影響は福島第一原発の港湾内の
0.3平方キロメートル範囲内で完全にブロックされている」という発言はまったくの虚偽であることは多くのメディア、専門家、識者
がこぞって指摘していることです。

      【メディア】
      ■安倍首相:汚染水「完全にブロック」発言、東電と食い違い(毎日新聞 
 2013年09月09日)
      http://mainichi.jp/select/news/20130910k0000m040073000c.html

      【専門家】
      ■原発汚染水、太平洋を循環 気象庁の主任研究官が報告(朝日新聞 
2013年10月17日)
      http://www.asahi.com/tech_science/articles/TKY201310160658.html

      【識者】
      ■安倍首相が五輪招致でついた「ウソ」 “汚染水は港湾内で完全にブロック”なんてありえない(水島宏明法政大学教授
      2013年9月8日)
      http://bylines.news.yahoo.co.jp/mizushimahiroaki/20130908-00027937/
      ■嘘で掠めとった東京五輪招致(澤藤統一郎の憲法日記 2013年9月10日) 

      http://article9.jp/wordpress/?p=1154

その嘘で掠め取った東京五輪招致にすぎないものを、それも福島で生じた原発災害処理の問題はまだ終わっていない。というよ
りも始まったばかりと言ったほうがよい。原発汚染水問題、除染問題には何兆円、何十兆円かかるかもしれないという天文学的
な財源確保の問題も横たわっている。また一方では原発被災者への災害補償という喫緊の課題も事実上店晒しにされたままの
状態で放置されている。こうした状況の中でなにゆえの「成功決議」ということになるのだろうか。それも衆院は全会一致、参院で
もほぼ全会一致という大政翼賛ぶり。正気の沙汰とは思えません。

澤藤統一郎弁護士のブログ『憲法日記』の「東京五輪誘致に見るオール与党の実態ー都議選の争点その7」(2013年6月19日)
という記事によれば、朝日新聞が先の6月にあった東京都議選に立候補した候補者にオリンピック招致への姿勢を尋ねるアン
ケート調査をしたところ共産党候補者全員がオリンピック招致について「反対」と回答していたということです。
http://article9.jp/wordpress/?p=612

また、下記の日本共産党豊島区議団のブログによれば、同党豊島区議団は議員提出議案の「東京オリンピック招致に関する決
議」案に「今なによりも、東京都が国と一体となり力を注ぐべきは、被災者の生活再建、被災地の復興、放射能汚染への対策で
あり、地震に強い防災・福祉のまちづくりです。(略)わが党区議団は、スポーツの祭典であるオリンピック、パラリンピック、その
ものに反対しているのではありません。しかし、都民の深刻なくらし、被災地の窮状の救済こそが最大最優先課題である都政に
おいて、莫大な財政負担をともなう今回のオリンピック招致は行うべきではありません」という理由で反対討論を行っています。
http://www.jcp-toshima.jp/kugihoukoku/honkaigi_toron/120322mori_opc.html

上記は東京オリンピック招致決定前の共産党豊島区議団の反対討論ですが、招致決定後に財政事情が好転したという奇跡が
起きたわけでもありません。依然、「都民の深刻なくらし、被災地の窮状の救済こそが最大最優先課題」であり、「莫大な財政負
担をともなう今回のオリンピック招致は行うべきでは」ないという事情に変わりはないはずです。そして、国政においても、「被災
地の窮状の救済こそが最大最優先課題」であるという事情にもやはりなんら変わりはないはずです。それなのに同党はなにゆ
えに東京五輪「成功決議」賛成という愚行を演じてしまったのでしょう。「被災地の窮状の救済という最大最優先課題を置き去り
にしたままの東京五輪『成功』決議には賛成できない」とここでも反対票に一票を投じるのがこれまでの経過から見ても同党の
筋というものではなかったでしょうか? 筋問題はしばし置いておくことにしても、それこそ「被災地の窮状」を救おうとする党とし
てのまっとうな道標(しるべ)を人びとに指し示すことができたはずではなかったでしょうか? 東京オリンピック招致決定以来の
いわゆる大衆の熱狂、それもマスメディア(とりわけテレビメディア)に多分に操作された感のある熱狂に恐れをなしての変わり
身ということでしょうか? 共産党はいつから大衆迎合(ポピュリズム)政党になりおおせてしまったのでしょう? 情けないことだ
と私は心底思います。

今回の共産党を含むすべての政党の東京オリンピック「成功決議」の愚行に「怒り」を表明しているひとりの作家の表白をご紹
介しておきます(ツイッターという現代版文明の利器によるものですが)。彼がどういう立場の人間、あるいは作家であるかを詮
索するのではなく、そこで問うている、問われている中身の論について耳を澄ませていただきたいと思います。その声が真実の
声であるかどうかについて。

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      山口泉 (反戦・反核・反ファシズム)@yamaguchi_izumi 2013年10月15日 
 -12:05~12:06
      https://twitter.com/yamaguchi_izumi

      「いまこの状況で、かくも虚偽に充ち満ちた「東京五輪」狎功決議瓩覆匹箸いθ槊瑤龍砲澆涼稟屬鉾紳个垢觜餡
      議員が、無所属のたった1人しかいないという現実。血が凍る思い。悪夢のようだ。「大政翼賛」とはまさしくこういう
      こと。絶望的事態である。」

      「この醜悪な「東京五輪」狎功決議瓩砲呂未韻未韻隼神しながら、それでもなお「秘密保全法」には猗紳亅瓩垢
      (できる)つもりでいる議員・党派が存在するとしたら、救い難いまでにおめでたいか、おぞましい欺瞞の極み。「オー
      ルジャパン」(下村文科相)なるプロパガンダの吐き気を催すファシズム。」 


      「会期冒頭でこうした爛僖侫ーマンス瓩鮃圓覆辰討い襪茲Δ任蓮△海劉燹崟鏝紂忸殺国会瓩竜⊃は容易に看て取
      ることができそうだ。収拾不能の原発事故を抱えた国に「五輪」を(とりあえずは)持ち込んだ意図は、十全に達成さ
      れるのか。何度でも言う。「オールジャパン」とは「大政翼賛」ということ。」

      2013年10月16日 - 11:04
      「いま、日本国会に議席を与えられながら——しかも「野党」(!)を標榜しながら、あまりにも露骨な欺瞞に満ちた「東
      京五輪」狎功決議瓩飽杁朕修稽てをし得なかった者たち。そのこと自体が卑劣であり、人間としての汚辱であり、
      眼前に進行中の巨大な非人道的行為への加担である。終末的大政翼賛会。」 

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/ 



CML メーリングリストの案内